Cross Talk

2007年 11月

11月 2日

軍事関連
【ルポ】インド洋派遣部隊撤収 消えるウェーキ(航跡)MSN産経ニュース
多くの国がテロと戦い続けている中、海上自衛隊がインド洋を去ることが、本当に国益に叶うことなのでしょうか?
航空宇宙・天文関連
ハウス食品:「宇宙日本食」認証のレトルトカレー発売毎日jp
科学館などで宇宙食が売られていることもありますけど、あんまり美味しいものに巡り会ったことがなく…。コレはどうなんでしょうか?
コンピュータ・Web
エバーグリーン、自動車向けのノートPC用アームPC Watch
ノートPC用のトレーはビデオ雲台に取り付けられていて、車載用ビデオの固定用に使えます…っていうか、むしろそっちに使いたがる人の方が多いんじゃないのか?
その他
長門 有希 水着Ver.アルター
鼻血吹いた。

11月 3日

柏崎市の行われた中越沖地震復興関連イベントで、海上自衛隊の護衛艦「みねゆき」と、海上保安庁の巡視船「えちご」の一般公開と体験航海が行われました。

私も体験航海で「えちご」に乗船させてもらいましたので、イベントの詳細をMilitaryコーナーにレポートしました。

11月 4日

疲れた身体をゆっくり癒そうってことで、長野へ紅葉見物のドライブに行ってきましたよ。

一昨年、去年と10月中旬から下旬にかけて紅葉見物旅行を計画して、紅葉時期を外して悔しい思いをしていたので、今年は少し遅めの11月。妙高高原から長野市近辺、姨捨、白馬村と移動したのですが、素晴らしい景色を満喫できました。

長野自動車道の姨捨サービスエリアでは、久しぶりのソースカツ丼を堪能。新潟市のタレカツ丼も良いけど、個人的にはやっぱり、ソースカツ丼がお気に入りです(特に、キャベツは重要!)。

時間の都合で、当初予定していた松代に寄れなかったのは残念でしたけど、楽しいドライブでした。

長野へのドライブから帰ってきて、小沢氏の民主党代表辞意のニュースに唖然と。

参院選で大勝したとはいえ、その後のテロ特措法の延長問題を巡る議論などで民主党の力量不足を感じてはいたものの、ここにきて色んな歪みが一気に吹き出した感じ。参院選で勝ちすぎたのは、まずかったかよなぁ、と。

あとの問題は、果たして小沢さんが離党するかどうか。それで民主党から何人が離れるかですね。しばらくは目が離せません。

航空宇宙・天文
STS-120 P6-4B太陽電池パネル補修作業lizard-tail studio
国際宇宙ステーションの太陽電池パネル補修の手順に関しての詳細な解説。今回の補修作業はかなりの困難が予想されるようです。

11月 5日

色々と細部が気になる新劇場版ですし、DVDが出るまではこの手の本の画像が頼りですね。

解説や画像の密度、量ともになかなかですし、劇場版が気に入った人にはお勧めです。

航空宇宙・天文
スペースシャトル、太陽電池パネルの修理成功asahi.com
困難な作業を終えたようです。おめでとうございます!
デジカメ関連
【1st Shot】オリンパスE-3実写画像デジカメWatch
ライブMOS搭載機はコダックCCDに比べてブルーが弱くなった気がしますけど、色としては本当はこっちの方が正確なんでしょうね。クセのあるコダックCCDですけど、私も含めてあの色が好きという人も多いですし、E-3を導入してもE-1は手放せません。
その他
「軽」だから 安いから… ガソリン車に軽油入れ「動かない」…セルフ式スタンド利用でトラブル多発痛いニュース
…うわぁ…。やっぱさ、タイヤ交換とか、必要最小限の工学知識と実技ができない奴には免許交付しないようにしないと駄目だよ…。

