Military

横須賀、横浜散策

2008年3月16日、「ロケット爆発まつり!」に参加する為に上京したついでに、横須賀港の周辺を散策してきました。

翌17日は、横浜のIHIマリンユナイテッドの岸壁で艤装中の、ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」を見物に行ってきましたので、併せて画像を掲載します。

横須賀編

東京都内のコインロッカーで不要な荷物を切り離すと、JRで横須賀へ。

まずは朝イチでヴェルニー公園へ向かいました。

吉倉地区のY1バースには、ミサイル護衛艦の「あたご」と「きりしま」が並んで停泊しています。

事故をおこしちゃったんで仕方ないとはいえ、なかなか舞鶴に帰れない「あたご」乗員も気の毒です…。

米軍地区のハーバーマスターピアには、タイコンデロガ型ミサイル巡洋艦と、アーレイバーク型ミサイル駆逐艦が停泊中。

朝ということもあってややモヤっていたので、画像を弄って、少しコントラストを強くしてみました。

8時の自衛艦旗掲揚を見学すると、徒歩で長浦港へ。

目論見としては、長浦港を見学した後、京急田浦駅から京浜急行で横須賀中央駅まで移動するつもり。時間的にはそれなりに余裕があるので、あちこち寄り道しながら、のんびりとお散歩です。

長浦港には、恐らく実艦標的とされるであろう、元ミサイル護衛艦の「たちかぜ」が停泊しておりました。

随分と長くここに留められているのはネット等の情報で知っていますが、ここしばらくの海上自衛隊の騒動で、なかなか最後のご奉公もできないんでしょうか?もの悲しくなります…。

同じく、長浦港に停泊していた護衛艦「はつゆき」。

海上自衛隊のワークホースである汎用護衛艦の第一艦ですが、この艦も5000トン型護衛艦と入れ替わりで退役する予定となっています。時間が過ぎるのって、速いなぁ。

ちょっと道に迷ったりしましたが、無事に京急田浦駅に到着して、予定通り電車で横須賀中央駅まで移動しました。

んでもって、せっかく横須賀にきたのだからと、記念艦「三笠」を見学することにしました。

数年ぶりに、「三笠」に乗艦。

荷物を軽量化するために、50-200mm SWD以外は25mm F1.4と、50mmマクロしか持っていかなかったのが、少し悔やまれます。広角系のレンズも持ってくれば良かったなぁ…。

「三笠」艦内を見学した後は、海軍カレーで昼食。再び京浜急行に乗って、今度は安針塚駅で下車。少し歩くと、小高い丘の上から横須賀本港を見下ろすことができるのです。

Y4バースの海洋観測艦「ふたみ」と、掃海母艦「うらが」。

Y3バースにはヘリコプター護衛艦の(恐らく)「しらね」と、護衛艦「はるさめ

昨年末の火災で、一時は早期除籍との噂も流れた「しらね」ですが、こうして見る限り火災の跡も見られません。

Y2、Y1バースの護衛艦「いかづち」と、ミサイル護衛艦「きりしま」と「あたご」。

「いかづち」のシースパロー用のVLSが見えないか、一生懸命に目を凝らしましたが、さすがにちょっと角度不足でした。

なんか「きりしま」に違和感を感じて観察していたら、後部のファランクスCIWSが、光学センサ付きのBlock1Bに換装されているのに気が付きました。

いつの間にか換装されたんですねぇ…。「ちびしま」も改造されていたりするんでしょうか?(笑)

海上自衛隊の艦艇を一通り見物した後は、対岸の米海軍基地を観察。

第七艦隊の旗艦「ブルーリッジ」や、空母「キティホーク」、ずらりと並んだイージス艦など流石に壮観。

角度的に、「ブルーリッジ」や「キティホーク」はほとんど見えないのですが、イージス艦の装備を見るだけでもなかなか楽しめます。

ハーバーマスターピア周辺を撮影。手前から、アーレイバーク型ミサイル駆逐艦「ステザム」(USS Stethem DDG63)、タイコンデロガ型ミサイル巡洋艦(艦名不明)、アーレイバーク型(艦名不明)、「ブルーリッジ」、タイコンデロガ型(艦名不明)と並んでいます。

第五桟橋につけるアーレイバーク型ミサイル駆逐艦「マスティン」(USS Mustin DDG89)。ヘリコプター搭載能力を付与したフライト2Aです。

画像を整理しているときに気が付いたのですが、「マスティン」は後部にだけBlock1Bのファランクスを搭載しているんですね。確か、マスティンは新造時はファランクスを搭載していなかったと記憶しているのですが、どの時点で、どういう経緯で搭載したんでしょうか?

そんなこんなで、13時前には撤収。「ロケットまつり」に参加するために、京急で東京に向かいました。

新鋭艦からベテランまで、多彩な艦艇を見ることができる横須賀は、やはりエキサイティングな港でした。

護衛艦「ひゅうが」

17日は、IHIマリンユナイテッドで艤装中(の筈の)16DDHこと、護衛艦「ひゅうが」見物の為に横浜まで出向きました。

この日は、メインで使用しているデジタル一眼レフのE-3を、フォーカシングスクリーン交換でオリンパスのサービスセンタに預けた為、予備ボディのE-510を持参しました。

帰宅用の交通手段は池袋発の高速バスのため、一旦池袋駅まで移動して余剰の荷物をコインロッカーに預け、湘南新宿ライン、JR根岸線と乗り継いで、磯子駅へ向かいました。

磯子駅からはバス移動。磯子駅の裏手でバス待ちしている間にコーヒーを飲もうと自動販売機を見たら、某電脳街の電気店の店先を連想させる、なかなか素敵なラインナップでした(笑)。

  • 磯子駅裏手にあった、自動販売機の画像
  • 「おでん缶」や「ラーメン缶」が並ぶ、素敵なラインナップ

磯子駅からのバスで、IHI向かいの海岸まで移動。おお、見えます見えます、巨大なフラットトップが!

艤装作業中のヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」。

お隣では、試験艦の「あすか」が工事中。定期点検でしょうか?

「ひゅうが」艦橋まわりをアップで撮影。

FCS3のアンテナ部分の蓋(?)が取り外されています。

同じくIHIマリンユナイテッドで工事中の護衛艦「おおなみ」。

マストからはすっかりアンテナ類が取り外されています。VLSの上にもテントが張られて作業中の様子。上部構造物も赤茶色の防錆塗装の塗り直しが進められているようです。

しばらく「ひゅうが」を見物した後、バスの時間の都合で、歩きで磯子駅まで。

次にこの艦を見るのは就役後でしょうか? 格納庫の中の構造や、甲板上に設置されるであろう航空関連艤装には、今から興味津々です。

何はともあれ、引き渡しの日が楽しみな艦です。