扇谷上杉氏


参考
関東地方詳細図(別のウィンドウが開きます)

上杉氏関連鎌倉地図(別のウィンドウが開きます)

【扇谷上杉氏略史】

扇谷上杉氏は上杉氏の嫡流に当たる。上杉氏の祖は元々藤原氏の一族、勧修寺氏から出ている。重房が丹波国上杉荘(現 京都府綾部市)を領したことで「上杉」と名乗り、建長四年(1252)、鎌倉将軍となった宗尊親王に従って鎌倉に下向した。鎌倉では足利氏と婚姻関係を結び、特に重房の子、頼重の娘の清子は足利貞氏に嫁いで高(尊)氏・直義を生んだことで、足利氏と上杉氏とが強く結ばれることになった。

上杉氏は頼重の子からそれぞれの上杉家に分派するが、頼重の長男である重顕の流れが扇谷上杉氏である。鎌倉の扇谷に館を構えたのでこのように称された(実際に扇谷に居住したのは重顕の孫にあたる顕定からで、それから「扇谷」と称したという説もある)。重顕が嫡流であるが、山内上杉氏の祖、弟憲房と憲顕父子が足利尊氏・直義兄弟の鎌倉での蜂起に従って功をあげたので、関東管領の執事となり、のち鎌倉公方が成立すると関東管領の家柄となって実質的に惣領家となっている。

一方で元々公家の出自をもつためか、嫡流にあたる扇谷上杉氏は在京していたようで、重顕の嫡子朝定は室町幕府の引付頭人として主に京都にいた。その孫にあたる氏定は養父顕定の早世のため扇谷氏を継承したが、応永二十三年(1416)、元関東管領上杉(犬懸)禅秀の乱で公方側に付いて討死した。その子(孫とも)持朝は永享の乱・結城合戦に参加して活躍したが、持朝の子、顕房は関東管領上杉憲忠が鎌倉公方足利成氏に殺害されたあと、成氏と戦って武蔵国で討死した(このころの情勢は「古河公方足利氏」の略史参照)。その子で祖父持朝の後見を受けた政真も持朝の死から六年後の文明五年(1473)、古河公方との合戦で討死している。ちなみに、このころが太田道灌の活躍の時期で、江戸・河越・岩付の城を築いた。

政真の跡は定正が相続し、家宰の太田道灌の補佐で山内上杉氏を凌ぐ勢力を持つに至るが、文明十八年(1486)上杉(山内)顕定の謀略で道灌を殺害したことは有名である。このことで上杉(山内)顕定と定正の不和は決定的になり、長享元年(1487)より関東の武家勢力を二分した戦い(長享の乱)が勃発する。定正は越後上杉氏と結んだ山内氏に対抗して古河公方(足利政氏)と提携、大規模に合戦を繰り広げた。

延徳二年(1490)に一時両者は和睦するが、翌年には再び抗争が起こった。定正は当時新興勢力であった伊勢宗瑞(北条早雲)と結び、顕定に奪われていた相模・武蔵の拠点を回復するが、明応三年(1494)、定正は顕定との合戦中に落馬して死去した。朝良が家督を継ぐが、定正の死の影響は大きく、古河公方は顕定側に転じている。朝良は伊勢宗瑞とその親類の今川氏と結んで対抗して永正元年(1504)の武蔵国立河原で大勝したが、敗走した顕定は越後上杉氏の援軍を受けて河越城を攻撃、翌年ついに朝良が和議(実質的には降伏)を提案、江戸城に隠棲して永享の乱は終結したのであった。

しかし今度は古河公方足利政氏と嫡子高基との抗争(永正の乱)が永正三年(1506)から始まり、再び関東の勢力は二分して戦った。朝良は顕定と共に政氏方として和睦を斡旋、同六年に成立する。直後、顕定は長尾為景(越後守護代)討伐に越後へ出陣して翌年討死を遂げるが、長尾為景に呼応して相模で長尾景春の蜂起と伊勢宗瑞の離反が起き、扇谷家は領国深くまで侵攻を許した。そのため朝良は顕定に援軍派遣を要請、それによって相模国まで押し返し、同八年には伊勢氏との和議が成立する。しかしすでに翌年には伊勢氏は再び侵攻を開始、相模での扇谷方の有力武将、三浦氏を攻めて攻略し、ついに永正十三年(1516)三浦氏を滅亡させて完全に相模国を我がものとした。朝良はその二年後に死去し、甥朝興が継承した。

朝興は養父朝良存命の時に再び勃発した足利政氏と嫡子高基、そしてそれに結びついた山内上杉顕定死後の山内家の家督争い(政氏と上杉顕実・高基と憲房)では一貫して政氏側を支援し、政氏の古河退去後に成立した小弓公方足利義明を支援するが、それに伴い小弓公方の最大の支援者の真理谷武田氏と結んでいた伊勢氏との一時の和平も実現する。しかし、大永四年(1524)、北条(伊勢氏から改姓)氏綱が本格的に朝興領国への侵攻を開始したため江戸城・岩槻城を失った。これに対して朝良は足利義明を中心とした広範囲に及ぶ北条氏包囲網を敷き、天文二年(1533)頃までは勢力の挽回がみられたが、同年に里見氏の内訌、翌三年からの真理谷武田氏の内訌など、包囲網が破綻を来たし、同四年後半には居城、河越付近でも敗れるほど弱体化していたという。同六年の朝良の死後には河越城は氏綱によって攻略され、同十五年、河越城の奪還を目指していた朝良の子朝定は北条氏の反撃に討死し、扇谷上杉氏は滅亡したのであった。

