Cross Talk

主要記事

2006年 6月

6月 1日

小惑星「イトカワ」へのタッチダウンを成功させた後、機体にトラブルを生じて地球帰還が危ぶまれていた探査機「はやぶさ」が巡航用のイオンエンジンの起動テストに成功したそうです。

これで帰還に向けてまた一歩前進しましたね。

テレメトリが回復したときの推進剤全量喪失というニュースで、内心もう駄目だと一度は思ったのですが、はやぶさチームの帰還に向けた努力には本当に頭が下がります。

それにしても、これだけのニュースがJAXAのサイトでプレスリリースとして発表されていないのは怠慢だと思うのですがどうでしょう?

宇宙科学研究本部川口プロマネによる「はやぶさ」の状況報告が。

松浦晋也氏のblogによると、上記の毎日の記事はスクープだったらしく、川口プロマネのコメントはそれに対応したものだったようです。

「はやぶさ」にまたも栄冠がひとつ。おめでとうございます!

航空宇宙・天文関連
米シャトル、来月1日打ち上げ 1年ぶりSankei Web
問題は何を持って危険を許容範囲内と判断したか、ですよね。ともあれ、無事に上がって欲しいところです。
その他
「バーチャルFPたまきの保険入門」開設一周年バーチャルFPたまきの保険入門
そんな訳で壁紙のダウンロードコーナーが出来てます。1600×1200も欲しいなぁ…。

6月 3日

軍事関連
ミサイル損傷:発射筒が落下し 海自側は当日把握も非公表MSN毎日インタラクティブ
SSM-1Bのキャニスターってプラスチック製だったのか…。わたしゃてっきり、金属製だとばかり思っていましたよ。
航空宇宙・天文関連
低コスト化で岐路に立つM-Vロケット(4)顧客である衛星のために欠点補う改良をnikkeibp.jp
連載最終回。打ち上げ基地やロケットの集約化はリスクコントロール上宜しくない、という指摘。
探査機「はやぶさ」の小惑星イトカワ解析、米誌が特集YOMIURI ONLINE
サイエンス誌での日本発の研究成果に対する特集は初めて、とのこと。
「はやぶさ」によるイトカワの科学観測成果、科学雑誌「サイエンス」が特集!宇宙科学研究本部
サイエンス誌に掲載された論文の要旨が掲載されています。必見。

6月 4日

その他
「飛び込み禁止」と日本語で警告メッセージ W杯asahi.com
川に飛び込めるような状況になれば良いんですが…。
南極に巨大クレーター、海洋生物9割絶滅の隕石跡?YOMIURI ONLINE
おお、ジャイアントインパクト。

6月 5日

VGN-UX50が発売されてから少し時間が経ったこともあって、ネット上にもボチボチ使ってみての感想が上がっているようです。

デザインを一新した最初の機種ですので色々と問題点もある様子で、私も少し触ってみて思ったのだけど、やはりあのキーボードは使いにくいという人が多いようです。

意外とバッテリに関しては不満が少ないようですが、この辺は用途的に連続稼働させることが少ないというのもありそう。う〜む。

私は以前に書いたように、フラッシュメモリ版のお値段が出てくるのを待って検討しようと思っているのですが、どうしようかなぁ…。

この5月連休の直前に、エプソンのP-4500を買ったことは以前に書きましたけど、フォトストレージや、マルチメディアプレイヤーとしてはこれで十分。ネットは携帯である程度何とかなる。と考えていくと、使いやすいキーボードのついたノートパソコンを買った方が良いのか、とも思います(今使っているビクターのMP-XP7310のキーボードは、長文入力になるとちょっと辛い)。

