Cross Talk

関連リンク

2008年 2月

2月 1日

潮風放送局〜みなとSTATIONらじお!が、〜君が主で執事が俺で編〜と銘打ってリニューアル。

今度のパーソナリティは後藤邑子さんと伊藤静さん。ラジオを一緒にやるのはおろかガチで競演するのも初めてという二人ですが、いきなり呼吸があってるというか、すっげぇフリーダムな雰囲気です(笑)。

いやぁ、楽しみな番組が始まりました。

デジカメ
35ミリフルサイズ「α」は年内発売 ソニーが明らかにITmedia News
かねてから発売を予告されていた35mmフルサイズ機、年内発売予定だそうです。ボディ内手ブレ補正内蔵で、2481万画素センサを採用するそうです。コレ、イメージサークル径とか、解像度の点で、使うレンズを選びまくりそうな気もするんですが…。
ソニー、「クイックAFライブビュー」搭載デジタル一眼レフ「α350」デジカメWatch
ペンタミラーの一部を可動させて、ファインダーからライブビュー用センサに光路を切り替えるという、コロンブスの卵的な発想でライブビューを実現しています。E-330と同様、ライブビューを使いながら位相差AFが使える上に、可動式液晶搭載ってのは素晴らしい。
シグマ、「APO 200-500mm F2.8」の価格を決定デジカメWatch
シグマの超巨大レンズ、ホントに出しちゃうらしい(笑)。
シグマ、フォーサーズ用「10-20mm F4-5.6」など3製品デジカメWatch
フォーサーズ対応の広角レンズと、大口径望遠ズームマクロが出るそうです。ところで、オリンパスの望遠マクロはまだかいな?
シグマ、「DP1」の発売時期と価格を発表デジカメWatch
今春発売予定だそうです。デザインも随分と精悍になりましたね。

2月 2日

  • 単行本:世界の傑作機 B-36ピースメイカー(文林堂)

第二次大戦後の核時代を象徴する巨大戦略爆撃機の本。

4列28気筒のレシプロエンジンが6基に、ブースト用のターボジェット4発という銀無垢の化け物。アルミニウム・オーバーキャストとは良く言ったもんだわ。

戦艦同様、ある意味で恐竜的な進化を遂げた兵器であります。

2月 3日

ロケットまつり外伝「衛星まつり3」のために、新幹線で上京。

当初は、夜行の高速バスでの早朝入りも考えたのだけど、天候が芳しくないので断念。…いや、これで正解でしたよ。越後湯沢あたりが雪景色なのはこの時期なら当然ですけど、大清水トンネルを抜けてなお雪は降り続き、一面の銀世界は東京都内に入ってなお車窓に展開されていたのでした。

積雪って言っても、生粋の新潟県人である私にとって、3cmや5cmはどうってことないのですが、雪に弱い首都圏の交通網が心配(実際、あちこちで列車の遅延や運休があったらしい)。

ロフトプラスワンの開場は午後6時の予定なので、とりあえず秋葉原をうろつくことにして移動。昼食をすませて、ロフトに同行する友人と合流。

流石にこの降雪では秋葉原も人影が少なく。ちまちまと買い物をして、早めに今晩の宿となる水道橋のホテルに移動します。

チェックイン。不要な荷物を部屋に残して、新宿へ移動しました。

中央線は特に大きな遅延もなく動いていたようで、新宿には16時前に到着。

ここしばらくはロフトに到着する頃にはある程度列が大きくなっていたのですが、さすがに雪で動きが取りにくいのか、この日は私たちより前に来ていたのは1人だけでした。

2月 4日

上京2日目。

ホテルを9時半頃にチェックアウト。水道橋から地下鉄を乗り継いで小川町のオリンパスプラザへ。

目的は、新たな愛機デジタル一眼レフE-3フォーカシングスクリーン交換。垂直、水平を出しやすい方眼マットに交換してもらおうと思ったのでした。

が、サービスステーションが先週末に受け付けた作業待ちのボディがまだ多く残っており、今受け付けても、引き渡しは夕方になるとのこと(通常は2、3時間待ちでOKだそうです)。

そのため、時間的な制約条件もあり、今回はスクリーン交換を泣く泣く断念したのでした。

本当に2強を脅かすようなメーカになるつもりなら、サービスセンタの数や稼働日(土日祝日はやってないんだよね)なんかも含めて、サービス体制の更なる拡充に努めて欲しいと思う次第であります。

