Cross Talk

2008年 4月

4月 1日

長いこと、中途半端な運営状態ですいませんでした。一応、本日から正規運営開始としたいと思います。

サイト内の動線に加えて、スタイルシートも全面切り替え。目に痛いぴんくいろが可愛いスタイルを目指しました(笑)。ご感想をお待ちしています。

マリみて」新刊チェックで書店へ。

  • 文庫:マリア様がみてる マーガレットにリボン(今野緒雪 集英社)
  • 単行本:中国的天空 下―沈黙の航空戦史(中山雅洋 大日本絵画)

んでもって、新刊書籍の棚に「中国的天空 下」を見つけて仰天。すっかり、チェックから抜け落ちていましたよ。

いやぁ、たまには本屋にも行ってみるもんですな。

4月 2日

海上自衛隊のサイトに、フランス海軍艦艇の訪日に関するニュースリリースが掲載されました。

4月8日から13日にかけて、フランス海軍の揚陸艦「ミストラル」と、駆逐艦「デュプレックス」が訪日。護衛艦「きりしま」と「はまぎり」がホストシップになるそうで。

「ミストラル」の自動車運搬船みたいな箱形船体は見てみたいけど、寄港地がいつもの晴海埠頭じゃなくて、若洲木材埠頭になっているんで、見に行くとしても場所の選択に困ります。

昔なら、古びた地図帳なんかを片手にウンウン唸るところでしょうが、昨今はインターネット上の地図検索のおかげで、こうした場合の下調べが非常に便利になりました。

場所に目星を付けたら、次は乗り換え検索。フムフム。

時間的には、何とかなりそうです。スケジュールの調整が出来たら、出かけてみようと思います。

参考

ここしばらく受信できなかったメールですが、ようやく本日復旧しました。

どうやら、メールサーバ上に障害を起こすようなタチの悪いメールが居座っていたようで、nPOPでそれとおぼしきメールを削除した後は、スイスイと受信できました。

しかし、一週間以上も落とさなかったサーバ上には、大量のスパムメールが。それを削除するのもひと苦労でした。スパム対策も、ボチボチ本腰を入れないと駄目ですねぇ…。

Web拍手でメッセージを頂きました〜。

  • >ぴんくいろ=ぎゃるちっく、と感じてしまいました(笑)。改装お疲れ様です!

ありがとうございます。1日限定のぴんくいろでしたけど、黒いサイトも楽しんで頂けると幸いです。

軍事
【きょう何の日】フォークランド紛争勃発MSN産経ニュース
あの戦争から、もう四半世紀も過ぎたんですねぇ。出港する英機動部隊のニュース映像を見て、少数のV/STOL機しか持たない英艦隊の先行きに不安を感じながら、続報を待ったことを覚えています。
天文
「かぐやHD映像、なぜネット公開しない」――MIAUがNHKに質問状ITmedia News
パッケージソフトは近く発売されますが、学術振興や公共放送の使命といった視点からすれば、多くの人が無償で映像にアクセス出来る方が望ましい訳で。ところで、「かぐや」の観測開始直後はHDカメラの話題がよく出ましたが、最近はめっきり。撮影は継続してるんでしょうか?
デジカメ
【特別企画】各社の最新ライブビュー機能を検証するデジカメWatch
オリンパスがE-330で先鞭を付けたライブビューですが、ゴミ対策同様各社後追いで採用してきましたね。個人的には、専用撮像素子を使って位相差AFを有効にするα350に興味が。ただ、α350ってメイン撮像素子を使ってのライブビュー(E-330で言うところの、マクロライブビュー)が出来ないんですよねぇ。マクロ撮影時の拡大表示は、非常に便利だったりするのですが。

4月 3日

駅に行く途中で本屋に寄ったら、アンソロ置いてありました。

  • コミック:魔法少女リリカルなのは 公式コミックアンソロジー(1)(アンソロジー 学研)

「StrikerS」限定じゃないんで、ちっちゃい頃のフェイトが見られてちょっと幸せ(笑)。

妙にトーンにモアレの出てる作品が多くて気になりました。判型が小さいせいなのか、それともモアレが出る貼り方をしてる作家さんが多いのか? もっとも、最近はトーンも電子化して作業してる方が多いとは聞きますが。

