Cross Talk

2008年 12月

12月 1日

今日は、代休を取って会社はお休み。天気も良かったので、お昼前からドライブにでかけました。行き先は、上越、糸魚川方面。

まずは上越市内の大型スポーツ用品店で、自転車のバルブキャップや、寝袋用のフリースのインナー、ステンレスボルトなんかを購入。

お昼は麺屋あごすけさんで。平日の、しかも14時前だというのに店内は満席。人気の程が伺えます。

5分ほど待って、空いた席に案内してもらいました。残念ながら限定30食の塩とんこつは、この日の分は終了したとのことで、醤油ちゃーしゅーめんに味付き卵のトッピングを頼みました。

麺屋あごすけの醤油ちゃーしゅーめん

う〜ん、美味しい。スープの旨みが素晴らしい。チャーシューも柔らかく、口の中でとろけるようです。それでいて、しつこくない。う〜ん、人気がある訳ですねぇ。

すっかり満腹になった後は、糸魚川方面へ向けて国道8号線を南下。

筒石で船小屋を撮ったり、

デンカセメントの工場専用線(跡)を撮ったり、

親不知海岸で夕陽を撮ったり、

最後は、糸魚川のセメント工場群の夜景で締め。

さすがに夜になると冷え込みも激しく、E-3の電池も音を上げて、カイロでバッテリーを暖めながら撮影を続ける始末。フル充電にしてなかったのもマズいんだけど、私の場合、夜景を撮るときは三脚固定でライブビューってのが基本なんで、電池の消耗も激しいようです。

撮影をしながら空を見ると、三日月に寄り添うようにとても明るい星が二つ(どうやら、金星と木星らしいです)。素晴らしい光景でした。電池に余裕があれば、こちらも撮りたかったですねぇ。

軍事
山本五十六の直筆「遺書」や作戦書、堀元中将の孫宅から発見MSN産経ニュース
山本元帥の盟友として知られる堀悌吉提督のお孫さんの自宅で発見されたそうです。それにしても、やはり昔の人は達筆ですねぇ。
航空宇宙
米シャトルが無事帰還 悪天候でカリフォルニアに着陸CNN.co.jp
当初予定していたケネディ宇宙センターは、悪天候の為にキャンセル。カリフォルニアのエドワーズ空軍基地に着陸したそうです。ちなみに、スペースシャトルのオービター(軌道船)は滑空降下で衛星軌道から降りてくるので、大気圏内を自由に飛翔できる訳ではありません。着陸地点にあわせて、軌道離脱噴射のタイミングが決定されます。翼があるって言っても、そんなに便利な物じゃないんですよねぇ。
オバマ政権移行チーム、「アレスI」ロケットの開発中止を検討Technobahn
記事のタイトルを見て愕然としたのですけど、lizard-tail studioさんが元記事と思われるニューズを探したところ、どうやらTechnobahnの記事はかなり恣意的な書かれ方をしている可能性があるようで。う〜む。相変わらずTechnobahnの記事は油断ならない…。
デジカメ
ニコン、フルサイズ2,450万画素の「D3X」デジカメWatch
画素数が2倍になったのと引き替えに、最高感度や連写速度が犠牲にされています。スタジオ撮影とか、風景写真とかで大きく引き延ばす人向けでしょうかね。お値段がお値段だけに、基本的にアマチュアの人は選択肢には入れない機材だとは思いますが…。
その他
「大型クレーンが好き」男が島根原発に侵入、逮捕イザ!
はちぽちさん経由。流石に原発は拙いでしょう…。

12月 2日

だいぶ前にamazonに発注かけていたのですが、在庫の関係で到着が遅れていたカメラバッグが来ましたよ。

  • カメラバッグ:D-3N1-30(KATA)

KATAのカメラ用バックパックです。

愛用しているロープロのスリングショット200AWと同じくワンショルダー運用が可能で、レンズ交換時は背中から前方に回して、バックを降ろさずにレンズ交換が可能。

ワンショルダーとは言いますが、ショルダーハーネスが2本あり、通常のバックパックと同じように背負えるのがポイント。

ワンショルダーバッグは便利なのですが、片方の肩で重量を全て支える構造のために、荷物が多かったり、背負ったまま長距離、長時間の移動を強いられると疲労が大きい欠点があります。D-3N1シリーズは、両肩にハーネスをかけることでそれを解消できるとの触れ込み。

カメラバッグの使い勝手の善し悪しは、実際に運用してみないと判らない点が多いので、この年末年始の連休はこれを使い倒してみようと思います。

時事
豪華客船、イエメン沖で海賊を逃れるCNN.co.jp
23ノットで振り切れたそうです。高速艇なら追いつけそうなものだけど、外洋でうねりに揉まれたんでしょうか? …コレなら、テクノスーパーライナーや、「ナッチャン」姉妹の使い道になるんじゃないかなぁ。重量が軽くて高価な貨物限定ってことになるかもしれないけど、海賊に襲われたら速度で振り切れますよ!
オバマ氏、クリントン氏を次期国務長官に指名CNN.co.jp
…国務長官に指名するには、クリントン氏って実務経験が不足しているんじゃないかなぁ。本当に大丈夫か?
航空宇宙
宇宙紙飛行機の発射見送り 衝突事故やごみ化を懸念asahi.com
デブリになる可能性があるので、今回は実験を見送るとのこと。面白い計画ですし、対策を進めて次回は是非とも実現してほしいですね。

