南部氏

参考:東北地方詳細図(別のウィンドウが開きます)

【南部氏略史】
南部氏は、源義家の弟、甲斐源氏源義光の流れをくむ武田氏の支族で、初代光行が父遠光から巨摩郡南部郷を与えられ南部氏を称した。治承・寿永の内乱で源頼朝に従い、奥州藤原氏攻略で功があり、陸奥の地を賜った。光行には六子があり、八戸氏・九戸氏などの祖となった、というのが従来の説であったが、現在では、鎌倉時代、糠部郡は北条氏得宗領であったことが明らかとなっており、鎌倉時代より南部氏が陸奥に所領を得ていたという説は現在は疑問視されている。

しかし、鎌倉幕府滅亡に際して、八戸南部氏である政長が「奥州より最前味方に馳せ参じ」(「遠野南部家文書」)という一説があることから、この時までに奥州に居住していることが確認される。北条氏の一族が奥州に落ち延びた際に案内者として伴った家臣に南部姓の者もいるため、南部氏は北条得宗家の被官として奥州に所領を得ていたか地頭代として赴任していたと考えられるという。その後、建武新政に際して糠部郡奉行に任じられたのが南部師行(政長の兄)で、北条得宗家の勢力の強い当該地域での武力制圧を行っている。

南北朝内乱期には八戸南部氏が南朝に属して北奥州の南朝方の中心となり、陸奥糠部郡の八戸城(現 八戸市)に拠って宗家に代わり台頭して、三戸南部氏が南朝方からいち早く北朝に転じ、八戸南部氏と三戸南部氏の勢力が逆転したという従来の説も、八戸南部氏がそれ以後も勢力を保っていたことが判明しており、吉井功児氏のように十六世紀半ば、八戸南部氏の当主の相次ぐ早世により内訌が続いたあたりから三戸南部氏が惣領家の位置に立ったのではないかという説も出ている。

南部氏の経歴は天文八年(1539)の本三戸城(聖寿寺館)火災で伝来文書が焼失したと伝えられているため、ほぼ明らかとなっていないが、晴政・(晴継)・信直あたりよりは信頼できると考えられている。しかし、晴政の父安信(永正五年、1508死去)、祖父政康(永正四年死去)については疑問の点も多い。なぜなら、安信の天文十年(1541)の存在、政康の永禄・天正年間の存在が確認されているためである。この点も今後の検討すべき点となっている。

晴政から晴継を経て信直に続く家督相続に関しても、従来とは異なる見解が出されている。すなわち、信直の南部氏相続をクーデターに近いものと見るものである。実際、南部遠野家文書にはこの時期に三戸晴政と重臣の東政勝が信直派の北氏を八戸氏・四戸氏と協同で攻撃していること、またその文面より、三戸晴政と他の諸氏が主従関係を結んでいるようには見えないことが判明しており、晴政を中心とした有力諸氏との連合政権だったことを伺わせるという。つまり、晴政・信直間の抗争は北陸奥の諸氏を巻き込んだ争乱に発展していたいう。

しかし、天正年間初期に晴政と信直の合戦は終息に向かい、信直は田子に退いたらしい。しかし、天正十年(1582)、北信愛の支持によって信直は三戸南部氏の家督を相続した。その状況は信愛が「すぐりたる侍百人・鉄砲二十挺何れも物具堅め…信直公のお迎えに越されけり」(「南部根元記」)というようなクーデターだったとされる。このような状況により、晴政関係文書がほとんど現存せず、「晴政暴君説」が信直側により作られたのだという。

信直はその三年後には豊臣政権と接触、いち早く陸奥国支配者として公認されたのであった。そして天正十六年の夏には斯波御所を攻略、九戸政実との合戦に至る。

九戸氏の出自に関しても南部一族であるという説に対して、九戸氏がまったく「南部」という文字を冠されて出ないことなどから、南部氏とはほぼ関係がない一族であるという説があり、一部の系図では小笠原氏の一族とするものもあるという。
(九戸氏一族と家臣団を南部氏家臣団の下に別に設定しました)

