Cross Talk

2010年 4月

4月 3日

軍事
韓国艦沈没「北朝鮮関与」報道過熱 政府は火消しに躍起asahi.com
韓国に限らないけど、メディアってのは無責任に情報を垂れ流しますからね〜。あくまで可能性は可能性として、検討するべきです。
沈没の韓国哨戒艦から1遺体を初確認YOMIURI ONLINE
艦内で遺体を発見したようです。
【海軍哨戒艦沈没】‘UDTの伝説’ハン・ジュホ准尉が捜索作業で殉職中央日報
捜索作業で殉職者が出たようです。世論の批判に押される形で無理な作業を強いられたとすれば、韓国の国民の自業自得な訳ですが…。合掌。
韓国:海軍哨戒艦の捜索漁船が沈没 1人死亡8人不明毎日jp
二次被害が続いています。
その他
実写映画版「マリア様がみてる」公式サイトオープン、福沢祐巳・小笠原祥子役が正式決定GIGAZINE
おお、キャストの容姿を見るだけだと、以外とイケるかも?

4月 4日

4月に入ってバタバタしていたのですが、ようやく日曜日はお休み。天候も良かったんで、先日の黄砂ですっかり汚れてしまった愛車を洗車しました。

鉄粉除去シャンプーで車体の埃を流して、部分的にコンパウンドで下地処理。ブリス用コンディショナーで洗った後、ブリスXを施工しました。

冬の間の汚れもあったし、たっぷり時間をかけて洗車しました。やっぱり、天気の良い日に洗車すると気分が良いですね〜。

洗車を終えると、車体の乾燥も兼ねて本屋に行ってきました。

  • コミック:新世紀エヴァンゲリオン(12)(貞本義行 角川書店)

久しぶりの貞本エヴァの新刊です。

新劇場版ではなく、旧作が物語のベースになっている貞本エヴァですが、ゲンドウの行動などにかなりの変更が加えられていて、なかなか新鮮な気分で読むことができます。

それにしても、やっぱり戦略自衛隊のネルフ本部攻略戦のシーンはいろいろとキツいですわ〜。

4月 8日

春のアニメ新番組のなかでは、何といっても期待値の高い「けいおん!!」ということもあって、ネット上でも大盛り上がりのようです。

OPやEDも動画サイトなんかにアップされていますけど、オープニングで放課後ティータイムの5人の演奏シーンをぐるりと360度回り込むカットには仰天しました。5人ともそれぞれ動いてますし、楽器もあるのに。3DCGを上手いこと使っているんじゃないかと思いますが、すげぇなぁ。

Amazonでは、「けいおん!!」のBlu-rayが予約開始されていますが、9巻という数からして、放送は2クールになるっぽいですね。

半年間、たっぷり楽しめそうです。

amazonに発注していた画集がようやく届きました〜。

  • 単行本:みぶなつき画集 鉄道むすめ〜鉄道制服読本〜(みぶなつき アスキー・メディアワークス)

同時に頼んだモノは先に届いていたのですが、この本だけ商品が確保できないということで後日発送になっていたのですよ。

一時は4月末の発送になるということでキャンセルも考えたのですが、思ったより早く届いたのは幸いでした。

その他
何でもこなした苦労人 木村拓也コーチを悼むasahi.com
先日、試合前のノック中に倒れた後、意識が戻ることなく亡くなられたそうです。合掌。

4月 10日

軍事
4代目、実力発揮 観測船「しらせ」南極初航海終え帰国asahi.com
海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」が、南極観測支援から無事に帰国しました。就役からの南極行きまでの準備期間が半年ほど。しかも、一般公開や外来艦船のホストシップとしても行動していた為、十分な準備ができたのか些か不安だったのですが、無事に任務を全うされたようです。おかえりなさい!
砕氷艦「しらせ」平成22年度総合訓練時の寄港地について海上自衛隊
少々古いリリースですが、「しらせ」繋がりということで。リンク先はPDFなんで注意してください。8月末から9月末までのおよそ一ヶ月、日本を一周しながらの訓練が行われます。

4月 11日

相変わらずバタバタしてますが、暇を見て書店にダッシュ。

  • 新書:女子高生=山本五十六リローデッド(志真元 イカロス出版)

KKベストセラーズから2冊が刊行されて、その後はいろいろと大人の事情があった様子の「女子高生=山本五十六」シリーズ、イカロス出版に版元を変えて刊行が再開されました!