12月 3日

軍事
ミサイル防衛:PAC3配備中止の要請書、市民団体が岐阜基地に提出 /岐阜毎日jp
PAC3がミサイルの撃ち落としに成功しても、破片は各務原市近辺に落ちてくる」と主張しているそうですが、直撃よりはマシな訳で。岐阜基地にパトリオットミサイルはいらない!行動実行委員会のサイトでは、PAC3をアメリカ・ブッシュ政権の先制攻撃戦略の中、ミサイル防衛構想として出てきたものと主張、守るのは、政府中枢・皇居・軍事施設などであり、一般国民を守るのではありませんとしているんですが、エラいツッコミどころ満載の主張ですな…。
コンピュータ・Web
「pixiv」が新規登録受け付けを中止 アクセス急増で「サービス継続が困難」ITmedia News
中止するのは、あくまで新規登録ということで、登録済みのユーザは通常通り利用できるということです。
容量無制限でデータバックアップ ジャスト「インターネットディスク」新機能ITmedia News
私の場合、HDDをミラーリング構成で運用していたんですが、地震で筐体ごと転倒。幸い、ディスクにもデータにも損傷はありませんでしたが、大規模災害のことを考えると、遠隔地にバックアップストレージを置けるのは利点がありそうです。

12月 4日

今日は穏やかな晴天。会社は夕方からなんで、昼間は車を弄ることに。

先日、ディーラーに発注して、まだ取り付けていなかったシートアンダートレイを取り付けることにしました。

運転席側シートアンダートレイ

12月 5日

潮風放送局〜みなとSTATIONらじお! 〜君が主で執事が俺で編〜、第23回配信中。

今回はパーソナリティの伊藤静さんの28歳のお誕生日ということで、お祝いコーナーとかいろいろ。それにしても、相変わらずお酒のネタの多い人で(笑)。

そして今年最後の配信となる次回は、ゲストに緒方恵美さんがやってくるとのことです。おお、凄いメンバーが揃うもんだなぁ。

とある“ラジオ”の禁書目録は第12回の配信中。

ゲストに能登麻美子さん迎えての“ボジョレー祭り”第二回ということで、良い感じに酔いが回ってるというか、なかなかノリが凄いことになっとります。

自動車
巨額負担重荷に、チーム不振も響く…ホンダF1撤退YOMIURI ONLINE
チームは売却されるそうですが、この不況下で買い取りできる資本を持つところが出てくるのかは気がかり。あとはトヨタがどうなるかですが…。
ホンダ、「インサイト」量産モデルをデトロイトショーで発表Car Watch
コンパクトな5ドアハッチですが、車体後方でルーフが下がる形状のために、後席の居住性がキチンと確保されているのか懸念されます。
その他
トキ、越後路ひとり旅…新潟市内まで足延ばすYOMIURI ONLINE
新潟県北部を飛び回っているようですね。運が良ければ飛んでいる所を見られるかもしれませんね。

12月 7日

amazonからの荷物が到着。

  • 雑誌:チャンピオンRED いちご Vol.11(秋田書店)
  • 文庫:人類は衰退しました(田中ロミオ 小学館)
  • 文庫:俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ アスキー・メディアワークス)

すっかり少年誌の限界を超越したというか、完璧にエロマンガ雑誌になってる「いちご」です。

今号から松本規之氏の新連載も始まってます。そういや、この話のヒロインは16歳の女の子なんだけど、雑誌のタイトルにもなってる「ヒロインは15歳以下」の縛りってなくなったんだっけ?

んでもって、話題のライトノベルのシリーズの、それぞれ一冊目を購入してみました。仕事が暇になって少し時間が取れるようになったので、積んである本の山も少しずつ消化していきたいところです。

朝日新聞の朝刊では、毎週日曜日に「中高生のためのブックサーフィン」というタイトルで一面を割いて読書欄が設けられています。その中の記事「トライライトノベルス」で水無神知宏氏の「此よりは荒野」【amazon】が紹介されていました。

朝日新聞2008年12月7日「トライライトノベルス」

ごく短い記事ですが、「キャラクターよし、ガンアクションよし、ストーリーよし。これは凄い、面白い」と、ほぼ絶賛といっていい内容。

いや、実際に面白いのですよ〜。

主人公であるアランの、あまりに真っ直ぐな正義感には正直やきもきするところもありますが、彼の焦燥や挫折、成長を丁寧に描いているのは好感がもてますし、ラストにまっている破天荒な展開は爽快感バッチリ(わたしゃ、「ンな無茶な!」と絶句しちゃいましたよ。あの砲弾のくだりは)。

個人的には、今年読んだ本の中でも屈指の面白さだったと断言できます。

物語序盤に張られていた伏線はラストまでにキッチリ消化されてますけど、次巻への引きもバッチリあることだし、タイトルに「Gunnung for Nosferatus1」と銘打ってある以上、当然2巻以降もあるものと期待しています!

っつーか、この世界観って西部以外にも色々と展開できそうですよね。南米とか、ヨーロッパとか、アジアとか。時代も近代から未来まで使えるんじゃないかなぁ。いやぁ、楽しみです。

軍事
新配備の原子力空母、一般公開に人・人・人… 横須賀asahi.com
私は用事があって行けなかったのですが、かなりの混雑だったようですね。艦載機はほとんど厚木に出払っていたようなのは残念ですが、機会があれば是非とも見学に行きたいものです。
漂流中に日本海軍「雷」が救助、元英大尉「恩人」の墓訪問YOMIURI ONLINE
太平洋戦争中、日本海軍に撃沈された英巡洋艦「エンカウンター」の生き残りの士官が、念願かなって、救助した帝国海軍の駆逐艦「雷」艦長の墓を訪問されたそうです。
天文
Return of the LeonidsNASA
星の情報.jpさん経由。元記事は英語ですんで翻訳。来年の獅子座流星群はかなり活発な活動が予想されるそうです。最近では2001年の大出現が記憶に新しいところですが、私はこの年は悪天候で見逃しちゃったんですよねぇ…。これは期待です!