このような九戸氏は、南部晴政と信直との争いに乗じて勢力を伸ばし、信直が家督を相続した頃にはすでに南部氏とはほぼ同等の存在に成長していたが、信直がいち早く豊臣政権と接触して陸奥支配者として認識されたため、中央政権と関わりを持たなかった九戸氏をはじめ、陸奥国の諸勢力が豊臣政権により強制的に信直の家臣として位置づけられ、それに対する反発が九戸の乱につながったという見解が出てきている。

信直は九戸の乱・津軽氏の独立など様々な困難があったが近世大名の基礎を築き、信直の子、利直の代に三戸より不来方(盛岡)に城を移し幕藩制下に大名として存続した。

2001/04/01大幅加筆

南部氏系図


【南部氏の一族・家臣団】

・南部晴継【なんぶ・はるつぐ 1570(元亀1)〜1582(天正10)】
晴政の嫡男。晴政死後、家督を継ぐが晴政の葬儀を終えた夜に、風雨の中帰城の途中、襲われて死亡。

・南長義【みなみ・ながよし ?〜1583(天正11)】
遠江守。信義とも。南部政康三男。晴政の父安信の時に分家、三千五百石を領す。しばしば軍功があったという。晴継死後の相続会議に参加。

・石亀信房【いしがめ・のぶふさ ?〜1583(天正11)】
紀伊守。南部政康の四男。兄安信の時代に知行若干を与えられ、石亀村に居住したので「石亀」を称すという。

・石亀政頼【いしがめ・まさより ?〜1593(文禄2)】
信房嫡男。信房死後家督を継ぐが、文禄二年に死去。下の義実(楢山)家の所伝では妾腹の為嫡子足り得ずという。子の直徳は計四百石を賜り家老となる。

・石亀義実【いしがめ・よしざね 1550(天文19)〜1603(慶長8)】
帯刀。信房の次男。晴政のときに二戸郡楢山村に知行を与えられたので楢山と称した。信直時代に津軽城代を務め、九戸の乱では戦功あって加増を受け、計二千石を領す。子直隆は八戸直政と共に越後高田城普請に行き、直政の帰国により奉行を努めて、その功で家老となったという。

・石川政信【いしかわ・まさのぶ ?〜1589(天正17)】
南部信直の弟であるが、信直が南部宗家を継いだために石川家を継ぐ。石川城代として父の死後も在城した。しかし折しも大浦(のち津軽)為信が勢力を伸ばしてきており、その情勢の中天正十七年死去。為信の毒殺との説もある。

・八戸勝義【はちのへ・かつよし 1525(大永5)〜1548(天文17)】
弾正少弼。兄義継が早世したために家督を継ぐ。度々晴政に従い、戦功も多かったが二十四歳で死去。政栄(勝義とも)を養子とした。

・八戸直栄【はちのへ・なおひで 1561(永禄4)〜1595(文禄4)】
弾正。政栄の長男。信直の諱の一字をもらい直栄と称す。天正十八年(1590)に父とともに名代として小田原に赴き、朝鮮出兵では父と留守を守る。文禄四年死去。

・八戸直政【はちのへ・なおまさ 1587(天正15)〜1614(慶長19)】
左近。直栄の弟。兄の早世で文禄四年、九歳で家督。慶長十九年、越後高田城築城に際し、名代として高田へ行く。築城の監督中、体調を壊し帰国途中に越後国内で死去。二十八歳。

・北致愛【きた・まさ?ちか 1503(文亀3)〜?】
信愛の父。正愛とも。剱吉左衛門尉。永禄年中(1558〜1569)に死去という。

・北愛一【きた・ちかかず ?〜1634(寛永11)】
信愛の長男。定愛とも。あまり優秀ではなかったらしく、『参考諸家系図』には「信直公の時父の功を以て(中略)合二千百五十石を玉ふ」とある。

