Cross Talk

2008年 10月

10月 1日

マリみて」新刊買ってきた。

  • 文庫:マリア様がみてる 卒業前小景(今野緒雪 集英社)

いよいよ現三年生も卒業式目前ということで、今回は短編集となっているようです。それにしても引っ張るなぁ(笑)。

軍事
最後の木造掃海艇が進水/横浜カナロコ
大石英司の代替空港経由。いよいよ掃海艇のFRPへの切り替えが始まるということで、最後の木造掃海艇が進水しました。船大工の方も高齢化されているとのこと。本当に長い間ご苦労様でした。
デジカメ
初のマイクロフォーサーズ機を試す──LUMIX DMC-G1ASCII.jp
発表直後は否定的な内容の反応が目立ったG1ですが、現物に触った人からは以外と好意的な意見が出てくるようです。これは、機会があったら実物に触ってみないといけないねぇ。
コンピュータ・Web
バッファロー製の高速SSD登場 60GB/120GB最安級でHDD移行ソフト付きAKIBA PC Hotline!
インテルのSSDも発表されましたし、用途によっては、HDDからSSDへの移行の流れが本格化しそうですね。

10月 2日

コンピュータ・Web
バッファローのSSD「SHD-NSUM120G」速報レビューPC Watch
お値段が安い割には、性能もそこそこで、USBコネクタや添付ソフトで使い勝手も良さそうです。コレを起動ドライブにして、データドライブに大容量のHDDを組み合わせるのはどうだろう…?
その他
窃盗容疑で逮捕発表の「少年」、実は「少女」だった…長野YOMIURI ONLINE
17歳ともなれば、体型で判りそうなものですが…。痩せていたのかなぁ?

10月 3日

中国の有人宇宙船、神舟7号の船外活動で気泡のように見えるものが画面に映り込んでいることで、捏造された映像ではないかと騒がれているようです。

日本国内だけじゃなくて、中国でも騒がれているのか。

ニコニコ動画とかで騒がれ始めたときに私も動画を見てみましたが、中国国旗の挙動(1)や、「泡」とされている物体がハッチや飛行士を中心に放射状に飛翔している(2)ように見える点から、水中撮影の可能性は低いと思いました。

むしろ最初は、泡よりもカメラのレンズのゴースト(3)を疑ったくらい。もっとも、「泡」の動きや、ゴーストを発生させる光源が想定できなかったことから、それは無いなと思い至りましたが。

神舟7号の船外活動の映像の検証に関しては、松浦晋也氏がBlogで一喝。いろいろと捏造支持者が釣れたようで、その疑問に対する検証が続けられています。

エントリの本文やコメントを読んでいけば判るように、これらの一連の映像に関して言えば「捏造とは考えにくい」と判断できる材料が十分に集まっていると思えます。

なんで捏造とか信じ込むのかなぁ。旗の挙動なんて、明らかに空気中の動きとは違うのは一目見て判るけど、水中での挙動と、真空プラス無重力の空間での挙動を想定すれば、どちらがより自然かは容易に判断がつくと思うのですが…。

1:中国国旗の挙動

国旗を振っているときに、旗竿を中心に旗が半円を描くようにぐるりと回り込む。水や空気などの流体中だと、旗が抵抗を受けるのでこうした動きはしない。

周囲に流体がなければ「泡」は生じないので水中撮影という意見は否定される。

「空気が無いのに旗がはためいている」とか言い出しそうな人もいるけど、質量を持つ物体には慣性が働くのだから、旗を動かせば当然はためきます。

2:「泡」とされている物体がハッチや飛行士を中心に放射状に飛翔している

水中撮影なら、それぞれの「泡」が平行に移動する筈。

実はこの映像を上方から撮影していたとするならば、パースペクティブの影響で平行に移動しているように見えていない可能性もありますが、遠ざかっていくように見える「泡」もありますから…。

3:ゴースト

カメラのレンズを構成する光学ガラスは光を屈折させますが、全ての光がレンズを透過する訳ではなく、一部の光はレンズ表面で反射してしまいます。

カメラのレンズは、複数枚のレンズの組み合わせですから、内部で反射した光が別のレンズで像を結んで画像や映像に映り込むことがあります。これがゴースト。強い光源があると発生しやすいことから、逆光時などによく見られます。

Technobahnの記事に使われていたジェミニ4号の船外活動の映像だと、1分20秒から1分24秒にかけてのあたりで典型的なゴーストが映っています。

amazonで在庫ありになっていたので、思わず発注かけてしまいました。

  • 単行本:LO画集 TAKAMICHI LOVE WORKS(たかみち 茜新社)