12月 8日

会社から帰宅後、夕食をすませて愛車のスパーダたん弄り。

ちょっと前からカーゴスペースのフロアの凹凸…というか、フロアがブカブカでその下の鉄板のリブの形状が判る感じが気になってまして。マットの下に何か床材でも入れようかと。

ただ、ウチの車はカーゴスペースにタイダウンフックを付けているんですが、コレを上手く外せずに手こずっていたのです。タイダウンフックのプラカバーの下にフックの取り付けボルトがあるのは判っているのですが、このプラカバーがきつくて…。

結局、発想の転換で先にフロアを剥がすことに。タイダウンフックを根元まで露出させてしまえば、プラカバーを固定しているツメに直接アクセスできるようになりますので、何とでも料理できます。

ステップワゴンスパーダの床をはぐった状態。

一時間ほど格闘して、無事にフロアをはぐることができました。

床の鉄板には、アスファルト系と思われる制震材が張られています。一方のフロアのマット下は分厚いフェルト素材。踏んだ感じがブカブカな訳ですね。

さて、床はどうしよう? コンパネを入れるか、プラダンにするか…。いずれにせよ、マットに貼られたフェルトを何とかしないといけないんですが、明日はその辺を考えながら、ホームセンターで材料探しをしたいと思います。

軍事
ゲーツ国防長官の留任 F22生産継続問題に影響もMSN産経ニュース
F-35は開発に手こずっているみたいですし、空軍としては簡単にF-22を切ってもらっては困るんでしょうね。もしも、F-22の生産が打ち切られた場合には、航空自衛隊はタイフ−ンを導入するのか、それともF-15FXか、はたまたスーパーホーネットか。気になるところではありますね。
デジカメ
もうひとつの道、EVF時代到来の予感デジカメWatch
元々“期待値”が高くなかったという面もあるのだろうけど、DMC-G1は予想以上に高評価を得ているようです。このままEVFが“必要十分”なデバイスとして市民権を得れば、コンパクトサイズのデジタル一眼および一眼レフ(レフレックスミラーを光学ファインダー以外の用途に使うことも、当然アリになる訳で)は、また一段と面白い展開を見せそうに思うのですが。

12月 9日

ステップワゴンのカーゴルームの床材を検討に、ホームセンターへ。

薄めのコンパネか、ダンプラ(1)にしようと目星はつけていたのですが、コンパネは水を被る可能性が気になり、ダンプラは強度が今一歩欲しいところ。

とりあえず、アルミテープやブチルゴムテープなど、使いそうな素材を購入しながら何軒かまわるうちに、ポリカーボネート製のダンプラ板を発見。おお、これなら強度的にも期待できそう。

ただ、私がポリカーボネートを加工した経験がないもんで、物性などに疎く、一度帰宅してネットで調べることに。

…とりあえず、問題ないみたいですね。コレにしようっと。

1:ダンプラ

その名の通り、ダンボール状になったプラスチック板。かなり軽く、結構丈夫。加工も容易で安価となかなか良いところの多い素材です。

間に空気が入りますので、熱を伝えにくく、防音にも有利だそうです。

プラダンとも言うらしい。

12月 10日

ポリカのダンプラ買ってきました。1800mm×900mmの4mm厚。

買ってから、置き場所と加工場所をどうするか考えていなかったことに気付いて愕然(苦笑)。半分にカットしてもらうべきだったかも。

仕方ないんで、加工するときは車を車庫から出してから、空いた場所でやるしかないかなぁ。材料はしばらく荷台に積みっぱなしにする方向で。

軍事
FX商戦 F22の禁輸でユーロファイターが攻勢MSN産経ニュース
BAEの方も、航空自衛隊の本音としてはラプターが欲しいってことは判ってるんだろうなぁ。F-22に関しては、もしかして今回の世界不況が追い風になる可能性もあるんじゃないかと思っています。アメリカの航空宇宙産業の雇用を維持するために、議会が日本への輸出を認める可能性もあるんじゃないかと。問題は、日本の財政がその支出に耐えられるかですが…。
その他
ガソリン120円割れ、3年8か月ぶりYOMIURI ONLINE
ガソリン、もの凄い勢いで値段が下がっていますね。あまりの下がりように、給油するタイミングを悩むくらいです。
セーラー服に、なんでパンタロン?女子制服に疑問噴出ZAKZAK
女子学生の制服にスラックスってのはアリだと思いますし、コレはコレで似合う子もいそう。強制じゃなくて選択制なんだから、OKだと思います。

12月 11日

  • 月刊誌:軍事研究 1月号(ジャパン・ミリタリー・レビュー社)

書店で「軍事研究」を購入。単行本の類はamazonで予約かけてあるんですが、なかなか発送のメールがこないなぁ…。

軍事
護衛艦「しらね」火災、不起訴処分にYOMIURI ONLINE
先日の横須賀でのグランド・イルミネーションで「しらね」の一般公開も行われたとのことなので、一応の修理は終わったんでしょうか。一時は廃艦などという観測もされましたが、DDHが欠けるという事態を回避できたことは幸いでしたね。
航空宇宙
「エンデバー」、ジャンボ機に背負われ母港へYOMIURI ONLINE
数日かけて大陸を横断する」ってのは、スペースシャトルのオービターを搭載すると、重量と抵抗の増加で航続距離が著しく悪化する為。2000キロに届かないそうなんで、途中、着陸しての給油が必要になるそうです。
船舶・海洋
海上保安庁:老齢の船改装し再活用、財政難で新造断念毎日jp
PLHの更新を断念して、近代化改装でしのぐそうです。それにしても、エンジンを換装するのではなく、分解整備して使うというあたりに海保の苦境が窺い知れます。

12月 12日

とある“ラジオ”の禁書目録第13回が配信を開始。

パーソナリティの井口裕香さん、つぶあんを見ると興奮するそうで。何だそりゃ(笑)。

鉄のラジオバレルは第5回を配信中。

ゲストとして中村悠一さんが出演しています。メンズが二人ってことで、そっち方面がますますパワーアップ(苦笑)。能登さんの悲鳴と罵声が連続する素晴らしい(笑)番組になっています。