扇谷上杉氏系図

【扇谷上杉氏の一族・家臣団】

・(扇谷)上杉朝成【(おうぎがやつ)うえすぎ・ともしげ? 生没年未詳】
朝興の弟で、朝定の叔父という。朝興死後、朝定が幼少のためこの朝成と曽我丹波守が後見したという。天文六年(1537)に河越城を奪われた際、北条氏に捕らえられたという。発給文書などが現存するのかは現時点では不明。

・上杉憲勝【うえすぎ・のりかつ 生没年未詳】
朝良の弟、朝興の叔父にあたる。朝定死後の扇谷家の名跡を相続する。永禄二年(1559)、太田資正が北条方から奪還した松山城に入ったが、二年後に北条氏に攻められて降伏した。

・難波田憲重【なんばた・のりしげ ?〜1546(天文15)】

弾正。扇谷上杉氏の重臣。永正十七年(1520)に寺に寄進をしている弾正左衛門正直の子か。上田氏(朝直の先代)が北条方に寝返ったのちに、城代として松山城に入る。衰退する扇谷上杉氏を支えた。天文十五年(1546)の河越夜戦で討死。娘は太田資正の妻となったという。ちなみに「善銀」は入道名と法名である。行伝寺過去帳に上杉朝定の法名(仏心院)と共に「難波田殿」としてこの名が記されている。

・難波田広儀【なんばた・ひろよし ?〜1546(天文15)】
憲重の嫡男。隼人正。『寛政重修諸家譜』では実名不詳としているが、「古老茶話」所収系図に「広定−広行(弾正忠)−広儀(隼人正)=憲次」という難波田氏の系図がある。広行を憲重の弟とする説もあるが、難波田憲重の養子となった憲次が見え、また「弾正忠」や「隼人正」という官途名からも、この広行が憲重を、広儀が隼人正某を指しているのではないかと思われる(「古老茶話」では憲次を広儀の養子としているが、「寛政重修諸家譜」では憲重の養子で、広儀の弟に当たる)。そのためとりあえず隼人正某の実名を広儀としたい(本来は通字と思われる「憲」を使用した可能性が高いであろう)。

・難波田憲次【なんばた・のりつぐ 生没年未詳】
因幡守。実は大森式部大輔の子。大森式部大輔の妻が憲重の娘であったことで難波田家を相続したようである。上田朝直に仕え、天正十八年(1590)の前田利家の松山城攻めで降伏、利家の先手に加わる。その後山城国嵯峨に隠棲、同地で死去。嫡男憲利は文禄元年(1592)から徳川家康・秀忠に仕えて寛永十二年(1635)に六十二歳で死去。子孫は代々幕臣となっている。

・島村家吉【しまむら・いえよし 生没年未詳】
天文七年(1538)、越生町報恩寺に宛てた寄進状に難波田善銀(憲重)とともに署名しているので、扇谷家の重臣と考えられる。署名順からみると難波田氏より格が高いように思われる。

・広沢元家【ひろさわ・もといえ ?〜1546(天文15)】
兵庫頭。重家の子で下の広沢忠信の父。河越夜戦で討死という。

・広沢忠信【ひろさわ・ただのぶ 生没年未詳
尾張守。法名道正。難波田憲重の「古傍輩」で居城に招かれて軍事や諸事について相談を受けていたという。あるとき、憲重が娘を上田又次郎(政広か)に嫁がせようか相談したところ、太田資時の弟、源五郎(資正)に嫁がせるように助言したという。資正が兄の死後家督を継いだとき、忠信を松山城二の丸に居住させたため、その後二の丸を「広沢曲輪」と称したという。子の尾張守信秀からは北条家に仕えたと考えられ、信秀の子、重信は北条氏の滅亡後、弟の関根織部(勝直)と共に結城秀康に召し出された。

・藤田泰邦【ふじた・やすくに ?〜1555(弘治1)】
北条氏邦の養父。上杉氏に従っていたがその滅亡後に氏邦を養子として北条氏に従属。なお、泰邦は藤田信吉の父で北条氏服属後に用土新左衛門と改名した人物であると言われているが、黒田基樹氏は用土氏は藤田氏の一族で、藤田泰邦は当時存在していた用土新左衛門尉業国とは別人であることを指摘した。そして藤田信吉は永禄八年(1565)に用土新左衛門の家督を継いだ用土新六郎(のちに新左衛門尉を名乗る)ではないかという。

・大胡重行【おおご・しげゆき 1466(文正1)〜1543(天文12)】
扇谷上杉朝興に属していたが、北条氏康に寝返って大胡から牛込に移る。子勝行はその地名を取って「牛込」と改めた。のち幕臣となった。


【参考文献】

『新訂 寛政重修諸家譜』14
『戦国大名系譜人名事典 東国編』 1985

『室町幕府守護職家事典』上巻 1988
『坂戸市史』中世史料編I 1986
黒田基樹『戦国大名と外様国衆』(文献出版、1996)
同「戦国期扇谷上杉氏の政治動向−朝良・朝興を中心として−」(『千葉史学』24、1994)
福井県立図書館・福井県郷土誌懇談会編『福井県郷土叢書第七集 国事叢記』上、1961


HOMEへ / 武将列伝indexへ