4月 5日

サイトのリニューアル後、IE6で閲覧した際に、左側コラムに配置した広告や目次が右側本文に被ってしまい、閲覧が困難になるというご指摘を数カ所で頂きました。

このサイトの装飾情報は基本的にCSSで行っています。

問題になったコラム配置はpositionプロパティの値をabsoluteとすることで位置を指定していたのすが、どうも配置の基準を上位のdiv要素として(1)、そのdiv要素にpaddingで空きスペースを作って左側コラムを入れ込むという方法がマズかったようです。

配置の問題はIE7、Opera9.25、Firefox2.0、それにSafari3.1(以上、いずれもWindows XPにて)では発生しなかった為、IE6(あるいはその以前のバージョン)でのみ発生する不具合と思われます。

結局、position:absoluteの基準位置をdiv要素からhtml要素に変更。それにともなう位置指定の数値を多少変更することで対処致しました。

IE7への自動アップデートも始まったのですが、まだまだIE6のユーザの方も多く残っているかと思います。ご迷惑をおかけしました。

1:配置の基準を上位のdiv要素として

クラス名s1を指定したdiv要素に、position:relativeを指定することで、絶対配置を行うさいの基準としていました。

Web拍手でメッセージを頂きました〜。

  • >IE6で閲覧するとアマゾンの広告が本文記事上に表示されて内容が読めません…(汗)

すいません。一応、スタイルシートを手直しして対処しましたが、どうでしょうか?

航空宇宙
小惑星探査機「はやぶさ2」月・惑星探査プログラムグループ
「はやぶさ2」のページが開設されていました! どうやら「はやぶさ2」では、高利得アンテナがパラボラからフェーズドアレイの平面アンテナに変更される模様。極度の重量制限から、アンテナのステアリング機構を持たない「はやぶさ」(というより、日本の惑星探査機全般)ですが、フェーズドアレイの採用で、機体姿勢の制約の緩和が期待できそうです。
ESAの宇宙輸送船「ジュール・ベルヌ」、国際宇宙ステーションにドッキングTechnobahn
欧州の補給船は上手くいっているようです。が、日本の補給船HTVは本体どころか、打ち上げ用のH-ⅡBからして開発中という有様。本当にISSの運用中に、HTVを使う機会があるんでしょうか?
船舶・海洋
南極観測船「しらせ」鉄くず化の危機、引き取り募集を拡大YOMIURI ONLINE
JAMSTECに引き取ってもらって、耐氷構造の海洋観測船として運用してもらうのは駄目ですかね?

4月 6日

Web拍手でメッセージを頂きました〜。

  • >IE6で閲覧可能になりました。遅くなりましたがご報告いたします。

ありがとうございます。表示の乱れでご迷惑をおかけしました。今後も宜しくお願いします。

軍事
露海軍、空母機動部隊5~6個編成へ。ビソォツキー海軍総司令官言明Japan Aviation & Railway News
空母、搭載機、直援艦と建造していくのは、いくら資源輸出でロシアの国庫が潤っているといってもちょっと無理じゃないでしょうか? ロシアの場合は海軍根拠地の地理的な制約もあるし、潜水艦重視でいくべきだと思うのですが…。 逆に、金喰い虫の空母建造に向かってくれることは、日本に取っては良いことかもしれません。

4月 7日

軍事
ABL(空中搭載レーザー攻撃機)の機体予算獲得にボーイング動くJapan Aviation & Railway News
米空軍の空中給油機の受注もエアバスに取られてしまったし、ボーイングにも焦りがあるんでしょうね。
デジカメ
【インタビュー】2008年の戦略を訊く[オリンパス編]デジカメWatch
最近の製品を見ていると、以前にも増してユーザの声を取り上げる重要性を認識しているっぽいオリンパス。2桁型番の中級ボディもそうですけど、そろそろレンズのロードマップも更新して欲しいですね。
その他
F1日本GP運営ミス 観客130人が提訴へ 前半見られず家にも帰れずMSN産経ニュース
今年も運営に失敗すれば、むしろトヨタのイメージ悪化は避けられないでしょうね。実際に去年の日本GPに行った人の話も聞いたけど、かなり杜撰な対応があったようですから。

4月 8日

日々春らしくなっていく今日この頃ですが、ウチの愛車もようやくタイヤをスタッドレスからノーマルに履き替えました。

昨秋まで4シーズンに渡って使っていた夏タイヤはすっかり摩耗しており、おまけに中越沖地震で倒壊した家屋が点在する道路を走り回ったせいか、あちこちに金属片が食い込んでいるという惨状。