11月 6日

軍事関連
自衛隊機エンジン、機長「異常なし」…名古屋空港炎上事故YOMIURI ONLINE
機長がエンジンに異常がなかったと証言しているなら、機体が墜落直前にピッチダウンしたのは乗員の意思ではなかった、ということですね。やっぱり舵か、その制御系でしょうか?
F15構造的欠陥か/米軍、飛行停止措置沖縄タイムス
米軍のみならず、航空自衛隊のF-15も飛行を見合わせているそうです。もちろん、スクランブル対応はやっている筈ですが。すると、今航空自衛隊の戦闘機でまともに飛べているのはF-4だけ?
航空宇宙・天文
中国探査機、月周回軌道に投入成功 上空約200キロasahi.com
軌道投入に成功したようです。探査機の性能はともかく、問題は中国がどこまでデータを開示してくるかでしょうね。
運輸多目的衛星新2号(ひまわり7号)の姿勢の異常について国土交通省
現在、太陽捕捉モードで安定しているとのことです。どのように姿勢を崩したのか、原因は何かなどは未発表。「ひまわり」シリーズの運用は現在6号メインで7号は予備機なので、当面の問題はなさそうです。
交通・鉄道
110年前の古レール見つかる 南海泉佐野駅の柱からasahi.com
古いレールは、鉄道関連の建築物や柵なんかの構造材に結構使い回されているみたいなんで、キッチリ調査すれば色々とお宝が出てきそうな感じです。
その他
折りたたみヘルメット、「タタメット」asahi.com
手持ちの防災用品の内容を見直しているときに見かけて、気になっていたアイテム。ヘルメットは嵩張るし、防災頭巾は防護能力の点で不安ですし。通常のヘルメットよりどうしても割高になっちゃうだろうけど、広く導入できる価格に抑えるようにしてほしいところです。

11月 7日

民主党の小沢代表、結局辞意を撤回したようで。何だかなぁ。

壊し屋の小沢さんという爆弾を(トップに)抱えていることと、それでもそんな小沢さんに頼らざるを得ない民主党の現状が、白日の下に晒されてしまったわけで、得をしたのは自民党だけのような。

デジカメ関連
初めての航空祭とゴミ対策機能の実力デジカメWatch
EOS 40Dのゴミ取り機能についてのレビュー。この分野に関しては、オリンパスがデジタル一眼レフ参入当初からリードしており、現在でもその優位は揺らいでいないというのが現状っぽいですね。

11月 8日

軍事関連
ミサイル2発迎撃に初成功MSN産経ニュース
ミサイル巡洋艦「レイク・エリー」の成果だそうです。同地では海上自衛隊のミサイル護衛艦「こんごう」も目標の捕捉・追尾を行ったとのこと。12月に予定されている「こんごう」の迎撃試験に向けての、予備実験的な側面もあったのではないかと思われます。
航空宇宙・天文
運輸多目的衛星新2号(ひまわり7号)の運用再開について国土交通省
姿勢を戻して、運用を再開したそうです。スラスタの誤作動らしいですが…。
月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)による世界初の月面撮影の成功についてJAXA
動画もあります。非常に美しい映像が印象的。動画後半部分で、月の夜の領域が近づいてくるシーンが良いですねぇ。
「ディスカバリー」が無事帰還YOMIURI ONLINE
困難な船外活動を終えての、無事帰還。おめでとうございます。

11月 9日

交通・鉄道
新橋駅「幻のホーム」を12月に公開 東京メトロasahi.com
12月1日に150人限定で公開されるそうです。「機動警察パトレイバー 2 the Movie」の「幻の新橋駅」のモチーフになったとのこと。競争率の高いイベントになりそうですね。
AV関連
iPod touch用ケースYS Design
淡々と更新し続けるぞ雑記。さん経由。コレは格好良い! 独特の形状が、スタイリングの為ではなく、ちゃんと実用的に機能するデザインになっているのが気に入りました。第3世代iPod nano用プロテクターもあるそうです。

11月 10日

発注しておいた書籍が、amazonから到着。

「中国的天空」は長らく絶版だった中山雅洋氏の中国航空史。帯には「たいへんな労作である」と、アニメ作家の宮崎駿氏の推奨の辞が掲載されていますけど、確かに凄い本です。

本文は細かい活字で、おまけに2段組でみっちりと文字が埋まっており、大変に読み応えがありそうです。

高価な本ですが、amazonの和書ストアで3000円(税込)以上の商品【Amazonポイント5倍還元】キャンペーンなるものをやっているので、今ならちょっとだけお得ですよ。

11月 11日

オリンパスの新フラッグシップデジタル一眼レフE-3の発売日が近づいてきて、各地で行われているキャンペーンをレポートされる方もボチボチ。

Photo of the Weekendさんでは、オリンパス E-3 体感フェア 大阪会場の様子を書かれていますが、実際にボディを踏んづけたり、水をかけたりするパフォーマンスが行われたようです。

水をかけるっても、飛沫をどうこうってレベルじゃなくて、写真を見る限りペットボトルでじゃばじゃばやってるよ! それもう、防滴じゃなくて防水って言うべきじゃないですか?