オリンパスプラザを出た後は、地下鉄で秋葉原へ(新宿線に乗って、岩本町駅で下車して歩きました)。

現行のマザーボードが一時不調になったんで、代替を買おうか迷ったのですが、結局今回は見送り。

秋葉原のヨドバシカメラで、マウスとかステップアップリングとか、小物を色々と購入。東京駅から新幹線で帰宅しました。

ここしばらく、ロケットまつりで上京する度に雨になったり雪になったりしているような気が…。次は天候に恵まれると良いのですが…。

2月 6日

軍事
韓国の次期主力戦闘機開発計画、政府機関が計画中止を提言の見通しTechnobahn
F-35がきちんと実用化できそうなら、そちらを買った方が良さそうなのは確かですが…。
航空宇宙・天文
中型ロケット「GX」計画、IHIが見直し要望YOMIURI ONLINE
計画見直しよりも、一度全部を白紙に戻して、LNGエンジンの位置づけを含めて戦略の立て直しをするべきだと思うんですけどねぇ…。
AV
アップル、メモリを32GBに強化した「iPod touch」AV Watch
動画を主体に使うなら、メモリ容量があるに超したことはありませんし。コレなら買って良いかも。

2月 7日

有川浩さんの新作、買ってきました。

  • 単行本:阪急電車(有川浩 幻冬舎)

2月 8日

軍事
F22生産ライン、10年まで継続=総数判断は次期政権時事ドットコム
F-22の追加要求を出して2010年までラインを維持するそうです。F-15の疲労問題もありますし、ある程度の追加生産は必要だと思うのですが。
空母「サンパウロ」4月に復帰 仏パイロット参加で最初の演習計画Sao Paulo
世界でも数少ない正規空母保有国であるブラジルの、空母「サンパウロ」(元、仏空母「フォッシュ」)が現役復帰するそうです。
航空宇宙・天文
スペースシャトル打ち上げ成功、燃料切れ検知器も正常作動YOMIURI ONLINE
打ち上げ成功、まずはおめでとうございます。次回以降は、燃料枯渇センサがきちんと動作すると良いですね。
デジカメ
風景撮影でライブビューがラクチンなことデジカメWatch
可動式液晶、三脚撮りのときもとても便利なんですよねぇ。三脚なら、液晶に拡大表示してじっくりとピントを追い込んでいくこともできますし。
ベルボン、原材料高騰で製品価格値上げデジカメWatch
三脚で有名なベルボンの製品が値上げされるそうです。年度末でもありますし、三脚は長くつきあえるアイテムでもありますから、値上げ前に買ってしまうのも手かと。

2月 10日

所用でお隣の長岡市に出かけたので、同市の大型書店で書籍の買い物。

  • 単行本:妙なる技の乙女たち(小川一水 ポプラ社)
  • 単行本:歴史群像シリーズ 二式大艇と飛行艇(学研)
  • 月刊誌:軍事研究 3月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー社)

小川一水氏の新刊を発見して購入。

軌道エレベータが建設された赤道直下の都市で働く女性たちを描く短編集、らしいです。小川氏らしい、未来社会のディテールの描き込みに期待して読みたいところ。

「二式大艇と飛行艇」は、九七式飛行艇と二式飛行艇を中心に、戦前、戦後も含めた日本飛行艇の通史。南洋民間航空路に就役していた飛行艇に関する記述もあるようなのが楽しみです。

「軍事研究」、興味を引いた記事は巻中の「21世紀の米空軍“次世代航空宇宙戦力” Vol13 練習機戦力&ロシア軍の次世代航空宇宙兵器」。

その記事によると、スホーイの第五世代マルチロール戦闘機は画期的なプラズマ・ステルスを導入するという情報があるんだそうな。イオン化ガスで機体を包み込んで、そのガスとレーダー電波の相互作用で機体を隠蔽するそうだけど、それって何処のミノフスキー粒子…(笑)。あ、最近のガンダムだとGN粒子って言うんですっけ。

某教授のせいかプラズマって単語が出てくると、とたんに胡散臭く思ってしまうのですが、シクヴァルの記事を初めて読んだときも「何だ、この胡散臭い兵器は!」って思ったんだから、一概に否定するのも何ですし。続報が入ってくるのを興味深く待つことにします。

ガンダムと言えば、防衛技術シンポジウムで話題を呼んだ「自衛隊のガンダム」こと、先進個人装備システムの記事も掲載されておりました。コレがいずれ、目標を駆逐したり、狙い撃ったりするようになるのでしょうか? まずは、ヘルメットにV字型のガンダムアンテナを付けることから始めないとね(笑)!