光を巧みに取り入れることで、非常に印象的な絵が多くあります。レイアウトも凝ったものが多いし、イラストとしても、雑誌の表紙としても見応えのある内容です。オススメ。

コンピュータ・Web
三菱化学、3.5インチフロッピーの販売を終了PC Watch
来年3月をもって販売を終了するとのこと。これも時代ですねぇ…。私がコンピュータを身近に見るようになった時代は、「フロッピーは3.5インチか、それとも5.25インチを選ぶか」などという時代でした…。当時は3.5インチのディスクは高価だったんで、5インチのモデルを選ぶ人も少なくありませんでした。

10月 4日

横浜で行われる国際航空宇宙展を見物に関東圏に出かけました。

新潟からの夜行快速「ムーンライトえちご」を使ったので、新宿に着いたのが早朝。そこから山手線、横須賀線を乗り継いで横浜に着きましたが、航空宇宙展の開始まではまだまだ時間があります。

せっかくなので、磯子まで出かけてIHIマリンユナイテッドの工場をウォッチしてくることにしました。

横浜駅のコインロッカーに荷物を預けてJR根岸線で磯子まで移動、駅からはバス移動となります。ここは春にも一度来ていますので、比較的スムーズに移動することができました。

朝の通勤時間帯ということでバスの乗車率はかなり高かったのですが、何とか座れたのは幸運。昨夜は電車で小一時間ほどウトウトしただけですし、航空宇宙展でも動き回らないといけない訳ですから、体力は温存しておくに越したことはありません。

海釣り施設前でバスを降りると、IHI工場方向を望みます。

就役を間近に控えた新鋭ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」は、工場の奥に停泊していました。

そのため、見られたのは艦橋構造物のみ。特徴的な空母型の船体は見ることができませんでした。

昨年末に火災を起こしてCICを全焼したヘリコプター搭載護衛艦「しらね」。

艦橋周りに足場が組まれていました。「ひゅうが」と入れ替えで退役予定の「はるな」の機器を移植するという話も聞きますが…。

「はたかぜ」型ミサイル護衛艦。

艦番号を視認できなかったのですが、「しまかぜ」は舞鶴でロシア海軍との共同訓練中の筈ですから、ネームシップの「はたかぜ」だと思われます。

艦橋全体に足場が組まれ、よく見るとミサイルランチャも部品の一部を取り外されているようです。

浮きドックに入っていたミサイル護衛艦「きりしま」。

砲やフェーズドアレイレーダーにはビニールのカバーが被せられ、かなり大規模な点検、修理を行っているように見受けられます。

さすがに横須賀基地近くの工場だけあって、横須賀を定係港にする艦が多数見られました。

「ひゅうが」をほとんど見られなかったのは残念ですが、あと半年もしないうちに就役予定。そうしたら見られる機会も多くあるでしょうし。

10月 6日

土曜日から出かけていた関東方面から、帰宅しました。

国際航空宇宙展と、陸上自衛隊の第36回木更津航空祭。それに、赤煉瓦倉庫でのオクトーバーフェスト2008を楽しんできました。

今日はまだ疲れが抜けないので、明日以降に順次内容について触れていきたいと思います。

軍事
急病で洋上給油の指揮官交代MSN産経ニュース
インド洋派遣部隊の指揮を執っていた第7護衛隊司令、中村雅樹1等海佐が急病の為に交代したとのこと。長期間に渡る派遣は激務でしょうしねぇ…。
アニメ・コミック
第2の衝撃来たる! 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、2009年初夏に全国公開マイコミジャーナル
公開は少し延びて来年初夏とのこと。ポスターには新キャラ(最近の流行を反映してか、タイツ少女だ)も描かれたりして、公開が待ち遠しいです。

10月 7日

軍事
平成17年度潜水艦の命名・進水式について海上自衛隊
そうりゅう」型潜水艦の二番艦がいよいよ進水します。艦名は何だろう?「りゅう」で脚韻を踏むとなると、いくつか候補になりそうな単語がありますが、私は「かいりゅう」を予想しておきます。
船舶・海洋
180億円の“超セレブ姉妹船”決まらぬ“嫁ぎ先”ZAKZAK
泡沫の日々経由。ウェーブピアサー姉妹にTSL小笠原を海上自衛隊でひとまとめにして、第二輸送隊とか駄目ですかねぇ。駄目でしょうねぇ(泣)。
コンピュータ・Web
転送速度はHDDの20倍、今までの常識を覆す速度のSSDが登場へGIGAZINE
今回、秋葉原に寄ったときに、SHD-NSUM30Gを買おうかどうか悩んだのですが、しばらくはPCを弄る時間が取れそうにないので購入は見送ったのですよ。SSDの性能は日進月歩で向上しそうだし。

