「無名武将列伝」番外編
佐渡に生きた人びと-本間氏-


佐渡マップ
※元の地図は「白い地図工房」様による。

【本間氏ミニ略史】

本間氏が佐渡に入ったのは承久の乱後の事で、佐渡国守護職を得た北条氏一門、大仏氏の守護代としてである。本間氏は相模に住む大仏氏の家臣であった。同時に御家人の渋谷・藍原氏なども入っている。

本間氏の惣領家は雑太(さわだ)城(壇風城とも)に本拠を構え、佐渡の各地方に分家が作られていく。その中で戦国時代に中心的勢力となるのが羽茂本間氏、河原田本間氏の両氏であった。これらの本間氏は雑太の惣領家による統制からの独立のため、戦いをおこし、見事惣領家支配から脱した。羽茂氏は大永年間、河原田氏は天文初期に惣領家との合戦を起こしている。なお、惣領家は滅亡した訳ではないだろうが、それ以降活動が見られなくなる。

次に勃発したのが羽茂・河原田氏間の合戦である。いつ頃から始まったのかは確かでないが、越後の上杉謙信存生中は、佐渡は上杉氏に与していたために比較的安定的であったようである。その後謙信没後の混乱によって両氏の抗争が始まったと考えられている。上杉家を継いだ景勝は、しばしば停戦を仲介する使者を送ったが、両氏は争いをやめず、ついに天正十七年(1589)に景勝は佐渡に出兵、短期間に佐渡を支配下に収め、本間氏は滅亡した。しかし逃れた一族が能登半島に居住したという。

(本間氏系譜は省略します。)

【本間氏(羽茂氏)の一族・家臣団】

・本間(羽茂)高季【ほんま(はもち)・たかすえ 生没年未詳】
羽茂本間氏。天文二十年(1551)、宿根木浦の船取締の免許を宿祢宜(宿根木)彦兵衛に与えたことが知られる。当時の羽茂本間氏当主。

・本間(羽茂)高信【ほんま・たかのぶ 生没年未詳】
高季の子と思われる。詳細は不明である。長尾為景の姪を妻としたという。その関係からか、長尾為景は越後を追われたのち、一時的に佐渡に雌伏していたという。

・本間(羽茂)高貞【ほんま・たかさだ ?〜1589(天正17)】
対馬守。高信の子か。羽茂本間氏最後の当主。上杉景勝の軍勢に攻められて敗走、弟高頼と共に新潟に逃れるが捕らえられて再び佐渡に送られ、そこで斬首された。

・本間(羽茂)高頼【ほんま・たかより ?〜1589(天正17)】
三河守。高貞の弟で赤泊城主。兄と共に斬首された。

・本間(河原田)高統【ほんま(かわはらだ)・たかつぐ ?〜1589(天正17)】
河原田本間氏の当主。羽茂本間氏と共に本家雑太本間氏を上回る勢力を持ち、たびたび羽茂氏と合戦に及ぶ。上杉景勝による相次ぐ和議勧告を無視したため佐渡出兵を招来し、滅亡した。

・潟上秀高【かたがみ・ひでたか ?〜1593?(文禄2?)】
本間一族で沢根城主。喜本斎と号した。上杉景勝とむすんで、景勝の佐渡侵攻を助ける。背景に羽茂氏との勢力争いがあったものか、という。

・赤塚直宗【あかつか・なおむね 1512(永正9)〜1602(慶長7)】
本間高貞の母、千代の方の実家の当主で羽茂本間氏家臣。出雲大社の神官から婿に入ったという。高貞が母をこの直宗に託して佐渡を逃れたといい、千代の方の死去後、直宗が葬ったという。

・海老名弾正【えびな・だんじょう 生没年未詳】
羽茂本間氏家老。諱は残念ながら不明。本間氏没落後、子孫は「播磨屋」という屋号の問屋となった。

・井田尋直【いだ・ひろなお 生没年未詳】
羽茂本間氏家老という。子孫は相川に居住、代々「井田太兵衛」と称したという。

・白井義延【しらい・よしのぶ 生没年未詳】
羽茂氏家老とされているが、詳細は不明。


【参考文献】

『古代・中世の羽茂』(『羽茂町史』通史編第二巻) 1988
「撮要佐渡年代記」(山本修之助編『佐渡叢書』第四巻、1973)
西ヶ谷恭弘『国別 守護・戦国大名事典』 1998
『国史大事典』


 HOMEへ / 武将列伝indexへ / Making of 本間氏へ