オリンパスはE-1でも防塵防滴を謳っていまして、そのタフネスさでは定評がありました。レンズも防塵防滴のものが多く、それが私がEシリーズを選んだ動機の一つでもあります(海自艦艇の体験公開とか、港とか空港とか、天候が悪化しても身を隠せる場所が少ない所に行きますからね)。E-3でもその性能は損なわれていないようで、安心しました。

発売まであと2週間を切りました。私も色々と準備しないとね!

上旬発刊の雑誌類をチェックに書店へ。

  • 月刊誌:軍事研究 12月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー社)
  • 月刊誌:コミック REX 12月号(一迅社)

軍事研究」、特集は「海上・空中給油問題&自衛隊20年度予算」。

ざっと目を通したけど、今月号は精読しておくべき記事が多そうな感じ。昨今国会でも多く取り上げられている、インド洋での補給活動の記事、空中給油機関連の記事、「基礎知識:石油燃料について」、「戦史に見る燃料兵站の重要性」、そして一部で話題の「イスラエル、謎のシリア爆撃作戦」などなど。

「戦史に見る燃料兵站の重要性」、真珠湾攻撃に参加した油槽船隊が民間タンカーの徴用なのはもちろん知っていたけど、数が7隻と半端なのは気になっていたのですよ。参加予定だったのが8隻で、うち1隻の給油蛇管の口金のサイズが受油艦と合わなかったって…。規格化されてなかったんかい! おまけにその改造も間に合わなかったってのも情けない…。

ミリタリー・ニュースの項にあったオランダ海軍のフリゲート艦「トロンプ」がBMDテストに成功ってのも、気になる記事。「トロンプ」がイージス弾道ミサイル防衛システムを搭載したことになっていたり、SM-2で短距離弾道弾を撃墜した(弾道弾対応型のSM-2ブロックⅣって、開発中止になったんじゃなかったっけ?)と書かれていたり。この辺は他誌でも記事が載るだろうから、詳報を待ちたいところ。

スウェーデン海軍のステルスコルベット、「ヴェスビィ」のレポートも興味深いです。

もう一方の「コミックREX」、猫耳仮想戦記の「蒼海訣戰」、いよいよ舞台は観艦式へ…って、艦隊は何処だ?!

“新鋭艦”の「河内山」は出てきたけど、威風堂々の艦隊を見られるかと思っていた軍ヲタ的には少し肩すかしをくらった気分。

気になるのはこの「河内山」、長船首楼型に見えるんですよね。史実の帝国海軍の主力艦だと、筑波型あたりからだと記憶しているので、日露戦争レベルだと思いこんでいたこの世界の軍事テクノロジは、もう少し先まで行っているのかも(そういえば、戦車も出てきたしね)。

何はともあれ、次回も陛下を存分に鑑賞できそうなのは良いことですな(そっちかよ)。

新宿ロフトプラスワンのスケジュールに、11月30日の「ロケットまつり20〜祝!20回。祝!発刊!」の告知が掲載されました。

いやぁ、もう20回ですか。すごいもんですねぇ。いよいよ「ロケットまつり」の本も出るみたいだし、大台となる20回を記念するかのように、ゲストが4人も!

