Cross Talk

20067年 12月

12月 2日

ソロモン宇宙協会-ロケットガール公式サイト-が更新。ロケットガール三人娘のキャストが正式発表されています。

主人公の森田ゆかりは仙台エリさんってことで、あまり声優に詳しくない私はとりあえず検索かけてみた。ああ、Webって便利。

なるほど、アニメ版の「GUNSLINGER GIRL」でトリエラやった人ですか。確かにイメージ的には良く似合ってるかも。納得です。

長谷川静香さんの出演作ってあんまり見たことがないんだけど、生天目仁美さんは「月姫」のアルクェイドとか、「マリア様がみてる」のデコ様が印象に残っているもんで、マツリと言われてイマイチ想像がつきませぬ…。

その他
ミッドウェー環礁、観光に一部開放と 米魚類野生動物局CNN.co.jp
太平洋戦争の戦局の転換点となったミッドウェー環礁が、観光用に一部解放されるとのこと。コバルトブルーの海洋が印象的な画像が掲載されており、なんとも平和そうな光景ですが、この島の近海に、日米あわせて5隻もの空母が沈んでいるのですね…。

12月 3日

今日は朝から本格的な降雪。風も弱かったこともあって、あれよあれよという間に雪が積もり、あたりは白と灰色の世界に。

私のクルマは先週のうちにタイヤ交換をすませていたのですが、世間の皆様はそうでもなかったようで、ふらふらとお尻を振りながら走るタクシーや、交差点で停止できずに追突している車をあちこちで見かけました。

憂鬱な季節の到来です。はやく春にならないかなぁ。

雪の降る中を、いそいそと書店にお出かけ。

  • 月刊誌:Megamiマガジン 1月号(学研)
  • 月刊誌:ヤングキング OURS 1月号(少年画報社)

Megamiマガジンは、例によって「StrikerS THE COMICS」がお楽しみ。

色々と状況説明がされていたり、新キャラが出てきたりと相変わらず情報量が多いんですけど、フェイトはあの年齢ですでに子持ちという衝撃の新事実が発覚…。

相手が誰それとか言う話ではなくて、執務官の仕事で助けた子供の保護者になってたりするそうなんですが、無印「なのは」で色々とあった彼女のこと。寂しげな笑顔がなんとも印象的。…良い娘ですねぇ…(うるうる)。

あと、私がピクンと来たのが新キャラの名前。ギンガ・ナカジマに、スバル・ナカジマ。

スバルといえば、もちろん中島飛行機を前身とする富士重工の自動車ブランドの名前。ギンガと聞いて思い出すのは、中島飛行機が量産した陸上爆撃機「銀河」。もっとも、「銀河」の開発そのものは帝国海軍の航空技術廠が手がけた訳ですが。

「リリカルなのは」で中島関連の単語と関わりのあるキャラというと、八神はやてもいるわけですし、この新キャラがどう話に関わってくるかは興味深いところ。

OURSでは、「朝霧の巫女」で、いよいよ戦艦「大和」が戦闘を開始。試射で灼けた砲身が陽炎で揺らぐさまや、斉射時の発砲炎の描写などなど迫力十分。

そしてなにより、陛下可愛いよ、陛下

もののけに対抗可能な武器の存在も明らかになったことだし、来月号あたりでは獅子奮迅の活躍を見せるチハたんが見たいぞ(笑)。

軍事関連
海自潜水艦接触事故、主因は艦長判断ミス…書類送検へYOMIURI ONLINE
記事では艦長の判断ミスとされていますね。操艦上の判断に問題もあったのでしょうけど、比較的船舶の往来が多いとされる海域で何故浮上しようとしたのかという航海(訓練?)計画上の判断の是非も問われることになるのでしょうか?
航空宇宙・天文関連
小惑星探査機「はやぶさ」、地球帰還準備が本格化asahi.com
ヒーターで機体を加熱して漏れだした燃料を気化させるベーキング作業や、カプセルの蓋を閉じる為の作業に破損したバッテリを使う必要があったり、まだまだクリティカルな作業が続くようですが、なんとか無事に地球まで帰還させてあげたいところですね。
その他
シドニー沖海底の残骸、旧日本軍の潜航艇と確認YOMIURI ONLINE
乗員の遺体がのこっている可能性もありますし、日本政府も調査に協力して、最善の手だてを取って欲しいところです。