あるいは使い勝手の良い小型のBluetoothキーボードでもあれば良いのか、とも思うのですが。さて、どうしたものやら。

関連

ソニーのデジイチとレンズのラインナップに関する情報が出てきたようです。

コニミノデジイチの特徴だったボディ内蔵手ブレ補正を引き継いだ上に、撮像面に付着するゴミ対策もされているとの噂。

それにしても、既に存在するマウントを引き継いだとは言え、立ち上げで20本もの交換用レンズを発表するってのは凄いですよねぇ…。フォーサーズマウント用レンズの発売ペースの遅さにやきもきするオリンパスユーザとしては、唖然としてしまいます。やっぱ開発リソースが大きいんですかねぇ。ここは、フォーサーズの盟友たる松下に期待するしかないのでしょうか…。

国内正式発表は6日という話ですから、明日にはこの情報の真偽が判る訳ですが、どうなるんでしょうか?

個人的に興味があるのが、個人的にデジタル一眼レフは、「ボディ側に手ぶれ防止機構を内蔵」「CCD面の自動清掃機構を内蔵」の2点がクリアされたら、買うかと思っていると仰っている松浦晋也氏がこのαに手を出すかどうかだったり(笑)。

関連

6月 6日

噂の通り、ソニーのデジイチ発表。

APS-Cサイズの原色フィルタ付き1020万画素CCD、撮像素子シフト式手ブレ補正機構、アンチダスト機能搭載で、7月21日発売予定だそうで。

期待のダスト対策は、ローパスフィルタ表面にホコリが付着しにくいコーティングを施した上で、CCDシフト機能を利用して撮像面を震動させ、ゴミをふるい落とすようです。が、このアンチダスト機能、電源をオフする時に駆動されるそうで。起動時間短縮の為かと思いますが、ゴミの写り込みを予防する機能としての有効性を考えると、これはどうよ?

メディアはCF Type2スロット。メモリースティックDuo用のアダプタが付属するとのことですが、サイバーショットの高級機種ではCFとメモリースティックのデュアルスロットだったので、ちょっと意外。デュアルスロットは何かと便利なんですけどねぇ。

全般的に、思ったより普通のデジイチだったなぁ、という印象。ゴミ取り機能の実効性や、左側のダイヤルの操作性とか気になる部分もありますが、さて、市場ではどう評価されるんでしょうか?

6月 7日

ここしばらく、掲示板の方でスパム書き込みが続いていたんですが、いい加減削除するのも面倒になったんで掲示板とチャットを閉鎖することにしました。

突然の閉鎖で申し訳ありませんが、ご了承下さい。最近は書き込み件数も少ないんで、あまり影響もないと思いますが…。

当初は6月発売予定とされていたSchneider Vol.15、8月31日に延期とのこと。

う〜ん。実質3ヶ月も延びるのか…。残念ですが、地味な題材が多く、取材にも手間暇かかりそうな雑誌ですので、やむを得ない面もあるのでしょうけど…。

まぁ、良い記事を載せて、長く続けてくれるなら、個人的には多少の発売延期は許容範囲ではあります。頑張れ〜。

軍事関連
墜落軍用機は国産AWACSか 中国、開発計画見直しもSankei Web
フェーズドアレイレーダー搭載と言われるKJ-2000。本当に墜ちたのなら痛手でしょうね。機体(の搭載電子機器)も高価だし、乗員も養成に時間がかかる人材ばかりだろうし。
妙見山頂・巨大レーダー建設 景観は?asahi.com:マイタウン新潟
相変わらず記事の論調は妙にバイアスかかっている気がするけど、佐渡に設置されるFPS-XXの情報。08年度から本体の組立に入り、09年度に完成とのこと。

6月 9日

むぎページさんのトップ絵、おそろいのパジャマを着たなのはフェイトが可愛いっす。

  • 文庫:乃木坂春香の秘密 4巻(著:五十嵐雄策 メディアワークス 電撃文庫)

積ん読中な本が増えてきました…。

軍事関連
最新鋭戦闘機F−15Kが墜落…操縦士2人行方不明中央日報
スラムイーグル墜落。ところで海軍もUH−60ヘリ1機、構築艦3隻と高速艇4尺および海警艇1隻を隣近海域に緊急投入って、何の誤植(あるいは誤訳)なんでしょう? ひょっとして、構築艦って、駆逐艦の誤変換?