さすがに30日は休みが取りにくくて、行けるかどうかは不明ですが、なんとかしたいところです。

軍事関連
1500キロの巡航ミサイル開発推進中央日報
何故韓国軍が射程1500キロの巡航ミサイルを必要とするのでしょうか? 我が国の平和団体の皆様は、こうした隣国の軍備についてどう思っているのでしょうかね?
韓国、ミサイル迎撃用レーザー兵器開発朝鮮日報
射程が数百メートルでの実験に成功した程度で、「弾道ミサイルや、多連装ロケットをレーザー光線で破壊するレーザー兵器が韓国の技術により開発された」などと報じるのは如何なものかと思うのですが(苦笑)。

11月 12日

amazon発注分の書籍が到着。

「図書館革命」はTVアニメ化が予定されている「図書館戦争」シリーズの完結編。電撃大王ではふる鳥弥生さんがコミカライズするみたいだし、そっちも楽しみです。

軍事関連
「しらせ」老兵ヘリ 14日、最後の南極へasahi.com
新砕氷艦の就役に伴い、MCH-101に更新されることになっている輸送ヘリHSS-2。「しらせ」の最後の南極行とともに花道を飾ることになっています。最後の航海を事故無く帰還できますように、心から祈念しております。

11月 13日

近場の丘陵公園で、紅葉のライトアップをやっているということで、三脚とE-330かついで行ってきました。

先日来の風雨で、葉が散っているかと危惧していたのですが、幸いそんなこともなく。山は見事な紅に染まっていました。

私みたいにカメラをかついで撮影に励む人も多かったようですが、三脚使用者と手持ちは半々くらい。手ブレ補正ついていたり、高感度撮影が可能ってこともあるのでしょうけど、やっぱり夜景を手持ちで撮るのはリスキーだよなぁと思ってしまいます。

私の場合は、高感度撮影にあまり強いとは言えないE-330ですので、ISO 100固定。2秒セルフタイマと、低振動モードを併用して三脚で撮影しました。ちなみに、すべてBモードのいわゆるマクロライブビューで、マニュアルフォーカスを使用しています。可動液晶と拡大表示機能は、やっぱりこういうときに便利。

でも、端で見ていて手持ちの機動力も確かに羨ましい一面もあったり。次の機会には、多少のノイズを許容して高感度撮影もやってみようかと思いました。

軍事関連
南極観測船「しらせ」の後継、やっぱり「しらせ」YOMIURI ONLINE
公募対象外の艦名って、そんなのアリかい!? 私は「やまと」になるかと危惧(?)していたのですが、「ゆきはら」が一位というのも以外でした。ある意味、妥当な艦名かもしれませんが、なんとなく納得いかない選考結果でした。
航空宇宙・天文
月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)による「地球の出」撮影の成功についてJAXA
素晴らしい映像が見られます。必見。粘土色の月面の向こうに浮かぶ青い星。宇宙に出ると、地球の見方が変わるというのも納得できます。
デジカメ関連
オリンパスの新デジタル一眼「E-3」の体験イベントが全国で開催、カメラファンで長蛇の列がnikkei TRENDYnet
なかなか盛況だったようですね。水かけ攻撃や、踏んづけ攻撃(笑)の様子も載っています。

11月 14日

明日から天気が荒れ気味になりそうということで、二晩連続となる紅葉見物に行ってきました。

今日の装備は、E-1とE-330の2本立て。E-330の方は三脚に付けっぱなしで、E-1は手持ちで撮影してました。

公園の入り口近くで、空を見上げながら魚眼で一枚。ライトアップされているので、それなりにシャッター速度を稼げるのがありがたいです。

丘の中腹あたりの広場で。昨日同様に2秒セルフタイマと低振動モードを使って、ライブビューBでマニュアルフォーカス。ちょっとだけ明るさとコントラストを弄りました。

ライトアップされた夜景ということで、カメラ側のコントラストを下げ気味に設定していたのですが、もう一段下げておいても良かったかも。やっぱり夜は難しいですねぇ。

ここ何年か行こうと思いつつもなかなかこれなかったここのライトアップですが、素晴らしい紅葉でした。来年はE-3を持ってまた来ようと思います。

デジカメ関連
オリンパス、SWD搭載望遠ズームレンズを発売延期デジカメWatch
私も予約していたZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDが発売延期。まぁ、年内であれば最大でも一ヶ月の延期ですし、その間に望遠レンズが必要になりそうなイベントも予定してないし、とりあえずは問題なしです。