12月 4日

小惑星探査:はやぶさ後継機 2010年に打ち上げへMSN毎日インタラクティブ
プランが宇宙開発委員会に提出されたようです。繰り返しになりますが、はやぶさ2は小惑星イトカワへの着陸に成功した工学試験探査機はやぶさの姉妹機で、同機での不具合点など最小限度の改修で早く、安く、最大の成果を上げようというプロジェクト。イトカワとは異なる組成のC型小惑星が目標で、はやぶさのサンプル採取の成否にかかわらず、成功すれば大きな科学的成果が得られる見込みが高い計画であります。関係省庁の賢明なる判断を期待します!

12月 5日

航空宇宙・天文関連
NASA、国際月面基地を2020年までに着工YOMIURI ONLINE
日本や欧州など他国の宇宙機関のほか、民間企業などの幅広い参加を求め、“国際基地化”を目指すって言うけど、結局、アメリカ主導で建設中の国際宇宙ステーションは、彼の国の都合に振り回されたままいまだに完成を見ていない訳で。日本もこのプランにほいほいと飛びついて良いものか、慎重に検討すべきでしょう。
その他
プレステ:強奪容疑の男を警官が射殺 米ノースカロライナMSN毎日インタラクティブ
とうとうPS3で死者が…と、書くと語弊があるか。記事だと、ゲームのコントローラーを持っていたと書かれていますから、これを銃と誤認されたんでしょうか?

12月 7日

軍事関連
ロッキードマーチン社のF-35統合攻撃戦闘機、11日にも処女飛行の見通しTechnobahn
F-35戦闘攻撃機、まもなく初飛行の予定。価格が予定より高くなりそうだとか、重量がオーバー気味だとか言われているようですが、ここまで大きなプロジェクト故、失敗が許されないというのも辛いところですね。
米空母、ようやく離岸 博物館のイントレピッドU.S. FrontLine
先日、ハドソン側の係留場所から造船所への移動を試みて、堆積した泥に阻まれた退役空母イントレピッド。浚渫作業を進めて、無事に離岸できたようです。公開の再開は2008年とのこと。
デジカメ関連
富士フイルム、ボディ性能を向上した「FinePix S5 Pro」デジカメWatch
発売は2007年の1月下旬で、店頭での価格は26万円前後になるとのこと。デジタル一眼レフの低価格化が進む中で比較的高価な部類に入るお値段ですが、独特の撮像素子を採用していますし、欲しいという人も結構いるんでしょうね。
シグマ、SD14の発売を2007年2月下旬〜3月上旬に再度延期デジカメWatch
当初は11月下旬発売予定だったSD14、生産スケジュールの遅れで一度の発売延期が告知されていたのですが、ハードウェアの一部変更ということで再度の延期。これまたFOVEON X3という独自の撮像素子を採用しているデジイチですので、開発にも苦労があるのでしょうね。

12月 8日

航空宇宙・天文関連
飛翔を止めるな!「はやぶさ-2」の実現に向けてAstroArts
アストロアーツでも、「はやぶさ2」の記事が掲載。草の根の声援も大きくなっているようですけど、マスコミにももっと取り上げられるといいですね。
シャトル、悪天候で打ち上げ延期asahi.com
次回の打ち上げ予定は、日本時間で10日の午前10時47分とのことです。

12月 10日

俺、実はポニーテール萌えなんだ(伏線)。

冬のボーナスが出たんで、夏は超広角ズームレンズを買ったために導入を見送った防湿庫買いました。

個人的には、レンズ用の波形ウレタンがもう一段分欲しいところです。

んでもって、あとは書店へ。

  • 月刊誌:軍事研究 1月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー社)
  • 単行本:ハインケル He219“ウーフー”(文林堂)
  • 新書:はやぶさ 不死身の探査機と宇宙研の物語(著:吉田武 幻冬舎 幻冬舎新書)
  • 文庫:神々の約束(著:D・エディングス 早川書房 ハヤカワ文庫FT)
  • コミック:蒼海訣戰 2(著:納都花丸 一迅社)
  • コミック:ろりぽ∞ 2(著:仏さんじょ 一迅社)

蒼海訣戰、69頁を見る限りは、この世界の戦艦って現実世界での日露戦争の頃の戦艦をかなり上回る攻撃力(45口径36糎砲)を持ってるんですねぇ。…っつーか、12000噸で攻防走そろった艦で、36糎砲を積めるんかなぁ?

