Cross Talk

2010年 12月

12月 1日

12月1日は実写版「宇宙戦艦ヤマト」こと「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の封切り日。映画の日で料金が安くなるということもあって、仕事を終えてから映画館までひとっ走りして観てきました。

実際に観るまでは、正直なところ全く期待していなかったというか、むしろどんな内容になるか危惧すら抱いていたのですが…。いや、思っていたよりずっと楽しめました。

まだ観ていない人も多いだろうから内容には触れませんが、上手いこといろいろなモチーフを取り入れて、ファンを楽しませる映画になっていたと思います。ツッコミどころも多いですけど、その辺は笑ってスルーするのが吉(笑)。

軍事
英海軍の軽空母「インヴィンシブル」がネットオークションに登場GIGAZINE
個人には売ってくれるのでしょうかね? どこかの国が買うとしても、ハリアーを保有している国じゃないとあまり旨味がないでしょうし。インドあたり、新型空母の取得が遅れているし「ヴィラート」も老朽化しているだろうし、中継ぎとしてどうでしょうね(笑)?

12月 2日

軍事
韓国軍の反撃、北朝鮮砲台には1発も命中せずYOMIURI ONLINE
韓国側の自走砲が反撃の為に発射した80発のうち、衛星画像の解析で約45発の着弾点が観測できたそうで。記事だと砲台に対する直撃が1発もなかったと非難しているけど、そりゃあ簡単には直撃なんぞ出ないでしょ。至近弾でもそれなりの制圧効果はあった筈だし。
航空宇宙
国民に夢や希望…「はやぶさ」全団体に感謝状YOMIURI ONLINE
おめでとうございます。ホント、今年は「はやぶさ」関連の話題が多いですねぇ。政府は次の「夢や希望」をどうするのか、真剣に考えてほしいものですが…。
デジカメ
オリンパスのプロ用マイクロフォーサーズ機は2011年の上半期に発表?デジカメinfo
ボディが防塵防滴になっても、レンズはどうするんだ?という気もしますが(現状、マイクロフォーサーズ用は、フォーサーズで言うスタンダード・グレード仕様で非防滴仕様のレンズばかり)。防滴のマウントアダプタを使って、フォーサーズ用のハイグレードレンズを使えるようにするというのもアリか?
自動車
4月から「高速上限2000円」、時間割引継続YOMIURI ONLINE
イベント時など、長距離を走る場合には2000円でも有り難いです。曜日が限定されないなら、混雑の分散化も期待できそうですし。時間帯割引が継続されるなら、短距離ではそれを使うというのもアリですね。

12月 5日

前日夕方から勤め先の忘年会だったので、お昼近くまで爆眠した後に活動開始。

以前から購入を検討していたスマートフォン「REGZA Phone T-01C」を予約に市内のドコモショップまで。

天気も良かったので混んでいるかと思ったのですが、それほどでもなく。色も決めていたしで、サクッと手続きを終えました。

聞けば、既にかなりの台数の予約が入っているとのことで、発売日に渡せない可能性もあるとのことでしたが、その辺はまぁ仕方ないやね。遅くとも、年内には引き渡しができる筈とのことです。楽しみですわ〜。

時事
尖閣衝突:仙谷長官、中国に事前通報「今日、船長釈放」毎日jp
結局、那覇地検による判断ではなく、政府による政治判断の責任を地検に被せただけだったということですね。
航空宇宙
探査機「あかつき」金星上空へ “兄弟星”の謎に迫るMSN産経ニュース
いよいよ金星探査機「あかつき」の金星周回軌道への投入が近づいてきました。「のぞみ」で失敗して以来の惑星周回軌道への探査機投入ですし、ドキドキします。オペレーションが成功裏に終わることを祈念しております。
サイエンス・テクノロジー
NASA、ヒ素で増殖する細菌を発見ナショナルジオグラフィック
すわ宇宙生命に関するニュースか!と騒がれていましたが、蓋を開けてみれば細菌に関するニュースで。いや、大ニュースには違いないんでしょうが。この細菌、地球上で起きた可能性のある「第2創世記」の証拠を捜索中に発見されたとのことですが、残念ながら「第2創世記」の生物の末裔ではなさそうとのことです。