2月 11日

amazonに発注してあった書籍類が到着。

  • コミック:かんなぎ(4)(武梨えり 一迅社)
  • コミック:蒼海訣戰(5)(納都花丸 一迅社)
  • コミック:ツバメしんどろ〜む(8)(茜虎徹 角川書店)
  • 文庫:セサノンの暗黒 リフトウォーサーガ第1部6(レイモンド・E・フィースト 早川書房)

TVアニメ化も決まった「かんなぎ」。4巻で、話もいよいよ核心に近づいてきたようですが、それにしても相変わらず武梨えりさんのセンスは色々と素晴らしい。

単行本恒例の合作ピンナップは高河ゆんさん。ぐはぁ、そうきたか!(笑)って感じです。

「蒼海訣戰」は、5巻目にして主人公とヒロインの邂逅。巻末の4コマは笑えます。八島生徒の萌え属性って何だろう。 ツンデレ?(笑)

2月 13日

軍事
1両7億、陸自が新型戦車MSN産経ニュース
砲塔の幅が広がってるせいもあって、なかなか格好は宜しいと思います。砲塔上に色々とセンサらしいものがついているのが、新世代車両っぽく。調達価格7億円に収まるなら、むしろ諸外国の戦車よりも安いという評論もあるようです。個人的には、アーマーモジュールを外した状態での重量と、装甲着脱にどの程度の手間がかかるかに興味が。ロボットアーム付きの戦車回収車による野戦装甲換装とか妄想すると超燃えです!
航空宇宙・天文
H-IIAロケット14号機 による超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の打上げ延期についてJAXA
ダイヤフラム部分からのヒドラジン漏れ、とのこと。対応には時間がかかるそうですが、春の打ち上げ期間を逃すと半年延期ということになるんでしょうか?
デジカメ
オリンパス、28mmレンズ搭載の防水防塵モデル「μ1030SW」デジカメWatch
28mm相当の広角撮影が可能で、頑丈さは従来機よりもさらに向上しているとか。ただ、背面のボタンレイアウトを見ると、以前にも増して押しにくそうな配置に…。手袋をして操作する場合にも、もう少し配慮がほしいです。ストラップに、スタイラスみたいなのを付けておくという手もあるかも?
オリンパス、世界初の光学20倍ズーム搭載デジカメデジカメWatch
海外では既に発表されていた超高倍率モデルの国内発売日が決定。レンズの鏡胴部にズームリングがあるのは良さそう。広角&手ブレ補正、超望遠可能、高速連写OKってことで、艦艇公開とかに持っていくのにも向いているかも?

2月 15日

軍事
KC-767空中給油機が完成、近く航空自衛隊に納品へTechnobahn
一年遅れでようやく納品となるそうです。
偵察衛星、地球落下前にミサイルで迎撃へMSN産経ニュース
イージス艦のSM-3で破砕するようです。衛星は極軌道を周回してますから、艦を迎撃位置につけるのはそう難しくないだろうし。命中時の相対速度にもよるのだろうけど、キネティック弾頭の命中で大質量(で、おそらく軽構造)の巨大人工衛星がどんな風に破壊されるかは興味深いところです。
デジカメ
ニコン、キヤノンが激突 デジカメ一眼のシェア争い激化asahi.com
二強の前に、オリンパスはまだまだ蚊帳の外ですね。今年中にE-510の改良機や、E-510とE-3の間を埋める中級機を出さないと、ますますシェアを喰われちゃうぞ。
オリンパス「12-60mm F2.8-4 SWD」のAFに不具合、無償修理で対応デジカメWatch
オートフォーカスが不安定になったり、作動しなくなる場合があるそうです。
オリンパスE-3【最終回】最後にいろいろ気になることなどデジカメWatch
電源スイッチの操作系は、私も気になる部分。あとはメディア挿入部のカバーロックとか。これまでのオリンパスの操作系って、この手の回転スイッチは中心軸があって表示と操作用のつまみが同じ側に並んでいたのに、E-3は中心軸を挟んだ反対側に位置するようになってるんですよね。最初の頃はすごく戸惑いましたし、実は私は未だに慣れていません。
遺跡・遺構
碓氷峠・めがね橋に落書き絶えず…世界遺産登録「心配」YOMIURI ONLINE
軽い気持ちでやっちゃう人も多いのだろうけど、貴重な近代化遺産です。先人たちの偉大な功績を、後世の人々にも綺麗に伝えていきたいものです。

2月 19日

各所で既報ですが、ハワイから帰投中のミサイル護衛艦「あたご」が、房総半島沖で漁船と衝突。漁船の乗員の親子2人が行方不明とのこと。

…あ〜。この不祥事続きの時に、また、叩かれそうなことが…。

漁船は見た目FRP製っぽかったので、シークラッタに紛れてレーダー探知できなかったのかもしれません。月は水平線付近に出ていたらしいですし、天候も良かったそうで。見張りの見逃しがあったんでしょうか?

