Cross Talk

2007年 6月

6月 1日

第48回科学技術映像祭入選作の、NHK教育テレビでの全国放送がまたも延期されたようです。

当初6月2日とされていた放送が、6月23日(土)15時40分より16時55分に再変更されたとのこと。

科学技術部門で入選した「「はやぶさ」の大いなる挑戦!! 〜世界初の小惑星サンプルリターン〜」が放映されるということで楽しみにしていた人も多いかと思いますが、これは残念。何とかしてくださいよ、NHK…。

コミック版「なのは」確保。

色々話題の「魔法少女リリカルなのはStrikerS」のコミック版を確保。「A's」と「StrikerS」を繋ぐ話ということで、クロノやリンディ提督といった懐かしい面々も登場しています。

それにしてもフェイトちゃん、(色んな意味で)おっきくなっちゃったねぇ…。

コンピュータ・Web関連
ロジクール、高速ホイール搭載のレーザーマウス「MX-620」PC Watch
金属ホイールを搭載したワイヤレスマウス。このホイールを搭載したVX Revolutionには興味があったんですが、専用ユーティリティの評判があまりよくないんで購入をためらっていたんですよねぇ。MX-620も同じソフトを使うようなので、ちょっと不安。発売後はしばらく様子見しようかと。
デジカメ関連
三洋電機、水深1.5mまで潜れる「Xacti DMC-CA65」デジカメWatch
防水ムービーカメラ。回転式液晶なのに防水ってのは凄いですな。
HOYAとペンタックス、経営統合で合意asahi.com
結局、経営統合という方向に行くようです。カメラ事業はニッチ市場を狙うということですが、ユーザの人は気がかりでしょうねぇ。

6月 3日

ロフトプラスワンのスケジュールに、次回のロケットまつりの予定が掲載されました。

宇宙作家クラブpresents「ロケットまつり13」は、7月8日(日)、18時開場の19時スタートとのこと。ゲストは林さんと垣見さんです。

日曜日なのは良いとして、7月かぁ。暑くなりそうですねぇ。ロフトの階段は風通しが悪いから、行列ができると蒸し暑くなるんですよねぇ…。

本日行われた海上自衛隊横須賀基地の一般開放のレポート。それにしても、CVN65さんは仕事が早いです。素晴らしい。

そして、これも素晴らしかったらしいのがイベントの内容。

なんと、横須賀なのに「あたご」がいる!(いや、ちょっと前に入港したという噂は小耳に挟んではいたのですけど) さらに、イージス艦の「きりしま」。掃海母艦や試験艦といった珍しい艦。汎用護衛艦も、横須賀らしい最新鋭艦揃いという素晴らしいラインナップ。

ううう…行ってみたかったなぁ。

軍事関連
護衛艦「いしかり」最後の郷土訪問 石狩湾新港に入港BNN
護衛艦「いしかり」。今年10月をもって退役するそうです。ハープーン対艦ミサイル搭載の水上艦が退役する時期になってきたんですねぇ…。ちなみに、ハープーン搭載艦という括りで見れば、潜水艦が一足早く退役を始めています。
航空宇宙・天文関連
世界初、完全再利用ロケット開発へ 宇宙機構グループasahi.com
高空観測や弾道飛行がメインで、軌道速度は出せないみたいですが。

6月 5日

軍事関連
日米MDに豪が協力検討、国防相「北ミサイルは脅威」YOMIURI ONLINE
イージス駆逐艦3隻の建造を予定しているオーストラリア海軍ですが、「世界の艦船 7月号」の記事によると、アーレイ・バーク型をベースにした案とアルヴァロ・デ・バサン型をベースにした案が競っているとのこと。ミサイル防衛に使用するなら、ミサイル搭載数の多い前者の方が有利と思えるのですが。
交通・鉄道関連
富士重、「レガシィ頼み」脱却へ インプレッサ全面改良asahi.com
車種は少ないながらも、真面目な設計の車をじっくり煮詰めて作ることで定評のあるスバル。今後は毎年1車種以上の全面改良を行っていくそうですが、モデルチェンジのサイクルを上げることで、前述したような良さが失われないか非常に気がかりであります。