・北直愛【きた・なおちか ?〜1598(慶長3)】
主馬允。信愛の二男。初め秀愛と称す。天正十九年の九戸政実の乱では腰に銃弾を受けながら戦い、軍功で二千石を与えられ、すぐ後に花巻十八ヶ崎城代となり、八千石を領す。このとき直愛と改称。慶長三年に花巻で死去。

・北愛邦【きた・ちかくに 1575(天正3)〜1590(天正18)】
信愛の末子。内蔵介。天正十八年、津軽・秋田両氏が大館城を攻めた時、城代の愛一とともに出陣。愛一を救うために奮戦して死す。兄弟の中で最も利発だったという。

・桜庭直綱【さくらば・なおつな ?〜1620(元和6)】
安房。光康の嫡男。直英とも。天正十七年に元服し、諱字を賜う。九戸の乱、関ヶ原合戦の際の最上攻め、大坂の陣に従う。元和六年死去。桜庭氏は南部光行に従い下向した「四天王」と称された譜代家臣の一という。

※2000/10/13追加訂正(追加分は下に。従来の列伝も少し改訂しました。)


【追加分】

2000/10/13追加
・南康義【みなみ・やすよし 生没年未詳】

遠江守。長義の嫡男。南家の家督を継ぎ、父の代よりの浅水館に居住した。この系図をそのまま信用して子の盛義の死去の年を考えると、最長で七年余りしか家督に就いていなかったようである。

・南盛義【みなみ・もりよし ?〜1590(天正18)】
康義次男。弾正小弼。兄の義晴が父康義に先立って死去したため家督相続。九戸の乱で討死。妻は晴政の娘。『秋田市史』所収の南部家文書では永禄十二年(1569)に八戸政栄に宛てて書状を送っており、名乗りも「弾正小弼 慶儀」となっているので正式な実名はこちらか。

・毛馬内秀範【けまない・ひでのり 1521(大永1)〜1585(天正13)】
靭負佐。信次とも。南部政康五男。兄安信の時に鹿角郡毛馬内で二千石を賜って毛馬内館に居住。

・東直義【ひがし・なおよし ?〜1615(元和1)】
中務尉。始め直時、或いは朝政。晴政の娘を妻とし、信直の時に数千石を領して「専ら国家の大務を掌る」とある。九戸の乱の時も活躍。浅野長政より幾度か指示を受けた。元和元年死去だが、二年との説もある。東氏は南部守行の子、義政の二男の流れを組む南部一族である。
(2000/12/15、「素人」さまより掲示板にて、苗字は「あずま」とよむのではないかとのご指摘。『二戸町史』では「ひがし」としているので、これでよいようです。)

・奥瀬定直【おくせ・さだなお 生没年未詳】
南部晴政に仕え、奥瀬村を賜って小笠原から改姓としたという。奥瀬氏も桜庭氏と同様「四天王」の一である。

・奥瀬定重【おくせ・さだしげ 生没年未詳】
治部少輔。重定とも。晴政の時に家督を相続したという。定直の嫡男。

・奥瀬重之【おくせ・しげゆき 生没年未詳】
定重の嫡男。定吉との説もある。晴政時代に家督相続し、天文十八年(1549)の三川備中の三戸城夜討ち(天文八年の誤りか)の時に討死したといい、また内蔵介と称し、南部信直に仕え、奥瀬村において八百石を領したともいうが、父のことを考えると、信直時代の家臣と考える方が適当ではないかと思われる。

2001/04/01追加
・南部政康【なんぶ・まさやす 生没年未詳】
中務丞。晴政の祖父とされている人物。永禄年間の存在が確認される。

・東政勝【ひがし・まさかつ ?〜1590(天正18)】
直義の祖父にあたる。政重の子。弘治二年(1556)家督という。南部(三戸)晴政・田子(南部)信直との争いに際し、晴政方の重臣として活躍。八戸氏など周辺諸氏への外交も担った。