6月 10日

昨日は何冊か出ていない本があったので、会社帰りにまた本屋へ。

  • コミック:蒼海訣戰 壱巻(著:納都花丸 一迅社)
  • 月刊誌:コミック REX 7月号(一迅社)
  • 月刊誌:軍事研究 7月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー社)

ネコミミ仮想戦記蒼海訣戰買ってきました。

イロモノかと思いきや、判る人は何かと判る渋いポイントを押さえているあたり、非常に好感度が高い作品であります。オススメ。

軍事関連
幻の戦闘機実物大で復元 「震電」を芸術作品に 福岡市美術館 制作メンバー募集西日本新聞 The Nishinippon WEB
プラモデルの部分写真を張り合わせて立体作品を作るそうです。どっか、原寸大の復元機とか造ってくれないですかねぇ。
仏英首脳が会談、空母の共同開発着手で合意YOMIURI ONLINE
フランス海軍の次世代空母PA2は、イギリス海軍が建造中のクイーン・エリザベス型を基本型に、カタパルトと着艦拘束装置を設置するかたちで建造されると言われています。っつーか、早期警戒機の運用を考えるなら、イギリスもこっちにした方が良いんじゃないかなぁ…。

6月 11日

日本惑星協会の、「はやぶさ」へあなたのメッセージを送ろう!というコーナーで、小惑星という未知のフロンティアの探査に挑み、地球帰還の為に果敢なチャレンジを続けている工学試験探査機「はやぶさ」とそのミッションチームへの激励のメッセージを募集しています。

小惑星「イトカワ」への飛行中にリアクションホイールが故障、「イトカワ」着陸後にはそれを補完すべき化学燃料ロケットの燃料を全量喪失するというトラブルで地球帰還が危ぶまれている「はやぶさ」ですが、先日、イオン・エンジンの起動に成功。地球帰還への望みはあるとの報道がなされました。

「はやぶさ」の試料収集カプセルの中には、「イトカワ」着陸時に採取された表面のサンプルが収容されている可能性があります。これを持ち帰ることに成功すれば、天文分野で多くの成果が得られる可能性があるとされています。

惑星間軌道からのサンプルリターンを成功させたことがあるのはアメリカだけの筈で、有人宇宙飛行みたいな派手な技術じゃないけど、「はやぶさ」の帰還のサンプルの回収は、大きな技術的、科学的成果と言えるのではないでしょうか?

関連

6月 14日

航空宇宙・天文関連
JAXAシンポジウム2006 宇宙航空最前線レポート開催のご案内JAXA
内容的には非常に興味を覚えるのですが、開催日時的にとても参加は無理っぽく…。せめて、金曜ならなぁ。

6月 15日

軍事関連
横須賀市長、原子力空母容認を市議会で表明YOMIURI ONLINE
一部市民団体が、また色々やってくれそうですね。原子力空母の安全性云々と言う割に、彼等の抗議行動とやらが、事故を引き起こしかねない危険な行為だという自覚はあるんだろうか?
航空宇宙・天文関連
エアバスの巨大機「A380」、納入にまた遅れとCNN.co.jp
なんか、色々とヤバそうです。
アニメ関連
星空キセキcwfilms
予告編を公開中。楽しみです。

6月 16日

アルターのサイトにて、完成品フィギュアの再販情報が。

10月にXenosagaのKOS-MOSアルヴィス・E・ハミルトンが再販されるそうです。

前にもちらっと画像載っけたけど、アルはなかなか可愛らしい出来なんでオススメですよん。

フィギュアネタもうひとつ。

9月から10月にかけて、グッドスマイルカンパニーからフェイト・テスタロッサの塗装済み完成品フィギュアが出るそうです。本編でも印象的に描かれていた、ザンバーフォームのインテリジェントデバイス「バルディッシュ」を構えたポーズ。