6月 6日

軍事関連
U125AとUH60Jの運用を開始 新潟救難隊朝雲新聞社
機種更新を終えて、新鋭機での救難体制となっているそうです。今度、見に行ってみよう。
空自制服モデルチェンジ朝雲新聞社
色は黒っぽくなりましたが、通気性は向上しているとのこと。ただ、男性用の略帽のデザインは正直微妙だと思ってしまいます。
航空宇宙・天文関連
セレーネ愛称の選考結果についてJAXA
愛称は「かぐや」に決まったそうです。やっぱり、月というと日本人には馴染みの深い名前ってことなんでしょうね。
デジカメ関連
欧州オリンパス、E-1後継機のティザー広告を開始デジカメWatch
発売時期は、やはり冬のボーナスシーズンなんでしょうか? 楽しみにしている機種だけに、仕様発表が楽しみです。。
その他
「隠しマイク」依頼…TBSが“ハニカミ王子”取材でおわび Sankei WEB
またTBSですか…。ホント、この局は不祥事の総合商社ですね。

6月 9日

航空宇宙・天文関連
米シャトル「アトランティス」、打ち上げに成功CNN.co.jp
まずは打ち上げ成功おめでとうございます。…ホントに、あと13回も飛ばせるのかなぁ…。

6月 10日

Webラジオ「☆開運☆野望神社☆」のCD版の通販が無事に届きました。

  • ラジオCD:開運☆野望神社 on CD 〜厄落としのエプロン編〜とらのあな
  • ラジオCD:開運☆☆野望神社 on CD 〜異次元からのメッセージ〜とらのあな
  • ラジオCD:☆開運☆野望神社☆ on CD 〜湯けむり地球紀行〜とらのあな
  • ラジオCD:☆開運☆野望神社☆ on CD 〜推定無罪の行方〜とらのあな

最新巻の「推定無罪の行方」にあわせて再プレスされた過去の巻もゲットして、ようやく全巻揃えました。

航空宇宙・天文関連
米シャトルにまた懸念 耐熱パネルに欠損発見CNN.co.jp
欠損部は、温度上昇が少ない場所なので問題は少ないらしいのですが。追記:破損したのは耐熱タイルではなく、サーマルブランケットによるカバー部分の模様。欠損したのではなく、めくれあがっているようです。

6月 11日

  • 月刊誌:軍事研究 7月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー社)

何故か、表紙写真は昨年8月に進水したイージス護衛艦「あしがら」。

巻頭のカラー写真頁の特集が「あたご」型護衛艦だからっぽいですが、判型の小さい「軍事研究」で3頁のみってのは少々物足りないですね。

航空宇宙・天文関連
小惑星探査機「はやぶさ」物語JAXA
動画満載ですので、広帯域環境を用意してご覧になることをオススメします。
その他
SAT支援チーム、警察庁が新設へ…名称は「3S」YOMIURI ONLINE
SATの出動先で、警察一般部隊の指揮所との連絡調整を担当するそうです。部隊の機密度が高いために、能力や運用が浸透してないんですな。

6月 12日

航空宇宙・天文関連
シャトルの宇宙滞在期間を延長、損傷のパネルを修復へCNN.co.jp
大気圏突入時に影響が少ない部分とはいえ、破損をそのままにすれば「安全軽視」と言われかねないところですし。
その他
「なぜ」いぶかしむ声 緒方元長官の朝鮮総連本部購入Sankei WEB
追って情報も出てくるでしょうが、公安部門もいろいろありそうですしねぇ…。

6月 13日

デジカメ関連
ボディーに手ぶれ補正機構を内蔵したライブビュー対応デジタル一眼「E-510」デジタルARENA
7月に発売が予定されているE-510の試用記事。ボディ内蔵の手ブレ補正はかなり効く様子。6月末に発売という噂もあるようだし、早く触ってみたい機種です。