諸々あって、オンラインウォーゲームで連合艦隊司令長官の「中の人」を担当することになった女子高生のお話の第三巻です。

緒戦で圧倒的な勝利を収めた日本海軍ですが、米軍も徐々に立ち直りを見せてきます。

準備期間をフルに使って「後知恵」での工業力底上げを図った日本側ですが、やはり圧倒的な彼我の工業力の差は如何ともし難いようで、戦局の先行きにはやはり暗雲が。

零戦に徹底的な改良を加え、その後継機の開発も急がれてはいますが、連合国側はゲームルールの盲点をついて、既にP-51ムスタングの大量投入を開始していて、既に航空戦では日本側は必ずしも有利とは言えない状態。

量産型空母や護衛駆逐艦を大量就役させたとは行っても、所詮は短期的にリソースを集中して最適化された戦力を整備しただけで、これで押し切れなければやはり最終的には国力の差が出てきます。

本文中でも日本側は「まともな近接信管と小型軽量な機銃用射撃照準機の開発を最初から諦めている」と明記されていたりしますし。

そして、連合国側でも主人公達の真のライバルになると思わしき「中の人」たちが蠢動を始めていて…。

一方で、このシリーズの隠れたウリとも言えるあちこちに仕込まれたネタは相変わらず健在。

ソロモンよ! 俺たちはやって来たぁー!」とか、「俺たちが[大和]だ!」とか。あと日本の南洋方面機動艦隊の旗艦の艦名が「剛龍」(ラバウルで烈風するアレですよね?)だったり、ポートモレスビーに展開中の新型潜水艦が「たつなみ」と「やまなみ」(沈黙のアレだな)という愛称で呼ばれていたり。

なにはともあれ、続刊が楽しみなシリーズです。

4月 13日

軍事
沈没哨戒艦、16、17日にも艦尾引き揚げ 韓国国防省asahi.com
近日中には艦尾部分を引き上げられる見込みとのこと。これで沈没の原因がある解明されることが期待できます。
中国艦隊の沖縄近海南下、偵察・挑発の可能性YOMIURI ONLINE
潜水艦が浮上航行して艦隊に加わっていたのは、練度や技術的な課題があるのか、それとも示威目的でしょうか?
台湾、新型「対空母」ミサイル艇のCG画像公開AFPBB News
1000トンもあるのにミサイル艇と呼ぶのは如何なものかと思いますが。しかしコレ、対空母用の秘密兵器というよりも、台湾海軍の窮余の策と思えます。近代的な潜水艦を導入できていればねぇ…。
デジタル機器・AV
パナソニック、4/3型センサー搭載の業務用カムコーダーを開発発表デジカメWatch
とりあえず業務用のようですが、いずれこれがハイアマチュアレベル用の機材にも応用されていくのでしょうか?

4月 14日

amazonに頼んでいた本が届きました〜。

  • 雑誌:マガジンXビジネス vol.3 プリウスの真実。(三栄書房)

良くも悪くも色々と騒がれた新型プリウスの特集です。

アニメ・コミック
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破2.22」のプロモーション映像がネット上で公開開始、全部で1分55秒GIGAZINE
もうすぐブルーレイも発売です。「Q」の公開はいつ頃になるのかなぁ。
コンピュータ
iPad、日本発売は5月末に延期 米国で「予想をはるかに上回る需要」ITmedia News
売れているみたいですねぇ。格好良いとは思うけど、私の用途には合いそうにないデバイスですし、見送る予定であります。
その他
BSE以来最大の危機 吉野家、過去最悪の最終赤字にMSN産経ニュース
ヤバそうですね。具の盛りが悪いとかネット上での評判もあまりよくないようですし。そういえば、私もここ一年近く吉野家で食べた記憶がないなぁ…。
「キン肉マン」作者がTwitterで吉野家との確執を告白。吉野家は「事実と違うと考えている」ITmedia News
そしてさらに吉野家にマイナス要因になりそうな事態が。