12月 7日

オリンパスからE-5予約キャンペーンの賞品が届きました。

私はB賞のモンベルギフトカードを頼んであったのですが、無事に到着。寝袋を新調しようかと思っています。

全員プレゼントのマルチパーパスポーチは、手触りの柔らかなナイロン製。クッションは入っていますが、ソフトケースなので別の鞄やリュックに入れる必要があります(取っ手やベルトの類もついてないし)。

フラップを止める面ファスナーが本体裏面まで貼ってあるので、それを使って四分の一程度のサイズにまで折りたためるようになっているのは便利そう。

畳めば大きめのポケットに入りそうなサイズですし、色々と使えそうです

今日の朝から、金星を周回する長楕円軌道に入る為の減速噴射を開始した金星探査機「あかつき」ですが、どうも状況が思わしくないようです。

各社の記者が相模原に詰めて取材中の模様。また、サイエンスライターの松浦晋也氏も、Twitterで情報発信を続けています。

情報を総合すると、500Nスラスターの噴射が開始され減速が始まったことは確かなようです(加減速があれば、電波のドップラーシフトで地球から観測できるんで)。

噴射開始の直後、「あかつき」は地球から見て金星の裏側に回り込み交信が途絶えるまでは予定通り。問題はこの後、通信途絶が予定の20分ではなく一時間半以上も続いたこと。当初の予定ではミディアムゲイン(中利得)アンテナで地球との交信を確保する筈だったがリンクできず、自動シーケンスでローゲイン(低利得)アンテナに切り替えて通信が回復した模様。

ミディアムゲインアンテナは通信速度がそれなりに出るけど、アンテナの向きをある程度正確に維持してやらないといけない。逆にローゲインアンテナでの通信は、速度は遅いけど、探査機の姿勢による制約を受けにくい。

この通信途絶が、ミディアムゲインの送受信機の故障程度なら、まだマシ。仮に探査機の姿勢が乱れていてミディアムゲインアンテナが地球を捕捉できてないとしても、必要なベクトルの減速噴射ができていれば十分に挽回可能でしょう。

何はともあれ、正確な情報が出てくるまで待たなきゃいけませんね。「あかつき」運用チームは、ここが踏ん張りどころ。頑張れ!

航空宇宙
はやぶさ全国40カ所で公開 来年4月から1年間47NEWS
公開期間が伸ばされたようで、ほぼ全国で見られるようです。詳細日程はまだ未定とのことですが、楽しみですね!
世界初の太平洋無着陸横断の復元機、青森で7日から公開asahi.com
三沢空港に隣接する航空科学館での一般公開に加えて、基地祭での飛行も予定されているとのことです。
その他
宇宙戦艦ヤマトの秘密工場、見学できます 岐阜のロケ地asahi.com
中空重力式ダムの堰堤内部の空洞を使ってロケが行われたようです。平日に、前日までの予約を行えば見学が可能とのこと。 関連:国土交通省 中部地方整備局 横山ダム工事事務所

12月 8日

残念なニュースです。日本初の金星探査機「あかつき」ですが、金星周回軌道への投入に失敗したようです。

減速噴射が不十分で、金星周回軌道に入れなかった、と。状況的に見て、噴射中に何らかの異常を察知した探査機がセーフホールドモードになってしまったようです。

「あかつき」は金星から離れつつあり、残存燃料を全て使ってもすぐに周回軌道に入ることはできず、6年後に金星に再接近するタイミングで周回軌道入りを狙うとのこと。

幸い、探査機自体はいまのところ異常は発見されておらず、ハイゲイン(高利得)アンテナでのリンク(ハイゲインアンテナは、高速通信ができるけど、向きを正確に制御しないと通信できない)が確立されれば逆噴射中のテレメトリをダウンロードできるでしょう。原因の究明が待たれます。

やはり気になるのは、何故減速噴射中にセーフホールドモードに入ってしまったかという点。通信回復後にはそんなに極端な姿勢の乱れはなかったようですし、機器類に何らかの異常を検出したんでしょうか?