長期に渡る海外での訓練を終えて、まもなく日本に帰投できるということで、気のゆるみがあった…なんて考えたくもありませんが…。

とにかく、行方不明の2人の早期救助を切に願う次第であります。

一方で、昨年末にあった護衛艦「しらね」の火災事故の原因は、どうやらCICに持ち込まれた保冷温庫のようです。

記事を読む限り、防衛省は他の護衛艦(おそらくは「はるな」)から機器を移設して修理する方針だそうで、少しほっとしてはいるのですが…。

それにしても「保冷温庫は缶入り飲料などを冷やしたり温めたりする装置で、中国製のポータブルタイプ」とのことで、やっぱり中国製品は危険ですよ。色んな意味で。

とにかく、不祥事続きの海上自衛隊は、もう一度綱紀粛正を徹底して、国民に信頼される組織として再生して欲しいものです。

軍事
毒物燃料積載の偵察衛星撃墜は21日MSN産経ニュース
撃墜作戦は、現在飛行中のスペースシャトルが帰還した後になるようです。高度約240kmでの迎撃となるそうで、SM-3の最高到達高度は少なくとも240km以上になる訳ですね。艦を衛星の軌道の真下に配備できれば水平方向への移動量を最小にできますから、ミサイル迎撃では少し事情が変わってくるとは思いますが。
デジカメ
リコー、高級感が増した「R8」デジカメWatch
従来モデルよりぐっと高級感が増しましたね。特にブラックモデルはシックで良いなぁ。十字ボタンを廃止してADJキーに機能を集約したそうですが、操作性がどう変わったかは気になるところです。
AV
東芝、HD―DVDから完全撤退へ 補修部品保有8年間asahi.com
パソコン用のドライブが、プレーヤーの2倍の台数が出荷されているというのが以外。ブルーレイをサポートせざるを得ないとは思うのですが、マイクロソフトはどうするんでしょう?

2月 20日

書店で20日売りの雑誌をチェックして、文庫を2冊買ってきました。

  • 文庫:とある飛空士への追憶(犬村小六 小学館)
  • 文庫:フルメタル・パニック!せまるニック・オブ・タイム(賀東招二 富士見書房)

どちらもパラパラと捲ってみただけですが、「とある飛空士への追憶」はちょっと航空機関連の描写で気になる点が。あと、機体の動力が内燃機でないらしいのは残念。詳細は、また読み終えてから。

フルメタ」は、ネット各所でクルツ!クルツ!の声が聞こえてきていたのですが、とある挿絵にぶちあたって衝撃を受けました。これから読む人は、読みながらじゃないとページめくっちゃ駄目だぜ。お兄さんとの約束だ!

軍事
米スパイ衛星の撃墜日決定。イージス巡洋艦『レイク・エリー』が2月21日、迎撃ミサイル『SM3』を発射Japan Aviation & Railway News
レイクエリーが迎撃任務につくようです。SM-3は3発を用意。記事によると、他に2隻の巡洋艦が随伴するようです。
初の空中給油機が到着 空自岐阜基地MSN産経ニュース
一年遅れで到着。二号機も年度内に引き渡される筈です。
デジカメ
オリンパス、「ZUIKO DIGITAL ED 14-35mm F2 SWD」の発売日を決定デジカメWatch
SUPER HIGH GRADEシリーズの超大口径標準ズームレンズ、3月27日に発売決定。ボチボチ、新しいレンズのロードマップも欲しいものです。
AV
東芝、HD DVD事業から撤退。3月末で終息にAV Watch
HD-DVD撤退、正式発表。
ポニーキャニオン、月探査機「かぐや」のHD DVDを発売中止AV Watch
東芝の撤退声明を受けてか、こっちも発売中止。他フォーマットでの発売は未定だそうですが、ブルーレイで出して欲しいですねぇ。

2月 21日

最近、すっかり月に1度(今月なんか、2回だよ!)のハイペースが定着してしまった「ロケットまつり」、3月にもあるそうです。

開催日は3月の16日(日曜日)。会場は、すっかりおなじみになった歌舞伎町のロフトプラスワンで、19時スタート。ゲストは野田司令。

今回は「ロケット爆発まつり!」と称して、ロケットの爆発映像を見ながら、ロケット技術に関して語っていくそうです。ノリとしては「ロケットまつりβ」みたいになるんでしょうか?