これでは流石に遠出するような時に不安ですので、新品のタイヤをおごってみました。

ついでにエンジンオイルも入れ替えて、ドライブシーズンへの備えもバッチリです。5月の連休はどこに行こうかなぁ。

5日の「しらせ」のニュースへのコメントに関連して。メッセージを頂きました。

  • >先日の、ロフトの見学ナイトのJAMSTECの時に、「ぜひ欲しい。でも船を1隻増やすと、別の船を退役させなくては行けなくなるのが難しいところ」というような発言をされていました。

おっと、これは貴重な情報ありがとうございます。

海上自衛隊の基準で行けば老朽化した艦なのだろうけど、手入れの良い日本の艦はもっと使えるという意見もありますし。フネは航行していてこそ格好良いものですし、何とかできるものなら、是非とも使い続けてほしいものです。

軍事
19年度末部隊新改編 詳報朝雲新聞社
やはり気になるのは、大改編された海上自衛隊の艦艇部隊。問題は、戦力的な中核になるべきDDG、DDHに問題を抱えた艦が多いことで…。「あたご」や「しらね」はどうなるんでしょうねぇ?
平成17年度砕氷艦の命名・進水式について海上自衛隊
すでに艦名が判っているので、少々盛り上がりには欠ける気はしますが。
デジカメ
オリンパス、世界最小デジタル一眼レフ「E-420」を17日に発売デジカメWatch
4月17日発売となるそうです。本革ジャケットも同日発売予定とのことです。
オリンパス、「ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」の発売日を決定デジカメWatch
標準パンケーキレンズ、E-420と同時発売が決定しました。ただ残念なことに、専用レンズフードは発売日が5月下旬になるとのことです。

4月 10日

TVアニメも絶賛放映中の「図書館戦争」、レンアイ重視の別冊が発売されました〜。

  • 単行本:別冊 図書館戦争(1)(有川浩 メディアワークス)

「図書館戦争」Webラジオの配信も始まりました。

女子寮パートと、男子寮パートをそれぞれ隔週で配信するという面白い試みも。

今週は女子寮パートで、井上麻里奈さんと沢城みゆきさんがパーソナリティ。こちらの展開も楽しみにしています。

その他
スバル、軽自動車から撤退へ トヨタは出資比率上げ提携強化MSN産経ニュース
スバルの車造りが気になる人間としては、ちょっとフクザツな心境…。この提携は、本当にスバルの良さを向上させることができるんでしょうか?

4月 11日

  • 月刊誌:軍事研究 5月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー社)

5月号の特集は「国産戦車・装甲車&米M1の開発史」。

他に、石川潤一氏によるF-2を有効利用するための精密誘導兵器搭載の検討や、ズムウォルト級駆逐艦、先日の衛星迎撃作戦など、読み応えのある記事が多く掲載されています。

軍事
海自舞鶴から補給艦出港 舞鶴、20日にインド洋へ京都新聞
補給艦「ましゅう」がインド洋に向かうそうです。今回は女性海上自衛官が乗艦しているそうで。姉妹艦の「おうみ」は建造時から女性用居住区が設置されていたと聞いているのですが、「ましゅう」も区画割りを変更したりしたんでしょうか?
航空宇宙
通信衛星「AMC-14」の軌道変更作業が座礁、静止軌道へのトランスファ軌道は特許侵害Technobahn
衛星の軌道にも特許の網がかぶせてあるとは流石アメリカ…。
天文
「満地球の出」の映像初公開 月周回衛星かぐやが撮影MSN産経ニュース
で、その映像はネット公開されるのでしょうか?
その他
眠気と闘うドリンク コーヒー3杯分のカフェインasahi.com
できればお世話になりたくない系統のドリンクですが…。

4月 12日

今晩のムーンライトで上京します。

目当ては訪日を終えて出港するフランス海軍強襲揚陸艦ミストラルの出港と、今日、晴海に帰港した砕氷艦「しらせ」、同じく晴海に停泊中の海上自衛隊練習艦隊の遠洋航海部隊。

時間があれば、相馬原の第12旅団の創立記念行事にも行きたいんですが、さすがにちょっと無理かなぁ…。

船舶・海洋
「しらせ」最後の航海から帰港…引退後スクラップの危機もYOMIURI ONLINE
お疲れ様でした! 大勢の方が出迎えていたようですね。 無事に引取先が決まると良いのですが…。