個人的な趣味からすると、サンプルは髪や肌の色が少し濃い目かなぁという感じ。もう少し淡い色味の方が好みかも。

お値段は5800円だそうで、さて、どうしたものやら…。

軍事関連
平成18年度富士総合火力演習陸上自衛隊
見学の公募が始まりました。今年は8月27日開催です。
コンピュータ関連
OSの起動用ドライブにいかが?  2.5インチIDE HDD接続のフラッシュドライブがエバーグリーンから! 容量8GBと16GBの2モデル!Akiba2GO!
VAIO type Uのフラッシュメモリ版って、コレを積むのかな? お値段高めで容量も少ないけど、2.5インチHDDと互換性があるそうなので、工夫次第で色々使えそうです。

6月 17日

命中精度の悪い弾道弾ですから、通常弾頭ならば実害は少ないですし、北朝鮮がミサイルの弾頭に使用可能な小型核弾頭を開発できているとも思えません。それこそ恫喝目的でしょうから、過度に慌て騒ぐことはそれこそ彼等の思うつぼです。もちろん、警戒は怠ってはいけませんが。

海上自衛隊はイージス艦「ちょうかい」(佐世保基地=長崎県)を日本海の秋田県沖付近に展開、太平洋の三陸沖には別のイージス艦を新たに派遣した。

別のイージス艦ってどの艦でしょう?

「みょうこう」は、まだ定期検査中の筈だから、順当にいくと「こんごう」だと思うのですが、リムパックに派遣中の「きりしま」を呼び戻したりするのもアリなんでしょうか?

弾道弾迎撃用のSM-3が配備されていない以上、イージス艦と言っても追跡・監視任務だけ。が、飛翔する弾道弾を実際に追跡できる機会はそうそうないでしょうから(ましてや、北朝鮮のものとなれば)、海上自衛隊としては可能な限りのデータを収集しておきたいでしょう。

AIRBOSSを積んだUP-3Cなんかも飛んでいるんでしょうか?

某所経由でJapan Military Review「軍事研究」

軍事系総合誌「軍事研究」の公式サイト。そういえば、今までなかったのが不思議といえば不思議。blog形式なのは、更新の手間を省く為でしょうか?

何はともあれ、これで発売日前に内容を確認できそうです。

6月 18日

ネットを巡っていて見つけた、面白いものを幾つか。

ズイコー-フォーサーズ あれこれさんで紹介されていた、オリンパスが特許申請したらしいリボルバー型レンズ交換コンパクトデジカメ

コダックがレンズとCCDを二系統持つデジカメを発売して話題になりましたけど、こちらはさらに前衛的なデザイン。

光学系の精度を維持できるのかとか、かえって重くなるんじゃないだろうかとか、いろいろと気になるところはありますが、面白いから良し!(え〜)

次、ROMMAN-ROOMさん経由でヘッドホン端子からUSB機器に給電するケーブル

ヘッドホン端子からちまちま電気を貯めていって、間欠的にUSBの方に給電するらしいです。充電時にはヘッドホン端子のボリュームを最大にするってのが良いねぇ。やっぱり、ロックとかの方が給電能力が高かったりするんでしょうか?(笑)

さらにもうひとつ、はちぽちさん経由でリンゴ皮むき工法

リンゴの皮を剥くように、球形タンクを解体していく工法。足場を組む必要がなく、剥いた「皮」は自重でタンク内に渦巻き状に並ぶので、解体で出た鋼板をクレーンで降ろす必要もないらしいです。

面白いだけじゃなくて、合理的で美しい手法ですね。

航空宇宙・天文関連
シャトル来月2日打ち上げ NASA、内部に反対論もSankei Web
反対意見はあれど、打ち上げを実施するそうです。無事に飛行を終えることができれば良いのですが…。

6月 20日

  • コミック:天上天下 15巻(著:大暮維人 集英社)

