那須氏


参考:関東地方詳細図(別のウィンドウが開きます)

【那須氏略史】

那須氏がどのような流れを組むか、ということは、諸説あって確定していない。しかし、那須氏が輝かしく歴史上に姿を現すのはやはり、治承・寿永の内乱における、「屋島合戦」の那須余一宗隆においてと思われる。

それ以前も源頼義の時代から那須氏は源氏に従っていたが、源義朝と共に一族が戦死、遺児達は一時他国に逃れることにもなっている。その後平家の興隆に伴って平家に従ったことが那須余一を歴史上の舞台に押し上げたともいえる。

余一は那須資隆の十一男であったが、兄九人は平家に従っており、源義経に従ったのは十男の兄と余一であった。屋島合戦で扇の的を打ち抜く大功をたてた後、十男が義経に追放されたので家督を継ぐことになり、一躍宗家となった。兄たちも余一より知行を与えられ、後に那須衆と称される一族の祖となっている。

鎌倉時代の那須氏は、その信任もあり有力な御家人となり、巻狩の大役を務め、将軍への供奉などに臨んでいる。

鎌倉末には足利尊氏に従い上洛、また幕府滅亡の後は一貫して尊氏方に属し、那須という要衝の地を守る家として南朝方からしばしば攻撃を受けた。那須資藤・資方・国方の兄弟は尊氏と南朝に属した直冬との京都での合戦で討死、しかしそれによって室町政権下でも中心的地位を占めるに至った。なお、このころより既に那須氏家臣に大関・大田原の両氏がみられ、中心的役割を担っているという。

幕府や鎌倉公方からの信任を得、活躍した那須氏であるが、関係の深かった有力守護間の対立抗争に巻き込まれ、15Cはじめになって兄弟間で争いが勃発、上那須氏(福原)と下那須氏(烏山)に分裂してしまった。上下那須氏の分裂は16Cはじめまで続き、上那須氏は相続争いと大田原氏の介入で断絶した。それを統一したのが下那須氏の資房であった。資房の孫、高資は一族の千本氏に殺害されるなど、当主と一族・大関・大田原連合の反目などがあったが那須資晴は那須氏最大の版図を築いた。

その後、秀吉の小田原攻略に際して参陣しなかったために資晴は改易され、子資景が新知を得て徳川政権下で大名に復帰したが、のちに御家断絶により改易され幕臣に転落、明治に至っている。なお大田原・大関両氏は幕末まで一貫して大名として所領を保った。なお、この三氏の他、福原・千本・蘆野・伊王野は「那須七騎」と称され、幕府からも「那須衆」として認識されていた。

那須氏系図

【那須氏の一族・家臣団】

・那須資郡(短)【なす・すけくに ?〜1566(永禄9)】
資胤の弟。政資の三男にあたる。二男である資胤の本家相続後、大田原氏らの支援を受けて福原氏を継ぐ。のち大田原氏から養子(資孝)を迎え、自身は森田氏(那須一門で「那須」に次いで由緒のある苗字、はじめ資胤が名乗っていた)を名乗り、資胤を補佐した。

・那須資景【なす・すけかげ 1586(天正14)〜1656(明暦2)】

左京大夫。資晴の子。幼名藤王丸。一時改易された那須資晴の跡を天正十八年(1590)に相続。豊臣秀吉から五千石を与えられた。関ヶ原合戦では上杉氏の押さえとして領地に留まる。大坂の陣では本多正信隊に属して奮闘したという。嫡子資重が早世したため、その頃には一万石を超えていた領地が再び五千石に削減された。

・千本資俊【せんぼん・すけとし ?〜1585(天正13)】
常陸介。那須与一宗隆の兄の家系にあたる。一族であるが当時は自立的であり、完全な従属関係ではなかった。那須家中の争いにより、那須高資を殺害した。資胤(高資弟)に許され、重臣となるが天正十三年、反北条を主張して当主資晴に滝寺(烏山市)で殺害された。なお、別人として記していた「千本芳隆」は同一人物で、「芳隆」は斎号「征謙斎芳隆」の事であったことが判明したので訂正する。
2001/8/22訂正