・新田政盛【にいだ・まさもり 生没年未詳】
八戸政栄の母方の祖父。政栄が幼少で八戸家の家督を継いだので後見を行った。

・八戸義継【はちのへ・よしつぐ ?〜1539(天文8)】
治義の子。父の早世により幼少にて家督相続。しかし間もなく死去したため、弟の勝義が家督相続した。

・下斗米将家【しもとまい・まさいえ 生没年未詳】
天文八年の三戸城火災の時、宿直をしていたが、放火して奥瀬安芸を殺害した赤沼備中を追跡、追いついて討ち果たしたという。

・下斗米行胤【しもとまい・ゆきたね 生没年未詳】
将家の子か。天正年中の人物。一族で分家にあたる上斗米氏との間に対立が生じて、支配地の一部であった上斗米を失ったらしい。

・簗田詮泰【やなだ・あきやす 生没年未詳】
斯波氏の旧臣。南部信直時代の志和・岩手支配を担った。伊達政宗が南部信直と九戸政実の斡旋を行おうとしたとき、この詮泰が志和郡まで赴いた政宗に対して斡旋は不要である旨を伝えたという。


【九戸氏の一族・家臣団】

・九戸信仲【くのへ・のぶなか 生没年未詳】
右京。政実の父。

・九戸実紀【くのへ・さねのり ?〜1591(天正19)】
九戸政実の弟。妻は南部晴政の女という。兄の謀叛に従い、ともに篭城する。降伏勧告を一笑に付し、奮戦して討死したという。

・久慈政則【くじ・まさのり 1554(天文23)〜1591(天正19)

九戸政実の弟。久慈直治の娘と婚姻し、久慈氏の名跡を継いだ。九戸の乱で討死。

・姉帯兼興【あねたい・かねおき ?〜1591(天正19)】
兼実の子。九戸政実に同心して九戸城に籠もる。蒲生氏家臣石黒喜助と組み合って差し違えて討死した。

・姉帯兼信【あねたい・かねのぶ ?〜1591(天正19)】
兼興の弟。敵陣に切り込み奮戦するも、銃創を十四ヶ所に受けたため馬上で腹を切り、刀を飲み込んで馬から落ちて切腹を遂げたという。

・中野直康【なかの・なおやす ?〜1594(文禄3)】
九戸政実の弟。はじめ康実。斯波氏の娘と婚姻し、斯波氏より知行を与えられる。のち対立が生じて出奔、南部氏に匿われて中野と改姓。斯波氏重臣の内通に尽力。九戸の乱では兄政実には付かず南部信直に属したとされる。文禄三年、口論の末斬られて翌日死去したという。中野氏の家系は代々三千石を領して代々家老職を務めた。

・七戸家国【しちのへ・いえくに 1549(天文18)〜1591(天正19)】
妻は九戸政実の妹。七戸氏は八戸氏の庶流であるというが、九戸氏と結んだため籠城。降伏して開城するが豊臣秀次の陣で処刑された。

・櫛引清長【くしびき・きよなが 1540(天文9)〜1591(天正19)】
河内守。九戸氏の「大将分」という。九戸政実と共に降伏するが、処刑された。

・櫛引清政【くしびき・きよまさ ?〜1591?(天正19?)】 
清長の弟か。左馬助。開城時には名前が見えないので、それ以前に討死したと考えられる。

・大湯昌次【おおゆ・まさつぐ ?〜1591(天正19)】
九戸氏の大将分という。下の大里親基と共に鹿角郡の阿保氏一族であるという。九戸政実と共に処刑された。

・大里親基【おおさと・ちかもと 1552(天文21)〜1591(天正19)】
修理大夫。降伏して開城するも処刑された。


【参考文献】

『南部藩 参考諸家系図』第一巻 国書刊行会1984
『三戸町通史』 1979
『西根町史(上巻)』 1986
『秋田市史』第八巻 中世史料編 1996
『戦国大名系譜人名事典 東国編』 1985
『二戸市史』第一巻 先史・古代・中世 2000
吉井功児「中世南部氏の世界」(『地方史研究』205、1987)


HOMEへ / 武将列伝indexへ / Making of 南部氏へ