Cross Talk

ロケットまつりβ

新宿のロフトプラスワンで開かれたロケットまつりβに参加してきました。

会場に着いたのは17時頃なのだけど、地下2階のロフトからすでに階段をぐるりと回って地下一階までの行列が。うは。

しばしの忍耐で、18時半頃には開場。同行のお二方と前列近くのテーブルに。

今回のロケットまつりは、ここしばらく続いた日本のロケット開発の道程を探るシリーズからちょっと趣向を変えて、現在の未来について語ろうというもの。

そんな訳で、司会はいつもの松浦、あさり、笹本の三氏なのだけど、ゲストはいつもの林さんと垣見さんではなく、某組織の野田司令でした。

松浦氏の著書、われらの有人宇宙船の訂正に関する話題から入ったトークライブは、野田さんを招き入れてますますヒートアップ。オフレコ、オフレコの連発でいったい何を書いたらいいのやらという事態。会場も爆笑の連続。

ええととりあえず、「アポロ一号から始まるライトスタッフ2を作るべき」とか、「7月になったらシャトルの打ち上げを強行しようとするのは、3月になったら日本で道路工事が増えるのと同じ理由」とか、「アメリカの新打ち上げロケットに関しては、今後も設計変更が続くだろうから今出ている情報を覚えるのは無駄」とかは書いていいのかな?(苦笑)

後半は、パーソナルジェットグライダーを製作されている八谷さんをサプライズゲストに迎えて、モノを創ることに関しての冗談半分、本気半分の話題が展開されました。いやぁ、凄い話でしたよ。