Cross Talk

2010年 10月

10月 23日

メインPCのシステムドライブがぶっとんで以来、いろいろと環境の再構築をやっておりました。長期にわたる更新の停滞、大変申し訳ありません。ボチボチ、再起動をかけていきたいと思います。

更新を休止している間にカタログスペック上あまりに進歩がないE-5に落胆したり、フォーサーズレンズ開発中止という噂に落胆しまくったり、思った以上に良さそうなE-5の画像に盛り上がったりしている昨今です。まだ予約してないけど、どうしようかなぁ…。

尖閣諸島を巡って中国との小競り合いや、19DDあらため「あきづき」の進水、海上自衛隊の潜水艦増強など、いろいろと気になるニュースもありますが、やんわりと進めて行ければと思っています。皆様方もゆるゆるとお付き合い頂ければ幸いです。

軍事
英国が国防見直し 核ミサイル原潜建造先送り、空母退役前倒しMSN産経ニュース
さらばハリアー。イギリスもいろいろと予算が厳しいらしく、大変そうです。
英最新鋭の原潜が座礁も離脱に成功、スコットランド沖CNN.co.jp
で、そのイギリス海軍がさらにヤバいことになりそうだった「アスチュート」の座礁事故。大事には至らなかったようなのは幸いです。
米軍潜水艦に女性兵士が初搭乗へ、来年12月からCNN.co.jp
船体サイズが大きなオハイオ級潜水艦から。1隻あたり3名の乗務で4隻なのに、24人が選抜されるというのは二直分のクルーがいるからですね。
海上自衛隊の潜水艦22隻態勢に増強へ 日本CNN.co.jp
んでもって海上自衛隊、潜水艦の寿命見直しで勢力を増強することになりそう。部隊配置がどうなるかも気になるところです。

10月 24日

映画を観にでかけるついでに、書店に寄ってきました。

  • 月刊誌:アフタヌーン 12月号 (講談社)

「宙のまにまに」は小夜先輩の幼少時代が…。今の大人っぽい性格からは想像ができないお転婆さんぶりに萌える(え〜)。

そりゃ〜、あの美星とつきあってきたんだから、当然か。ちょっとホロリとさせてくれるお話でした。

んでもって、「武士道シックスティーン」は最終回。爽やかな終わり方でした。百合スキー的には香織と早苗が手をつなぐシーンがイチオシです(笑)。

買い物のあとは、劇場版「ブレイクブレイド 第三章/凶刃ノ痕」を観に、十日町市の映画館「十日町シネマパラダイス」さんへ。

今年に入ってもう何回目だろう。すっかり山道も通い慣れました(笑)。

第三章はゴゥレム同士の派手な戦闘が連続する見応えのあるエピソードなので、大変楽しみにしてました。

これまでビノンテン周辺を荒らし回ったワルキウレス部隊も消耗し、クリシュナ軍に痕跡を発見されて密かに包囲されていきます。包囲が完成する直前にそれに気付いたゼスは突破を試みますが…。

いよいよ、多重装甲のデルフィング第三形態の登場。プレスガンをものともせず、体当たりでゴゥレムすら撃破する化け物っぷり。装甲のパージや、大剣を足場にしての跳躍など見せ場は多いのですが、第三章の圧巻は何と言ってもクレオ。

これまであまり戦闘では見せ場のなかった彼女ですが、第三章ではまさに鬼神の如く。デルフィングを脚技で撃破し、さらに部隊の殿をつとめながら、砂塵を利用しての攪乱や、敵機を盾にしながらの大立ちまわりを見せてくれます。

いや〜、さすがに戦闘シーン、気合い入ってますな〜。

早いところでは、今週末には第四章の公開も始まります。デルフィングはさらに改修されていく筈ですし、先の楽しみな映画です。

時事
鳩山前首相、政界引退を撤回「辞任時と状況違う」asahi.com
いや、もう、ね。なんというか、この人の言葉には重さというものが存在しないのかと思ってしまいますよ…。

10月 26日

ロフトプラスワンのスケジュールに、「ロケットまつり42」の予定が掲載されました!

なんと、今回のゲストは小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーであるJAXAの川口淳一郎教授ですって!

宇宙作家クラブpresents「ロケットまつり42〜星に触れる男、はやぶさPM・川口教授 登場〜

2010年6月13日、小惑星探査機はやぶさは地球に帰還した。本体は地球大気圏に突入して燃え尽き、私たちの手元には小惑星イトカワのサンプルが入っているかも知れない再突入カプセルが届いた。川口淳一郎プロジェクト・マネージャーは、1980年代の概念検討から計画に参加し、1996年の開発開始、2003年の打ち上げ、2005年のイトカワ探査と着陸の試み、と一貫して計画の指揮をとってきた。はじまりから終わりまでを知るプロマネが、今、ロフトプラスワンで語る過去と未来!

