Cross Talk

2007年 12月

12月 1日

今日から12月です。時間が過ぎるのが速いなぁ。

歳を取ってくると、どんどん時間の流れが加速していくような気がしますが、とりわけ今年は色々なことがあったので、なおのことそう感じるのかもしれませんね。

今年もあと一ヶ月。やり残していることを、なるべく片づけるように努力していこうと思います。

交通・鉄道
「幻の新橋駅ホーム」で見た謎の15センチasahi.com
東京メトロ銀座線のイベント「幻の新橋駅ホーム」のレポート。何故か幻のホームは、他の駅より少しだけ高いそうです。関連:フォトギャラリー 東京の地下に眠る「幻」の新橋駅asahi.com

12月 2日

軍事関連
中期防見直しへ 石破防衛相MSN産経ニュース
見直しはやむを得ないとしても、問題はどこが削られるか。現時点で、開発や調達の遅延が生じている装備も少なからずありますし、その辺も整理対象になったりするんでしょうか?
航空宇宙・天文
米シャトル、7日朝に打ち上げへ 欧州の実験棟を搭載asahi.com
欧州実験棟「コロンバス」ようやく打ち上げ。その次は、日本の「きぼう」の順番が回ってくる筈です。

12月 4日

天気予報では雨だったんだけど、朝から氷雨っぽい雪。

やっぱり12月の頭から降りましたね。あまり積もらないと良いなぁ…。

3日から配信されているインターネットラジオ「RADiOティンクル☆くるせいだーす」を視聴。

伊藤静さんのセクハラ(?)度がますます勢いを増す昨今、こやまきみこさんとのトークを赤面しながら聞いています。

「じゃあ、生なら良いよ」「ホントか? ホントか? じゃあ、後で触るぞ。ひとけのない所で」「ウン、わかった」って、ど〜ゆ〜会話だよ(笑)。

デジカメ関連
オリンパス、「SP-560UZ」をワイヤレスTTL発光に対応デジカメWatch
ファームアップで、外部フラッシュのワイヤレスTTL発光が可能になるそうです。っつーか、SP-560UZって元々外部フラッシュのワイヤレスコントロールができたんですねぇ。ホットシューがないから、ワイヤレスでしか使えないみたいだけど。
コンピュータ・Web
男の子もいます!「鏡音リン・レン」 コンテンツ投稿サイトもオープンITmedia News
いきなりなサプライズ。それで「音」だったのか! これでブームに女性層が反応するかも、ちょっと興味があります。
その他
バングラデシュ:サイクロンの傷跡 客船が岸にそのまま毎日jp
写真の解説文だと、全長22メートルで重さ1042トンになってるけど、それっていくら何でも全長が短すぎるか、重さが重すぎるかしてないですかね? ところで、スマトラ沖地震の津波で海岸に打ち上げられたタイ海軍のフリゲート艦って、その後どうなったんだろう?

12月 5日

カトゆー家断絶さん経由でサザエさんを萌え絵にしたららきすたになるんじゃね?ベア速)へ。

確かにサザエヘアは特徴がありすぎるんで、アレンジするのが難しそうです(日本国民にアニメキャラクタのシルエットクイズを出したら、サザエさんってかなり上位に食い込みそうですもんね)。

213みたいに基本的なラインはそのままにバランスを変えてみたり、240みたいにディテールを増やしてみたり、皆さん色々工夫してます。

そして、まさかフネさんの萌え絵を描く猛者が現れるとは思わなかった。色んな意味で素晴らしいです。

海上自衛隊の16年度潜水艦(16SS)が、進水。「そうりゅう」と命名されました。

これまで海上自衛隊の潜水艦は末尾に「潮」が付く艦名で統一されていたのですが、命名の基準では海象の他に「水中動物の名」があります。

「蒼龍」は旧海軍では空母の艦名でしたけど、16DDHが「ひゅうが」と命名されたように大型護衛艦は旧地方名を基準にしていくみたいだし、16SSは海上自衛隊初の実用AIP潜水艦ということもあって、16SSから艦名の大転換になったんでしょうね(いい加減、「○○しお」って艦名が多すぎて混乱するってのもあるんだろうけど)。