軍事
空中給油機、岐阜基地に緊急着陸 給油管トラブルasahi.com
給油用のブームが、何らかのトラブルで上がらなくなったようです。さすがにマイナスGをかけて振り上げる、って訳にはいかないんだろうなぁ…。マスコミは騒ぐでしょうけど、KC-767はまだ試験運用中。もちろん、トラブルがないに越したことはありませんが、実運用前に問題点が出てくれなければ困ります。
時事
ビッグ3救済、事実上の廃案 議会主導の支援は見送りへasahi.com
うわぁ…。コレでGM潰れたりしたら、アメリカはさらに悲惨なことになるぞ…。
デジカメ
「LUMIX DMC-G1」で楽しむマウントアダプター(フォーサーズ編)デジカメWatch
シフト&ティルトができるマウントアダプタとか出来ないものかなぁ…。
本と雑誌
『かんなぎ』休載につきまして一迅社
各所で騒がれていた「かんなぎ」休載について、編集部からの公式コメントが出ました。それにしても、色んなとこが不確かな憶測に振り回されすぎだと思うのですが。まるで、零戦四二型を巡る(かつての)定説のようです…(いや、私も「四二型」をしっかり信じ込まされていたクチなんだけど)。
その他
カナダ人男性、理想の「恋人ロボット」製作 名はアイコCNN.co.jp
歩行機能はないようですが、「掃除したり、好みの飲み物を作ったり、新聞を読み上げてくれる」そうです。ところで、これのエクステリアって、やっぱりオリエント工業製なのかな?

12月 13日

amazonからの荷物が来ましたよ。

  • コミック:ろりぽ∞(6)(仏さんじょ 一迅社)
  • コミック:ななみくす!nana mix!(1)(茜虎徹 富士見書房)
  • コミック:眼鏡とメイドの不文律(TOBI ソフトバンククリエイティブ)

12月 14日

駅で聞いたら、今日の夜行の指定席がまだ残ってるって言われちゃったんで、突発的に新宿に行って、映画「空へ〜救いの翼〜」観てきました。

行きは新幹線で、秋葉原をぶらぶらと。うわぁ、HDDもSSDも安くなってるんだなぁ。思わず、ストレージを64GBのSSDと1TBのHDD×2に切り替えようかと考えて、寸前で思いとどまる。きっと、円高の影響が出てくればまだ下がるに違いない、と(特にSSD)。

夕方になったら新宿へ。蕎麦で軽く食事をすませてから劇場へ。

日曜夜ということもあるのか、お客さんの入りはイマイチという感じ。まぁ、あんまり一般ウケする題材じゃないのかもしれませんが。

まだ公開が始まったばかりということで詳しい内容には触れませんけど、まぁ映画として制約は色々あるんだろうなぁ、と思わせる展開でした。

しかし、やっぱり実機を使った撮影ってのは良いですねぇ。物語序盤のV-107の登場シーンには感激のあまり涙が出てしまいましたよ。なんとゆーか、「昭和」を感じさせる(年代設定からいけば、もう平成に入ってるのかな?)ビジュアルが燃えます!

映画館を出たあとは、列車の時間までマクドナルドで食事しながら読書。

クォーターパウンダーバーガーに初挑戦。う〜む。私にはあんまり味の違いが判らないと言うか、普通にデカいマックのバーガーと感じたのですが…。確かに量は多いんで、食べ終えると結構な満足感を得られます。

クォーターパウンダーチーズバーガー

12月 15日

23時過ぎに新宿を出る夜行快速「ムーンライトえちご」で新潟へ帰還。

道中ウトウトしていて、軽いブレーキショックで目覚めると、どうやら水上。しばらく列車は徐行したり、止まったりを繰り返していましたが、やがて走行を開始。長岡駅には定刻から10分ほど遅れて到着しました。なんかトラブルでもあったのかなぁ?

ムーンライトにも乗り慣れてきたのか、徹夜で乗っても、以前ほど疲れなくなりました。喜んでいいのやら、悲しむべきなのやら(笑)。

軍事
海自護衛艦と作業船が衝突 横須賀港、けが人なしMSN産経ニュース
大事に至らなくて幸いでしたが、下手をすれば衝突の可能性すらあった事故。師走の「しらね」は、呪いでもかかってるんか…。昨年の火災は14日、今年は15日とくれば、来年は16日に要注意ですな。
機体強度に不具合 次期輸送機は大幅遅れ必至朝雲新聞社
C-Xの状況はかなりマズいらしいとは聞いていましたが、報道にも話が出てきているようです。国際貢献任務の増大を考えると是非とも必要な機体ですし、早期の対応を期待したいものです。
輸送艦から陸自隊員を空輸 初の試み空中機動 20年度統演で春日ヘリ空隊朝雲新聞社
空自のCH-47を使っての輸送訓練を行ったようです。それにしても、バイクを押して甲板上を歩く陸自隊員ってのはなかなかシュールな絵ですね。

12月 17日

交通・鉄道
夜行快速「ムーンライトえちご」来春廃止MSN産経ニュース
そ、そんなぁ…。そりゃ確かに新潟〜池袋間の高速バスはあるけど、バスは運転手によるクセの違いも大きくて(一番酷かったのは、数年前に東京行きで夜行便に乗ったとき。アクセルのON、OFFを頻繁に繰り返す運転手でまったく眠られず)、疲れるんですよ。臨時列車として残るらしいけど、残念です。
自動車
富士重工もWRC撤退、日本メーカーの参戦なくなるYOMIURI ONLINE
なんとスバルまで。「何度も「本当はやめたくなかった」と発言、「ラリー会場でスバルの青いウエアで観客席が埋まっているのを見ると」と話したところで感極まって絶句、「本当に勇気づけられた」と震える声で続けた」そうです。…ううっ。
その他
放鳥トキ、緊急時には捕獲も…冬場は餌も不足YOMIURI ONLINE
本格的な野生復帰を行えば、色々な要因で死ぬトキの数も増えるでしょうし。どの程度の個体が冬を越せるかというデータがないと今後の放鳥の数も決められないのですから、ここは我慢のしどころかと。
放鳥後初の行動、電線にトキ 新潟市内で撮影MSN産経ニュース
こんな姿が、日本全国で見られるようになると良いですね。