6月 14日

有川浩さんのデビュー作がハードカバーで再刊行されました。

この作品、第10回の電撃小説大賞で大賞を受賞して文庫化されたのですが、「あとがき」によるとメディアワークスの担当さんは元々(文庫ではなく)単行本で出したかったそうで、今回満を持しての単行本化だそうです。

軍事関連
巨大潜水艦が道路を走るGizmodo Japan
イギリス海軍のアスチュート型攻撃原潜の艦首ブロックの陸上輸送。…なんか、海上輸送した方が手っ取り早い気がするのは気のせいでしょうか?
航空宇宙・天文関連
「かぐや」打上げ日決定!特設サイトオープン!JAXA
予定日は8月16日。竹取物語では、8月15日にかぐや姫が月に帰ることになっていましたが、こっちの「かぐや」の打ち上げはどうなるでしょうか?
Mobile Planetarium(モバイル・プラネタリウム) ::HIRAX.NET::
携帯電話からアクセスできるプラネタリウムソフトだそうです。めもめも。
デジカメ関連
「E-510」発売日決定のお知らせと「ダブルプレゼントキャンペーン」実施、テレビCMオンエアについてオリンパス
噂通り、発売日が6月29日に前倒しされたようです。発売キャンペーンは、1GBのコンパクトフラッシュ、リモートケーブル、OMアダプターから選択とのこと。私はE-1後継機の情報待ちですが、E-510も早く実機を見てみたいです。

6月 15日

舞鶴地方隊のサイトに19年度展示訓練とちびっこヤング大会の要項が掲載されました。

期日は既報の通り、7月28日(土曜日)と29日(日曜日)の両日。体験航海の申込は6月20日から7月11日までの受付で、往復ハガキのみのようです。詳しい応募方法はサイトをご覧下さい。

展示訓練のポスターの画像も掲載されていますが、これによると参加艦艇は護衛艦「みねゆき」、「あぶくま」、「はるな」、「あまぎり」、「みょうこう」など12隻とのこと。

…「あたご」の参加はどうなるんでしょうか? せっかくの機会なんだし、地元の人たちにも勇姿を見せてほしいところですが。

航空宇宙・天文関連
国際宇宙ステーション、露区画のコンピューターすべて故障YOMIURI ONLINE
3台あるコンピュータの全てがダウンしている模様。復旧できないと、最悪飛行士引き上げの必要があるそうです。冗長系も全滅するってのは、有人長期滞在施設としては拙すぎますよねぇ。もう一度、全体のシステム設計を検証する必要があるんではないでしょうか?

6月 16日

ちょいと、県内各所を巡航するドライブに。

立ち寄った先の書店で、加藤教授のハードカバーを見つけて購入。

航空機での大事故が起きると、大概どこかのTVチャンネルに出演されている著者が、「不可解」と感じた事故について書かれている本です。

かつては一大冒険であった「飛行」が一般化し、その回数や時間、飛行に関わる人間の数が増大。安全対策も進み、「大概の」トラブルは防げるようになった。が、そのことが「滅多におきない」事故や、「まさか起きまい」と考えるようなことが起きるようになったのではないかと書かれています。

この辺は、航空機の運航のみならず、一般社会での犯罪や、インターネットでのトラブルなどでも言えそうですね。

航空機の構造や運行に多少の知識がないとなかなか読みにくい本かと思いますが、ソッチ方面の好きな人にはオススメの一冊と言えそうです。

シャトル:船外活動で修理 機体後部耐熱材のはく離ふさぐMSN毎日インタラクティブ
耐熱材の剥離箇所は、手で元の位置に戻した上で、医療用のステープラーとステンレスのピンで固定。ISSのコンピュータは、不具合が疑われる電気系を迂回して仮接続を行うことで再起動に成功した模様。