さて、気の早い私が気にするのは2番艦以降の艦名。「蒼龍」の準姉妹艦の艦名は「飛龍」、「雲龍」というように、いささか潜水艦に付けるには相応しくない名前。ここはやはり、特殊潜行艇に命名された「海龍」、「蛟龍」あたりが有力候補になるのではないかと思います。

デジカメ関連
気になるデジカメ長期リアルタイムレポート パナソニックLUMIX DMC-L10【第1回】デジカメWatch
ライブビュー+フリーアングルモニタ搭載のパナソニック製デジタル一眼レフのレポート。コントラスト検出式のAFの使い勝手とか、パナソニック製の手ブレ補正レンズの効きとか、なかなか気になるカメラであります。14-150mmが発売されたら、そっちを付けてのレポートも見てみたいですね。
その他
紅白歌合戦:しょこたん、リア初出場 米米、寺尾聰は復活毎日jp
うわぁ、マジでアキバ枠があるんだ…。しかし、少なからぬアキバ系の住人が、大晦日はコミケに出撃しているという罠が(笑)。

12月 6日

軍事関連
米国防総省、F-15の老朽問題を受けてF-22の増産を検討Technobahn
問題は、それを議会が認めてくれるかですね。そして、日本への輸出はどうなるんでしょう?
ステルス実験機:名称「心神」 開発に6年466億円毎日jp
あくまで技術実証機であって、実用戦闘機まではまだまだ長く険しい道がまっています。とりあえずの大事な役割は、F-22やF-35の輸入やライセンス生産にあたって、ディスカウントを引き出すことでしょうか。
デジカメ関連
インプレス、アルティザン&アーティストとの共同開発ストラップデジカメWatch
これはなかなかオシャレなアイテムですね。女性が小型の一眼レフや、ハイエンドコンパクトデジカメなんかを携行するときに使うと似合いそう。
【新製品レビュー】オリンパス「E-3」デジカメWatch
性能的にはかなり満足できる領域に達したE-3ですが、使っていると操作系に関しては少々練り込み不足を感じます。記事でも指摘されているAFターゲット選択や、アイピースシャッタ。あと、私としてはISボタンを別のボタン(個人的にはINFOが良い)と入れ替える機能が欲しいです。右手親指が届く特等席に、ほとんど利用価値のないボタンがあるのはどうかと思うのです。
クランプラー「カラチ・アウトポスト」デジカメWatch
最近増えてきた、背中側から荷物にアクセスするカメラ用リュック。かなり大型みたいなので、中身を一杯に詰めると、かなり重そうですね。

12月 7日

E-3のキャンペーンプレゼントであるプレミアムBOXと、予約特典のストラップが到着しました〜。

まだDVDは見てないのですが、ロゴ入りレンズクロスは縦横ともに40cmという、レンズクロスとしてはかなりの大判で使いでがありそう。キーホルダーは…どうしようかなぁ(苦笑)。

ストラップは落ち着いた配色で気に入りました。コレはE-3に付けて使う予定です。

軍事関連
ロッキードマーチン、半年ぶりにF-35の飛行テストを再開へTechnobahn
F-35も開発が遅れがちのようですね。来年5月に予定されているらしい、F-35Bの初飛行も楽しみ。一種類の原型機から、三種の機体を開発するってのがそもそもの狙いですし。
航空宇宙・天文
光速の200分の1、超高速の星発見 米ハーバード大asahi.com
おもわずセカンドインパクト(の、偽装情報)を思い浮かべた私は、TV版時代からのエヴァファンでした。