12月 18日

軍事
嘉手納基地:F22来月再配備 12機が3カ月間毎日jp
約二年ぶりのラプターです! 仕事も減ってきたし、今回こそ時間を作って見にいけるか?
デジカメ
ペンタックス、白ボディの「K-m」ダブルズームキットを海外で発表デジカメWatch
なかなか格好良いカラーリングだと思います。レンズもあわせてあるのがポイント高し。パナソニックもマイクロフォーサーズ用にカラードのレンズを作れば良いのにねぇ。
デジタル一眼レフカメラ E-3 の次回ファームウェアアップデートのお知らせオリンパス
待望のファームウェアアップデート予告!AFポイントのダイレクト選択機能と、パワーバッテリーホルダの電源管理機能の見直し。どちらも要望の多かった内容と思いますが、これで随分と使いやすくなりそうです。
自動車
ホンダ、業績予想を下方修正Car Watch
NSX後継車の開発も中止されるそうです。スポーツ車はライトウェイト系がメインになるんでしょうか?
その他
少し恥ずかし、でも心地いい!女性用ふんどし意外な人気asahi.com
是非とも普及してほしいですね!(笑)

12月 19日

amazonに発注しておいたDVDが来ました。

  • DVDビデオ:劇場版「空の境界」伽藍の洞(アニプレックス)
  • デジタル水準器:Action Level(ベルボン)

一緒に発注しておいたベルボンのデジタル水準器も到着。

夜景撮りしていて何が困るって、何せ暗いもので水平、垂直を確認する指標が乏しいことで。

一応、三脚に水準器は付いているのですが、いちいちライトを取り出して確認するのもなかなか面倒でして。LED式の「Action Level」なら便利かなぁ、と。

軍事
新型無人戦闘攻撃機の実証機X-47Bの写真が公表されるGIGAZINE
っつーても、やっぱり後方からの画像(ってより、ノズル周りの処理)は見せてくれないみたいです。写真を見る限り、主翼と胴体の繋ぎ目も単純な接合じゃなくて重ね合わせ処理みたいに見えるのですけど、じっくり間近で見てみたいものであります。

12月 20日

車のカーゴスペースの改修、進めています。ようやく、ポリカ板の切り出しと目張りが完了。あとはシンサレートを貼り込んで加工を完了する予定。

ざっと面積を計算してみたんですが、手持ちの量では不足しそうな感じだったので、急遽買いだしに。

天候が良かったこともあって、道も混んでいます。年末の買いものに行っている人も多いんだろうなぁ。

カー用品店でシンサレートを購入。ついでにホームセンターで両面ブチルゴムテープも購入。そんでもって、書店へ。

  • 単行本:米海軍戦闘機 [歴史群像]太平洋戦争シリーズ Vol.67(学習研究社)
  • 単行本:世界の名機 大戦機(ネコ・パブリッシング)
  • 文庫:俺の妹がこんなに可愛いわけがない(2)(伏見つかさ アスキー・メディアワークス)
  • 新書:北方領土奪還作戦(6)(大石英司 中央公論新社)

「米海軍戦闘機」は、その名のとおり太平洋戦争の米海軍の戦闘機についての本。

未だに「数で圧倒しただけで、性能的にはたいしたことない」的な言われ方をされる米海軍の戦闘機(主にF6F)ですけど、いい加減、認識を改めるべきだと思うけどなぁ。

「世界の名機 大戦機」は、航空雑誌「Schneider」に掲載された大戦機のフライトインプレッションを纏めた本。

スチールとジュラルミンで造られた大戦機は、最近の複合材とチタン合金の航空機とは違った美しさがあります。半世紀前から大切に維持されてきた機体が実際に飛翔する姿は、宝石のように美しく…。いいなぁ…。

ところで、「Schneider」って長らく刊行が止まってますけど、もう出ないんですかねぇ…。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は、ようやく一巻を読み終わったんで二巻を買ってきました。

いやぁ、一巻は思いのほか面白かったんですけど、リアル妹のいる身にとって、なかなか読み進めるのが辛い本でした…(笑)。

軍事
空自那覇基地 1月からF15配備琉球新報
ってーことは、米空軍のF-22の展開と被る訳ですね。
次期戦闘機見送り、F15改修対象拡大へ 政府安保会議asahi.com
導入を引き延ばしても、F-22のラインが閉じちゃえばなぁ…。

12月 21日

ステップワゴンのカーゴスペース用床板パネル完成しました。

  • 床板パネル上面
  • 床板パネル下面

芯材になっているのがポリカーボネートのダンプラ。それをブチルゴムテープで目張り+補強したうえで、上面には保温材としてアルミ蒸着した薄手のウレタンシート(コタツの省エネ用の敷物として売られていた製品を転用)、下面には吸音材としてシンサレートを貼り付けました。

ブチルゴムのせいで、元のニードルフェルトの敷物よりもかなり重くなっちゃいましたけど、その分、ノイズを遮断してくれるといいなぁ…。

ただ、ステップワゴン本来のフロアにかなり凹凸があり、この床面パネルだけだとたわんじゃう部分もあるので、フロアにスペーサーを入れないと駄目っぽいです。また材料買ってこなきゃなぁ…。

ステップワゴンのDIY用の素材に、近所のホームセンターで5mm厚のデコパネ(A2サイズ)を購入。

以前にも、パソコンのケースファン用の排気ダクトを自作したときに使用した材料で、発泡スチロールの装飾パネルです。カッターでサクサク切れる上に、目地が細かいんで切り屑がでにくく、非常に工作がやりやすい素材です。

これで積層ブロックを作って、ステップワゴン本体のフロアと、自作した床板パネルの間に入れて段差部分を埋めようという算段です。

ついでに、書店で月末発売の写真雑誌と航空雑誌をチェック。コミックも2冊ほど買ってしまいました。

  • コミック:あきそら(1)(糸杉柾宏 秋田書店)
  • コミック:ママは同級生(1)(あづまゆき 秋田書店)

どっちも全年齢版(笑)コミックなんだけど、内容は限りなく18禁なような…。それにしても、最近の秋田書店の暴走っぷりは凄いですな!