11月 15日

軍事関連
第二次大戦中の米戦闘機P─38、英海岸の砂浜から現るCNN.co.jp
かなり腐食しているようにも見えますが、原形は留めているようです。
空自機墜落、原因は配線ミス 防衛省が断定asahi.com
ピッチ用ジャイロとロール用ジャイロの配線が入れ替わっていたという、呆れるような単純ミス。もっとも、錯誤なのか作為なのかは、まだ断定できませんが。これがロール用じゃなくて、ヨー用のジャイロなら地上滑走時の方向転換のときに、計器の異常としてパイロットが発見できた可能性はあるんでしょうか?
防衛省、偽物ゴーグルを購入 商社を契約解除asahi.com
性能的には問題なかったそうですので、OEMの同等品とかだったりしたんでしょうか?
航空宇宙・天文
宇宙飛行士もびっくり! JAXAと共同開発のカレーasahi.com
土日祝祭日限定で、JAXAiでも販売しているそうです。ロケットまつりのときにでも、買いに寄れたら良いなぁ。

11月 17日

首都圏外郭放水路施設一般公開と、異星の踏査 アポロからはやぶさへをはしごで見てきました。

首都圏外郭放水路の調圧水槽の壮大なスケールには、とにかく絶句。また、PR施設の龍Q館の方も、シールドマシンの模型や、首都圏外郭放水路の構造の解説が充実していて、なかなかに楽しめる場所でした。

外郭放水路一般公開会場の出店のうどんでお昼をすませると、東武野田線で東京へ。

首都圏の交通網に詳しくない私には思いも拠らなかったのですが、東武と東京メトロの相互乗り入れで上野まで出られるんですねぇ。ネットの乗り換え検索って、地方にいるとあまり恩恵にあずかれないのですが、都市部では本当に便利です。

そんな訳で、地下鉄「本郷三丁目」駅で下車、東京大学へ行ってみました。

で、東大に寄った帰りに、小川町のオリンパスプラザによってE-3を触ってきました。

第一印象は、やはりファインダーのサイズの大きさで、確かにこれはフォーサーズに慣れた人だとインパクトがあります。そして、AFのスピードと静かさ。

よく言われる重量の重さは、あんまり気になりませんでした。むしろ、12-60mmのズームリングが妙に固い方が気になります。

気になっていたフォーカシングスクリーンの交換について伺ったところ、作業そのものは30分から一時間程度で完了する見込みだけれど、発売直後はおそらく混み合うだろうから、機体を預かって交換後、後日引き渡しという場合もあるとのこと。

サービスセンタのみでの対応となっているスクリーン交換ですが、これは交換と同時に測光調整が必要になるためだそうです。

地方の人間にとって、サービスセンタのみの対応というのは非常に辛い話なのですが、調整がいるのなら仕方ないですね。発売後暫くして、混雑が緩和されたころにでかけようと思います。

あとはオリンパスのサービス網の地方展開ですね。こればっかりは、販売が伸びないとどうしようもない話でしょうから、E-3には是非とも売れて欲しいです。

11月 18日

絶版となって入手しにくかった名著が復刊。嬉しいものです。

  • 文庫:北欧空戦史(中山雅洋 学研 M文庫)

脚注などが多少追加されていますが、軽妙な文体は朝日ソノラマ時代のまま。非常に読みやすく、北欧での戦闘の入門書としては最適でしょう。

表紙のイラストも旧版と同じものだというのも嬉しいですね。

11月 20日

もう2年も過ぎたのかというのが正直な感想ですが、2年前の今日、日本の工学実証探査機「はやぶさ」が、小惑星「イトカワ」への着陸を成功させました。

20日に行われた第一回着陸は、当初予定していなかった30分もの接地が行われるというトラブルがありましたが、続く26日の着陸は計画通り行われました(ただ、サンプラーの弾丸発射が行われなかった可能性あり)。

その後、化学燃料スラスタの推進剤リーク、電源喪失とそれにともなう通信途絶といったトラブルが続き、既に満身創痍といっていい状態だった「はやぶさ」は最早絶望かと多くの人が思ったことでしょう。

しかし、その後の「はやぶさ」チームは驚異的な粘り腰をみせました。イオンエンジンからのコールドガスの噴射、太陽光の輻射圧を利用した姿勢制御、バイパス回路を使った微弱電流でのバッテリ充電など、思いも寄らぬ対応策で危機を突破。「はやぶさ」を地球への帰還軌道に乗せることに成功しました。