4月 13日

2008年4月13日、訪日したフランス海軍の強襲揚陸艦「ミストラル」の出港の様子をレポートします。

少々雨に降られましたけど、興味深いフネでした。

「ミストラル」を見送った後は、晴海埠頭に移動して12日に最後の南極航海から帰国した砕氷艦「しらせ」と、来るべき遠洋航海に向けて停泊中の練習艦隊を撮影してきました。

客船ターミナル周辺から「しらせ」を撮影した後、豊洲からお台場に向かう水上バスの船上からの撮影も試みてみました。

豊洲からの水上バスでお台場についた後は、ここまで来たのだからと、船の科学館へ。前に来たときは「二式大艇」があった頃ですから、10年ぶりくらいかも?

初代南極観測船「宗谷」と、青函連絡船「羊蹄丸」の船内を見学。 …なんとなく、函館に行ってみたい衝動がむくむくと。我ながら単純です(笑)。

この後は、水上バスで、今度は日の出桟橋まで戻り、新幹線で帰宅しました。 いやぁ、楽しい一日でした。

4月 15日

とらのあなの「☆開運☆野望神社☆」で、女性限定公開録音の告知が。

公録は5月5日。男性枠も一人分だけあるとのことですが、これに応募するのはかなりの勇者だよなぁ(笑)。

Navel X Lantis インターネットラジオ ねぶらでは、第144回放送が配信開始。ゲストは杉田智和さん!

あの声で、淡々とマニアックなネタを入れてくるトークは爆笑ものです。必聴

軍事
空自[F-4]ファントムの後継機に[F-35]が浮上Japan Aviation & Railway News
記事によると、対地攻撃能力が重視されているようですが、さてどうなることやら。
航空宇宙
日本の宇宙開発の歴史宇宙科学研究本部
「日本の宇宙開発の歴史」が公開されました。ビジュアルもたっぷりで読み応えがありそうです!

4月 17日

アニメイトTVにて「図書館戦争」Webラジオ「関東図書基地 広報課 男子寮」の配信が開始されました!

いやぁ、コレ面白いですわ。パーソナリティが二人とも男性なだけに、オトコ同士の馬鹿話が炸裂。ある意味、すごく居心地(?)の良い空気を醸し出しています。いいわぁ、こういうノリ。

Webラジオを、男子寮、女子寮とパート分けしたのが見事にハマってますね。こういう作り方もアリかと、目から鱗ですよ。「関東図書基地 広報課」、来週からも逃さずチェックしていきたいと思います。

軍事
新「しらせ」が雄姿披露 来年11月デビュー、南極へMSN産経ニュース
並列の2本煙突が特徴的な艦影です。最初の南極航は来年秋の予定です。
ベル・ボーイング、[V-22]オスプレイ機を大量受注Japan Aviation & Railway News
ボーイングもここしばらく大型受注を逃してますし、これで一息つけるんでしょうかね? 個人的な興味は、コイツの輸出がどうなるか。欲しがる国は、まだあまり多くないとは思いますが…。
アニメ・コミック
スカイクロラ:加瀬亮、菊地凛子が主演声優に 谷原章介、栗山千明ら豪華布陣集結毎日jp
声優でイメージの合う人がいなかったらしいのですが…。大丈夫かなぁ…。
キャプテンハーロック:松本零士さん「許諾してない」と困惑 韓国で映画化報道毎日jp
まぁ、韓国だし
コンピュータ・Web
ASUS、第2世代の「Eee PC 900」を正式発表〜Windowsモデルは12GB、Linuxモデルは20GBストレージPC Watch
Windows版の方がメモリ容量が少ないのは何故なんだろう?
その他
ロボットスーツ「HAL」量産化へ 高齢者、障害者の歩行補助に期待MSN産経ニュース
いよいよパワードスーツが実用に向かうようです。軍事用途で使おうとする国もあるんだろうなぁ。
25メートル先から衣服の下を透視可能、高性能カメラ開発CNN.co.jp
赤外線カメラで衣服が透けて見えるという話もありますが、やっぱり透視能力って男の子の永遠の夢ですよ(違)。

4月 18日

軍事
あたご、横須賀を出航 22日に母港・舞鶴にCHUNICHI Web
ようやく母港舞鶴へ。
デジカメ
パナソニック、DMC-L10とZUIKO DIGITALの組み合わせでコントラストAFを可能にデジカメWatch
ファームウェアをアップデートすることで、オリンパスとパナソニックのレンズとボディの組み合わせでコントラストAFを使えるようになります。まずは、互換性に関する課題のひとつをクリアしましたね。次は、ファームウェアのアップデート方法も、改善していってほしいですね。