4月 15日

軍事
【韓国艦沈没】外部爆発説強まる 韓国が船体引き揚げMSN産経ニュース
「天安」の艦尾が引き上げられ、行方不明者の遺体の収容も始まっています。船体の状況からして、爆発は艦外で起きた可能性が高いようですが…。
時事
「哀れでますますいかれた鳩山首相」…米紙酷評YOMIURI ONLINE
あの有様で、アメリカ側に「信用してください」なんて言ってもねぇ。
航空宇宙
はやぶさ、地球へ〜帰還カウントダウン〜JAXA
地球帰還が間近に迫ってきた小惑星探査機「はやぶさ」の特設サイトが解説されました! またTwitterでの情報配信も始まっています。
デジカメ
「オリンパス・ペン」にAF性能向上ファームウェア デジカメWatch
静止画のオートフォーカス合焦までの速度が向上するようです。また、特定のレンズではコンティニュアスAFの追従性が向上するとのこと。
シグマ、超広角ズームレンズ「8-16mm F4.5-5.6 DC HSM」を正式発表デジカメWatch
APS-Cサイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフで、広角端12mmという驚異的な超広角ズームレンズ、4月29日から順次発売されるそうです。対応するカメラを持っていませんが、このレンズには興味津々ですよ。
オリンパス、「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6」を23日に発売デジカメWatch
マイクロフォーサーズマウントの超広角レンズ、23日に発売になるそうです。9-18mmはフォーサーズ版もありますが、比較するとかなりコンパクトになっている様子。マイクロフォーサーズの強みですねぇ。AF作動時のノイズ低減も図られているようです。
デジタルワークフローソフトウェア「OLYMPUS Viewer 2」公開のお知らせオリンパスイメージング
「OLYMPUS Master 2」、「OLYMPUS Studio 2」に代わるRAW現像ソフトが発表されました。有償だった「Studio」に対し、こちらは無償でのライセンス提供になるそうなのは嬉しいですね。また、「E-P1」で撮影されたRAWデータに「ジオラマ」と「クロスプロセス」を適応できるようになっているのも良いですね。

4月 17日

今年の初頭くらいからモバイル環境の構築に関してアレコレやっていたのですが、ようやくハードウェアの整備を終えました。

イー・モバイルのモバイルWiFiルーター「Pocket WiFi (D25HW) 」を導入しました!

同時にインターネット接続用端末としてiPod touchの32GBも。イーモバイルの回線2年縛りが付きますが、新潟のヨドバシカメラにてセットで11000円也。

帰ってきてから、早速セットアップを開始。

このPocket WiFi、設定も簡単で扱いやすい端末ではあるのですが、初期設定のままではセキュリティ的に問題もあるらしく。以下のサイトを参考にさせてもらって、設定変更を行いました。

Nintendo DSも使っていませんし、IEEE802.11認証はWPA2-PSKにさくっと切り換え。

ノートパソコン2台とiPod touchの無線LANの設定を変更して接続試験。…お、あっさりネットに繋がりました。さすがに光ファイバなんかに比べるともっさりした読み込みになりますが、普通に使う分には十分そうな感じです。

iPod touchは無線LANで使うしかありませんが、ノートパソコンではUSB接続で使うこともあり得ますので、さらにD25HWのドライバもインストール。あと、念のためにデスクトップ機にもドライバを入れておきました。こちらは通常は光ファイバなのですが、万一ってこともありますし。

ドライバのインストールと平行して、iPod touchに液晶保護フィルムを貼り付け。さらにエネループ用のモバイルブースターのKBC-E1AS【amazon】も導入しましたんで、こっちもUSB接続して充電開始。

あと、問題は持ち運び用のケース。これは今回は気に入ったのが無かったので、これからネットで探そうと思います。あと、Bluetoothヘッドフォンも欲しいなぁ。やっぱり、この手の機器を買うと、どうしても細々した買い物が…(苦笑)。

軍事
海自横須賀基地に新岸壁「逸見岸壁」が整備、ヘリポートと一体型カナコロ
CVN65と娘たちの日常経由。おお、「ひゅうが」専用岸壁と言われながらも、同艦の就役に間に合わなかった大型艦用岸壁が竣工したようです。長さが390mということなので、22DDHも余裕をもって泊められますね〜。
ゲーム
ラブプラス+ 「これはもう確実に現実に戻れないフラグw 」「どーみてもエロゲw 」アキバBlog
こりゃもう皆さん、ゲーム持って熱海に行くんですね。判ります(笑)。