10月 9日

書店でコミック版「A君(17)の戦争」最新刊を買ってきました〜。

  • コミック:A君(17)の戦争−I.THE TYCOON?−2(画:松本規之 角川書店)

2巻からは本格的戦争コミックに。魔王軍主力の殲滅を狙うランバルト軍との大会戦が描かれます。

戦闘シーンも迫力の描写です。松本さんすごいなぁ。

まんが王倶楽部の新刊情報をチェックしていたら、11月のガガガ文庫から水無神知宏氏が久々に小説の新作を発表するとのこと。

タイトルは「Guns for Nosferatus(1) 此よりは荒野」。(1)って銘打ってあるって事は複数巻での刊行が予定されているってことですね。

どっちかというと、ノベルゲームのシナリオライターとして知られている氏ですが、その昔、富士見ファンタジア文庫から「装甲戦闘猟兵の哀歌」(遊演体ネットゲーム「鋼鉄の虹」のノベライズ)を刊行されていました。

ゲームシナリオでも流麗な文体を高く評価されることが多い人ですが、小説でもその腕をふるってくれることでしょう。いやぁ、今から11月が楽しみだわ〜。

軍事
南極観測船しらせ:「売却困難」でスクラップ濃厚 検討委毎日jp
大石英司の代替空港経由。どうやら残念な結果に終わりそうな感じです。船は浮かべておくだけでも結構な維持費がかかるでしょうしね。その分、「宗谷」や「ふじ」は末永く保存してほしいものですが…。

10月 10日

5年あまり愛用してきたトレッキングシューズ。ソールも摩滅してきていたんですが、とうとう今年に入って剥離し始めちゃいました。

とても気に入っていた靴だったんですが、さすがにもう限界だろうということでリプレースしました。

  • トレッキングシューズ:J86901 MOAB MID GORE-TEX XCR(MERRELL)

ミッドカットで、ゴアテックスを使っていて、なるべく軽いモデルが欲しかったんで、幾つか店を回って比較検討して、結局コレに落ち着きました。

靴屋の次は書店へ。まだ「軍事研究」は入荷していませんでしたので、「REX」買ってきました。

  • 月刊誌:コミックREX 11月号(一迅社)

アニメイトTVにて、「鉄のラジオバレル」の本放送第一回の配信が始まりました。

…しかし、トークの内容はというと、能登麻美子さんのコスプレネタだとか、柿原徹也さんの変態ネタだとかばかりで、ほとんど「ラインバレル」の話をしてないような…。いえ、僕も能登さんのナース服を見てみたいクチではありますが。いいぞ、もっとやれ(笑)。

航空宇宙
M5ロケット:「実物」展示 あすから神奈川・相模原のJAXAで毎日jp
改良したコストダウン型のプランも出されていたようですが、実現しなかったのは残念です。機会があれば是非とも見に行きたいものです。

10月 11日

「軍事研究」買ってきた〜。

  • 月刊誌:軍事研究 11月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー社)

石川潤一氏の欧州戦闘機の記事は、日本でもファンの多いサーブ社のグリペン。

F-15なんか、サイドワインダー対空ミサイルを搭載していてもあまり目立ちませんが、グリペンだとエラく大型のミサイルに見えます。やっぱり、小さい機体ですねぇ。

マルチロール化が進む戦闘機にあって、グリペンは機体サイズからくる限界に阻まれているようで、改良型のグリペンNGでは、エンジンを強化した上で、センターパイロンを廃止して胴体下に2基の並列パイロンを設けてハードポイントを増やすように計画されているそうです。

連載記事「湾岸戦争大戦車戦」では、米第七軍団の塹壕突破作戦。

周到な準備と訓練、圧倒的な火力と衝力での突破をはかる米軍。やっぱり、戦争に強い軍隊ってのはこういうモンなんだろうねぇ。…それにしても、歩兵戦闘車の火力支援の元、装甲戦闘ドーザーで、塹壕ごと敵兵を埋めていくという戦術は随分とエグい…。

時事
三浦和義元社長が自殺 ロス疑惑銃撃事件MSN産経ニュース
ロス市警の大失態。これで、事件の真相は永遠に葬り去られることになってしまいましたね…。

10月 13日

モタモタしているうちにamazonが在庫切れになっちゃったんで、隣町の書店まで出かけてきました。

  • 単行本:地獄少女イラストレーションズ 鏡花水月(一迅社)