4月 19日

  • コミック:厳守!きまり学園(仏さんじょ 秋田書店)

ちょっと違う意味でだけど、男気あふれる漫画だ!(笑)

随所に挿入されているマニアックなネタが流石であります。

4月 21日

ソードワールドの新版買ってきた〜。

  • 文庫:ソード・ワールド2.0 ルールブックI(グループSNE 富士見書房)
  • 文庫:ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち(1)(秋田みやび&グループSNE 富士見書房)

ルールブックが横書きだったのには、ちょっと驚きました。確かに、これなら文庫サイズでも読みやすいかも。

それ以上に驚いたのは、ルールや背景世界が思った以上に変更されていたこと。最近は、RPG関連の情報からすっかり遠ざかっていたものですから、ソードワールドの更新に関してもほとんど事前情報を耳にしていなかったもので。

まだページをパラパラとめくっただけですけど、ある意味現代的な方向性に改訂されているみたいですね。とりあえず、リプレイから読んでみようっと。

軍事
海自インド洋給油:交代の2艦が出港毎日jp
再開されたインド洋での対テロ作戦の為、舞鶴から補給艦「ましゅう」が、横須賀からは護衛艦「いかづち」が出港。
海自ヘリが出発YOMIURI ONLINE
カタログデータ上ではヘリ1機搭載の「いかづち」ですが、SH-60系の機体なら2機を格納できます。インド洋に派遣される護衛艦は、冗長性を確保するためにヘリを2機搭載していくのが標準のようですが、着艦拘束装置が1機分しかない艦はご苦労があることでしょうね…。補給艦へのヘリ搭載や、整備支援能力の向上化なども考慮していくべきなのかもしれませんね。
時事
タンカー被弾:日本船にロケット弾、穴開く イエメン沖毎日jp
死傷者がなかったようでなにより。まだ原油搭載前の往路だったようです。
デジカメ
【新製品レビュー】オリンパス「E-420」デジカメWatch
同時発売のパンケーキレンズ、amazonに発注したんだけど、私のところにはいまだに届きません…。19〜21日が到着予定日な筈なんだけどなぁ…。

4月 22日

平成20年度から、海上自衛隊の護衛艦隊が大改編されて、4個護衛隊群(護衛艦8隻と、ヘリコプター8機で編成される、いわゆる八八艦隊)を4隻の直轄旗艦と12個護衛隊で編成する体勢から、護衛艦4隻からなる8個護衛隊を基幹とし、地方配備の護衛隊を加えた新体勢となったのはご存じの通り。

それでも基本的に機動運用される艦艇の数は同じだし、わたしゃてっきり60番台の護衛隊の防空艦を2分して、「こんごう」級を従来の汎用護衛艦3隻編成の護衛隊に、もう1隻の防空艦(「あたご」級か、「はたかぜ」級のDDG)とDDHを汎用護衛艦2隻編成の護衛隊に加える程度の改変かと思いこんでいたですよ。

そんな訳で、CVN65さんの21日の日記を読んで仰天。

そりゃ、これまでも同じ護衛隊群なのに母港が違うという艦がいなかったという訳じゃないけど、ここまでシャッフルされてるとは思いませんでしたよ。

そんな訳で、早速検索してみたところ、日米国防組織情報さんの、自衛艦隊の編成表を拝見。

うわぁ。司令部がある基地と、艦の母港が見事にバラバラですよ…。 専門誌なんかを読んでると、フォースプロバイダーと、フォースユーザーなんて単語も出てくるし、艦隊再編に関する専門誌での解説が待ち遠しいところです。

航空宇宙
NASAが3000億円超で輸送業者を公募、ただし配送先は国際宇宙ステーションTechnobahn
いよいよ民間宇宙輸送時代が到来するのでしょうか? 軌道船はともかく、打ち上げ機の開発は大変そうだよなぁ…。
デジカメ
Western Digital、10,000rpmで容量300GBの「VelociRaptor」PC Watch
新Raptorキタ! HDD本体は2.5インチってことですから、上手く冷却できるなら大型のノートパソコンへの搭載も期待できるんでしょうか?
その他
風船飛行記録に挑戦の神父が行方不明 ブラジルCNN.co.jp
風船飛行ってのは、のんびりとしたイメージとはほど遠い、危険な冒険ですな。それにしても「神父は約6000メートルまで上昇した」ってのは、酸素を持って行っていたのでしょうか? 無酸素で到達する高度としては、いささか高すぎるような気もするのですが。