「はやぶさ」は第一回の軌道変換を完了し、現在はイオンエンジンもリアクションホイールも停止して、慣性飛行中です。

予定では2009年に再起動が行われ、2010年6月にオーストラリアのウーメラ砂漠にサンプルを納めたカプセルを投下することになっています。

近日中には、「はやぶさ」の「イトカワ」着陸2周年にあわせてビデオ作品「祈り」が、JAXAの「はやぶさ」ウェブサイト各地の天文館などで公開されるとのこと。祈りが天のはやぶさに届くことを願ってやみません。

デジカメ関連
オリンパス、デジタル一眼レフ用2倍テレコン対応ファームウェアデジカメWatch
EC-20を使用する場合、E-3以外の全機種でファームウェアをアップデートする必要があるそうです。購入予定の人はお忘れなく。

11月 21日

軍事関連
F15戦闘機:全国6基地で飛行を再開 防衛省毎日jp
F-2に続いてF-15も飛行再開。とりあえず、ひと安心ですね。

11月 22日

Web拍手でメッセージを頂きました〜。

  • >いとかわが点から形のある面に変わった瞬間は未だに衝撃です

いろいろと興奮した「はやぶさ」の探査の、あれが第一歩でしたからね。これからもこうした衝撃を味わえるような宇宙探査を続けて欲しいものです。

11月 23日

JAXAのサイトで、小惑星探査機「はやぶさ」物語の映像作品として「祈り」のWeb配信が始まりました。

軽快かつ、美しいジャズをBGMに「はやぶさ」の打ち上げから(予定されている)帰還までを綴る映像作品です。

開始直後の「ボクガ ウマレタノハ チキュウ」で、遙か彼方の碧い星がズームアップされて大隅半島が一気に拡大されるシーンで、いきなり目頭に熱いものがこみ上げてきましたよ。 うはぁ…。

ただ、「はやぶさ」を襲った数々のトラブルと、それを知恵と工夫と努力と勇気、時には体力(「イトカワ」タッチダウンのときは、管制室の机の上にリポビタンDの空き瓶がどんどん増えていく様子がWeb経由で伝えられ、後日、大正製薬の関係者からも差し入れが行われたそうです)で克服してきたことに関しては詳細に描かれてはいないので、その辺は事前に予習しておく必要があるかも。

全国の天文施設でも上映が行われるそうですし、多くの人に見て欲しいですね!

軍事関連
海自補給艦「ときわ」が晴海に帰港、インド洋から撤収YOMIURI ONLINE
おかえりなさい! 無事の帰投は喜ばしいものの、対テロ戦からの自衛隊脱落は後でボディブローのようにツケが来そうなのが気になります。
デジカメ関連
パナソニック、「DMC-L10」購入でA&A製バッグをプレゼントデジカメWatch
アルティザン&アーティストのカメラバッグってお洒落で良いですよねぇ。高いけど。DMC-L10も、パナソニックの独自色が色濃く出た、個性的なデジイチ。気になる人は、この機会にどうですか?
オリンパス、「E-300」と新レンズの組み合わせで注意を喚起デジカメWatch
最新のED 12-60mm F2.8-4 SWDや、ED 70-300mm F4-5.6を使用するさいに、ファームウェアのアップデートが必要なようです。

11月 24日

通販発注していたE-3が到着しました!

早速、充電済みの電池を装填。25mm F1.4を取り付けてみると、顔がにやけてくるのが自分でもわかります。

グリップを持った第一印象は非常に良好。右手親指のかかりが良いので、重さをあまり感じさせないようです。これなら不安なく振り回せるというものです。ライブビューを使ってウェストレベルで撮る(右手親指でシャッタを切る)ときも、本体上部のアールの取り方が上手くて操作の邪魔をするものがない。同様に両手で本体を持ってハイポジションで撮るときも、ボディ下側の突起に左手をかけられるのでとても安定します。

一通りメニュー画面を確認したり、レンズを14-54mm F2.8-3.5に付け替えたり。室内のモノで適当にAFを合わせてみたり。

AFは迷いが少なくなりましたね。スピードも速くなったけど、暗所でもきちんと合焦するのが素晴らしい(部屋の電気を全部消して、液晶ディスプレイのバックライトとハロゲンヒータの光だけという環境でも、きちんとAFが動作します)。

