Military

2004年舞鶴地方隊展示訓練

2004年 7月18日(日)から19日(月)にかけて、富山湾周辺海域にて行われた防衛庁・自衛隊50周年行事である、海上自衛隊 舞鶴地方隊の展示訓練を見学してきました。あわせて、同時に行われたミサイル艇「はやぶさ」と補給艦「ましゅう」の一般公開の様子もあわせてリポートします。

海上自衛隊最大級の艦艇にして、今後の外洋展開の要となるであろう補給艦「ましゅう」。弾道弾防衛の柱の一つであるイージス艦「ちょうかい」(さらに、同艦は対水上射撃モードを付与した新型CIWSの実用テスト中である)。北朝鮮工作船事案を教訓として建造された「はやぶさ」型ミサイル艇。さらには大規模災害等での活躍も期待される輸送艦「しもきた」など、海上自衛隊の今後の任務の主力となるであろう艦艇が一同に会した、非常に注目度の高いイベントでした。

なお、撮影に使用したデジカメはコニカミノルタのDiMAGE A1、一部はコンバージョンレンズとしてオリンパスのTCON-17、WCON-08を使用しています。コンバージョンレンズ使用時は若干のケラレが発生しますので、一部の画像で四隅が暗くなっているものがありますが、ご了承ください。

イベントの概要

期日

  • 体験航海 7月18日(日)、19日(月) 11時30分〜15時
  • 一般公開 7月18日(日)、19日(月) 8時45分〜10時
  • 電灯艦飾 7月17日(土)、18日(日) 20時〜22時

会場

  • 富山県 新湊市 伏木富山港
  • 石川県 七尾市 七尾港
  • 富山湾周辺

参加艦艇

  • ミサイル護衛艦 ちょうかい (DDG-176)
  • ミサイル護衛艦 しまかぜ (DDG-172)
  • 護衛艦 みねゆき (DD-124)
  • 護衛艦 はまゆき (DD-126)
  • 護衛艦 あぶくま (DE-229)
  • 護衛艦 じんつう (DE-230)
  • 潜水艦 はるしお (SS-583)
  • 補給艦 ましゅう (AOE-425)
  • 輸送艦 しもきた (LST-4002)
  • エアクッション艇 エアクッション艇3号 (LCAC-2103)
  • エアクッション艇 エアクッション艇4号 (LCAC-2104)
  • 掃海艇 ひめしま (MSC-665)
  • 掃海艇 あわしま (MSC-670)
  • 掃海艇 とびしま (MSC-678)
  • ミサイル艇 はやぶさ (PG-824)
  • ミサイル艇 わかたか (PG-825)

舞鶴地方総監:岡 俊彦 海将。「みねゆき」に座乗。「あぶくま」、PG、MSCは七尾より。他は伏木富山港より出発。

参加航空機

  • P-3C 2機 (那覇基地より飛来)
  • SH-60J 1機 (舞鶴基地より飛来)
  • F-15J 2機 (航空自衛隊所属、小松基地より飛来。18日は天候不順で不参加)

レポート

ミサイル艇「はやぶさ」一般公開
7月18日、石川県の七尾港で行われたミサイル艇「はやぶさ」一般公開のレポート。
展示訓練 7月18日
護衛艦「あぶくま」艦上から見学した、7月18日の展示訓練の様子。
補給艦「ましゅう」一般公開
7月19日、富山県伏木富山港で行われた補給艦「ましゅう」の一般公開。
展示訓練 7月19日
護衛艦「みねゆき」艦上から見学した、7月19日の展示訓練の様子。