12月 8日

軍事関連
雨の中、2000人が追悼 真珠湾攻撃から66年MSN産経ニュース
12月8日が何の日か知っている人って、少ないんでしょうね。太平洋戦争って、考えてみれば人類の歴史上極めて特異な形態の戦争なんですよね。双方が空母を主力として戦うシーパワー同士の激突って、もう二度とあり得ないんだろうなぁ。
時事
小学生4人の死因は殺そ剤 即席めんに混入 中国MSN産経ニュース
殺鼠剤が故意に混入されたものではないというのが事実なら、なおのこと怖い話ですよね。中国製の食品には、まったく信頼を置けないことになりますから。チャイナ・フリーの生活がしたいです…。
航空宇宙・天文
太陽観測衛星:米サイエンス誌が「ひので」を特集毎日jp
「はやぶさ」に続いて「ひので」も特集されるそうです。成果が評価されているんですね。おめでとうございます!
シャトル・アトランティス打ち上げを延期 NASAasahi.com
また燃料枯渇センサか! ホントにコレは何度も問題を起こすセンサですね。 いつまでたっても対策できないってのは深刻だなぁ。
127年前の望遠鏡、ゴミの山から発見…国立天文台YOMIURI ONLINE
真鍮製ですかね? 支持架の部分の金属光沢が美しいです…。

12月 9日

時事
医師宅でライフル銃暴発、2歳の二男死亡…東京・目黒区YOMIURI ONLINE
…ってことは、この医師の人は弾薬を装填したまま銃の手入れをしていたってことですか? なんかすごく論外な事をしていたような気がするんですが。
航空宇宙・天文
カムイ初失敗、1000mから落下…北海道産ロケットYOMIURI ONLINE
負傷者が出なかったのは不幸中の幸いでした。これを教訓に、機体の改善を進めて欲しいものです。

12月 10日

仕事が忙しかったりでなかなか出かけられないので、amazon様のお世話に。

事前にはチェックしてなかったんだけど、評判良いんで「異国迷路のクロワーゼ」も発注してみました。

19世紀後半、パリに「奉公」に来た日本の少女と古びた商店街の人々の交流を描く、心温まる物語。

丁寧に描き込まれた緻密な背景や、ヒロインの湯音ちゃんの愛らしさは絶品です。オススメ。

軍事関連
国産ステルス実証機「心神」、2011年に初飛行YOMIURI ONLINE
果たして、純国産F-Xの夢が実現する日は来るのでしょうか? そして、それは本当に世界の戦闘機と肩を並べる性能を持てるのか? まずは技術実証機からというのは正しい判断だとは思いますが、その能力評価が身内の身贔屓にならないように、きちんと検証する体制はとってほしいですね。
航空宇宙・天文
スペースシャトル、センサー異常再発で打ち上げ1月に延期YOMIURI ONLINE
結局、年内の打ち上げは断念されました。これだけ何度もトラブルが出て、いまだに原因が特定されないというのは困りものです。
コンピュータ・Web
東芝、128GBの大容量SSDを製品化PC Watch
あっと言う間に128MBに。個人的には、大容量モデルの波及効果で、より小容量(32GB〜64GBくらい)のモデルが安価に提供されるようになってくれるとありがたいです。

12月 15日

今週は仕事が多忙で、(精神的にも肉体的にも)非常に辛い一週間でした。

自分の手が届く範囲での作業なら良いのですが、そうじゃない事象に対処しなきゃならないというのは本当に神経を磨り減らします。つくづく、自分は管理業務には向いてないなぁというのが実感。