6月 17日

航空宇宙・天文関連
国産ジェット「離陸」なるか パリで模型お披露目へasahi.com
P-Xベースで旅客機を作るなんて案もあったようだけど、旅客機は企業の「本気度」が疑われると、ユーザも二の足を踏むでしょうし。経済産業省という「お役所」が関わっているのも不安要因です。
宇宙ステーション:女性の連続滞在記録更新 故障も復旧MSN毎日インタラクティブ
シャトルもISSも、とりあえず問題は解決した模様。いやぁ、よかった。
船舶海洋関連
世界最大級「ナッチャン」青函を1時間45分でiza
大石英司の代替空港」経由。おお、ウェーブピアサー。青森〜函館間を36ノットで航行するそうです。商業的に成功するかはちょっと微妙かもしれないけど、機会があれば一度乗ってみたいフネですね。

6月 18日

航空宇宙・天文関連
衛星フェアリング漂着H2A ロケット打ち上げレポート
@kazuhi.to」経由。リンク先に画像が掲載されていますが、かなり大きなサイズ。フェアリングなんて、着水時にひしゃげちゃうものかと思っていたのですが、結構綺麗に形状を保っているものですねぇ。
飛行船で都心上空ふわり 今秋から遊覧飛行へasahi.com
ヘリコプタでの遊覧飛行は国内でも幾つかありますが、こちらは飛行船。発着場にかなりの面積が必要というデメリットはあるでしょうが、騒音はヘリより少ないだろうし、遊覧飛行にはこちらの方が向いているかもしれませんね。
船舶海洋関連
クイーン・エリザベス2号、UAEで海上ホテルにCNN.co.jp
キュナードのフラッグシップをクイーン・メリー2に譲ったこともあって、老嬢QE2もそろそろ次の生活に移るようです。

6月 19日

軍事関連
韓国型駆逐艦「文武大王艦」 射撃訓練中に砲身爆発事故中央日報
KDX-Ⅱ型駆逐艦2番艦「文武大王艦」の主砲で筒内爆発があったようです。日本海軍でも、戦艦の爆発事故を何度か起こしています(陸奥や河内を喪失し、三笠も着底して多くの死者を出した)から、あまり余所様を笑えた話じゃないんですが…。
コンピュータ・Web関連
YouTubeが日本語版サービスを開始、10カ国に対応INTERNET Watch
英語版だけでも十分な気もするけど、日本語版が始まりましたよ。投稿の敷居が下がることで、必要な情報に対する「ノイズ」が増加しそうなのが気がかりです。
その他
「硫黄島」は「いおうとう」、戦前からの呼称に統一YOMIURI ONLINE
確かに、昔読んだ本によっては「いおうとう」とルビが振られていたものもあったような気が。私なんかは、イオー・ジマ級強襲揚陸艦で、すっかり「いおうじま」が定着しちゃったクチです。

6月 20日

かねてから噂は聞こえてきていたのだけど、森博嗣氏の空戦小説「スカイ・クロラ」が劇場アニメとして製作されることが決定したそうで。

私も原作は読んでますけど、あのリズミカルな空戦シーンの文体を、どう映像化するかは興味があります。パイロットの「操縦」と機体の「挙動」を上手く両立するような描き方をして欲しいですね。

公開は2008年とのこと。続報が楽しみです。

関連
航空宇宙・天文関連
計画部会 輸送系ワーキンググループ(第3回)議事録・配付資料文部科学省
はやぶさまとめニュース」経由。先行きが不透明なGXロケットの開発に関して、非難する意見が多いようです。
船舶海洋関連
来年の南極観測隊、豪船をチャーターYOMIURI ONLINE
やはり「しらせ」の南極公開は次回が最後ということになりました。建造中の「しらせ」後継艦の艦名は、やはり公募されるとのこと。海上自衛隊の砕氷艦に相応しい名前がつけられることを希望します。
デジカメ関連
オリンパス、E-510の仕様を一部変更デジカメWatch
本体重量が、当初のカタログ値より10g増加して470gになったとのこと。それでも十分に軽いことは間違いありません。