4月 18日

メインのノートPCであるThinkPad X60sのHDDを換装しました。

交換用ドライブである日立「HTS725050A9A364」(2.50inc 7200rpm 500GB)とコネクタ、それにソフト類は先月買ってあったんだけど、色々とドタバタしていてなかなか手が付けられず…。

手順としては以下の通りです。

  1. AREAの変換アダプタ「変換集団」で新しいHDDをUSB接続
  2. true Imege Home 2009」で内蔵HDDを新しいHDDにクローニング(同時にパーティションの容量を切り直しました)
  3. 新しいHDDと変換アダプタを取り外し
  4. ノートPCの電源を切り、内蔵HDDを取り外し
  5. 新しいHDDをノートPCに取り付け

内蔵HDDの交換が困難なノートPCも多いようですが、さすがにThinkPadだけあってネジを1本外せばHDDにアクセスできるというイージーな設計。素晴らしいです。

  • HDDカバーの固定ネジを外します
  • カバーを外すとHDD本体が見えます
  • タブを引っ張ればドライブを引き出せます
  • あとはゴムクッションと固定トレーを外せばOKです

ドライブの交換を終えて電源を入れると、あっさりとPCは起動しました。

パーティションのサイズも指定した通りになっていますし、ドライブのクローニングに時間がかかった以外、思った以上に簡単に作業を終えることができました。

時事
内閣支持続落25%、不支持は急増61% 朝日新聞調査asahi.com
支持率の低下は一本調子ですが、不支持の割合が三月までの増加率に比べて跳ね上がっているのに注目ですね。
アイスランド火山噴火 航空網乱れ 欧州経済に深刻な影MSN産経ニュース
事態はますます深刻になっているようです。火山灰は、そのうち偏西風にのって日本上空にも届くだろうし…。
交通・鉄道
初代ミニ山形新幹線ラストラン 18年のはばたきに幕47NEWS
シンプルな外形が格好良い車両でしたね。一度も乗ったことがなかったけど、やはり体験しておくべきだったかなぁ…。

4月 20日

Pocket WiFiiPod touchの導入に伴ってamazonに発注しておいた小物類が到着しました。

  • カメラケース:APEX30AW ブラック(Lowepro)
  • iPod用ジャケット:エアージャケットセット for iPod touch 2nd(クリア) PTX-71(パワーサポート)
  • クリーニングクロス:KCT-003BU(エレコム)
  • 電源コネクタ:USBカーチャージャー CAR-CHR53U(サンワサプライ)

「APEX30AW」は、本来はコンパクトカメラ用のポーチとして発売されているものですが、サイズ的にちょうど良さそうだったので発注してみたもの。

早速、Pocket WiFiとiPod touchを入れてみましたが、バッチリ寸法通りでした。

ポーチとしては、ジッパー開閉式のシングルコンパートメントですが、コンパートメントには仕切りがあり、2つのアイテムを収納可能になっています。また、フラップの裏側にはメッシュのポケット、中仕切りにはメモリカード用の小型ポケットが備えられています。

本体裏側には、Loweproのケースを使っている人にはお馴染みのスリップロックタブがあり、ベルトなどに取り付けて携行可能。また、ショルダーストラップも付属しています。

デリケートなカメラを持ち運ぶ為のポーチなので、本体は撥水性の高そうなナイロンの外装にクッション材が縫い込まれている上、内側は起毛された素材で出来ていて、衝撃や傷から内部の物を保護しています。加えて、雨や埃が酷い場所でケースに被せるオールウェザーカバーが内蔵されていて、いざというときは心強い備えになってくれます。

私の場合、フラップ裏のメッシュポケットにPocket WiFiを、コンパートメントの奥側にiPod touchとクリーニングクロスを入れてみました。内部容積にはまだ余裕があるんで、短いケーブルやイヤホンくらいなら纏めて持ち歩けそうな感じです。

「エアージャケットセット for iPod touch 2nd」はプラスティック製のジャケット。非常に薄くて透明度の高い素材です。ちょっとボリューム操作がやりにくい気もしますが、やはりこの手のジャケットに共通の問題でしょうね。本体の傷を許容するか、操作性を重視するかという選択だと思います。

「KCT-003BU」は150mm四方という比較的小さなクロス。ポーチに入れて持ち運んでも嵩張りません。コレ良いなぁ。デジカメとノートパソコン用に、もう何枚か購入しようと思います。