まぁ、なにはともあれ、ドジっこ陛下萌え〜。おかっぱ猫耳幼女萌え〜。

ろりぽ∞、2巻あたりだと各話のサブタイトルは色々とパロディになってるみたいですねぇ。個人的には第12話が笑った。あ〜、アルカディアですもんねぇ(笑)。

まぁ、なにはともあれ、引っ越し作業中のみさきたん萌え〜(伏線回収)。

軍事関連
横須賀のイージス艦大半にMD能力整備へ 米軍司令官Sankei WEB
SM3の搭載艦についてはノーコメントとのこと。当初は駆逐艦が探知・追跡、巡洋艦がミサイル発射を担当すると言われていましたが、海上自衛隊のイージス護衛艦は双方を担当する訳ですし、米海軍の駆逐艦もSM-3を搭載することになるんでしょうか?
航空宇宙・天文関連
米シャトル打ち上げ 7人搭乗、宇宙ステーションへasahi.com
打ち上げは成功。夜間打ち上げは、はたから見ているぶんには綺麗で良いですねぇ。

12月 13日

軍事関連
ロッキードマーチン社、F-35統合攻撃戦闘機の初飛行テストを延期Technobahn
初飛行は延期されたようです。全ての作業は順調に進んでとは書かれていますが。デジタル・フライ・バイ・ワイヤの機体は、ちょっとしたバグがそのまま機体の墜落につながりかねない訳ですから、初飛行は慎重になるんでしょうか?
本と雑誌
オタク男子×腐女子の恋愛生活 「となりの801ちゃん」発売アキバBlog
おお、もう出ていたんですか。今度、買ってこよう。

12月 15日

航空宇宙・天文関連
H-IIAロケット11号機打上げ - 初の「204」型を現地からレポートMYCOMジャーナル
いよいよ打ち上げが近づいてきたH-ⅡA最強仕様、SRB-A4本の204型打ち上げレポート。関連:打ち上げライブ中継番組JAXA)。
アニメ関連
宇宙開発マンガ「MOONLIGHT MILE」がアニメ化、2007年3月WOWOWにて放送開始MYCOMジャーナル
@kazuhi.toさん経由。来年は、宇宙開発モノのアニメが続きますね。
デジカメ関連
戦闘機と長いレンズ@nifty:デイリーポータル Z
R日記 そのにさん経由。確かに航空祭は壮観でありました。…私もオリ黒くて太くて長い奴が欲しい…。

12月 16日

F-35Aの初号機、無事に初飛行を終えたようです。

ちょっとノイジーな気もしますが(Exif情報を見ると、ニコンのD2Xで、ISO400で撮影しているみたい)ハイレゾの画像も掲載されています。試作機時代から見ると、随分とラインが整理されて実戦機らしいスタイルに仕上がっています。

初号機の初飛行でF-35もひとつのマイルストーンを越えたけど、まだまだ垂直離着陸のB型という難物がありますし、実戦配備までは長い道のりが残っています。

おそらく、21世紀を代表する戦闘機であり、もしかすると最後の有人戦闘機になるかもしれないF-35。在日米軍の航空隊にも配備されるでしょうし、F-15Jの代替として、航空自衛隊でも導入が検討されるでしょうから、いずれ日本の空でも見られる日がくるんでしょうねぇ。

航空宇宙・天文関連
H2Aロケット:11号機打ち上げ、18日に延期MSN毎日インタラクティブ
残念ながら、天候不順のために月曜日に延期です。mixiのコミュニティなどを読んでいると、初の204型で、しかも休日の打ち上げと言うことで種子島まで出かけている人も多い様子。残念ですね。

12月 18日

先週末から、時間を見ては年末の大掃除を兼ねて、部屋の模様替えをしています。

が、モノが多すぎて、玉突き的にしか家具を動かせないのが悩みどころ。

先日、思い切ってLDとVHSの視聴環境を破棄したのですが、パソコンの数を減らすことも考えた方がいいのかもしれませんねぇ。

遅れていたamazonからの荷物が到着。

航空宇宙・天文関連
H-IIAロケット11号機による技術試験衛星VIII型「きく8号」(ETS-VIII)の打上げ結果についてJAXA
H-ⅡAによる打ち上げは、完全に成功したようです。動画も見ましたが、さすがにSRB-Aが4本となると噴射炎の迫力が違いますね。後は「きく8号」の仕事。静止軌道へのトランスファ、アンテナの展開と、気の抜けない作業が続きます。