6月 21日

各所で既報のとおり、戦記系文庫やSF小説のレーベルを持つ朝日ソノラマ社が、9月末で営業活動を中止するとのこと。

確かに最近は古い文庫作品をノベルス系新書で復刊するなど、イマイチ不調を疑うような動きはありましたが、まさか営業停止とは…。

書籍の新刊は6月末日で新刊発行が中止されるとのことですが、既刊本の注文は9月まで受け付けるとのこと。欲しい本がある人は、早めに押さえておきましょう。

軍事関連
豪、2014年にイージス艦・ミサイル防衛の一端担うNIKKEI NET
どうやら、スペイン海軍のアルヴァロ・デ・バサン型フリゲートがタイプシップになるようです。VLSの数が少なく感じますが、対潜ミサイルの必要性が低い海軍なら、それなりの数を対空ミサイルに割り当てられそうですし。
デジカメ関連
【新製品レビュー】オリンパス E-510デジカメWatch
いろいろと細かい操作系でE-410と違いがあるようです。

6月 22日

ここしばらく、ちょっとバタバタしていて本屋にも行けず。

いわゆる「貞本エヴァ」の最新巻。

ストーリーの大筋は(旧)劇場版に準拠しながらも、渚カヲルの最期などコミック版で新たに挿入されたシーンが印象的です。

6月 24日

山本弘氏のWebサイトの記述によると、あの「時の果てのフェブラリー 〜赤方偏移世界〜」の続編となる「宇宙の中心のウェンズデイ 〜衝突時空世界〜」がいよいよスタートするそうです。

「時の果てのフェブラリー」は、1990年に角川スニーカー文庫で発売されたSF小説。硬派なサイエンス描写が話題を呼びました。

主人公が11歳の少女だというのも、ある意味山本氏らしいポイント(笑)。しかし、それが単なる萌え要素ではなく、超感覚を持ちながらも父や社会との関係に悩み、葛藤する「人間」として描かれているのも山本氏らしい点と言えるでしょう。

その後、出版社を徳間書店に移してデュアル文庫から全面改稿された新装版が出版されましたが、「ウェンズデイ」も徳間書店の「SF JAPAN」誌での連載となるそうです。楽しみですねぇ。

軍事関連
イージス事件、空自次期主力戦闘機選定に影響もSankei WEB
海自に限らず、情報管理が甘いと言われる自衛隊。今回の事件が、少しは良いクスリになればいいのですが。
航空宇宙・天文関連
米シャトル「アトランティス」、着陸地変更し無事帰還CNN.co.jp
結局、ケネディ宇宙センターの天候が回復せず、代替であるカリフォルニア州エドワーズ空軍基地へ着陸したそうです。シャトルのオービター(軌道船)は大気圏内の自力飛行ができませんから、これから機体をケネディまで運搬するという大仕事が待っています。

6月 25日

書店にて、月末発売の写真誌や航空雑誌をチェック。

「敵は海賊」の新刊、表紙はあまの氏ではありませんでしたが、これはこれで、なかなか良い雰囲気かと。

軍事関連
PX・CX機体の強度を確認 来月4日に完成披露朝雲新聞社
まずは目出度いところで。輸送機と哨戒機という一見地味な機体ですが、自衛隊の今後の任務を考えれば極めて重要な機体ですし。…問題は空中給油機だよなぁ。
防衛相「日本のミサイル防衛システム、迎撃率は99%」YOMIURI ONLINE
久間防衛相の言葉は、どうにも信用できない面が。まだSM-3搭載の護衛艦も配備についていないというのに、どんな実験結果を根拠に99パーセントという数字を算出しているのでしょうか?

6月 26日

音泉で配信されていた「うたわれるものらじお」、とうとう最終回です。

第一回なんかはお世辞にも上手な進行とは言えず、こりゃ長続きしないかなぁと思ったものですが、色んな偶然の積み重ねで話題になっていく様子に驚嘆したものです。

出演者やスタッフの皆さん、一年間お疲れ様でした!