またも過去話で、こんかいは戦国編。作者の人の趣味全開、らしいです。

6月 21日

  • DVDビデオ:魔法少女リリカルなのはA's vol.6(キングレコード)

第二期完結。エピローグでは、6年後の彼女たちの姿も描かれたりしているのですが、第三期も作ってほしいなぁ。

パナソニックのフォーサーズマウント対応デジタル一眼レフ、DMC-L1の正式発表。

7月22日に発売ということで、ソニーのα100の翌日(!)。もっとも、ボディとレンズのセット販売のみで、実売25万円と高めの価格設定ですから、ターゲットユーザー層はかなり異なる筈で、ガチンコ勝負という訳でもないみたい。

個人的には、ボディよりも(もう、E-330持ってるしね)気になるレンズのロードマップ。

14-150mm F3.5-5.6 OISは気になります。ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3より広角寄りだし、テレ端はちょっと明るいし、手ブレ補正あるし。荷物を減らしたい旅行とかには良さそう。

発売は2007年の頭ということになっているけど、冬のボーナスシーズンに期待ですね。

コンピュータ関連
バッファロー、キャップ紛失防止デザインのUSBメモリPC Watch
メモリのキャップを本体後部に取り付け可能なことに加え、キャップと本体にストラップホールを配するなど、キャップの紛失を防止するデザインになっているそうですが、キャップを本体に取り付けるつもりなら、本体側のストラップホールが使えないように見えるのは気のせいでしょうか? 確かにキャップは紛失しにくいかもしれないけど、メモリ本体を紛失してしまいそうな予感(笑)。

6月 22日

月末発売の航空雑誌をチェック。今月は、あんまり惹かれる記事がなかったなぁ。

  • DVDビデオ:朝比奈ミクルの冒険 Episode00(角川エンタテインメント)

話題の自主制作映画ふうアニメ、買ってきました〜。

今年は三年に一度の、海上自衛隊の観艦式の年です。

毎年秋に行われる観艦式、海上自衛隊のサイトのイベント情報にはまだ正式な日程は公表されていないのですが、何の気なしに訪れた自衛隊山形地方連絡部のサイトで日程が掲載されておりました。

今年は10月29日とのこと。月末で、私はちょっと見に行くのは厳しいかも。う〜ん、見に行きたかったのになぁ。

あ、もちろん防衛庁から正式に発表された日程じゃないので、休暇の計画等にこの情報を利用される方は自己責任でお願いします。

デジカメ関連
オリンパス、E-330のライブビューBモードでAFを可能にデジカメWatch
サイドスイングミラーを開放して行われるBモードライブビューですが、一瞬だけミラーを閉じてAモードに切り替え、オートフォーカスでピントを合わせてBモードに戻すらしいです。

6月 23日

軍事関連
米、弾頭迎撃実験に成功 海自イージス艦が初参加Sankei Web
SM-3発射実験に成功。ところで、将来的に海自護衛艦による実射訓練は行われるんでしょうか?

6月 24日

航空宇宙・天文関連
宇宙ステーション:貨物運ぶ補給機の試作機公開 JAXAMSN毎日インタラクティブ
公開されたのは地上試験機だそうです。シャトル引退に間に合うんでしょうか?
ハッブル、メインカメラ停止DICE-K.com
メインカメラがセーフモードに入っているとのこと。他の機材は観測を継続中。

6月 26日

  • コミック:鈴宮ハルヒの憂鬱 2巻(画:ツガノガク 角川書店)
  • 月刊誌:世界の艦船 8月号(海人社)

日曜日は諸々の用事で行けなかった書店へ。

宙のまにまには市内の店頭から在庫が払底している模様。…しまったなぁ。

軍事関連
米、イージス艦の早期派遣も テポドン発射の動き受けSankei Web
SM-3を実戦に近い近い状態で運用可能とみられる、ミサイル巡洋艦シャイローの横須賀配備前倒しが検討されている模様。
在日米軍、沖縄にパトリオット3…年内配備方針YOMIURI ONLINE
嘉手納防空用にPAC3が配備されるらしいです。
航空宇宙・天文関連
宇宙への希望左右 シャトル7月2日打ち上げSankei Web
トラブルが続発するシャトルですが、その乗員救援もシャトル頼みという矛盾。リスクの分散も必要ですね。