最後の「CAR-CHR53U」は自動車のシガライターからUSB電源を取るためのソケット。取り付けるとほとんど突出量が無いのが良いですね。USBから電源を取る機器は多くなってきましたし、車に乗る人は一つくらい常備しておくと便利かもしれません。

その他
【上海万博】 岡本真夜、盗作された「そのままの君でいて」の楽曲使用を許諾痛いニュース(ノ∀`)
いやぁ、これにはぶったまげましたわ。本当に、想像の遥か斜め上を行くとはこういうことですか…。

4月 21日

軍事
海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で−関係筋時事ドットコム
照準を向けたってことは、砲身を向けたってことじゃなくて、射撃指揮装置のレーダー照射を行ったってことなんでしょうか?
航空宇宙
小惑星探査機「はやぶさ」搭載カプセルの地球帰還についてJAXA
6月13日、日本時間で23時頃になるとのこと。「はやぶさ」帰還を生中継してくれるTV局とかないもんですかね。
山崎さん帰還、日本人最後のシャトル搭乗YOMIURI ONLINE
無事の帰還おめでとうございます。これで日本人によるシャトルでの宇宙飛行は最後になる筈です。
人型ロボット、シャトルで宇宙へ NASAとGMが開発CNN.co.jp
これって、真空中での作業はできるんでしょうか? そして、AMBAC機動はできるのか?(笑)
デジカメ
パナソニックがAF性能などを改善するG1、GH1、GF1用の新ファームを発表デジカメinfo
オリンパス製レンズを使ったさいのAF性能が改善されるようで、パナソニック製ボディにオリンパス製レンズの組み合わせで使っている人には嬉しいアップデートになりそうです。

4月 22日

いろいろ話題のTwitterを始めてみました。

URLはhttps://twitter.com/h_goyaです。

まだ機能とかさっぱり理解してないのですが、とりあえずぶつぶつと呟いています。宜しく〜。

amazonに注文していたブルーレイが届きました〜。

  • ブルーレイ・ディスク:ソ・ラ・ノ・ヲ・ト(2)(アニプレックス)
軍事
中国が艦隊母港に消磁施設…潜水艦追跡妨害YOMIURI ONLINE
中国では二箇所目の施設になるそうです。海上自衛隊も消磁所は横須賀にもってるだけですから、中国海軍の本気の度合いが伺えますね。
デジカメ
オリンパスE-3/E-30後継機(E-5?)は6月から9月の間に登場?デジカメinfo
E-3後継でも、E-400系の新型でも良いですから、オリンパスはフォーサーズを継続するんだという強いメッセージを、早急に出して欲しいと思います。
その他
PRソングの次は中国館 セビリア博の日本館に酷似とネットで指摘MSN産経ニュース
なんか次々に出て来るなぁ。さすが中国と言うべきか…。
上陸ブーム「軍艦島」 解禁1年、予想3倍の観光客MSN産経ニュース
私も行ってみたいなぁ、軍艦島。安全上の観点から気象条件によっては上陸制限がかかるのですが、当初年間100日と言われていた上陸可能日が、好天に恵まれて200日程度取れたのも大きいようです。

4月 23日

軍事
韓国艦沈没、直後に「北の関与明白」…軍当局YOMIURI ONLINE
…すいません、「明白」って言っている根拠の何処が「明白」なのか、私にはさっぱり理解できませんよ! っつーか、「天安」も周辺の韓国海軍の艦艇も探信音を探知してない訳ですし…。
対戦車誘導弾、検査中に暴発…壁突き破り外にYOMIURI ONLINE
これってロケットモータが動作したということですか? いやぁ、大事にならなくて良かったですねぇ…。
アニメ・コミック
ガンダムカフェ、アキバに立ち上がるYOMIURI ONLINE
おお、この制服はなかなか可愛らしいですな〜。機会があったら、行ってみようかな。

4月 24日

世界の艦船」のサイトに6月号の内容紹介が掲載されました。

今月号の特集は「22DDHと新しいASW」ということで、記事の画像が何枚か掲載されているのですが、その「カラー特報! 最新CGで見る22DDH」を見ると、ブリッジ部分にフェーズドアレイらしきパネルが。

並べて掲載されているひゅうが型護衛艦の画像と見比べてみると、同艦のFCS-3改とほぼ同じ位置に搭載されています。ただし、「ひゅうが」は、自艦が搭載しているESSMの誘導用にXバンドのイルミネータを装備しているのですが、22DDHにはそれがありません。

