Cross Talk

「碓氷峠鉄道文化むら」見学記

2006年4月16日、臼田宇宙空間観測所の見学で長野県を訪れたついでで、以前から見てみたかった碓氷峠周辺の鉄道遺構と、碓氷峠鉄道文化むらを見学してきました。

横川駅の近郊にたどり着いたのは午前7時過ぎ。鉄道文化村の開館時間にも早過ぎますし、まずは碓氷第三橋梁(通称:めがね橋)を見て時間を調整することにしました。

碓氷第三橋梁

碓氷第三橋梁の第一印象は、やはり大きい!ということ。谷間を跨いで架橋された巨大な煉瓦の橋。満足な機械もない時代にこれだけのモノを建設した訳で、明治の人々が持っていたエネルギーに圧倒されそうです。

碓氷第三橋梁は遊歩道として整備されており、国道側から階段で登ることもできます。また、近くには駐車スペースもあるので、車で訪れての見学も可能です。

そんな訳で、私も愛車を橋の傍らに停めて、橋の上に登ってみました。

国道から橋の上まではかなりの高低差があります。軟弱な身にはキツイ(苦笑)。しかし、それだけに橋の上からの見晴らしは素晴らしいものがあります。機会があれば、是非とも一度昇ってみましょう。

遊歩道も少し歩いてみましたが、トンネル内の照明も明るく、綺麗に維持管理されているようでした。

アプトの道」と名付けられたこの遊歩道、横川駅からめがね橋まで約4.8kmあるそうです。日本の鉄道史上屈指の急坂ですので、横川駅からだと結構な運動になりそう。

この道も、機会を見て歩いてみたいものです。

横川駅周辺

碓氷第三橋梁を見た後は、再び横川駅にとって返します。橋に登ったりでお腹も空いたので、横川駅前の「おぎのや」さんで朝食にしようという考え。

そんな訳で、駐車場に車を止めて歩いていると、ふと側溝の蓋に目が留まりました。変なグレーチングだと思ったら、コレってアプト式のラックレールじゃないですか。

うわぁ。流石(?)は横川、こんなものまで鉄道部品ですか(笑)。

しかも、よく見ればラックの歯の片側がえぐれています。

きっと、長期間に渡って、大荷重を受け続けて摩耗したんでしょうね。長く、過酷な仕事を終えて、今はこうして側溝の蓋として第二の用途に用いられているラックレールを目にして、とても厳かな気持ちになりました。

で、朝食は駅弁の定番でもある「峠の釜めし」。美味しゅうございました。

朝食後は、鉄道文化むらの開園時間まで周辺を散策したのですが、時期が良かったようで、横川駅周辺は桜が満開。

朝方は薄曇りだった空模様も、時間と共に晴れ渡り、青空に咲き誇る桜の花は大いに目を楽しませてくれました。

また、道ばたにも春の花が咲き乱れ、蜂たちも盛んに飛び回っていました。

掲載した花の画像は、ともにE-330で撮影したのですが、やっぱりライブビューとチルト式液晶は便利です。これであとは、ボディ内手ブレ補正があって、高感度側がもう少し強ければ博物館などの屋内展示を撮るにも最強のカメラになってくれそうなのですけどねぇ。

鉄道文化村

時間も9時を回って開園時間となったので、碓氷峠鉄道文化むらへ。

私はいわゆる「鉄ちゃん」じゃないんで、展示されている列車に関する知識や、バックグラウンドの歴史をほとんど知らないまま見て回ったのですが、そこに存在するモノとしての存在感には圧倒されました。

特に感嘆したのが鉄道展示館で、JRの検修庫として使用されていた建家をあえて改修せずに公開しているということで、そこかしこに無造作に置かれた工具や部品が、活気にあふれていたであろう、在りし日の検修庫を思い起こさせてくれるようでした。

検修庫を見学した後は、トロッコ列車の発車時間になったので、乗車口へ。

このトロッコ列車、廃線となった信越本線の横川・軽井沢間の下り線を利用したアトラクションです。鉄道文化むらから旧丸山変電所に立ち寄り、森公園交流館「峠の湯」まで2.6kmを走ります。

あくまで「碓氷峠鉄道文化むらのアトラクション」という位置づけですので、入園しないと乗車できないそうですのでご注意を。

将来的には、再びこの線路に列車を走らせたいという動きもあるそうで、鉄道施設は維持管理が続けられているそうです。頑張ってほしいですね。

再びトロッコ列車に乗って文化むらに帰ってくると、今度は屋外の展示車両を見学します。

D51の脇では、スタッフが各所のオイルカップに給油している情景に遭遇しました。なるほど、こうやって維持管理を行っているんですねぇ。駆動部なんかは、オイルが切れて錆び付いたりしたら、移動時にも苦労しそうですし。

鉄道や機械への愛着なしには運営できない施設であろうということが、良く理解できました。

そんなこんなで、朝からたっぷり半日楽しむことができました。

鉄道に詳しい人はもとより、そうでない人にも十分楽しむことができます。軽井沢の近くですし、機会があれば一度立ち寄ってみる価値のある施設だと思います。