しばらくはこの調子で行かなきゃならないっぽいのが気が滅入るところです。あんまり自分を追いつめないように、適度に息抜きをしながら対処していきたいものですが…。

軍事関連
海上自衛隊の護衛艦「しらね」から出火 隊員4人を搬送asahi.com
防衛省、自衛隊への風当たりが強いときに、凄く悪いタイミングでの事故ですね。おそらく「しらね」はドック入りということになるでしょうけど、船体構造への熱的な影響が気がかりです。
火元の戦闘指揮所は無人か 護衛艦「しらね」火災asahi.com
最近の護衛艦では、防御上の観点からCICは船体内に設置されているのですが、CICから出火した場合の防炎対策や、電子機器への影響を最小限に押さえる消火方法などももっと研究していく必要がありそうです。大きな事故だけど、これは貴重な教訓とも言えるのではないでしょうか?
MDイージス艦が出港 近くハワイ沖で迎撃実験中日新聞
いよいよSM-3の試射を行うようです。実験の成功を祈念しております。…ところで、「あたご」も来年まで派米訓練中じゃありませんでしたっけ?
PAC3訓練を延期 テロ特措法、不祥事に配慮MSN産経ニュース
不祥事があっても、敵性国家の弾道ミサイルは待ってはくれないでしょうに。変に気を遣わないで、粛々と訓練を実施すべきだと思うんですがねぇ。
時事
藤本さん狙った計画的犯行か…佐世保の銃乱射事件YOMIURI ONLINE
どうやら人間関係でのトラブルか何かがあったのでしょうか? 初期の報道で、外国人の犯行の可能性をほのめかす報道が多かったのに、なんとなく偏見があるような気がしたのは、私の気にしすぎでしょうか?
航空宇宙・天文
ふたご座流星群に天文ファン歓声、好天の関東で出現ピークYOMIURI ONLINE
この時期の天文イベントって、新潟ではまず晴天に出会えることがないんですよね。日本海側の住民にとっては非常に羨ましい話です。

12月 16日

軍事関連
防衛省、次期戦闘機の導入先送り…F22の禁輸解除未定でYOMIURI ONLINE
現中期防でのF-Xの代替として、アグレッサー用にフランカーを7機ばかり導入するってのは駄目ですかね? その分、教導隊のイーグルを実戦部隊に回せるし。パイロットの機種適合に時間がかかりそうなのと、経済状況が好転してきたロシア相手だと、これまた足許を見られそうな気がするのが難点ですが。
時事
佐世保乱射事件、馬込容疑者の車から実弾2500発YOMIURI ONLINE
さすがに2500発ってのは異常ですね。これくらいになると徒歩では携行できないだろうし、どこかで長期の籠城戦でもやる気だったんでしょうか? 銃規制の強化という声も大きくなるでしょうけど、弾薬の所有量に制約を持たせたり、銃本体と隔離した形で管理させるなどもひとつのテになるかもしれません。
航空宇宙・天文
NASA の小惑星探査計画 OSIRIS が落選,月探査計画 GRAIL が選ばれるはやぶさまとめニュース
「はやぶさ」がサンプルリターンに失敗した場合に、何でも世界初にこだわる米国が「世界初の小惑星サンプルリターン」を実現するべく進められていた小惑星探査機「オシリス」が、同国の次期探査ミッションの選定から落選したそうです。だがしかし、我が国も「はやぶさ2」計画を推進できていないのが現状というのが…。

12月 17日

先週は多忙のあまり「軍事研究」誌の発売日をすっかり失念していたことに気が付き、書店へ。

  • 月刊誌:軍事研究 1月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー社)

今月号は化学兵器と、自衛隊の国際貢献に関する記事が多い印象です。

冒頭記事は地下鉄サリン事件に出動した、市ヶ谷の第32普通科連隊の連隊長だった福山隆氏の回想記。

事件現場からのTV中継をヒントに、人心を落ち着かせるために早期の部隊展開を心懸けた連隊長。「有事」の際に露呈した様々な問題。除染作業完了後、神経ガス検知器の代わりに自らの「人体実験」で完全な除染を確認した自衛官。

地下鉄構内での化学兵器除染に活躍した陸上自衛隊ですが、警察によるオウム真理教のサティアン突入に際し、武装化を進めていた同教団が反撃に出た場合の対処や、オウム側が先手を打って自衛隊側の武器弾薬の奪取に出た場合の備えなど、「次の展開」に備えていたということも初めて知りました。

首都都心部の地下鉄で、化学兵器が組織的に散布されるという未曾有の事態に、自衛隊が如何に対処したかを知ることができる貴重な記事です。必読。

その他
ご当地ヒーローのCD発売 新潟・長岡の「ソイガイヤー」MSN産経ニュース
そういえば、長岡市内の某大学にもその昔ローカルヒーローが存在したと聞きますが。彼らはやはり黒歴史なのでしょうか?