航空宇宙・天文関連
アトランティス退役、2010年にsorae.jp
2008年に退役予定だったスペースシャトル「アトランティス」。どうやら退役を2010年まで延期されるそうです。機体改修期間の見直しとか書かれているけど、コレって、シャトルの完全退役までに必要な打ち上げ回数をこなすためじゃないのか? とか勘ぐりたくなってしまいます。
デジカメ関連
オリンパス、超望遠ズームレンズ「ED 70-300mm F4-5.6」デジカメWatch
STANDARDグレードの超望遠レンズ「ED 70-300mm F4-5.6」が10月に出るそうです。実売価格は4万円くらいになるんでしょうか? 中間リングはともかく、テレコンでAFが効かないってのはちょっと厳しいかなぁ…。
その他
黒部ダムに夏の訪れ、豪快に「観光放水」YOMIURI ONLINE
黒部ダム、一度は見に行ってみたい所であります。

6月 27日

  • 月刊誌:世界の艦船 8月号(海人社)

特集は「最新鋭イージス艦『あたご』」。

内容はなかなか充実しています。まだ私は実艦を見たことがないのですで、細部に渡る解説はなかなか楽しめました。

それにしても「あたご」型、「こんごう」ベースの制約というやむを得ない面があるのでしょうが、ステルス設計がどうにも中途半端な感じがするのがちょっと気がかりです。

航空宇宙・天文関連
WINDS愛称募集キャンペーンJAXA
最近はすっかりキャンペーン漬けという気もするJAXA。今回は超高速インターネット通信衛星の愛称募集だそうです。採用者は、これまた定番になった感もある種子島の打ち上げ見学だそうです。

6月 28日

航空宇宙・天文関連
NASA、国際宇宙ステーションの施設を無料開放へCNN.co.jp
無料開放云々よりも、本当に完成するかの方が気になるんですが。
イタリア人研究グループ、ツングースカ大爆発のクレーター跡を発見?Technobahn
現時点ではあくまで仮説どまり。物証の発見が待ち望まれます。
デジカメ関連
ペンタックス、ゴミ除去機能搭載一眼レフ「K100D Super」デジカメWatch
K100Dのマイナーチェンジ版。ゴミ取り機能の有無はともかく、問題はそれが実効があるかどうかで。

6月 29日

E-1後継機に関するオリンパスの内部文書らしきものがネットに流れているということで、フォーサーズ関連の各サイトで話題になっているようです。

スペック的には、ほぼ噂通り。マルチアングル液晶とか、AFの増強とか、高倍率ファインダとか。ちょっと予想外というと、手ブレ補正ユニットの性能がE-510より一段高くて、ワイヤレスフラッシュシステムが出ることくらい。裏を返せば、フェイクの文書という可能性もあるわけですが、さて真偽のほどはいかに?

個人的に気になるのは、E-330のAモードライブビューに相当する機構が組み込まれているかどうか。コレが使えると何かと便利なんですよねぇ。

スペック通りなら、まず「買い」ではあるんですが、E-1を手放すことはしない予定。最近のオリンパスのデジタル一眼レフは、発色が優等生的というか、なんか大人しい気がするので。やっぱり、あの青は「コダックの青」だったのかなぁ?

今回のマリみて新刊は短編集。まだ、冒頭部分しか読んでいないのですけど、どうやら蔦子さんが中心というか、狂言回し的な役割になるようです。

時事
親密に「裏ビジネス」 緒方元長官と満井元社長asahi.com
早急に区切りを付ける為に、詐欺容疑で刑事事件にしたという印象もあります。膿を出し切るためにも、公安と総連の関係にまで捜査が踏み込むことに期待します。

6月 30日

軍事関連
インド、戦闘機126機調達を正式決定=総額100億ドル規模時事ドットコム
Mig-35はMig-29系列ですから、この両機が競っているということは、駆動系の信頼性や調達価格が争点になっているんでしょうかね?
航空宇宙・天文関連
NASA、次のシャトル打ち上げ日を8月7日に設定CNN.co.jp
およそ一ヶ月後の予定ですね。少しずつペースが上がってきた気がしますね。
コンピュータ・Web関連
日本ギガバイトに閉鎖の動きITmedia +D PC USER
ギガバイ子ちゃんの行方はどうなるのでしょうか?