Cross Talk

ロケットまつり18

2007年9月30日、新宿のロフトプラスワンで行われた「ロケットまつり18 〜日本で一番多く人工衛星を設計した男 登場〜」を見に行ってきました。今回は休日ってことで、やや早めに18時開場予定。私が現地に着いたのは16時くらいだったけど、既に10人以上の方が並んでいました。その後も列は順調に伸びていって、17時には整理券が配布に。

予定通りに18時に入店。今回は笹本さんが取材のためにお休みということで、進行はあさりさんと松浦さん。ゲストは「おおすみ」以来、多くの人工衛星の設計を手がけられた小野英男さん。

小野さんの趣味はアマチュア無線だそうで、コールサインが2文字コールということで会場がどよめいていました。

やはり、ひとつの歴史の中を生きてこられた大先輩がたのお話は含蓄が豊富です。小野さんのお知り合いの方も何人か客席においでだったようで、たまたま私の隣にもそんな方がおられました。随分とご年配(失礼!)なんだけど、ウルトラライトプレーンで飛んでいるそうで…。格好良いなぁ…。

第二次大戦を挟んで、日本の科学技術や航空技術について語られながら、初期の衛星開発の裏話を。

トークライブ中、当時使われていた真空管と、初期の太陽電池が回覧されました。貴重な歴史の証人。しっかりと拝見させて頂きました。

あいかわらずエピソードが盛りだくさんすぎて、衛星のほうまで話が進まなかったのもやっぱり「ロケットまつり」でした(笑)。