相良氏

参考:九州地方詳細図(別のウィンドウが開きます)

【相良氏略史】
相良氏は、遠江国引佐郡相良荘を本領とする家であるが、頼景の時に源頼朝に組した安田氏に応じなかったために領地没収の上、肥後国球磨郡多良木に下されたといわれている。しかし、西遷御家人ではなく、在地領主ではないか、との説も出されている。

頼景の子、長頼は軍功によって球磨郡人吉荘の地頭職に補任された。長頼の子が嫡系の多良木相良氏を初めとして、人吉相良氏・永留相良氏・上村氏の祖などに分かれ、互いに独立性は認められるものの惣領である多良木相良氏が他の相良氏を内包し支配していたといわれている。なお多良木相良氏を「上相良氏」、人吉相良氏を「下相良氏」と現在では区別しているようである。

南北朝期に多良木相良氏五代、経頼は南朝に属し、対して人吉相良氏の前頼は北朝方に加わった。当初優勢だった多良木相良氏は徐々に勢力を弱め、ついに北朝方に降った。正平二年(1347)に懐良親王の九州下向で再び南朝に転ずるが、人吉相良氏の優勢はすでに覆る事は無く、事実上人吉相良氏が代わって惣領家となるに至った。

前頼の曾孫である堯頼は嘉吉三年(1443)にわずか十一歳で家督を継いだが、多良木相良氏の頼観とその弟に居城である人吉城を奪われ、大隅国に逃れた。この内訌を鎮めたのは永留相良氏の長続であり、頼観らを人吉城から追放し、さらに堯頼の急死によって相良惣領家を継いだ。

応仁の乱に際しては長続は東軍に組し、長続死去後、嫡子為続は西軍に属している。為続は庶子の頼廉を上村氏の養子にし、上村氏に惣領家の血筋を送り込んでいるが、のち上村氏の家が惣領家を継ぐことになった。また、為続は菊地氏の内訌に関わりつつ、領土拡張を目論んでもいる。

大永四年(1524)、為続の兄の子、長定は芦北地方の国人衆の支援を受けて宗家長祇(為続の孫)を攻め、人吉城を奪った。長祇は水俣に逃れたが翌年自害した。長祇の庶兄の瑞堅(出家していた)は人吉城を攻め、長定を追い、還俗して惣領家を継ごうとしたが国人衆の支持がなく、家督を継ぐ事は出来なかった。ここに出てきたのが義滋であり、上村頼興〈頼廉の子)に支援を頼み、頼興の子、頼重を養嗣子とするのを条件に協力し、瑞堅を討った。
義滋は芦北郡の国人領主を一掃し、直臣を配置した。義滋の後を継いだ晴広の代には当主権力強化のために上村頼興によって頼興実弟長種・岡本頼春(頼興義兄)が殺されている。

しかし、上村頼興死後、この軋轢は噴出し、頼興の三人の子は宗家の義陽(晴広の子)に反旗を翻した。しかし反乱も失敗におわり、この頃になると当主権力が強力なものになっていた事がうかがえる。しかし内訌を克服した相良氏に次に迫ったのは島津氏という外敵であり、島津氏の北進に対して大友氏と結んでこれを阻止しようとしたが、ついに天正九年(1581)、島津氏に屈した。

島津氏に屈した相良氏は島津氏の指揮のもと度々合戦に参加していたが、豊臣秀吉の九州攻めのおり、相良氏の本領安堵を願い出て許され、島津氏の支配から脱して近世大名として成立、二万二千百石を領し幕末まで続いた。

相良氏系図

【相良氏の一族・家臣団】

・相良頼貞【さがら・よりさだ 1544(天文13)〜1581?(天正9)】
義陽の弟。大膳助。義陽と同日に誕生したという。元服も義陽よりおよそ一ヶ月遅れただけだったらしい。一度僧籍に入ったが、還俗して一時津奈木城主を務めた。兄、義陽の戦死に乗じて家督を継ぐ事を企てたが、相良氏老臣によって妨げられた。のち日向伊東氏を頼ったという説や老臣衆に殺害されたという説があるが、この頃は既に伊東氏は日向を退去しており、殺害された可能性が高そうである。
1999/11/15「義陽に叛き、殺されたようである」を訂正:肥後もっこす(仮)様の御教示により、詳しい履歴が判明。
2000/1/16「義陽の戦死の頃は既に日向国から伊東氏が追われている」との御指摘を掲示板にてプー様より頂き、肥後もっこす(仮)様に資料の提供を受けたので、若干訂正。