軍事
ブラジルが攻撃型原潜計画、仏が建造支援へYOMIURI ONLINE
相変わらずフランス人の死の商人っぷりは凄いですな!

12月 22日

ステップワゴンのカーゴスペース用の床板を取り付けました。

フロアの凹凸を処理

昨日買ってきたデコパネで積層材を作成、フロアの凹部に入れて段差を埋めます。

ダンプラのパネルだと、やっぱり剛性不足で、こうしておかないと凹部でたわんでしまうんで…。

自作のパネルを装着

自作のフロアパネルを装着します。っつーても基本的には置くだけなんですが、カーペットを戻せば、ウレタンブロックに挟まれて固定される筈です。

手前にある穴の部分はタイダウンフックの取り付け場所。シンサレートには切れ込みを入れてあるので、そこからフックを挿入。車体側のフロアにボルトで固定します。

穴のサイズをシビアに作り過ぎちゃって、位置あわせで苦労しました…(汗)。

カーペットを被せた状態

んでもって、カーペットを戻してクリップで固定して終了。

見た目は純正と変わりませんが、床の凹凸感はかなり低減されました。これで、銀マットを敷いてテーブルを置けば宴会もできるぞ(笑)。

フロアパネルを入れて少し走ってみましたが、後方からのノイズ(タイヤが巻き上げた水滴が車体底面を叩く音とか)はかなり減ったように思います。

ただ、ここしばらくカーペットをめくった状態で乗っていたんで、体感的な感想としては多少割り引く必要があるかも。

いずれにしても、車体前方からのノイズが気になるようになったのは事実。次は、Bピラー基部か、フロントドアの内張を加工しようかと考えています。

軍事
韓国初のイージス艦就役 12年までに3隻配備MSN産経ニュース
排水量の割に武装が過多なんじゃないかとか、韓国仕様のVLSを混載しているんで運用の柔軟性に欠けるんじゃないかとか、色々言われている韓国のイージス艦が就役。先日の国際観艦式では、就役前にもかかわらず「お披露目」していたそうなんで、ホント見栄っ張りの国民性がイヤになりますなぁ。
航空宇宙
あまりに悲しく、あまりに腹立たしく松浦晋也のL/D
ごらんの有様だよ。日本の宇宙開発は終わってしまったのか…。

12月 23日

軍事
空母建造、真剣に検討=「領海権益守る」−中国国防省時事ドットコム
中国海軍の空母保有は時間の問題として、気になるのは早期警戒機と直援艦艇の充実度でしょうね。ミリタリマニアの人には、「中国に対抗して空母を!」と主張する人も多いけど、別に空母に対抗して空母を整備する必要もない訳で。費用対効果からいけば、潜水艦や陸上哨戒機による対艦攻撃なんかが研究する価値が高いのではないかと思います。
航空宇宙
気象衛星「ひまわり」の後継機整備へNIKKEI NET
松浦晋也氏は、あまりに悲しく、あまりに腹立たしくで「気象庁は、来年度予算の概算要求に次期気象衛星のための予算77億円を盛り込んだが認められなかった」と書かれていますが、2009年度予算の「重要課題推進枠」で気象衛星の整備予算が全額認められたそうです。いやぁ、良かった…。
その他
日本人ソプラノ 東ティモール独立宣言日記念式典で歌う朝雲新聞社
PKOで東ティモールに派遣されていた陸上自衛隊の大坪義彦1陸佐が現地の歌に感動して採譜。部隊の活動記録として作った小冊子に掲載したものが、まわりまわって独立宣言日記念式典に繋がったそうであります。いい話ですなぁ。
【ふるさと便り】300個分の巨大まんじゅう 群馬MSN産経ニュース
巫女さんの作った焼きまんじゅうですよ! 略して巫女マン! …頭の悪い略し方でスイマセン(だが、反省はしない!)。

12月 24日

ボチボチ、アフタヌーンが発売されているか書店にチェックに行ったのですが、どうやらまだのようで。

歴史系のコーナーで、海軍兵学校がらみの本を見つけたので購入。

  • 単行本:江田島 海軍兵学校(新人物往来社)

なかなか興味深い本でした。海軍兵学校の沿革や歴史から、当時の学生たちの生活ぶり、兵学校にゆかりのある江田島のスポットなど、幅広い内容が網羅されています。

個人的にすごく面白かったのが「海軍とユーモア精神」で、紹介されているエピソードはなかなか微笑ましいものばかり。

帝国海軍というと、厳格な規律や厳しい訓練といった点が取り上げられることも多いけど、こういった人間的な暖かみのある側面に、もっとスポットが当たって欲しいと願います。

それにしてもいくら電報代を節約したいったって、「鎮海を出港した佐世保に来い」という電文を「チンタッタ、サセニコイ」なんて略して奥さんに送るのはどうかと思うぞ(笑)。

コンピュータ・Web
ソニー、“封筒がカギ”の新型モバイルPCを予告PC Watch
細長いシルエットから、何となくVAIO C1を連想しちゃうのですけど、どんなのが出てくるんでしょうか。
その他
餌場を追われる見附のトキ新潟日報
当初、新潟県北部の胎内市付近へ飛来したトキは新潟市を経由して南下、県央地域の見附市付近で目撃されているようです。もう少し下がれば分散飼育も予定されている長岡市ですが、単独行動中のこのトキの行く末が気になります。