12月 18日

軍事関連
SM−3 実射テスト迫る 上層で弾道弾迎撃 ハワイ沖の「こんごう」事前準備など万全朝雲新聞社
ハワイには、エアボスを搭載したUP-3Cも派遣されているそうです。
16年度潜水艦「そうりゅう」進水 スターリング機関の最新型 「龍」から初の命名朝雲新聞社
「龍」は「水中動物の名」からの命名かと思いきや、潜水艦の命名基準が改定されて「瑞祥動物」が加わっており、「そうりゅう」はそちらからの命名だそうです。
海自イージス艦、初の弾道ミサイル迎撃に成功…ハワイ沖YOMIURI ONLINE
「こんごう」によるSM-3の実射実験は見事に成功したそうです。イージス艦によるカバーエリアと艦のローテーションを考えると、少なくとも「こんごう」型4隻が弾道弾対応能力を持つ必要があります。他の3隻の改修と試験も、成功裏に終わって欲しいものです。
航空宇宙・天文
H2Aロケット14号機公開 三菱重工asahi.com
13号機から、さらに改善が施されているようです。コスト削減のために、仕様が固まったら、ある程度の基数をまとめて発注できるようになると良いのですが。
NASA、次世代有人月着陸船を「アルテア」と命名Technobahn
宇宙船が「オライオン」(オリオン)、着陸船が「アルテア」(アルタイル)ってことで、星から命名されているようですね。
「UFO、存在の確認なし」政府が議員質問書で閣議決定YOMIURI ONLINE
それが「地球外から飛来してきた」確証があるなら、既に「Unidentified Flying Object」じゃないんですが(苦笑)。

12月 20日

軍事関連
陸自戦闘ヘリの調達見送り、生産中止で1機216億に高騰YOMIURI ONLINE
見込み違いの原因の追及はもちろんですが、買ってしまったものをいかに有効に使うかも考えてほしいものです。機数が機数だし、いっそ艦上運用可能に改修して、「ひゅうが」型DDHに搭載するってのはどうでしょう?
ゴジラやUFOで自衛隊が出動する法的根拠? 石破防衛相が考えるITmedia News
怪獣は天変地異ということで、災害派遣が成立するそうです。次のゴジラ映画には石破大臣に是非とも出演をお願いしてほしいものです。
PAC3:初の迎撃実験へ 財務省原案に10億円計上毎日jp
ホワイトサンズの射場で迎撃実験を行うそうです。国内ではそもそも実験用の弾道弾の手持ちがありませんしね。
航空宇宙・天文
NASAシャトル不具合、コネクタの不良と判明CNN.co.jp
打ち上げ予定がさらに延期される可能性があるようです。ところで、過去のセンサの不具合もコネクタが原因だったんでしょうか?
デジカメ関連
オリンパス、SWD搭載望遠ズームレンズの発売を再度延期デジカメWatch
発売日決定。また延期されて来年の1月18日とのこと。う〜む、あと一ヶ月か…。

12月 21日

諸処の手続きの為に市街地に出たついでに、書店でお買い物。単行本の類はamazonで発注済みなんで、雑誌類のチェックがメインなんですけど。

  • 単行本:徹底比較 日米潜水艦(学習研究社)
  • 月刊誌:Comic REX 1月号(一迅社)

徹底比較 日米潜水艦は、[歴史群像]太平洋戦史シリーズの最新刊。

一次資料からの新事実の汲み出しや、新しい視点からの考察で定評のある本シリーズですが、「海底空母」として知られる潜特型(伊400型)の位置づけを、「パナマ運河攻撃用」ではなく、「米東岸で通称破壊戦を実施する」艦ではいなかとするなど、興味深い指摘が散見されます。オススメ。

12月 22日

それにしてもamazon、出荷の連絡寄越さねぇなぁ。最短なら、今日には荷物が着いてなきゃ駄目なんだけど。

とりあえず、発注してない「おおふり」だけ買ってきました。あと、衝動買いがひとつ。

えへ。2倍テレコン買っちゃいました。

さすがに1.4倍テレコンのEC-14と比べると長めのサイズなんで、カメラバッグのポケットに入れて、みたいな持ち運び方はできそうにありませんが、これでE-3の手ブレ補正機能が活用できると良いなぁ。