閻魔あいの無機質な表情が背徳的な香りを漂わせてくれる画集です。

着物やセーラー服から覗くとか、とか、首筋とか、とか、太股とか。

時事
「ゼリーのみ規制…モチはいいのか?」→野田聖子氏「モチは喉に詰まるものというのが常識」…消費者庁構想に暗い影痛いニュース(ノ∀`)
ある種の団体からの票を得たい議員による売名行為、と勘ぐられても仕方ないようなヒステリックとも言える対応ですよね。すでに危険性に関する表示もありますし、それを無視して子供に危険性があるとされる食品を与えた者の責任を、まずは問うべきでしょう。
その他
巫女ラジCD第九弾『☆開運☆野望神社☆ on CD 〜幸せのカタチ〜』鋭意製作準備中!WEBラジオ『☆開運☆野望神社☆』
新禄番組は結婚式だそうです(笑)。新郎新婦はパーソナリティ二人として、CDでは毎度お馴染みの巫女見習いの人はどうなるんでしょうか?

10月 14日

軍事
海自隊員死亡 15人対戦の半ばで棒立ち、それでも続行asahi.com
海上自衛隊は転勤を控えての「はなむけ」の訓練と説明しているそうですが、いかにも疑惑を呼びそうな状況での事故だけに、批判されてもやむを得ない面があります。伝統墨守の海軍サンとは言え、世間の常識とはあまりに乖離した行為は変えていくべきでしょう。
時事
カリフォルニア州、ロス山火事で非常事態宣言CNN.co.jp
燃えさかる炎を背景に連なるヘッドライトの光は、まるで映画のワンシーンのよう。西海岸の山火事は、一度おきると手の施しようがないと聞きますが、記事の写真からも、その凄まじさが伝わってきます。
コンピュータ・Web
Microsoft、次期クライアントOSの正式名称を「Windows 7」に決定PC Watch
通称は「セブン」になるのでしょうね。コレがモノになるなら、ウチはXPからVistaを飛び越えて乗り替えることになりそう。
その他
阪神・岡田監督、辞任決まる オーナーの慰留固辞asahi.com
確かに今シーズン後半で阪神が失速したのは事実だけど、岡田監督はよくやったと思います。ナインはせめてクライマックスシリーズで奮起して欲しいですね。
オリンパス、「カプセル内視鏡」販売 検査後、排出asahi.com
税込み8万9250円と思ったより安価。画像は無線で外部のストレージに送信するようですが、こうした技術をデジタル一眼レフにも活かして欲しいですね。

10月 15日

軍事
海自の潜水艦「うんりゅう」進水式MSN産経ニュース
「そうりゅう」級潜水艦の2番艦が進水。「うんりゅう」とか、「ひりゅう」とか、飛ぶことに関連する名前は避けてくるかとも思ったのですが、海自はその辺は特に拘らないようですね。っつーか、拘っていたら艦名が足りなくなりそうだもんなぁ。
航空宇宙
温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)の愛称募集結果についてJAXA
愛称は「いぶき」に決定。打ち上げは今年度の冬の予定です。
デジカメ
フォーサーズ3社、「レンズアップデート共同サービス」を開始デジカメWatch
やはりユニバーサルマウントたるフォーサーズはこうでなくちゃ! 特に、レンズ内手ブレ補正を備えるパナソニックのレンズは、ボディ内補正機能を持たない初期のオリンパスボディや、E-400番台の軽量ボディには扱いやすいでしょうし、このサービスを待っていた人も少なくないと思います。

10月 16日

突然ですが、クルマ買いました。

前のクルマの下取り価格や、今後の維持費等を考えた結果、そろそろ入れ替えても良いんじゃないかという結論に達しまして。

今度もホンダ車。大空間ミニバンとして長く売れているステップワゴンです。

色々装備が追加されている特別仕様車のスマートスタイルエディションで、7人乗りのキャプテンシート仕様。これは、後部の座席を全て畳んでカーゴスペースにした場合、8人乗り仕様だと前席からの直接アクセスができなくなるため。