・千本資政【せんぼん・すけまさ ?〜1585(天正13)】
資俊の子。はじめ義貫と称したか。資俊と同時に殺害された。これによって千本氏は断絶したが、小田庶流茂木氏の義政が跡を襲った。
2001/8/22加筆

・蘆野資豊【あしの・すけとよ 生没年未詳】
弾正少弼・日向守。那須氏家臣。天文十七年(1548)の五月女坂合戦で奮戦、また那須氏が古河公方足利氏側へ復帰した後の弘治元年(1555)、千本資俊の「赦免之儀」の申入れに赴いている。蘆野氏は那須氏一門。与一宗隆の兄の家系である。

・蘆野資泰【あしの・すけやす 1529(享禄2)〜1594(文禄3)】
大和守。資豊の子。結城(白河)義親と那須氏の合戦の時、窮地に陥り負傷した資胤の劣勢を、資泰を中心とした下那須衆で挽回した。子孫は旗本となっている。

・伊王野資宗【いおの・すけむね 1518(永正15)〜1594(文禄3)】
下野守・左衛門尉。資直の子。那須一門。ここに載せている一門の中では唯一嫡流から分かれた資長の系統である。宇都宮尚綱との五月女坂合戦で家臣、鮎ヶ瀬実光が尚綱を射殺すという大功をたてた。その後の那須氏の合戦にもしばしば従軍しているが、資胤に対する大関高増の謀叛では大関側に与している。
 戦国時代の那須は上那須が大関・大田原を中心とした那須の有力庶家、下那須が那須当主を中心とした小規模庶家にほぼ分かれていたという。子の資信は朝鮮出兵にも出陣、関ヶ原合戦に際しては徳川方に付き、戦後二男資友がおよそ二千五百石を与えられている。

・大田原資清【おおたわら・すけきよ 1486(文明18)〜1560(永禄3)】
備前守。代々の「大俵」を「大田原」と改称した。『寛政譜』によれば那須氏に従っていたがあるとき出奔、越前国永平寺で修行中、朝倉氏当主と会い、関東の兵法を問われたという。のち那須に帰参し、軍師的役割を担っていたようである。大関高増の父。

・大田原綱清【おおたわら・つなきよ ?〜1591(天正19)】
山城守。資清の三男。兄達が他家に養子に入っていたので大田原氏を相続した。

・大関清増【おおぜき・きよます 1565(永禄8)〜1587(天正15)】
大関高増の子。美作守、右衛門大夫。天正十一年五月、佐竹義重より那須・佐竹両氏和睦の起請文を送られている。若くして没し、兄で結城(白河)義親の養子となっていた晴増が継いだ。

・大関晴増【おおぜき・はるます 1560(永禄3)〜1596(慶長1)】
高増の長男で清増の兄。美作守、土佐守。始め結城(白河)義親の養子となるが、のちに佐竹義重に属した。義重のすすめで実家に戻り、大関の家を継ぐ。父に先立って死去。家督は弟の資増が継いだ。

・大沼泰綱【おおぬま・やすつな 生没年未詳】
内匠助。永禄七年(1564)、佐竹氏との合戦での戦功を賞され、那須資胤より所領を与えられている。


【参考文献】

『黒羽町誌』 1982
『那須町誌 前編』 1976
荒川善夫『戦国期北関東の地域権力』 1997
『寛政重修諸家譜』
市村高男「戦国期下野那須氏権力の一断面−「那須政資法要香銭注文」の分析−」(『中央学院大学商経論叢』10-1、1995)
荒川善夫「戦国期下野那須氏の権力構造」(『日本史研究』466、2001)


 HOMEへ / 武将列伝indexへ