4月 24日

ついに大団円です。

  • コミック:エマ(10)(森薫 エンターブレイン)

それにしても、森さんの描くキャラって、それぞれが色んな面で可愛らしい人たちばかりです。

照れるエマさんとか、正反対に見えて妙に噛み合ってるアデーレとマリアとか、クールに見えて妙に熱い一面を持っているアーサーとか。

そしてもちろん、オールスターキャストで怒濤の盛り上がりを見せる最終話。爽快な読後感をもたらす最後のページまで存分に楽しめます。

航空宇宙
今月19日に帰還したソユーズ宇宙船、帰還カプセルは「弾道飛行モード」で再突入していたTechnobahn
通常の再突入コースではなく、緊急時に使用されるモードに自動的に設定されてしまったようです。それでもなお、分解することなく無事に地上に到達できたところが、カプセル型宇宙船の冗長性と高さと言えますね。スペースシャトル・オービターみたいな有翼機じゃこうはいきませんよ。
AV
「アナログ」という字幕を出す前にASCII.jp
結局、権益を守ろうとする人々が、そうすることでかえって自分の首をしめているということなんでしょうね。

4月 25日

最近、アフタヌーンが面白くっていいぞ。

  • 月刊誌:アフタヌーン 6月号(講談社)

おお振り」、三橋が阿部と良い雰囲気になってきましたねぇ。満開笑顔を見せたり。腐○子の皆様は大喜びでありましょう(苦笑)。

あと、以前から篠岡にちまちまと声をかけていた水谷君に、いよいよそれっぽい気配が濃厚になってきたことでしょうか? 大丈夫かク○レフト(笑)。

「しおんの王」ついに完結。惨劇の真実が明らかになった後の、妙にほのぼのとした最終話でした。

「宙のまにまに」、新入部員登場で天文部存続決定。「おしえて小夜センパイ!」の連載希望の投書をしようと誓った25日の夜。眼鏡も白衣も良く似合ってますよ〜!

航空宇宙
金星へ「相乗り」いかが?衛星を公募YOMIURI ONLINE
相乗り衛星のサイズだと、十分な推進剤や、高い能力のアンテナを搭載できるんでしょうか? 金星をフライパスして観測したり、惑星間空間用の探査機という選択肢の方がメインになるのかな?
その他
アキバの路上で「下着撮影会」、30歳自称グラドル逮捕asahi.com
ここしばらくアキバをお騒がせしていた痴女タイホ。

4月 27日

ここ何年か、ゴールデンウィークは関西、中国地方に出かけていましたけど、今年は一週間ほど、東北、北海道を旅してきます。

思った以上に桜前線の北上が速いみたいで、青森の桜は残念ながら盛りを過ぎてしまったみたいですけど、北海道では追いつけるかな? では、行ってきます!

道中、新潟市のヨドバシカメラに立ち寄って、オリンパスのパンケーキレンズを購入。

  • レンズ:ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8(オリンパス)
  • フィルタ:MCプロテクター 43mm(ケンコー)

出発前にヨドバシのWebページから店頭在庫を見たら、新潟店が在庫ありになってましたし。amazonの方は出発前にキャンセルにしてしまいました。

サイズが小さいせいか、マウント部分の寸法の問題か、ボディへの取り付けが少々キツイ感じ。

レンズキャップがネジ式の為、スナップなどで使うには即応性に問題がありそうで、私の場合は収納時以外はプロテクタのみでキャップなしで運用しようと考えています。

当初の旅程では、新潟市から青森に至るルートを2通り考えていました。

ひとつはそのまま日本海沿いに北上し、秋田の道川海岸で日本ロケット発祥の地を見るルート。

もうひとつは、福島方面へ抜けて東北自動車道に乗り、岩手で太平洋側に抜けて八戸、三沢と辿るルート。

旅行前半は宿も決めずに車中泊で移動するつもりだったんで、ルートをどうするかは新潟に至るまで決めていなかったんですが、結局選んだのは後者。会津若松のソースかつ丼が食べたくなったんですよぉ。