22DDHは近接防御火器(対空ミサイルとしては、パッシブ誘導のRAMを装備)のみを装備すると言われているので、イルミネータは必要ないんでしょう。

防衛省から平成22年度概算要求の概要が発表された時、そのイメージ図に対空レーダが描かれていないのをいぶかしく思ったのですが、どうやらFCS-3を捜索レーダとして装備する方向になったようです。しかし、こうなるといかな多機能レーダとは言っても、FCS(Fire control system)と銘打つのは如何なものかと思えてしまいます(笑)。

他にも、艦橋前の近接防御火器の位置が変更されていたり(舷外のスポンソン上になってる?)、なかなか興味深いCGです。ウチのあたりでは雑誌類の発売が遅れるので、明日あたり書店をチェックしてこようと思います。

時事
子ども手当:韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組毎日jp
やはり、こういう外国人が出てきましたか。こういう申請にはキッチリ対応して、場合によっては詐欺罪で告発するくらいの姿勢を見せなきゃ駄目ですよね。
コンピュータ
さよならフロッピー 国内最大手、ソニーが販売終了へasahi.com
ウチでも部品棚の中にドライブを一台温存してあったような気がしますが、もう何年も使っていませんねぇ。代替を目指したリムーバブルメディアは色々と登場しましたが、どれもマイナーな存在のままだったことで、長く使われたメディアになりましたね。何はともあれ、お世話になりました。お疲れ様。

4月 25日

ゴールデンウィークの旅行の準備のため、色々と買いだし(着替えとか、ケーブル類の追加購入とか)。

途中、書店に寄って「世界の艦船」を購入。

  • 月刊誌:世界の艦船 6月号(海人社)

特集は「22DDHと新しいASW」。注目度の高い平成22年度護衛艦の特集です。

昨日の記事にも書いたFCS-3ちっくなフェーズドアレイは、どうやらミサイル管制機能を省いて対空捜索、航空管制専用とされたレーダーで、OPS-50と呼称されるようです。

ちょっと気になったのが、甲板上の航空兵器用のエレベータ。

CGを見る限り、「ひゅうが」型よりも大きく描かれていますね。

甲板上で同時に多数機を武装するために輸送能力を上げたのか、それとも現状よりも大型の武器を装備する予定があるのか、あるいは多目的母艦としての要求があるのか? 些か興味深い部分であります。

4月 26日

amazonに発注しておいた単行本が到着。

  • コミック:おおきく振りかぶって(14)(ひぐちアサ 講談社)
  • コミック:武士道シックスティーン(2)(安藤慈朗 講談社)
  • コミック:咲-Saki-(7)(小林立 スクウェア・エニックス)

旅行の準備でドタバタしていて、なかなか読む時間が取れないんで、旅先に持っていってフェリーの船内で読もうかなぁ。

その他
映画『マリア様がみてる』製作発表記者会見CINEMA TOPICS ONLINE
個人的には秋山奈々がロサ・フェティダということに驚愕した(笑)。

4月 28日

会社から帰ってきたらamazonからの荷物が届いていました。

  • コミック:GUNSLINGER GIRL(12)(相田裕 アスキー・メディアワークス)
  • コミック:けいおん!アンソロジーコミック(2)(アンソロジー 芳文社)
  • CD:GO!GO! MANIAC(放課後ティータイム ポニーキャニオン)
  • CD:Listen!!(放課後ティータイム ポニーキャニオン)

しかし、今日は旅行に九州旅行に出発する日なのでゆっくりしている時間もなく。

CDを慌ただしくiTunesに取り込んでiPodに同期しただけ。本は帰ってきてからゆっくり読むよ〜。

そんな訳で、今年は2年越しの悲願(昨年は勤め先の休日の都合で、計画だけ立てて断念したのです)である九州旅行に行ってきます!