12月 20日

航空宇宙・天文関連
米シャトル「ディスカバリー」、帰還の途にYOMIURI ONLINE
国際宇宙ステーションから分離、帰還の途につきました。着陸予定は日本時間で23日の朝の予定とのこと。
その他
六甲山生還:打越さん、焼き肉のたれ「食べられなかった」MSN毎日インタラクティブ
当初、焼き肉のたれのおかげで生存できた、みたいな話が飛び交いましたが、リュックサックに入っていた焼き肉のたれをなめた。しかし、「数滴試したが、食べられたものではなかった」とのこと。流言を真に受けて、事故のさいにとんでもない行動をとらないようにしたいものです。

12月 21日

年末なんで、いろいろ出ますねぇ。

  • 文庫:死者の村の少女(著:山本弘 富士見書房 ファンタジア文庫)
  • 文庫:スカイ・ステージ(著:藤澤さなえ/グループSEN 富士見書房)
  • 文庫:旅立ち・お祭り・子供たち(著:篠谷志乃/グループSEN 富士見書房)
  • CD:うたわれるものらじお Vol.1(バップ)
  • コミック:げんしけん 9(著:木尾士目 講談社)
  • コミック:貧乏姉妹物語 9(著:かずといずみ 小学館)

そして、うたわれるものらじおオリコンのデイリー7位に入ったという事実に驚愕。

前々回のロケットまつり会場でも既に日程は告知されていましたが、ロフトプラスワンのスケジュールにも掲載されました。

今回は初期のスタイルに戻って、映像を交えてのトークがメインになるそうです。

出演の笹本さんが作家/来ます!って書かれているのは、ここしばらく告知ばかりで締め切りに追われて来られなかったからなんだろうなぁ(笑)。

軍事関連
横須賀の米イージス艦2隻もSM3搭載TUFテレビユー福島
アーレイ・バーク型イージスDDG、ステサムUSS Stethem DDG-63)とカーティス・ウィルバーUSS Curtis Wilbur DDG-54)にもSM-3搭載改修がされたそうです。米海軍のDDGも、監視追跡以外にも迎撃任務につくようですね。
デジカメ関連
HOYAとペンタックス、経営統合に向け基本合意デジカメWatch
ペンタックスのデジカメ事業は継続されるそうです。

12月 22日

そんな訳で、年末買い物ラッシュ第二弾。

  • 文庫:クリスクロス(著:今野緒雪 集英社 コバルト文庫)
  • DVDビデオ:涼宮ハルヒの憂鬱 6(京都アニメーション 角川エンタテインメント)
  • コミック:涼宮ハルヒの憂鬱 3(画:ツガノガク 角川書店)

流通の関係か、営業上の都合なのか、当初聞いていた発売日からずれて店頭に並んでいるものが多いようで、ちょっと困惑。

あと、アルミのアングル材と金具を幾つか買ってきました。

CPUクーラーのあまりの重さにリテンションが破損した我が家のメインマシン、応急対策として結束バンドでクーラーを吊ってあるんですが、年末年始の時間を利用して支持用のステーを自作するつもりです。

12月 23日

先日購入したJMSDF FLEET POWERS 6 海上自衛隊航空部隊(バンダイビジュアル)を視聴。

タイトルから解るように、今回は航空部隊の特集。

この手のビデオではお馴染みの、訓練飛行の様子はもちろん、航空機への対艦ミサイル(P-3Cへハープーン、SH-60Kにヘルファイア)の搭載シーンや、航空機用シミュレータの映像など内容は非常に充実しています。

個人的に燃えのツボにハマったのが、P-3Cの爆弾倉から見た、短魚雷の投下シーン。

投下された魚雷が数秒だけ機体と平行して飛翔し、スッと後方へ消えていく(着水衝撃を緩和する為のパラシュートが開かれて減速するので、カメラの視野から外れる訳です)シーンはなかなか格好良いですねぇ。