・相良長喜【さがら・ながよし 生没年未詳】
織部佐。永禄二年に八代年行(年寄)か八代奉行を務めている。相良一族であろうが、詳細は不明。なお、相良氏の政治は「年行(老者・老中)」と呼ばれた「所の衆」という衆議から抜擢された者が中央政治に関与し、その一部が八代や人吉に常駐して運営された。また衆議は相良氏権力をも規制したといわれる。

・上村長国【うえむら・ながくに 1469(文明1)〜1546(天文15)】
頼興の義父。入道して洞然。天文五年(1536)、義滋の養子となった晴広に対し、相良氏の歴史と当主の心構えを説いた「洞然居士状」を献上した。

・岡本頼春【おかもと・よりはる 1510(永正7)〜1550(天文19)】
長国の長男。岡本城主で上村頼興の義兄。四男頼定に跡を継がせようと図った頼興に殺された。

・上村頼吉(孝)【うえむら・よりよし ?〜1567(永禄10)
左衛門大夫。頼興の二男で上村城主。長兄晴広が相良家を相続したため上村家当主となる。三兄弟で反乱をおこすが失敗に終わる。頼堅のようにすぐには殺害されず、知行地も与えられたが、彼らを恐れた甥、義陽によって討手を差し向けられたため、子の頼辰とともに自害した。1999/12/23補筆

・上村頼堅【うえむら・よりかた ?〜1557(弘治3)】
豊福城主。頼興の三男。頼吉・頼定とともに義陽に対し反乱をおこし、人吉城をも攻めるが、晴広擁立派に敗れ、豊福城を落とされて自害。

・上村頼定【うえむら・よりさだ ?〜1567(永禄10)】
頼興四男。岡本頼春死後の岡本城主。兄の頼吉と同じく、反乱後も知行を与えられたが義陽に謀殺された。

・税所継恵【さいしょ・つぐよし 生没年未詳】

天文期の家老という。若年の頃、父の好継と共に謀叛した相良頼安(為続の弟)を討った。

・深水頼金(兼)【ふかみ・よりかね 生没年未詳】
右馬助・信濃守。赤池(長任)・東(長兄)両氏と共に何度か連署奉書に名を連ねている。永禄十二年(1569)、島津氏と大口城下で戦い、敗れている。頼方(長智)は子であるとする資料(「歴代嗣誠独集覧」)もあるようである。
1999/12/23・2000/2/13補筆訂正
2001/2/7加筆(ぴえーる様により頼兼が頼方の親とする資料が判明)

・東長兄【ひがし・ながえ 生没年未詳】
弾正忠。人吉奉行という。丸目兵庫(頼美)と勢力争いの結果、勝利した。

・東直政【ひがし・なおまさ ?〜1559(永禄2)】
三河守。球磨郡湯前城主(代)。永禄二年(1559)年に在城していたことが確認される。上の東長兄との関係は不詳。長兄と丸目頼美の争い(永禄二年)に際しては頼美が直政を頼り、共に戦った。相良氏の攻撃で討死。
1999/12/23補筆

・丸目頼美【まるめ・よりよし 生没年未詳】
兵庫。東と共に人吉奉行という。東氏と勢力争いを繰り広げ、敗北して伊東氏の元に身を寄せる。島津氏の伊東氏領内侵攻の折、討死。

・村山長秀【むらやま・ながひで 生没年未詳】
加賀守。永禄二年ころの八代年行か奉行であった。

・高橋長家【たかはし・ながいえ 生没年未詳】
兵部少輔。村山と同じく永禄はじめ頃の八代年行か奉行。


【追加分】

1999/12/23追加
・深水長則【ふかみ・ながのり ?〜1567(永禄10)】
頼方(長智)の甥という。上村頼孝を討てとの命を受け、伯父・長智と共に水俣城に向かい、頼孝と一騎打ちをして死んだ。


【参考文献】

『鹿児島県史料 旧記雑録』 1980
『戦国大名系譜人名事典 西国編』 1986
『戦国大名家臣団事典 西国編』 1981
服部英雄「戦国相良氏の三郡支配」(『史学雑誌』86-9、1977)
『新水俣市史』上巻 1991
『多良木町史』 1979


(以下の二冊は肥後もっこす(仮)様のご提供により、相良頼貞の履歴に使用しました。)
『肥後國誌』
「新撰事蹟通考」(『肥後文献叢書(三)』所収)


【他サイト情報】
織豊期以降の相良氏家臣団に関しては「白鷺×城下町」(ぴえーる様)の「織豊大名家臣団事典 西国編」がおすすめです。

HOMEへ / 武将列伝indexへ