ファインダの広さは先日小川町で確認しましたけど、マグニファイアを付けると四隅が視野の外にでちゃうくらい(笑)。 E-1のファインダもMFをやりやすかったと思うけど、E-3もなかなか。加えてライブビューもあるのですから、鬼に金棒です。

背面の液晶画面はフリーアングルで状況に応じてグリグリと動かせますし、液晶画面を保護したいような場面では、閉じておくという選択肢もアリでしょう。ちなみに、液晶を閉じたときも開いたときも、メインダイヤルの操作を邪魔しないように液晶の表面裏面ともに右上隅がカットされているあたり、非常に心配りが行き届いています。

第一印象は非常に良好。恐らく、今後数年愛機として苦楽を共にするカメラですから、思い入れって大事だと思うのですよ。よろしく頼むよ、相棒!

アフタヌーン買ってきた〜。

  • 月刊誌:アフタヌーン 1月号(講談社)

おおふり」は8回裏。西浦の攻撃。前回までが騒動続きだったんで、今回はちょっと淡々とした感じだったけど、ラスト9回表の先頭打者でいきなり次回に強烈な引き。ひぐちさん、読ませるのが上手いなぁ。12月に出る9巻も楽しみです。

新連載の「トライアルライド」。競馬もの。わたしゃ競馬はやらない人なのですけど、ちょっと興味を引かれました。とりあえず、次回もチェック。

くじアン」、時乃さんがギリギリセーフってゆーか、ちょっと、それもうアウト寸前(笑)。

冬季合宿の「宙のまにまに」。高見女子天文部's勢揃い。各キャラの名前が出そろいました。個人的に気になるのは新部長の杏ゆきえさんと、その後ろに控えてる相沢奈々さん。…いや、なんか距離が近そうだなぁ、と。ビジュアル敵にも、片方はボーイッシュだし、片方は大人しそうな女の子だし、いろいろ妄想しちゃうぞ(イロイロと)。そして、雪。雪国の夜をなめてはいけませぬ。キッチリ着込んでいないと、マジでヤバいよ〜。

11月 25日

今日の新潟は、先週の寒さが嘘のような、穏やかな晴天。

もっとも、ここ数年は12月に入るやいなやドカンと纏まった雪が降るというパターンが多いので、この機会に早めの冬支度。愛車のタイヤをスタッドレスに交換しました。

その他諸々の点検を行って、一応の冬支度は完了。とはいえ、中越沖地震で建物や道路に破損箇所が多いですし、できればあまり雪は降ってほしくないですねぇ。

部屋の方も暖房を出したのですが、灯油の値上がりが痛いので、なるべく電気暖房中心でしのぐつもりです。

連休のせいか、いつもより早めに書店に雑誌が出ているようです。

  • 月刊誌:世界の艦船 1月号(海人社)

特集記事は「海上自衛隊」ってことで、現有全艦艇が網羅されています。

「ひゅうが」が進水して、新汎用護衛艦も現在の所目立ったニュースはないので、あまり目新しい情報はありません。

そういえば、護衛艦隊の新旗艦になった「さわかぜ」は、「たちかぜ」みたいに司令部施設の増設を行ってないね。護衛艦隊の改編を視野に入れているのか、それとも「ひゅうが」の就役をあてこんでいるのでしょうか?

その他に印象的な記事は、米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」の回頭試験の画像。舷側エレベータの開口部から浸水するんじゃないか? ってほど傾斜しながら回頭するダイナミックな写真が掲載されています。

ホントは日中に青空を写したかったのですが、タイヤ交換や本屋の立ち読みで時間を喰って、E-3の初撮りは夜景になってしまいました。

完全に陽が落ちていましたし、流石の手ぶれ補正も駄目だろうということで、素直に三脚+ライブビュー(三脚設置時に試しに手持ちで何枚か撮影しましたが、やっぱり無理でした)。25mm F1.4を装着して、絞りと露出時間、それにISO感度を変えながら何パターンか撮影。

掲載したものはF3.5で6秒露出。ISO感度は100で、-1.0EVの露出補正をかけています。JPEGで出力した画像をトリミングしました。

ボタン配置をまだ覚えていない状況での夜間撮影ということもあって、七転八倒。メニュー画面を呼び出そうとして、画像消去確認の画面になったり、露出補正をしようとしてISO感度を変えてみたり。

一見、整然と並んでいて整理されているように見えるE-3のボタン配置ですが、こうした手探りの操作では、かえってその整理された配列が仇になります。この辺はもうちょっと考えて欲しかったなぁ…。

まだまだマニュアルも読み込んでいないので、操作系はほぼデフォルトのまま使っていますが、この辺も徐々にカスタマイズしていこうと思います。

軍事関連
ミサイル防衛、来月から訓練実施…新宿御苑など10か所でYOMIURI ONLINE
晴海やお台場の公園でも訓練を実施するそうですが、東京ビッグサイトの駐車場とかどうでしょうね?(笑) 周囲に高層建築が多すぎるか?