そんな訳で、会津若松市内でガッチリと夕食を食べると、再び新潟と福島を結ぶ磐越自動車道へ。郡山ジャンクションに至ると東北自動車道へと転進。そのまま北上します。

翌日のことを考えるとできるだけ今日のうちに距離を稼いでおきたかったので、宮城県まで移動して、蔵王PAで仮眠を取りました。

私の愛車は、ホンダの初代ストリーム(MC後モデル)の2リッター4WDなのですが、2列目と3列目の座席を倒すことで、175cm弱の私が脚を伸ばして横になれるだけの荷室長を稼ぐことができます。

2列目と3列目の間で5cmほどの段差ができますが、私の場合はホームセンターで買ってきたスノコを入れて、上からエアマットを敷くことで解消しています。あと、ストリームで車中泊するときの小技として、2列目座席のヘッドレストの向きを前後逆にする、というものがあります。ヘッドレスト部分が平坦になって、寝心地が随分と違います。お試しあれ。

窓には、目隠し兼、保温、防音用にガラスの形に切り出したレジャーマットを挿入。寝袋を拡げれば車中泊形態です。では、おやすみなさ〜い。

4月 28日

高速道路に隣接して設置された蔵王PAで仮眠から目覚めたのが朝の6時半頃。ひっきりなしに通過する大型トラックの走行音で、あまり眠った気にならず…。

こんなことなら、もう少し大規模なサービスエリア(必然的に、道路から離れた所に停めることができる)で仮眠すればよかったとは思ったのですが、まぁ、極端な睡眠不足という感じでもなし、昨日、福島市内のコンビニで買っておいたパンとパスタサラダで朝食を済ませ、自販機の熱い缶コーヒーを飲むと眼も覚めてきました。

引き続き東北自動車道を北上します。

せっかく仙台まで来たんで、おやつに牛タン串食べてみたり。

道中休憩を挟みながら、お昼前には岩手県の松尾八幡平インターで高速を降ります。

目指すは松尾鉱山の廃墟群です。

松尾八幡平インターで高速道路を降りると、八幡平アスピーテラインを目指します。

空は薄曇りで少々肌寒い感じ。道はつづら折りになって、急角度で山を駆け上っていきます、が…。

ん? なんかシェルター脇の看板に書いてあるような…。

樹海ライン アスピーテライン全面通行止め

…あ〜、4月下旬まで冬季通行止めとは聞いていたけど、まだ全通してないんですね。そういえば、路肩にも少々残雪がありますし、除雪が終わっていない区間もあるんでしょう。

いきなりピンチか? 果たして、松尾鉱山への訪問はなるんでしょうか?

松尾鉱山を訪問した後は、岩泉町の観光鍾乳洞である龍泉洞を目指しました。

それにしても岩手は奥深さを感じる地方です。面積の広さもあるし、山深い地形もあるでしょう。しかし、それだけでなく、そこに息づく人々の営みと歴史に奥深さを感じるのです。

山間部に点在する小さな集落は生活感にあふれ、道を尋ねたおばちゃんも人情豊か。そして、点々と存在する鉱山や廃墟。

岩泉町に向かう道中では、道路と併走するJR岩泉線が。地形の厳しい山間部ということで、隧道や橋梁を連続させる線形は平行する道路からも十分に伺うことができます。…これは、車窓から見ても楽しそうだなぁ…。

そんなこんなで、午後3時半頃に龍泉洞に到着。いやぁ、岩手は広いです…。

龍泉洞を楽しんだ後は太平洋側へ抜けます。

県道44号線は、災害による路線変更でもあったのか、旧道とおぼしき廃棄された道路を横目に見ながらの走行となりました。時間と光量不足で写真を撮れなかったのが残念。

朝から長距離走行だったんで、そろそろ燃料が乏しくなってきたのですが、まぁ八戸までは保つだろうということで今日中の給油は見送り。

国道45号線に出ると、そのまま太平洋沿いに北上。道の駅のだで休憩することにしました。

ちょっと変わった配置の道の駅だと思ったら、どうも三陸鉄道の駅と併設されているようです。鉄の駅兼、道の駅って訳ですね。ストリームの車内を再び車中泊モードに変更して、お休みです。

4月 29日

三沢基地で複座のファイティングファルコンの高機動飛行が。岩国のリハか? そして、大湊基地見物。

4月 30日

ウェーブピアサーの高速フェリー、「ナッチャンRera」に乗船して北海道へ。五稜郭の桜も散り始めていました。そして、函館山からの夜景は綺麗ですね。