軍事関連
F-35の垂直離着陸型の実証機が完成、テキサス州で完成披露会が開催Technobahn
F-35Bの初号機がロールアウトしたそうです。開発費の増大や、重量増加といった話も聞くF-35ですが、垂直離着陸型は特に重量増加が響きそうなのが気になるところです。
航空宇宙・天文
来年1月に小惑星が火星に衝突か、確率「七十五分の一」とCNN.co.jp
確立は1/75と、一般的な視点ではあまり高そうではありませんが、「天文学的」な確立からすれば、かなりの高確立とも言えます。いずれにせよ学術的には非常に希少な観測チャンスと言えそうですね。
AV関連
ミヤビックス、iPod用防水ケース「OtterBox Armor」シリーズを発売ASCII.jp
防水ヘッドフォンを組み合わせると、水中でも聞けるそうです。これは面白そうですね。アウトドア用途を考えると、ケース無しである程度の耐水性を有するモデルも出てきてもよさそうなものですが。

12月 23日

ようやくamazonからの荷物が届きましたよ。

「昭和のロケット屋さん」は、ロフトプラスワンの人気イベント、「ロケットまつり」の待望の書籍化。

「ロケットまつり」ってのは、文字通りのお祭りでありますから、会場も和気藹々。文章はきちんと流れを追っているように見えますが、実際のトークはもっと混沌としてまして、書籍化にあたっての苦労があったのだろうと思われます。

いやぁ、よく雰囲気は出てると思いますよ。林さんと垣見さんの掛け合いとか、聞き手が絶句してるところとか(笑)。でも、実際のイベントでしか味わえない部分があるのも確か。チャンスがあれば、是非とも参加してみることをオススメします。ホント、面白いから。

軍事関連
不祥事で防衛予算辛口査定MSN産経ニュース
ここしばらく削減続きだった防衛予算、ここにきてさらに厳しい局面に。しかし、これを機会に膿を出し切って、真に効率的な国防体制を構築を目指して欲しいものです。
航空宇宙・天文
中型ロケット「GX」計画、文科省が見直し検討YOMIURI ONLINE
ますますドツボにはまるGX。M-Vを潰しておいて、代替となる筈だったコレはまったく駄目。無駄に予算を喰う計画なんざとっとと中止にして、もっと成果が期待できる他のプロジェクトにリソースを回すべきですよ。

12月 26日

仕事帰りに書店へ。

「世界の艦船」、特集は「中国海軍の新型艦艇」ってことで、いろいろと注目度の高い中国海軍の特集。

巻頭のカラー頁も、特集と連動して先日来日した中国海軍の駆逐艦「深セン」。

この艦って、ヘリ格納庫内に支柱があるんですねぇ。機体を2機搭載可能というから中央に支柱があっても問題はないのかもしれませんが、機体の整備時のスペース効率や、緊急時の物資輸送に対応するための運用の柔軟性を考慮するなら、柱なんか無いほうが良さそうな気はするのですが。

大して強度に貢献しそうもない、あまり太くもない円筒形の支柱ですし、設計上の努力で廃止できなかったのかなぁ?

特集記事のほうも、中国海軍の艦艇の雑多とした整備状況が伺われます。

設計、建造技術が未熟で完成度が低かったり、運用の思想が固まっていなかったりするのでしょうが、この調子で本当に空母を取得できるのでしょうか…?

航空宇宙・天文
サターンロケットのJ-2エンジン、34年ぶりに火を噴くTechnobahn
「アレス」ロケットに開発されるJ-2Xの為のテストに供されたそうです。

12月 27日

各地で既報ですが、Windows Vista用のClearTypeフォント「メイリオ」をWindows XPでも使えるそうです。

そんな訳で、私も入れてみましたよVisual C# 2008 Express Edition

インストール後にフォントを確認したところ、確かに「メイリオ」がインストールされておりました。記事にもあるように、ClearTypeを有効にするにはデスクトップのプロパティから、設定を変更しなければならないのでお忘れ無く。

これで「メイリオ」を導入するユーザも多そうですね。サイトのフォントも設定しておこうかな?