今週末の「糸川英夫まつり」も行けるかどうか非常に微妙なんですけど、こう毎月だと流石にスケジュール的にもキツイなぁ…。

軍事
イージス艦事故で欠点露呈 日本の安全保障に試練MSN産経ニュース
ともすればヒステリックとも思えるような自衛隊叩きの記事を連発するマスコミにおいて、自衛隊と日本の安全保障に関して、その問題点を指摘するという点において、これは評価できる記事と思います。
米、衛星を破壊 ハワイ沖から迎撃ミサイル毎日jp
「レイク・エリー」の発射したSM-3が命中したようです。破片の飛散状況などの判明にはまだ数時間かかる模様ですが、まずは迎撃成功は喜ばしいことです。
航空宇宙・天文
米シャトル無事帰還、「コロンバス」設置終えasahi.com
お帰りなさい。相変わらず、打ち上げ段階からトラブルの多いシャトルの飛行ですが、いよいよ次は日本の実験棟です。
「無人機で月着陸を」 宇宙長期計画、文科省が承認asahi.com
世界中がやってるからって、月探査に荷担する必要が本当にあるんでしょうか? 小惑星探査という、世界のどこも確立していない技術を既にもっているというのに、それをさらに伸ばさずにおくのはあまりに勿体ない話です。
きずな:搭載ロケットの燃料漏れは施工不良が原因毎日jp
交換後のタンクは問題なく、打ち上げ予定は23日の夕方になるそうです。

2月 23日

軍事
B─2爆撃機が離陸直後に墜落、初の事故 グアム島基地CNN.co.jp
第一報を聞いた時に、思わず「勿体ない!」と叫んじゃいましたよ。あまりに高価な機体が墜落してしまいました。原因は何だろう? まさか、ジャイロの配線ミスとかじゃないよね?
F─22戦闘機調達の選択肢を確保したいと、豪州国防相CNN.co.jp
オーストラリア的には、ステルスよりも超音速巡航性能が欲しいんでしょうか?
航空宇宙・天文
「H2A」打ち上げ、通信衛星「きずな」切り離しも成功YOMIURI ONLINE
ヒドラジン漏れで一時はどうなることかと心配した打ち上げですが、無事に打ち上げ成功。おめでとうございます。…しかし、問題はこの衛星、実用性があるのかいな、ということで…。

2月 24日

金曜日から大荒れのお天気。土曜日の夜からは吹雪になる有様で、おちおち外出もできません。

仕事と天候次第では、土曜日の朝から横須賀経由でロフトプラスワンの「糸川英夫まつり」に行こうかとも思っていたのですが、どちらも状況が芳しくなく、結局遠出は取りやめ。

3月16日の「ロケット爆発まつり!」は、なんとか出かけたいものであります。

我国でミサイル監視用無人機の開発が進むJapan Aviation & Railway News
計画だと、ウィングスパンが46メートルに達する大型機。グローバルホークより高々度を飛行できるそうです。この手の無人機が完成したとして、運用はどこの空港からやるんでしょう? 空路が混み合っている空域は怖いだろうなぁ…。
土壇場の米空軍次期空中給油機選定。ボーイングVSエアバス・ノースロップ-グラマン連合一歩も引かずJapan Aviation & Railway News
大規模なプロジェクトだけけに、どちらのメーカーも受注合戦が激しさを増しているそうです。これで機体を選定しちゃうと、何十年か使い続けることになるんだろうしねぇ。

2月 25日

会社帰りに書店をチェック。

  • 新書:北方領土奪還作戦2(大石英司 中央公論新社)
  • 月刊誌:アフタヌーン 4月号(講談社)

アフタヌーン、ネタバレすると悪いので内容は書きませんが、今月号は色々と目の離せない展開の作品が多いですぜ。

時事
「石破防衛相・続投」6割が支持、内閣支持率は3割切るMSN産経ニュース
私の周囲でも、真摯に説明を続ける石破大臣を評価する声は多く。色々とご苦労も多いでしょうが、石破氏には防衛省改革を断行して欲しいものです。応援してます!

2月 26日

  • 月刊誌:世界の艦船 4月号(海人社)

特集は「ベールを脱いだ英仏新空母」。

デジカメ
シグマ、「DP1」を3月3日に発売デジカメWatch
デジタル一眼レフと同じサイズのFoveonセンサを使った、単焦点高級コンパクト機の発売日が決定。
コンピュータ
レノボ、1.42kgのSSDモバイルノート「ThinkPad X300」PC Watch
薄くて、軽くて、画面の大きなノートPC。SSDモデルだからってのもあるんだろうけど、流石にお値段高いなぁ…。