あと、別の意味でツボにハマったのが、救難飛行艇US-1Aから、標識用の着色マーカーを投下するシーン。

機体が非予圧式なのをいいことに、キャビンの窓を開けてマーカーをぶん投げます(笑)。そんなんで良いんかい(笑)。いや、ちゃんと投下前に安全確認はしているんですけどね。

後継機のUS-1A改では予圧キャビンになるから、マーカー用の投射装置が付けられると思いますので、ある意味貴重な映像かもしれません。

航空宇宙・天文関連
情報収集衛星「レーダー2号」、来年2月に打ち上げasahi.com
新型センサ試験用の光学3号実証機も同時に打ち上げるとのこと。
シャトル「ディスカバリー」が無事着陸Sankei WEB
無事帰還。掲載されている画像が素晴らしく美しいです。必見。

12月 24日

  • コミック:宙のまにまに 2(著:柏原麻実 講談社)
  • 月刊誌:アフタヌーン 2月号(講談社)

宙のまにまに、2巻は夏休みの湖畔合宿(多分、福島県の猪苗代湖)がメイン。小夜先輩のあんな格好や、あんな姿が一杯ですよ!イヤッホウ!!

冗談はさておき、サラサラストレートなロングヘアの女の子ってキャップが似合うのよねぇ。あとはアレ、11話のタンクトップ! もう素晴らしすぎます。登場するコマ数が少ないのが非常に残念です(笑)。

んでもって、新キャラ登場と文化祭での一波乱に続いていく訳ですが、フーミン会長の(色んな意味での)大攻勢が。華やかな外見とは裏腹に、意外と(失礼)乙女ちっくな姫ちゃんも相変わらずいい味出してます。

アフタヌーンは「おおきく振りかぶって」のアニメ化の告知。独特の雰囲気をどう表現できるか、ちょっと心配です。

あとは、「世界の艦船」で今年の買い物は終わりかなぁ? あ、KanonのDVDが年内に流通するのか。

軍事関連
陸自定数やF2支援戦闘機の削減、安保会議で了承YOMIURI ONLINE
結局、F-2は94機で調達を終了。予備機が削減されるそうです。空自は、従来の要撃戦闘機、支援戦闘機という2本立ての装備を多目的戦闘機で一本化という方針のようですが…。スケジュール的に外国機の導入が決定しているF-4後継機も含め、航空自衛隊の今後の装備機がどうなるのか。現状、三自衛隊で一番先が読めないのが空自かもしれませんねぇ。

12月 26日

  • 月刊誌:世界の艦船 2月号(海人社)

巻頭カラーで掲載されている「ゆき」型護衛艦11隻の集合写真が壮観です。

新連載として「ヨーロッパ主要海軍の艦艇勢力」が始まりました。第一回はイギリス海軍。主要水上戦闘艦はやや老朽化してきた感がありますけど、揚陸艦艇や補給艦の充実ぶりは、やはり外征型海軍としての存在感がありますね。

折り込み写真は、ノルウェー海軍のイージス・フリゲート「フリチョフ・ナンセン」。人物対比で見ると、やっぱり小さい艦です。

航空宇宙・天文関連
技術試験衛星VIII型「きく8号」の大型展開アンテナの展開結果についてJAXA
展開されたアンテナの画像もあります。幾何学的な美しさのある、不思議なアンテナです。
商業打ち上げの鍵になるか H-IIA204とETS-VIII衛星バス
松浦晋也の「宇宙開発を読む」、久々の新記事。紆余曲折の末に誕生した204型のH-ⅡAと新衛星バスが、結果的に商業衛星打ち上げ市場に食い込むための鍵になるかもしれない、という考察。

12月 27日

  • DVDビデオ:Kanon 1(京都アニメーション ポニーキャニオン)

発売予定日は元旦ですが、さすがに物流上の制約があるのでしょう。年内に到着。

12月 31日

27日の夕刻より、妙に身体がだるくなり、腹痛と下痢、寒気に襲われる。

なんとか一晩堪え忍んで、流石にこれはマズいと会社を休んで内科に。案の定、ノロウィルスとのこと。抗生剤込みで2本点滴を打ってもらう羽目に。

そんなこんなで、年末は散々な有様でした。まぁ、これで来年に向けての厄落としができたと、前向きに考えることにします。

それでは皆様、良い年越しを。