デジカメWatchの人気投票で、オリンパスのデジタル一眼レフE-3が見事3位に入りました(実は、私も一票入れていたりするのですが)!

E-410E-510も5位、6位に入っています。

人気投票ということで、実際のシェアを反映している訳ではないのですが(売れ行きということなら、E-410よりもE-510の方が上だそうですし)、着実に支持層を築いているようなのは良い傾向だと思います。

私自身はいまだに天気の良い日にE-3を持ち出せていないので未確認なのですが、実写速報なんかを見ると、空のブルーを、E-1に近いこってりとした色調に出力してくれるようなので、個人的には非常に好ましく思います。早く、春にならないかなぁ。

今年はEシステム第二章ということで、ラインナップも一新され、レンズの焦点距離もかなり揃ってきました。

来年以降は、以前から言われていた中級機が発売されるとか、趣味性の高いレンズに注力とか、いろいろな噂が飛び交っていますが、オリンパス、そしてフォーサーズシステムの盟友である、パナソニックやシグマには、是非とも頑張って欲しいです。

12月 28日

仕事納めのあと、書店へ。

夜は飲み会なので、パラパラとページを捲っただけですが、「青空少女隊ReBerth」って新作じゃなくて新装版なんですね。紛らわしいタイトルだなぁ。

旧版は持ってるし、2巻以降は購入を見送ることにします。

シャトル打ち上げ、また延期 日時は未定asahi.com
1月10日までに修理が間に合わなかったようです。

12月 29日

今日から正月休み。今年、買い漏らした本をチェックしておこうということで、長岡市の戸田書店にお出かけ。

  • 単行本:悲劇の発動機「誉」 天才設計者中川良一の苦闘(前間孝則 草思社)
  • 単行本:社会科見学に行こう!(小島健一 アスペクト)
  • 写真集:ねこ鍋(奥森すがり 二見書房)
  • コミック:夢のアトサキ(やまむらはじめ 少年画報社)

「誉」は驚異的な小型軽量設計で2000馬力の出力を実現し、第二次世界大戦における日本陸海軍の新型軍用機の多くに採用されながらも、故障、不調の続発でその真価を発揮することなく、あるいみ「戦犯」扱いされることも多いエンジンです。

そのエンジンに関して、前間孝則氏が執筆するというのですから、これは注目せずにはおれません。

「社会科見学に行こう!」は、一般人がなかなか入れないような物件ばかりでなく、普通に見学ができる施設の紹介なんかもあって、啓蒙書としても良さそう。

「ねこ鍋」は…。可愛らしさに撃沈されてしまいました。

やまむらはじめ氏のマンガは、個人的には短編や中編が気に入る確立が高いみたいで。この本もざっと立ち読みして購入決定。

年末年始に積んである未読本の山を少しは削りたいところです(苦笑)。

12月 30日

ロフトプラスワンのスケジュールに、次回「ロケットまつり」のスケジュールが掲載されていました。

ロケットまつり外伝「衛星まつり3」ってことで、開催は来年2月3日の日曜日になるそうです。「衛星まつり」ってことで、ゲストは小野英男さん。

月初の日曜ってことで、私は行きやすいスケジュールなのが有り難いです。

凍結マンモス、ロシアから「来日」 来月一般公開asahi.com
やっぱり、冷凍状態のまま展示されるんでしょうか? 年末年始は荒れ模様らしいけど、関東圏は割と平穏らしいので、見に行ってみようかなぁ。

12月 31日

そんなこんなで、07年のCross Talkを読み返しながら、個人的に印象に残ったことを10本。

まずは第10位から。

名著、「北欧空戦史」が復刊。私自身は朝日ソノラマ版を持っている訳ですが、今回の復刊が、良書をより多くの人に読んでもらえるきっかけになれば良いと思います。…そういえば、朝日ソノラマも営業をやめてしまったんですよねぇ…。

