Making of 大村氏

はじめは論文を参照にして作ろうとした大村氏でしたが、今後加わるであろう松浦氏関係の本を見つけたことによって間接的に家臣団が判明し、さらにこの本の著者の外山幹夫氏の論文集を見てみたところ、まさに家臣団を考察する論考があったため、これ幸いとばかりに加え、予想もしなかった多くの家臣団が判明する事になりました。

しかもこれらの人々は制作を始めた当初の戦国最末期から活躍し、藩政確立期に藩政の中心を担う人々ではなく、まさに戦国時代に「老臣」などの地位にいた人たちなのでまさに私の「家老クラスを探求する」というコンセプトにぴったりだったのです。そのために最初に作りかけたときの中級から上級(の中で中程度)の人々を削除してしまったのですが、機会があればそれらの人々も加えたいと思っています。

「略史」については、長い論文をまとめたので、よく理解できない内容になっていると思います。申し訳ないのですがあれが私のレベルですので御勘弁ください。

家臣団についての内容に入っていきますが、朝長氏は数少ない大村氏譜代の臣だったといわれています。長崎の地に都市建設を行った際にはその領主、長崎氏ではなくわざわざ朝長氏の一族を派遣するなど大村氏の信頼は大きかったようです。

しかし、本拠地をたびたび追われ、近隣豪族の援助によって復帰するなど、政権基盤が安定していなかった大村氏は、家臣団の離反が相次いでいたようです。特に有馬氏が龍造寺氏の発展以前は肥前国の大名と目されていたほど勢力を伸ばしていたので大村氏は有馬氏の圧迫を受けざるをえない状況で、有馬氏から純忠が入嗣したときには大規模な老臣衆の退去が発生し、純忠は数年の間隠居状態に追い込まれたといいます。

のち純忠は政務に復帰しますが、当初は有馬氏の傀儡政権の様相を呈していたようです。針生氏などは貿易港の奉行を務めているにもかかわらず、たびたび叛いていて、外山氏などは「純忠下の領国の奉行人の資質の悪さが分かるであろう」(『中世九州社会史の研究』)とまで言っています。

それでもなんとか近世大名として存続するのですが、中小領主の戦国の世における家の存続のための様々な困難を実感しました。ただ周囲の勢力に圧迫を受けながら生き延びる姿は、なんとなく東北の相馬氏に似ているようにも思いました。

無名武将列伝indexへ / HOMEへ