6月 27日

  • 月刊誌:AIR WORLD 8月号(エアワールド)

宙のまにまにを探しに隣の市へ行くも、結局入手できず。

ついでに、市内でチェックできなかった航空雑誌をチェック。星島秀雄氏の記事次世代宇宙への核心が気になったので、久しぶりにAIR WORLD買ってみました。

衛星バスやインターフェースを規格化し、ユニット化した機器をプラグ&プレイで認識させるTACSATや、六角形のモジュールを最小単位として組み合わせ、軌道上で展開させるHexPak衛星構造(展開プロセスも、SFマインドを刺激してくれます)のコンセプトは非常に興味深いです。

また、各国で推進される射場の省力化、低コスト化について触れ、種子島の射場システムや、次世代基幹ロケットと目されているH-ⅡBがその点であまりに遅れていると指摘している点も気になりました。

日本の宇宙開発は本当に生き残れるんだろうか…。

軍事関連
中国護衛艦沈没、13人不明か 香港貨物船と衝突Sankei Web
護衛艦、ってフリゲートかな? 軍艦は多数の水密区画で区切られて、浸水があっても被害を極限するような構造になっていますが、さすがに2万トン級の貨物船相手では…。

6月 28日

VAIO type Uのゼロスピンドルモデルの詳細記事。

早くて、軽くて、電池が長持ちして、オマケにワンセグチューナーがついてくるってことで、かなり惹かれるオモチャであります。

個人的に気になるのが、記事中のtype U ZEROのキーボードをなでるとキーの突起がはっきりと認識できる。VGN-UX50と並べてみても突起がより多く確保されているようにも見えるって表記でしょうか。HDDモデルのキーボードは、検索窓への入力も躊躇ってしまうような出来だっただけに、改良されているとすれば嬉しいポイント。

無事にボーナスも出たし、特攻するべきか否か。ちょっと悩みます。

軍事関連
「さざなみ」呉を出航、インド洋へ中国新聞
通常は哨戒ヘリを1機搭載する汎用護衛艦ですが、インド洋派遣時は冗長性に考慮して、2機を持っていくそうです。「なみ」型護衛艦は、ヘリの着艦拘束装置の移送レールが二条あったりして複数機のヘリ運用がしやすいようですから、この手の派遣任務には向いているんでしょうね。
補給艦「ましゅう」 インド洋に向け出港 海自舞鶴基地 家族ら見送り京都新聞電子版
「おうみ」と交代する「ましゅう」が出航。海上自衛隊最大の巨大艦である2隻が洋上で邂逅するシーンは壮観でしょうね。「世界の艦船」あたりで取材してくれないかなぁ。

6月 29日

軍事関連
建造中のイージス護衛艦「あたご」のロゴマーク募集海上自衛隊
〆切は8月31日必着。採用者には記念品が出るそうです。
イージス艦「きりしま」に帰国命令…テポドン2号警戒YOMIURI ONLINE
RIMPAC2006に派遣されていたミサイル護衛艦「きりしま」が、急遽帰国することになったようです。海上自衛隊のイージス護衛艦は全部で4隻ありますが、現在「みょうこう」が定期点検中で使えませんから、太平洋側と日本海側に艦を配置すると、補給や休養の余裕さえなくなってしまいます。建造中の「あたご」型2隻が就役するまで、遣り繰りが厳しくなりそうですね。

6月 30日

  • 文庫:仮面のアクトレス(著:今野緒雪 集英社 コバルト文庫)
  • コミック:オオカミが来る! GIB MIR SONNE1(著:納都花丸 角川書店)

買ってきた〜。これから読みます。

宙のまにまには、結局amazonで発注しました。