本文へスキップ

被災地の復旧・復興と日本の政治
地方選挙を含めて考える

被災地と選挙を見る

このページは、東北大学情報科学研究科准教授、河村和徳の個人管理のホームページです。
地方選挙の動態について、統計分析・現地調査をしながら考察しています。

TOPICS


NEWS新着情報

2017年3月9日
月刊選挙で連載している「被災地選挙の諸相」が、『被災地選挙の諸相 現職落選ドミノの衝撃から2016年参院選まで』として河北新報出版センターから出版されました。
糠塚康江(編著)『代表制民主主義を再考する(共著、ナカニシヤ出版)』も出ました。
2016年4月25日
2016年5月、白鳥浩(編著)『2012年衆院選政権奪還選挙(共著、ミネルヴァ書房)』、辻中豊(編)『大震災に学ぶ社会科学第1巻 政治過程と政策(共著、東洋経済新報社)』が出版されました。
2015年2月12日
共立出版から『政治の統計分析』を出版しました。東北大学の統計学教科書のシリーズです。
2014年10月9日
『月刊選挙』2014年10月号から、伊藤裕顕氏と連名で「被災地選挙の諸相」というテーマで寄稿・連載しています。
2014年8月22日
震災後、仙台市で実施させていただいた「生活と防災についての市民意識調査」のデータは、立教大学のデータアーカイブRUDAにて公開されています。利用したい方はこちらから。
2014年4月16日
『東日本大震災と地方自治−復旧・復興における人々の意識と行政の課題(リーフレットはこちら)』が出版されました。ぎょうせいのページ
2011年9月22日
サイトをリニューアルしました。

バナースペース