12月 25日

そんな訳で、アフタヌーン買ってきました。

  • 月刊誌:アフタヌーン 2月号(講談社)
軍事
ソマリア海賊対策で海自派遣の可否検討と河村官房長官YOMIURI ONLINE
護衛艦を出すにしても、複数機のヘリを安定して運用できる艦は限られているうえにインド洋への派遣にも使われていますし、艦の遣り繰りをどうすることやら。海上警備行動を法的根拠にするのも苦しいと思いますし。
デジカメ
読者が選ぶ「2008年デジタルカメラ人気投票」結果発表デジカメWatch
レンズ交換式デジタルカメラ部門では、フルサイズ機が三つ巴を演じる間隙を付いて(?)パナソニックLUMIX DMC-G1が一位を獲得。実物を手にとって見ると、予想外の出来の良さと今後の発展に期待をもてるカメラだと思います。来年以降の新レンズ群の発売が楽しみです。

12月 26日

会社帰りに書店に寄ったら、もう「マリみて」の新刊が置いてありました。

  • 文庫:マリア様がみてる ハロー グッバイ(今野緒雪 集英社)

おお、長らく引っ張ってきたけど、ようやく卒業式となるようです。すかさず購入。明日、コミケに行く電車の中で読むことにします。

んでもって、帰ってきてみればamazonからの荷物が。

  • CD:DJCD 図書館戦争 関東図書基地広報課 実態調査報告 第弐巻(フロンティアワークス)
  • 月刊誌:世界の艦船 2月号(海人社)

「DJCD 関東図書基地広報課 第弐巻」、前回は男子寮パートだったんで今回は女子寮パートかと思ったら、また男子寮パートでしたよ。

とは言っても、女子寮のお二人の声は聞けるし、相変わらず男子寮二人の掛け合いはノリノリで爆笑モノです。オススメ。

「世界の艦船」、特集は「現代のシーレーン防衛」ってことで、今、話題の海賊についても多く取り上げられています。

軍事
中国艦艇3隻、海賊対策でソマリアへ…初の軍事力行使作戦YOMIURI ONLINE
中国海軍にとって、長距離展開作戦の経験を積むという意味もあるんでしょうね。
航空宇宙
国際宇宙ステーション補給機「HTV」公開MSN産経ニュース
おお、デカいなぁ。問題は、補給機が就役したはいいけど、国際宇宙ステーションがどこまで維持されるかということで…。
その他
松本零士さんに賠償命令 名誉棄損、槇原敬之さん勝訴asahi.com
松本零士氏、ここ数年の作品も行き詰まってるものが多いように感じますし、なんか晩節を汚しているような気がするなぁ。

12月 27日

「メカ・ミリタリ」他のジャンルがある1日目だけですが、冬コミ行ってきます。

コミケに行くなんて、何年ぶりだろう…。今年の年末は、世界的にも、私の身近でも、いろいろと悪いニュースばかりだったけど、久々のコミケで来年に向けてのエネルギーを補給してきます!

問題は交通手段。諸処の事情で、深夜便の高速バスなんですよ。ここ数日悪天候だけど、きちんと運行されるといいなぁ…。

軍事
次期主力戦闘機の選定、見直し…F22の生産不透明化でYOMIURI ONLINE
どうやら、スーパーホーネットは候補機から落ちたようですね。F-15FXは、F-15系とは言ってもE型ベースで、手慣れたJ型やJD型からはかなり機体構造の変更があるようですが、復座機を設定可能という点で機数不足が指摘されているF-15DJの補完が可能な点も有利に働くかもしれませんね。
EU艦がソマリア沖で海賊撃退、艦載ヘリから威嚇発砲YOMIURI ONLINE
海上自衛隊の護衛艦を派遣したとしても、法律的な制約から行動が規制される可能性がありそうなのが怖いところですが…。

12月 28日

東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット75へ行ってきました!

当初は、JRの夜行快速「ムーンライトえちご」で上京する筈だったんですが、指定席の日付を間違えてしまって(…マヌケ)全席指定のムーンライトの席を確保できず、結局、空きのあった高速バスで上京する羽目になっちゃいました。

数日前からの荒天で、バスの運行スケジュールの乱れが懸念されたのですが、幸い運行は問題なく行われたようで(乗車時間中は、ほぼ爆眠してました)午前4時過ぎには、無事に池袋駅に到着。

上里サービスエリアの佐世保バーガーの店舗

そういえば、トイレ休憩で停車した上里サービスエリアに、佐世保バーガーの看板を出している店舗がありました。

深夜ということもあって営業してはいなかったのですが、次に機会があればチェックしてみたいお店であります。

池袋に着くと、駅前のマックで食事。満席ということで、ダブルクォーターパウンダー・チーズをテイクアウトして、寒空の下で朝食。始発電車との接続が悪いのも、高速バスの欠点でありますね。

5時の始発と共に、東京メトロ丸の内線で東京駅へ。ここで京浜東北線に乗り換えて、神奈川県は横浜市の磯子駅を目指します。時間に余裕があるんで、磯子で本年3度目となる護衛艦「ひゅうが」見物へ行こうという算段です。

磯子駅に着くと、バスで海釣り施設へ。前回訪れた時は、奥側の岸壁に着岸していて船体を見ることは叶いませんでしたが、今回は…。

護衛艦「ひゅうが」

またしても、奥の岸壁…。

どうやら、こっちの岸壁が指定席になっちゃったようで。こりゃ、就役まで(公試を除けば)船体を見にくい状態が続くかもしれませんね。

「むらさめ」型護衛艦

点検中なのか、あちこちに足場が組まれた「むらさめ」型の護衛艦もいます。

浮きドックに入渠中の潜水艦

浮きドックの中には潜水艦。機密保持の為か、手前側には目隠しのように衝立が置かれていました。

ざざっと写真を撮ると、折り返してきたバスに飛び乗って磯子駅へ。滞在時間10分程。…我ながら何をやってるんでしょうねぇ…(苦笑)。

磯子駅で再び電車に乗ると、次なる目的地は東京は秋葉原。午後になるとコミケ帰りの人であふれるだろうという算段で、早めの時間に買い物を済ませてしまおうと考えたのです。