CICが全焼し、乗員4人が病院に搬送されました。機器類や船体構造へのダメージが気がかり。…これで廃艦、なんてことにならなければ良いのですが…。

ついに空母型護衛艦進水。艦艇名に初の地方名が使われたことも話題になりました。

海上自衛隊の新型艦艇でもう一題。こちらは海上自衛隊初のAIP潜水艦。潜水艦の命名基準改定というワザが使われたのにも驚きました。

我が国のMDシステム構築に向けた重要な第一歩。同時期、防衛省の不祥事に関する報道が多く、マスコミがこの実験の意義をネガティブに報道することが多かったように思えるのは残念でした。

県営名古屋空港で、オーバーホール後の試験飛行に飛び立とうとしたF-2支援戦闘機が墜落、炎上。乗員2名が負傷。

不可解な挙動で墜落した機体のビデオには衝撃を受けました。ジャイロへの誤配線が墜落原因とのことですが、今後三菱の品質管理体制には重大な疑念がつきまとうことになるでしょうね。

いまだにコミック版の連載は続いているし、関連商品も出続けてはいたのですが、アニメーション作品として再びエヴァンゲリオンを見ることになろうとは。

劇場のスクリーンに映し出されたのは、紛れもなくエヴァでした。十数年前に、私たちが熱狂し、推理し、喝采したアニメーション作品でした。2008年以降の続編にも大きな期待を寄せたいと思います。

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」が、ついに地球への帰還を開始しました。

機体は満身創痍。姿勢制御用のリアクション・ホイールは1基を残すのみで、頼みのイオンエンジンも完調とは言えない状況のようですが、10月には無事に第一期の軌道変換を完了、慣性飛行に入ったそうです。

地球帰還は2010年の予定。彼の長い旅路が、無事に終わることを祈ります。

オリンパスから、デジタル一眼レフE-1の後継機たるE-3が遂に発売。んでもって、私も購入。

防塵防滴、ダストリダクションというE-1のもつ長所を維持しながら、ボディ内蔵手ブレ補正、ライブビュー、バリアングル液晶モニタといった新機軸を盛り込み、さらにAF性能の劇的強化、ファインダーの改善、高感度特性の向上、連射速度のアップなど、これまで弱点と言われていた部分を覆すオリンパス渾身の一作。

操作性など不満点もなくはないですが、それ以上に撮る喜びが勝るカメラだと思います。同年に発売された所謂「第二章」ボディのE-410、E-510もそれぞれ好評のようですが、オリンパスはこれに驕ることなく、さらなる高みを目指して欲しいものです。

やはり、私の07年最大の出来事は中越沖地震での被災です。

住居や家族には特に大事はなかったのですが、折り悪く祖母の他界と時期が重なってしまったために、非常に慌ただしく日々を過ごすことになってしまいました。

メインPCは地震により転倒。倒壊した本棚や、散乱した機材を片づけながら、PCに達するまでに2週間もかかってしまいました。コンパクトデジカメのCaplio R5はレンズカバーが破損して破棄することになってしまいましたが、HDDの中身や、デジタル一眼レフ関連の機材にダメージが無かったのが救いでした。

3年前の中越地震に続く災害で、市内にはいまだに倒壊したまま解体されない家屋や、通行不能の道路が多くあります。復興までには、長い年月がかかるでしょうが、希望をもって取り組んでいきたいと思います。

願わくば、次の年が穏やかなものとなりますように。では、皆様、良い年越しを。

デジカメ関連
デジタル一眼レフ、ニコン首位 キヤノン抜くasahi.com
D40系が効いたみたいですね。来年はD80のモデルチェンジがありそうですが、キヤノンもKiss系を入れ替えてくるだろうし、また激闘が予想されます。オリンパスももう少し国内シェアの底上げを狙って欲しいものです。
デジカメ・オブザイヤー for ウェブマスター 2007デジカメジン
ニコンD-3との接戦を制してオリンパスE-3が首位に(笑)。もしかして、オリンパス製デジカメのユーザー数に対するウェブマスターの比率って他社より高かったりするのかね?