ルートは大阪からフェリーに乗って鹿児島に渡り、基地と産業遺産を見ながら反時計まわりに九州を四分の三周くらいするルートです! ゴールデンウィークあけまで、結構な長期旅行になる予定。

あんまり準備に時間が取れなくて、バタバタしてますが、とりあえず行ってきます! 今日は北陸自動車道を西進。できれば敦賀くらいまで辿り着きたいなぁ。

4月 29日

荷造りに手間取ったり、追加の買い物をしたりで、予定より2時間近く遅れて出発する羽目になってしまいました。

敦賀まで行く予定だったのですが、日付が変わって一時間ほど走ったところで富山県の小矢部川SAでダウン。仮眠に入ります。

んでもって、物音に気がついて目を覚ましてみれば、外は結構な雨。うわ〜。

まぁ、お天気は仕方ありません。コーヒー飲んで目を覚まして、出発。

ゴールデンウィーク初日ということもあって高速道路は所々渋滞しているようですが、幸い私は京都から大阪近郊にかけて小規模なものに遭遇しただけで行程に大きな狂いはなく。お昼には最初の目的地である大阪市立科学館に到着できました。

大阪市立科学館ではプラネタリウム番組の全天周映像 HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-を視聴。

当初の予定だと昨年度一杯で放映を終えると聞いていたのですが、どうやら好評故に上映期間が延長になったようで。幸い時間にも余裕ができましたし、せっかくの機会ですので見ていくことにしました。

席は9割がた埋まっていたでしょうか。休日ということもあって、親子連れも多いようです。

そして、放映開始。巨大なドーム一杯に映されるCGは大変な迫力。文字通り満天の星空を舞台に展開していく映像は、まるで自分が宇宙を漂っているかのようで、ともすれば平衡感覚を喪ってしまいそうになります。

物語には人間のキャラクターは一切登場せず、ナレーターが「はやぶさ」に優しく語りかけるように進行していきます。

「はやぶさ」の旅の意義。喜び。苦難。そして蒼い星へ…。

ラスト近くになると、あちこちの座席からすすり泣く声が。うわぁ、あのエンディングは反則だよ…。

化学推進ロケットの推進剤を喪失した「はやぶさ」が再突入カプセル分離後にどのような運命を辿るかを知っている私も、最後のシーンには思わず落涙。やはりハンカチ必須ですよ、この話。

そんな訳で、機会があれば是非とも。一見の価値ありです。

「全天周映像 HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」を見終わったら、少々休憩したあと大阪南港のフェリーターミナルに直行。

結果的にこの判断は大正解。私がターミナルに着くころは、志布志航路の乗用車用駐車場は、ほぼ一杯。乗船受付も長蛇の列ができておりました。

この日は全等級満席ということで、私は乗船早々にお風呂に(それでも、結構混み合っていたけど)。

しかし、それで油断したのか、夕日と出航風景を眺めていたら、レストランの夕食の開店時間に遅れを取り、満席で入れないという事態に。

小一時間、すきっ腹を抱えて船内をうろうろしておりました。

で、レストランの閉店30分ほど前に入場。バイキング形式ですので、お腹一杯頂きました。

やはり、長時間の運転で疲れていたのか、一杯飲んだだけのビールが良く効きます。自分の寝台に戻ると、早々にダウン。

あ、私は今回、等級はツーリストベッドで乗船しました。いわゆる二等寝台という奴でして、区画の中に多数の二段ベッドが並んでいます。

一応、カーテンを引くことである程度のプライバシーを確保できますし、枕元のベッドライト部分にコンセントがあるのが有り難かったです。デジカメや携帯電話、iPodなど、電子機器を多く抱えての旅行ですから、充電できる機会は貴重。就寝前に小型のタップで分岐させて各種機器を接続した後、毛布を被りました。

横になると、やはり船体の揺れを感じます。寝台のある部屋は船首寄りですし、周期的なピッチングっぽい感じ。

そういえば、レストランの窓から町並みの明かりが見えたなぁ。あれは和歌山県かな。そうすると、フネはボチボチ太平洋に抜けているはずですし、うねりがあるのかも知れないなぁ。などと考えている間に睡魔に負けて瞼を閉じました。

4月 30日

就寝時間が早かったこともあって、午前5時半起床。

甲板を少し散歩して目を覚まします。彼方には陸地が。聞けば宮崎沿岸を南下中とのこと。昨日の教訓から、レストランの朝の開店時間の少し前から並び、朝食を美味しく頂きました。