秋葉原駅に降りたのは、午前8時半頃。うむぅ、少し早過ぎたか。

時間調整はとりあえずマックで。コーヒーを飲みながら少しうつらうつらと。

午前10時、「とらのあな」の開店時間と共に移動開始。…うお、なんじゃ、この人出は。やっぱり年末の日曜日ということもあるのか、結構な人数が繰り出しています。

  • CD:☆開運☆野望神社☆ on CD 〜幸せのカタチ〜(とらのあな)

WebラジオのCD版、とりあえずの最終巻をゲット。それにしても、この番組も随分と長く続きましたねぇ。

これで秋葉原での用事は完了。

当初の予定だと、この後東京駅で余剰の荷物を切り離して、身軽になってコミケに出撃。帰投は東京駅から新幹線の指定席なので、帰りに荷物を回収すれば良いやと考えたのですが、年末の日曜日だということをすっかり失念していたのは、我ながらマヌケというか…。当然、コインロッカーが空いている訳がなく…。

E-3や防寒用のセーターといった、重量や容積を喰う荷物を抱えたままコミケに出向くことになってしまいました。失態続きであります。やっぱり、数年ぶりのコミケってことで、いろいろ甘く考えすぎてたのかなぁ。

東京駅から京葉線にて新木場まで移動。りんかい線に乗り換え。国際展示場駅で下車。

東京駅でのコインロッカー探しで手間取ったことなどもあって、到着は午前11時半頃。そろそろ入場待ちの列も途切れ始める頃かなぁと思っていたのですが…。

東京ビッグサイト前の入場待機列。2008年12月28日午前11時30分

バッチリ、列になってました!

もっとも、列は止まることなくビッグサイトに飲み込まれ、ものの数分で入場することができましたが。いやぁ、コミケスタッフの処理能力には感嘆します。

東館のメカ・ミリタリ系の島を中心に、旅行系なんかも含めて巡回。友人へのお土産用も含めて30冊前後を購入しました。

ここ数年の趣向の変化で、廃墟系の写真誌なども購入。いやぁ、作者の人の思い入れがあふれる本は、どれも良いものですねぇ。ここ数ヶ月の世界経済の混乱で、すっかり消沈した私も、幾らかの活力を取り戻せた気がします。

それにしても、背中のE-3が重いこと…。昼食に入った天丼屋で荷物のパッキングをやり直して、多少は重量感を緩和させたのですが、西地区への移動時は流石に辛かったなぁ。

西地区では、久々に企業ブースを見て回りましたが、どこも結構な列ができてますねぇ。外周部に待機列を置いて、スタッフに先導された列が順次館内を移動していく様は、さながら海上自衛隊の観艦式を思わせてくれました(苦笑)。

んでもって、企業ブース近くの屋上から何の気なしに周囲を見回すと、何と見覚えのある4檣バークのマストが!日本丸か、海王丸か。ともかく、あの位置だと、日の出桟橋航路の水上バスから見える筈なので、帰路は水上バスを用いることに決定。

西館一階を巡回すると、15時過ぎにビッグサイトから離脱。東京ビッグサイトの水上バス発着場へ。15時35分初の便で日の出桟橋に向かいます。

水上バス発着場で、スタッフの人に伺ったところ、停泊中の帆船は日本丸とのこと。後日、撮影した画像でも船名を確認できました。

いやぁ、E-3持ってこれて良かったなぁ。ちなみに、レンズはLEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm。一本で幅広い画角に対応できるので、(荒天が予想されない状況ならば)極めて便利なレンズであります。

有明に停泊中の練習帆船「日本丸」

日の出桟橋に到着後は、JRで新宿まで移動。テアトル新宿で上映中の「空の境界 第六章・忘却録音」を視聴してきました。

見てない人も多いだろうから内容には詳しく触れませんが、すっかり鮮花祭りでした! いやぁ、少女時代のツインテールは必見であります。

劇場を出た後は、東京駅で夕食。秋田、山形新幹線は、雪などのトラブルで運行が乱れていたようですが、上越新幹線は幸い大きな混乱はなかったようで。予定通りに家路につけました。

数年ぶりのコミケということで、すっかり勘が鈍ったというか、いろいろと物事を甘く見て、予定通りに展開できなかったのは反省点です。

あと、高揚感ついでについつい手にしてしまったコミックマーケット76のサークル参加申し込みセットをどうしようかと、些か途方に暮れている昨今であります。

12月 30日

軍事
中国、初の空母建造へ 来年着手、15年までに中型2隻asahi.com
船体のサイズや完成時期は、ちょうどイギリス海軍のクイーン・エリザベス級と重なりますね。実際の運用に関しては、ノウハウの蓄積がある分、イギリス海軍に一日の長があるでしょうが、中国海軍も旧ソ連空母を訓練用に使用するとのことなので、どこまでその差を詰められるかが注目点でしょうか。

12月 31日

今年も当サイトをご覧頂きありがとうございました。

懸案だった全面更新も終えてそれなりに体裁を整えることもできましたが、まだまだ宿題を多く残してしまったのは反省することしきり。

イベント数の少ない冬の間に、多少なりとも宿題を消化したいものだと思います。

新年早々には沖縄にF-22が飛来しますし、海上自衛隊の観艦式も予定されています。観艦式では、海上自衛隊の新しい中核艦となるであろうヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」が、その勇姿を見せてくれるにちがいありません。

秋からの世界経済の失速で先行きの見えない年末ですが、来年は少しでも良い年になってほしいものです。

では、良いお年を!