六角氏

参考:近畿地方詳細図(別のウィンドウが開きます)

【六角氏略史】
六角氏は佐々木氏の嫡流といわれ、佐々木氏は宇多天皇の皇子、敦実親王の孫が近江国佐々木荘に居住したので佐々木と称したことに始まるとされる。

以後、平治の乱に佐々木秀義が源義朝に属して、源氏とのつながりが強くなった。秀義の孫である信綱の子四人に所領が分けられ、長男が大原氏を称し、次男が高島氏の祖(ここから朽木氏が派生)、三男の泰綱が佐々木氏の嫡流として六角氏を称するようになる。「六角」は京都の居館が六角東洞院にあったためである。

室町時代には北近江半国の守護職を京極氏が、南近江半国の守護職を六角氏が継承したが、近江守護の職称は六角氏のみに限定されていたといい、実際は六角氏が近江全域の軍事指揮権などを握っていたようである。

応仁の乱の後、六角高頼は足利義尚(九代将軍)の追討を受けたが降伏せず、のち赦免されている。また定頼・義賢は義晴(十二代)・義輝(十三代)を庇護し、幕府・中央政治に大きな影響力を及ぼした。

戦国時代においては定頼・義賢・義治(義弼)と三代に渡り観音寺城を居城として領国支配を行った。定頼は「城割り」、つまり支城の破壊を文献に現れる中では初めて行っており(大永三年、1523)、義賢は楽市を行っている。近江国という先進地域に存在した六角氏の先見性が窺えよう。しかし永禄十一年(1568)に織田信長に攻められて観音寺城を退去、事実上六角氏は滅亡した。義治は弓術に優れていたので、豊臣秀頼の弓術指南役となっている。

六角氏系図

【六角氏の一族・家臣団】

・布施公雄【ふせ・きみお 生没年未詳】
淡路守。六角氏式目の宛名の一人。年寄衆とおもわれる。様々な裁定に関わる。子の公保は六角氏滅亡後織田氏に仕えた。

・後藤高雄【ごとう・たかお 生没年未詳】
奉行人の筆頭的立場にあった家臣。「観音寺騒動」で討たれた賢豊との関係は不明であるが、一族であることは確実なようである。奉行人として、永正〜天文期にかけて度々奉書に署名している。なお後藤氏は進藤氏と共に「佐々木の両藤」と称された。

・三上士忠【みかみ・あき?ただ 生没年未詳】
栖雲軒。六角氏重臣。布施・宮木と共に裁定にあたった文書が残る。

・三上恒安【みかみ・つねやす 生没年未詳】
越後守。頼安の子。六角氏重臣。永禄十年(1567)、安国寺質物訴訟で進藤氏と後藤氏が争った時は後藤氏に味方している。

・宮木賢祐【みやき・かたすけ 生没年未詳】
奉行人。天文末期から永禄年間にかけて多くの奉書に署名。天文二十年(1551)の浅井氏攻めの時には在番衆となっている。六角氏滅亡後は織田・豊臣氏に仕えた。

・野(能)寺忠弘【のでら・ただひろ 生没年未詳】
後藤高雄とともに六角定頼代の奉行人。後藤についで奉書への署名が多いという。子と思われる忠行が現れてくるので天文中頃に死去か。

・野寺忠行【のでら・ただゆき 生没年未詳】
忠弘の子か。天文後期頃より忠弘に代わって奉書に署名。

・平井貞(定)武】ひらい・さだたけ 生没年未詳】
奉行人であるともに、六角氏式目では宛名の一人になっている。この頃には年寄衆であろうと思われる。平井氏は佐々木氏の庶流である。

・種村貞和【たねむら・さだかず 生没年未詳】
奉行人。六角義弼が家臣の家督安堵をした際、立会人として後藤(賢豊)・平井・布施とともに署名している。


【参考文献】

『戦国大名家臣団事典 西国編』 1981
『戦国大名系譜人名事典 西国編』 1986
宮島敬一「戦国期における六角氏権力の性格−発給文書の性格を中心として−」 (『史潮』新5号、1979、のち『戦国大名論集4』に所収、1983)
細溝典彦「六角氏領国支配機構の変遷について」(『年報中世史研究』5、1980)


HOMEへ / 武将列伝indexへ