朝食もバイキング。昨日の夕食は和食だったので、朝は洋食で。

少し多すぎたかなと思ったのですが、起床が早かったこともあって丁度良い感じ。個人的にはフルーチェが懐かしい味で。そういえば、最近食べてなかったなぁ、と(笑)。

朝食の後は下船に備えて荷物を整理すると甲板で風に当たっていました。志布志港への入港予定は8時55分。8時半頃には港が見えてきます。

着岸作業を見物したいところですが、車両甲板に移動しそこなうとアレですし、大人しく船室で待機。

着岸は、ほぼ定刻の通りだったようです。各船室のお客さんに順に移動のアナウンスがされるのですが、私のエリアの順番がなかなか回ってこなくてヤキモキしました。

着岸から15分ほどで車両甲板への移動を開始します。

甲板にはびっしりと車両が並べられています。発車は誘導員の指示により順番に行われますが、鮮やかな手際でみるみる台数が減っていきます。

さて、そろそろ私の番…と思いきやトラブル発生。

私の車の前に停めているT社のハイブリッドカー、どうやらドライバーがまだ車両甲板に降りてきていないようで無人のままです。

これは困りました。車間は辛うじて人が通れるくらいしか開いてませんし、私の車の後ろは荷台のみのトレーラーが並べられているので、切り返して車を出すことすらできません。

誘導員の方も「やれやれ」といった表情で、やむなく隣の列の車を先行させて発車させていきます。

T社のハイブリッドカーのドライバー、数分後に慌ててやってきて事なきを得ましたが、大型のカーフェリーではありがちなトラブルのようですし、気を付けたいものです。

車両甲板、そして岸壁に渡されたランプには結構な段差や傾斜があります。私の車はサスペンションを換装して標準仕様より車高が25ミリほど落ちているので、徐行して慎重に移動。無事に九州への上陸を果たしました!

念願の九州初上陸です! やってきたぜ!

九州上陸後はガソリンスタンドに直行。フェリー会社の企画で、乗船者のガソリン値引きキャンペーンが行われているので、大阪までの行程を逆算してなるべくタンクを空にするようにしておいたのです。

これから目指す内之浦はいろんな書籍で辺鄙な場所だと強調されていますので、やはり燃料は入れておかねば。

無事にガソリンを満タンに。ふと見れば、スタンドのそこかしこが妙に埃っぽく。聞けば、昨日も桜島からの降灰があったとのことで、その名残のようです。ああ、鹿児島に来たんだなぁ。

給油を終えるとmixiで勧められたJR志布志駅を見学。

日南線終点の駅ということで、ホームと駅舎は直交する位置関係になっています。

最果ての駅という感じで、旅情にあふれていますね。九州を鉄道で旅するなら、是非訪れてみたい駅です。

志布志駅を見た後は、コンビニでおやつと飲み物を補給して、出発。目指すはJAXA内之浦宇宙空間観測所です。

カーナビには内之浦観測所の位置は入力済みですが、案内板にもロケット基地が記載されているので、さほど迷うことなく行けると思います。

問題は道路そのもの。海岸ちかくまで山が迫っている地形なので、道路も複雑な形状の海岸線を伝うように建設されており、ぐねぐねと曲がりくねっています。

道幅もすれ違いは十分に出来るものの、決して広い訳ではなく。なるほど、こりゃ大変な場所だわ〜。

一時間ほどもドライブしてると、道路脇にそれっぽいオブジェが見えてきました。いよいよ、内之浦町です。

内之浦宇宙空間観測所の見学を終えると、内之浦の町中にあるマツワキ食堂さんのラーメンでお昼。

次なる目的地は海上自衛隊鹿屋航空基地に隣接する資料館です。

内之浦から鹿屋へは、21世紀になってから開通した国見トンネルのおかげで大変便利が良くなったそうです。

行程は一時間ほどでしょうか? カーナビの表示に従って、迷うことなく資料館に到着することができました。

鹿屋航空基地資料館の見学を終えると、今日はホテル泊まり。予約しておいたホテルにチェックインします。

ふと気が付くとホテルの玄関には消毒薬と思しき液体をしみこませたマットが。宮崎県で発生した口蹄疫の拡大予防のためと思われます。この時点ではあまりニュースになっていませんでしたが、九州南部の各自治体は拡大阻止のために必死の活動を行っていたのです。

ホテルの近くのコインランドリーで洗濯をしている間に、夕食をファーストフードですませます。ホテルのLANに接続してネットを軽く巡回。しかし、疲れからか徐々に瞼が重くなってきます。先の長い旅ですし、早めにベッドに潜り込みました。