車中泊時には、2列目の隙間を埋めることを考えなくてはいけませんが、2人までならシートの段差をどうにかするだけで、快適に過ごせそうです。

ナビはSSD仕様。我が家の初SSDは、パソコンではなくて、カーナビからの導入となりました。少し動かしてみましたが、さすがに速さはDVDナビの比じゃありませんね。

これからゆっくり、車内の装備を調えていこうと思います。色々と遊べる余地が多そうなクルマなので、楽しみです。

軍事
米原潜「オハイオ」横須賀基地へ 過去最大クラスの寄港asahi.com
文字通りの超大物が横須賀に寄港中です! 冷戦期は多数の核弾道ミサイルを搭載して大洋を遊弋し、その後の戦略核兵器の削減などに伴って、多数の巡航ミサイルを搭載。場合によっては特殊部隊のプラットフォームとして運用される巨大原子力潜水艦が横須賀に! これは、見たい! 思わず、日曜日のスケジュールをあれこれ考えてしまいました。
航空宇宙
シャトル退役に向け、米で追加飛行求める法律が成立YOMIURI ONLINE
追加飛行というのは大変結構な話ではあるのですが、そのためには予算の追加が必要な訳で…。 すでに飛行の停止を見込んで生産を止めている部品もあると聞くし、大丈夫なんでしょうか?
デジカメ
インプレス、アルティザン&アーティストとの共同開発ストラップ第2弾デジカメWatch
第一弾はなかなか好評だったようで、重量の大きなデジタル一眼レフでも対応可能と思われる第二弾が出るようです。比較的シンプルなデザインがお洒落ですよね。
自動車
ホンダが4代目の「オデッセイ」 燃費を改善NIKKEI NET
今日、クルマを受け取りにディーラーに行ったときに展示車を見せてもらいました! さらに低くなったシルエットは、ミニバンというより、まるでステーションワゴンのよう。インパネはかなりゴツゴツしたデザインで、好みが分かれそうです。個人的に気に入ったのは、独特の触感のシートの表皮。ただ、車体価格がかなり上がったのは問題。ヒットするかと言われると、ちょっと微妙な気が…。
コンピュータ・Web
Intel、SLC採用のエンタープライズ向け高速SSDPC Watch
容量あたり単価は流石に高いですが、普及に伴って下がってくることに期待です。

10月 17日

軍事
海賊対策に自衛隊 首相、ソマリア沖派遣に新法検討asahi.com
インド洋派遣で手一杯の補給艦派遣は論外として、護衛艦を派遣しての海賊対策でも、複数のヘリを搭載できて、そこそこの銃砲火力がある艦が必要でしょうけど、艦載ヘリのローテーション、定数を増やさないとキツくならないですかねぇ?
長崎沖に中国の新型軍艦MSN産経ニュース
上部構造物や、マストの形状など、ステルス対策も意識されていることが判ります。中国海軍、決して侮ってはなりませんね。
時事
「振り込め」撲滅月間なのに…警官の目前で被害16件YOMIURI ONLINE
例えば、身内がトラブルに巻き込まれたと信じ込まされた高齢者が、そのトラブルを第三者に話すことを「恥」と思うことはある訳ですよね。ましてや、事件がらみとなると、警察官相手には話しにくいというシチュエーションも想定できるでしょう。「声かけ」は必ずしも有効な対策にはならないと考えるべきです。
野田担当相、四苦八苦 「インゲン」で存在感なし 「マルチ」が追い打ちMSN産経ニュース
蒟蒻入りゼリーの事故後の対応でも、必ずしも世論の共感を得られた訳じゃない(むしろ、反感を買った気もします)ですし、健全な消費者保護とは何か、もう一度考えてみた方が良いんじゃないでしょうかね? 参考:製造中止「蒟蒻畑」に同情1万人…ネットに反対の声
自動車
ドキッ! ミクだらけの痛車集会!(ポロリなし)ASCII.jp
絶句しちゃうような高級車から、庶民の足まで。なかなか壮観です。 あ、ウチのクルマは痛車にする予定はありません。念のため(笑)。

10月 19日

クルマ用品を買い込みに、お出かけ。

  • ハロゲンバルブ:エクストリームホワイト(PIAA)
  • ハロゲンバルブ:プラズマイオンイエロー(PIAA)
  • LEDランプ:XR-01(IPF)×2

あとは、サンバイザーにティッシュボックスを固定するホルダとか、小物をちらちらと。数年ぶりにカー用品店を巡回しましたが、灯火類は随分とLEDが増えましたねぇ。

特に、ルームランプ用に基盤上に多数のLEDをレイアウトしたタイプは随分と明るくて好感触。ステップワゴンのルームランプ部のサイズを測ってなかったので、こっちは後日購入ということにして、マップランプ用のLEDバルブだけ購入しました。車幅灯は旧車から流用します。