やっぱり、探査機の自律制御って難しいですね。様々な状況を想定してプログラムを組んでいるんでしょうけど、その「想定」の幅を広げるにはやはり経験値が必要な訳で。今回の失敗は、その貴重な機会と前向きにとらえるべきでしょう。6年間何もできない訳じゃないし、JAXAも情報発信を続けて欲しいですね。

デジタル機器・AV
REGZA Phone「T-01C」「IS04」開発者インタビュー ケータイ Watch
オーディオジャックの穴が開いているんでどうなのかと思っていたら、防水構造の部品を新規開発したとのこと。タッチパネルも、水没状態では使えないが、軽く拭けば使えるように設計されているそうです。

12月 9日

残念ながら金星周回軌道への投入に失敗した金星探査機「あかつき」ですが、だんだんと失敗の原因が明らかになってきました。

まずは12月8日の20時30分から相模原で行われた記者会見の模様から。

噴射後約100秒で、金星の陰に入った。噴射後143秒で姿勢を乱している。X軸は5秒で1回転という急速な回転。Y軸は45度ぐらいずれて元に戻した雰囲気。Z軸は20度前後。データレコーダーはセーフホールドモードになるとデータ保護のために上書きを禁止するので、姿勢系のデータはここまで。

金星探査機「あかつき」金星周回軌道投入失敗に関する記者会見まとめより。

噴射開始後143秒で、機体が5秒で一回転するほどの急激な姿勢の乱れがあったようです。

しかし、金星の影から出て通信を回復した後の「あかつき」は10分に1回のローリングを行うセーフホールドモードに入っており、極端な姿勢の乱れはなかったと聞いています。どこかで姿勢の立て直しに成功したのでしょうか?

姿勢制御ロケットの噴射で回転を止めたのならRCSの燃料がそれだけ減少している筈ですし、リアクションホイールを使ったのなら、ホイールの角速度が変化している筈。今後の機体側テレメトリの解析である程度判明するのではないかと思いますので、続報を待ちたいところです。

問題は、この急激な姿勢変化をもたらした原因は何かということ。

セラミックスラスタに問題が生じたとすれば、6年後の減速噴射にも問題が出る可能性が高いので、周回軌道投入は困難になるでしょう。

デブリとの接触だったとすれば、機体のどこかに破損がある筈で、それを確認していかなければなりません。

「はやぶさ」の帰還以来、日本の宇宙探査への関心が高まっていたこともあるのか、各社の報道でも「あかつき」の軌道投入失敗は大きく扱われていたようです。批判一辺倒の報道が、(以前に比べれば)減っているような印象があるのは幸いかも。

特に毎日jpの特集と、マイコミジャーナルの記事は充実していましたので、紹介します。

航空宇宙
米民間宇宙船が帰還に成功 シャトル退役後に期待MSN産経ニュース
今回のミッションはスムーズに行ったようですね。再突入も上手くいったようだし、アメリカの民間企業は底力を付けてきました。日本の宇宙開発ベンチャーにも期待したいところです。
アニメ・コミック
角川書店、「東京国際アニメフェア」出展取りやめ 社長「都の姿勢に納得できない」ITmedia News
角川カッコイイ

12月 10日

「あかつき」の金星周回軌道への投入失敗に関して詳細な事象が判ってきたようで、その記者会見の模様を松浦晋也氏が記事にしています。

また、ITmedia Newsの記事「あかつき、燃料タンクの圧力に異常 配管に目詰まりか」にも注目。

手描きのものですが、「あかつき」の推進系の配管図が掲載されています。おそらく、記者会見場で関係者が説明用に書いたものではないかと思いますが、それだけにチェックすべきポイントが明確になった図だと思います。