ロフトプラスワン「2010年11月スケジュールより。

前売り券はローソンチケットで10月30日から販売されるとのこと。いやもう、これは行かずにはいられないでしょう!

Web拍手でメッセージを頂きました〜。

10月24日

まってました!これからも楽しみにしてます!

ありがとうございます! お待たせした分、色々とがんばろうと思います。

再開をお待ちしております。

すいません、お待たせしました〜。

歯医者に出かけたついでに、買い物をしてきました。

  • コミック:マリア様がみてる(9) 〜チェリーブロッサム〜(長沢智 集英社)
  • 月刊誌:世界の艦船 12月号(海人社)
  • CD:比翼の翼(eufonius キングレコード)

再開なったコミック版「マリみて」は乃梨子の登場する「チェリーブロッサム」です。相変わらず安心して読める、手堅い内容でした。

「世界の艦船」は連合艦隊の特集。随分とあちこちで語られた題材ですが、個人的にはジェネラルサポートの阿部隆史氏が書いた「連合艦隊はいかに戦ったか?」が注目記事でした。

そして、表紙と巻頭のカラーページは護衛艦「あきづき」進水式の模様。各方向から撮影した鮮明な画像を見ることができますが、もう少しクローズアップのディテールも見たかったですねぇ。

「比翼の翼」はいろんな意味で話題のアニメ「ヨスガノソラ」の主題歌を収録したマキシシングルです。今期の(というほど数は見ていないのですが…)アニメでは、この曲が一番好きですね〜。

で、買い物から帰ってきたら、amazonからの荷物が届いていました。

  • CD:「けいおん! ! 」劇中歌集 放課後ティータイム II(ポニーキャニオン)

もちろん、カセットテープ付きの初回限定版ですよ〜。amazonでは限定版は売り切れているみたいですが、今日、お店をまわった感じでは、比較的潤沢に出回っているようですので、欲しい人は早めにダッシュした方がよろしいかと。

それにしてもカセットテープ、どうやって再生しよう…(苦笑)。

時事
中国デモ変質、反日スローガンに政権批判加わるYOMIURI ONLINE
反日デモも、鬱屈した不満のはけ口という一面があったってことでしょうかね。このままだと、もうひと悶着あるかもしれませんね。
天文
はやぶさ:持ち帰った微粒子860個に JAXA毎日jp
電子顕微鏡でようやく判別できるサイズのものが大半とのこと。取り扱いも、分析も大変そうですねぇ…。

10月 29日

今日はオリンパスのフラッグシップ一眼レフE-5の発売日です!

何のかんのと迷っていた私ですが、今週の頭にオリンパスのオンラインショップで発注をかけました。

が、何とオンラインショップでは初回出荷分が在庫切れで、どうやら届くのは11月以降になりそうとのこと。幾つかの通販サイトを見回ってみましたが、やはり在庫を切らしているショップは多いようです。

決して生産数が多いカメラではないのでしょうが、滑り出しが好調そうなのは良いことです。

ネットでの評価も、発表当初の(カタログスペック上あまり進歩がないことへの)非難が、サンプル画像が出回るようになってか画像の品質を評価する論調に変わってきたように思えます。

当面はE-5が必要なイベントもありませんし、機材の到着をじっくりと待ちたいと思います。

軍事
海自「きりしま」弾道ミサイル迎撃試験成功YOMIURI ONLINE
海上自衛隊のイージス護衛艦「きりしま」が、ハワイ沖での弾道ミサイル迎撃試験を成功させました。これで、海上自衛隊の「こんごう」型イージス艦は全艦ミサイル防衛対応の改装完了しました。ちなみに記事だと「ちょうかい」が迎撃に失敗したことになっていますが、艦からの運用には瑕疵はなく、迎撃ミサイル側の問題だったと言われています。
航空宇宙
新明和工業、水陸両用救難飛行艇US−2を来年度にも海外販売へMSN産経ニュース
特殊な機体ですし、サービス網の構築などは大変でしょうけど、是非とも成功して欲しい事業ですね。

10月 30日

ローソンチケットで「ロケットまつり42」のチケットを買ってきました〜。

問題は、28日の夜にロケットまつりに参加して、翌日の休みを取れるかどうかだなぁ。一応、申請はしておいたのですが、月末だけになんとも…。

アニメ・コミック
首藤剛志氏死去 ポケモンの脚本家MSN産経ニュース
「さすがの猿飛」とか「ダッシュ勝平」とか、幼少時代に非常に楽しみにしていた作品でしたし、最近では「機動戦艦ナデシコ」は印象に残っています。まだお若かったのに…。ご冥福を。
「鉄道むすめ」久慈ありすに特別住民票MSN産経ニュース
この手の住民票交付も多くなってきましたね〜。