ヘッドライトは、ロービームは純正でHIDが搭載されているので、ハイビームとフォグランプのハロゲンバルブを購入。

色温度4150Kで、HIDに近い白色の「エクストリームホワイト」はハイビーム用。2500Kの「プラズマイオンイエロー」はフォグランプ用に取り付け。

フォグランプをHIDに換えてる人も多いですけど、ウチのあたりは、発熱の少ないバルブだと雪の夜なんかは、ランプカバーの前面に雪が凍り付いて光が通らないなどということもありまして。ロービームはともかく、フォグはハロゲンの方が実用性があるものと考えています。

全灯同時点灯だと、こんな感じに。とりあえず、十分ですね。

クルマ部品を買ったついでに、書店によって雑誌類のチェック。

新刊ノベルスの棚を見たら、朝日ノベルスの10月新刊、もう並んでるじゃないか! 21日発売って聞いていたので、直前にamazonで発注してしまっていましたよ…。

何はともあれ、岩本隆雄氏の超久しぶりの新刊と、笹本祐一氏の新シリーズ、どちらも良さそうな感じです。

軍事
アフガンに自衛隊ヘリを、米が日本に派遣を打診YOMIURI ONLINE
しばらくは国内の政治状況を理由に逃げられそうだけど、選挙が終わったあとは本格的に要求が来そうですね。防衛省は、この時間を有効に使って、せめて下準備を進めて欲しいものですが…。
米国政府、空母・潜水艦以外の海軍艦船にも原子力機関を搭載へTechnobahn
建造コストは増加するけど、運用費用の低減でペイできるという目論見。水上戦闘艦はともかく、大型の揚陸艦なんかは核動力が検討されそうですね。巡航速力の高速化が達成できれば、運用の幅も広がるかもしれませんし。
航空宇宙
NASA、ハッブル宇宙望遠鏡の機能回復作業に失敗Technobahn
予備系統のブートに失敗したとのこと。まだ手が無くなった訳ではなく、今回の結果を踏まえて、リブートに挑戦するとのことです。
コンピュータ・Web
東芝、米半導体大手サンディスクの買収を検討YOMIURI ONLINE
サンディスクそのものじゃなくて、工場の生産設備を買い取るという話みたいですね。

10月 20日

先日から、ズイコー-フォーサーズ あれこれさんで、「男前一眼」と銘打ってユーザーサイドからの逆提案のような形で、マイクロフォーサーズ機のデザイン作業が行われています。

現在まで、3回に渡って徐々にデザイン提案が公表されているのですが、ボディ左上隅にEVF、ティルト式液晶をレンズの光軸中心に配置し、上下回転式ダイヤルや電子ペーパーを使ったユーザーインターフェースなど、実用的かつ挑戦的な提案が行われています。

ユーザーの立場からのデザインということで、ある意味理想のデジタル一眼の提案とも言える夢のある企画です。この企画で提案された機能が、マイクロフォーサーズ機に実際に取り入れられたりしたら凄いだろうなぁ。

連載では、専用レンズと組み合わせることで、水中ハウジングなしで10mまでの防水性能を持たせるなどの機能も言及されていますが、連載の進展が楽しみです!

その他
岡田阪神、信念貫徹 5年間の戦いに幕asahi.com
岡田監督、ご苦労様でした。まだまだ若いんだし、今後も日本球界のために活動して欲しいものです。

10月 21日

11月15日の土曜日、埼玉県春日部市の庄和排水機場で、首都圏外郭放水路の自由見学会があります。

見学会じたいは年間を通して行われているのですが、事前に予約が必要なうえ、満員になることも多いとのこと。年に一度の自由見学会は、時間に縛られず、ゆっくりと調圧水槽を見学できる好機です。

私も去年の見学会に参加してきましたが、同時進行でイベントも多く開催されており、とても楽しめました。

ちなみに、ひょんなことから私のサイトで公開していた画像が、今年の見学会のポスター(リンク先はpdfファイルですので、回線の細い人や、携帯から見ている人は要注意)に使って頂けることになりました。

最初にこの話を伺ったときは、夢でも見てるんじゃなかろうかと思ったんですが、こうしてポスターが公開されるとじわじわと嬉しさがこみ上げてきます。

多くのCMや特撮番組のロケ現場としても使われた調圧水槽の迫力は圧倒的です。機会がある人は、是非とも見学会でその偉容を味わってきてください。

軍事
3空団(三沢)のF4対領侵任務終了朝雲新聞社
長期に渡って航空自衛隊の戦闘機勢力の一翼を担ってきたF-4戦闘機ですが、徐々に減勢が進んでいます。が、それを継ぐべきF-Xが諸般の事情から選定に遅れを来しています。最終的な決定は、米大統領選の後ということになるのでしょうか?
インド洋補給活動「民主政権では継続せず」小沢代表MSN産経ニュース
この人は、インド洋から撤収することで何が失われるか考えているんですかね? 何はともあれ、これでは民主党には投票できませんよ…。
空自救難捜索機MU─2引退、最後の雄姿ファンらに披露YOMIURI ONLINE
愛嬌のあるスタイリングの救難捜索機がついに引退。長い間、ご苦労様でした。