11月 27日

26日に配信開始された☆開運☆野望神社☆59回を視聴。

いやぁ、パーソナリティのお二人は相変わらず仲が宜しいようで。

伊藤静さんが「腰を振りながら寄ってくる」とか、「お風呂に一緒に入る」とか、「今度一緒にダブルベッド」とか、いやもうあんたらホントに結婚しちゃいなさいよ、みたいな。

いつまでもこの調子でいちゃいちゃしてほしいですね(笑)。

軍事関連
イラン軍戦闘機が海に墜落、部品補給に支障の米旧型機CNN.co.jp
旧式機とは言っても、先日まで日本の防空はほぼF-4に頼り切りだったんですけど。もっとも、日本の場合は大規模な近代化改修をした機体ですし、保守部品を闇ルートから仕入れながら維持されていると言われるイラン空軍機とは、整備状態でも雲泥の差があるはずですが…。
その他
「地震か」石川・輪島で騒動…実は戦闘機の衝撃波YOMIURI ONLINE
ソニックウェーブの可能性は高そうですが、断定したみたいな表題を書くのは如何なものかと思うのですが。

11月 28日

時事
家人が事務局員に水まく 一時、守屋氏に召喚状渡せずMSN産経ニュース
記事の内容は「報道陣も職員の後ろから取材しようとしたが、家人がホースで水をまき職員にも水がかかるなどしたため」となっているんですが、見出しは誤解を呼びますよね。「家人が無法なマスコミに水をまく」とすべきだと思うのですが。

11月 29日

通販発注していたamazonから荷物が届きました。

日米海軍による史上最大の空母決戦を再考する「マリアナ沖海戦」。細かい活字でミッチリと書き込まれており、期待がもてます。

軍事関連
一部のF─15戦闘機に再度の飛行停止命令、米空軍CNN.co.jp
航空自衛隊のイーグルはどうなるんでしょうか?

11月 30日

再アニメ化も決定した「GUNSLINGER GIRL」の新刊を買ってきました。

9巻では、ついに第一期の義体のひとりが表舞台から去る日が来ます。嗚呼。

第二期の義体も何人か登場していますが、第二期の外見年齢が平均して高いって訳でもなさそう。ペトラの場合は、さらにハイティーンっぽく変装する場合も多いから、なおさら第二期というと大人っぽい外見という先入観が出来てしまうのかもしれません。

あと、気になるところではトリエラとヒルシャー。それに最近はすっかりイメージが変わってしまったジョゼでしょうか。

軍事関連
中国海軍のイージス艦視察計画、米側抗議で中止YOMIURI ONLINE
自衛隊っていうか、「日本」が信用されてないってことなんでしょうねぇ。
航空宇宙・天文
欧州版GPS「ガリレオ計画」、13年開始で合意 EUasahi.com
まだまだ課題は多いようですが、EUは計画を推進しています。ガリレオに投入される予算が、戦略的に必要であるという判断があるのでしょう。ガリレオ計画の是非はともかく、GPS依存に対して危機感を抱いている国家首脳が多いということなんでしょうね。日本の場合はどうなんだろうねぇ…。
デジカメ関連
シグマ、「DP1」の開発状況を発表デジカメWatch
春から全然音沙汰がなかった、大型撮像素子のレンズ固定型コンパクトデジカメのその後。開発は難航しつつも、進行しているようです。面白そうなカメラではあるので、期待して待ちたいところです。
交通・鉄道
余部鉄橋 絶景、春まで延長asahi.com
餘部駅近くの「お立ち台」、来年の春までは利用させてもらえるそうです。雄大な鉄橋の冬景色。マナーを守って鑑賞したいものです。