Making of 小田氏


今回は小田氏です。「信長の野望」シリーズでは最弱の部類にはいる小田氏ですが、戦国期まで有力な常陸の領主だったということで、いろいろと見直さねばならないような気がします。現に歴史学においても、黒田基樹氏が氏お得意の、文書を網羅する論文を小田氏治に関して執筆されていますし、その勢力の見直しと、周辺諸氏との関わりがこれからクローズアップされてくることと思います。(しかし一番のネックは資料の少なさのようですが)

毎回、「信長」シリーズでは配下の武将など割り当てられていなかった小田氏ですが、周辺領主の上位に位置していたのは確かで、岡見・菅谷・信太氏など国人クラスの人達が属しているのが確認されます。「信長」シリーズでは余りに軽く見られていますね。ただ、佐竹氏や北条氏に最終的には属してしまうので「運命を共にする」という感じではなく、やはり割り切った関係だったのでしょう。

なお、近臣・一族の人々は存在したと思いますが、よく分かりませんでした。

また、今回個人的に収穫と思われる物は、岡見治資(弾正)の実名が判明したことです。この辺を専門に研究しておられる方にとっては既に明らかなことかもしれませんが、少なくとも私が参考にした本(市村氏など)には「岡見弾正」と書いてあるだけで、実名は記していなかったように思います。それが『茨城県史料』を見ることで、判明したということが、いろいろな所から少しずつ攻めていくという、「研究」をやっているような気がしてなかなか爽快でした。

最後に、小田氏のその後についてですが、『戦国大名系譜人名事典』では守治の子(経治)も記しているのですが、本文では全くそのことは書いていません。というわけで経歴を書くことが出来ず本編ではカットしてしまいました。また、若干信田氏の書籍に善治(結城秀康の側室の子、ということは松平氏を名乗る資格があるように思うのですがそこの所はよく分かりません。とにかく出雲松平家の家臣になったとあります。)について書かれてありますが、『戦国大名系譜〜』では守治の子供となっているのでそこもどうもわからないです。

松平忠直の分限帳は守治が死ぬ数年前の作成と思われるのでその後の物があればいいのですが、どうも忠直の分限帳というのは、慶長末・元和年間の実体を反映していると思われるものが無いようです。その後、忠直の家臣は数家に分かれていくので、それぞれの家の家臣の履歴を記した文書等があれば、小田氏がどの家に行ってどうなったのか分かると思いますが、そこまでするのは私は遠慮したいと思います。(小田から他の姓へ変えてしまったとしたらさらに探すのが難しくなるでしょうね)

では、今回はこれにて。

無名武将列伝indexへ / HOMEへ