10月 23日

amazonに発注していた荷物が到着しました〜。

  • CDアルバム:恋手紙(奥華子 ポニーキャニオン)
  • 新書:ミニスカ宇宙海賊(笹本祐一 朝日ノベルズ)
  • 新書:夏休みは、銀河!(上)(岩本隆雄 朝日ノベルズ)
  • 新書:夏休みは、銀河!(下)(岩本隆雄 朝日ノベルズ)

朝日ノベルズの新刊3冊プラス、CD一枚。

「恋手紙」は、先日、車中で聞いていたFMラジオで流れてきた「最終電車」にノックアウトされて発注。澄み切った高音の歌声と、暖かみのある歌詞の相乗効果が素晴らしいです。

「ミニスカ宇宙海賊」のタイトルで、笹本氏は何か大切なものを失ってしまったらしいです(笑)。いや、インパクトあるし、良いタイトルだと思いますよ〜。

「夏休みは、銀河!」は六年寝ていた岩本隆雄氏の新刊。また寝ないで欲しいものですが(笑)。

それにしても、朝日ノベルズは地域によって書店に並んだ日がすごくバラついていたようで。新レーベルの立ち上げで、しかも話題性のある作家さんが並んでいるんですから、この辺はもっと気を配って欲しいところです。

10月 24日

NHKの地方ニュースでやっていたのだけれど、今日、航空自衛隊新潟救難隊からV-107「バートル」の最後の機体が引退したそうです。

バートルといえば、やはり印象的なのは4年前の中越地震での活躍。

TVでも報道されましたが、震災翌日、着陸可能な平地のない山間部で半壊した橋の上に降下して(救難隊の方にうかがったら、橋に荷重をかけないようにギリギリまで寄せてのホバリングだったそうで)住民を救助する様子が実に印象的でした。震災直後はとにかく要救助者が多いんで、燃料の余裕もなく、時間のかかるホイストでの吊り上げではなく、少々危険でもああした運用を行っていたとのこと。もちろん、そうした運用を行い得たのは日頃からの訓練の裏打ちがあってこそでしょう。

妙見町での男児救出が中越地震での消防の救難の象徴的なシーンとすれば、自衛隊の救難の象徴的シーンはこのV-107だろうと(個人的には)思っています。

折しも昨日は中越地震から4年目の日。今日、新潟救難隊からV-107が引退することに、改めて地震のことを思い起こさせてくれました。

V-107と、それを乗りこなした搭乗員の方々、支えてきた救難隊の関係者は本当にご苦労様でした。ありがとうございます。

会社帰りに書店によって「おおふり」最新刊をゲット。

  • コミック:おおきく振りかぶって(11)(ひぐちアサ 講談社)

今巻の見所は、やはりモモカンの年齢を知って内心で色々と盛り上がる部員たちでしょう(笑)。

軍事
米原子力潜水艦「オハイオ」はなぜ横須賀港に入港したのか?Technobahn
巡航ミサイル原潜「オハイオ」についての解説記事。ドライデッキ・シェルターの内部から撮った写真なんかもあったりして、興味深いです。VLSの画像も見てみたいなぁ。
天文
月の南極クレーター、氷なし 「かぐや」の観測で判明MSN産経ニュース
残念ですが、まだ土砂に埋もれている可能性などもあるそうですし…。
船舶・海洋
南極観測船「しらせ」の展示保存断念、解体処分にYOMIURI ONLINE
高額の修理費などがネックになったようです。残念ですが、船体の部品などはなるべく多くを後世に残して欲しいものです。

10月 25日

今日も今日とて出勤日だったりするので、会社帰りに書店へ。

  • 月刊誌:アフタヌーン 12月号(講談社)

「宙のまにまに」、実際の季節とはズレまくってるけど(笑)、今月号から夏合宿! だけど、研磨会なんで水着は出てきません! 残念!!

そんでもって、amazonには奥華子さんのCDをまとめて発注かけてしまいました…。

10月 27日

軍事
陸自第5旅団、全部隊地下に潜る…四半世紀ぶりの大規模防御訓練を公開MSN産経ニュース
地下陣地の構築など、なかなか面白い写真が数多く掲載されています。見るからに痛そうな逆さ杭が置かれたコレは落とし穴かな?

自動車
緩めたら安全性は?売り上げ急増のシートベルトストッパーYOMIURI ONLINE
最近の自動車のシートベルトは、衝突を検知するとベルトを引き込んで乗員を拘束するプリテンショナーを装備しているのですが、ベルトストッパーはその作動を妨げる可能性があります。シートベルトで乗員を拘束できないと、エアバッグの効果も不十分(っつーか、かえって危険)なものとなります。シートには正しい姿勢で座り、シートベルトをきちんと装着しましょう。
その他
阪神監督に真弓明信氏 背番号は「72」asahi.com
打線と先発陣の補強など課題も多くありますが、頑張ってほしいものです。
WBC代表監督、巨人・原監督に就任要請へYOMIURI ONLINE
落としどころとしては無難な線でしょうね。あとは、各球団の協力体制がどうなるかですが…。
「トイレ難民」82万人、待ち時間4・5時間に 首都直下地震で試算MSN産経ニュース
過去何度も書いてますけど、被災地でのトイレ不足は重大な問題です。中越沖地震では支援が早かったし、住民数に対する土地のリソースが比較的豊かでしたが、それでもトイレに困ったという意見は多く聞きました。特に水洗トイレは上水道が復旧するまで長期間使用が困難になる可能性があります。各家庭でも一定数のポータブルトイレのたぐいを備蓄することをオススメします。

10月 28日

  • コミック:GUNSLINGER GIRL(10)(相田裕 アスキー・メディアワークス)
  • 月刊誌:世界の艦船 12月号(海人社)
  • CD:TIME NOTE(奥華子 ポニーキャニオン)
  • CD:やさしい花の咲く場所(奥華子 ポニーキャニオン)

「GUNSLINGER GIRL」も、とうとう10巻。

トリエラは自身の過去を知り、死に向かう運命を受け入れつつもヒルシャーと生きようとする。一方で、ヘンリエッタも記憶に欠落が生じ始め…。前巻でアンジェリカが逝きましたが、他の一期生も長くなさそうで。

ジャン、ジョゼの兄弟がテロと戦う大きな動機となっているクローチェ検事一家の暗殺事件に関しても展開がありそうですし、ストーリーも収束に向けて動き出すんでしょうか?

「世界の艦船」は横須賀に配備された新空母「ジョージワシントン」の特集。やっぱ、米海軍の巨大空母はすげぇなぁ。

んでもって、奥華子さんのCDも、amazonから届きました〜。

航空宇宙
NASAの次世代有人ロケットで問題発覚、時速13マイルの横風で横転の可能性Technobahn
やっぱり、「頭でっかち」なシルエットがまずいんでしょうか? それとも一段目の制御能力不足?
小惑星イトカワを探る その後の進展宇宙科学研究本部
「はやぶさ」による、イトカワの観測データの解析も、着実に進んでいるようです。「はやぶさ」の地球帰還まであと一年半程。そのカプセルに収められた(筈の)異星の欠片と、私たちはまみえることができるのでしょうか?
その他
トキ:新潟・胎内市内で目撃情報 佐渡から70キロ毎日jp
なんと、海を越えて本州まで飛来した個体がいたようです。

10月 30日

amazonに発注しておいた、自動車用のLEDルームランプが到着。

  • LEDランプ:RM-H302L(Luxer1)×2
  • LEDランプ:RM-H307L(左右セット)(Luxer1)

LEDルームランプというと、白色や青色が市場に多く出回っていますが、敢えてウォームホワイト(電球色)を選択。いや、ちょっと室内に暖かみを持たせたくて。

車種別設計で、基盤上に多数のLEDチップを配置したタイプ。電極部がルームランプ球のソケットと同形状になっていて、電球を抜いた後に電極を取り付け、基盤裏の両面テープでランプ本体を固定、ランプカバーを被せる設計になっています。

「RM-H302L」は2列目とカーゴルーム兼3列目の室内灯用。

「RM-H307L」はマップランプ用。19日にIPFの「XR-01」を買ったんですが、これが微妙に左右で色温度が違いまして。運転席の視点の先にあるんで、妙に気になるんですよねぇ。で、メインの室内灯を電球色にするついでに、こちらも左右セットのコレを発注した次第。

「XR-01」は中古店に売却する予定です。

コンピュータ・Web
九十九電機、民事再生手続きを申し立てPC Watch
PCパーツを見に秋葉原に行くと、このお店にもよるのは定番のルートでした。バブル期の不動産の取得が今回の窮状の一因となっているそうですが、日本経済はまだまだバブルの負の遺産を残しているんですねぇ…。