さて、今回「あかつき」が逆噴射に使用したセラミックスラスターは、燃料にヒドラジン(ガソリンエンジンで言うところのガソリンに相当)、酸化剤に四酸化二窒素(同じく、大気中の酸素に相当)を使用し、これらの液体をタンクからエンジンの燃焼室へ押し出すために高圧のヘリウム・タンクで加圧する構造になっています。

ヒドラジンと四酸化二窒素の組み合わせは、性能はそこそこ程度で毒性もありますが、常温での長期貯蔵が可能で、混ぜ合わせただけで点火(自己着火)するため確実な燃焼が可能なために宇宙機には良く使われる推進剤です(スペースシャトルの軌道変更用スラスタも、この組み合わせを使っています)。

今回の「あかつき」のトラブルは、逆噴射の為にエンジンに点火した後、燃料消費に伴ってヘリウムガスで加圧されて一定に保たれる筈のヒドラジンタンクの圧力が下がり続けたこと。

燃料と酸化剤には理想的な混合比があり、どちらかが不足すると、燃焼が不完全になって、エンジンの推力が低下してしまいます。

噴射開始からの時間経過に伴って、機体の加速度(この場合は逆噴射中なので減速する方向に加速中ということ)も低下していったとされていますので、ヒドラジンタンクの圧力不足でエンジンに供給される燃料の量が減って、推力が低下していった様子がうかがえます。

で、噴射開始から152秒後に加速度が急低下すると共に、姿勢の乱れ(先日の段階ではX軸が5秒で360度回転したとされているけど、実際は42度だったようです)が生じ、姿勢維持のモードが切り替えられ、エンジンは燃焼を中断した、と。

以上の状況からヒドラジンタンクを加圧するためのヘリウムタンクからの配管、弁などのどこかで詰まりが発生している可能性が疑われているようです。 また、記者会見では燃料タンクの圧力は、通常よりも遅いペースながらも元に戻り、現在は正常な状態にあると説明されていたようです。配管系に閉塞があるとしても、完全に詰まった訳ではないということです。

セラミックスラスターは打ち上げ後に一度だけ点火されていますが、燃焼時間が短時間だったのですよね。このときのタンクの圧力変化がどうだったかは、改めて検証されていると思いますが、そのデータ次第で、このトラブルがどの時点で生じたかが絞り込める可能性もあります。

あと、気になるのが燃焼終了時の姿勢変化。加速度が急低下ってことは、推進剤の混合比が許容できる範囲から外れての失火を連想させますが、もしそうなら加熱されていたエンジンに(相対的に)低温の推進剤が供給されたことで、ダメージが生じていることも考えられそう。

今後はさらに詳細な検証が進むでしょうが、ノズルや燃焼室が健全なら、まだ絶望的ではないとも思えます。

ヒドラジンタンクに圧力をかけられない訳じゃないのなら、例えば効率は悪くなるにしても、噴射を間欠的に行うとか。おそらく、JAXAやメーカーの技術者さんたちの頭の中には、いくつもの対応策が練られている真っ最中でしょう。

それより何より、まずはより詳細な状況把握が大事。まずはこの土日でしっかりリフレッシュして、来週からばりばりと対策を進めてくれるものと期待しています。がんばれ、「あかつき」プロジェクト!

amazonkから荷物が届きました〜。

  • 単行本:はやぶさ、そうまでして君は〜生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話(川口淳一郎 宝島社)
  • コミック:ブレイク ブレイド(9)(吉永裕ノ介 ソフトバンククリエイティブ)
  • コミック:りとうのうみ(たかみち ワニマガジン社)

「はやぶさ」プロジェクトマネージャーの川口淳一郎教授が書かれた「はやぶさ、そうまでして君は」、楽しみにしていた本です〜。

ざっと流し読みしましたが、「MUSES-C」計画の立ち上げに至るNASAとの関係や、宇宙研の特異な気質、それに困難なプロジェクトの渦中にあっての気持ちを率直な筆致で書かれています。

この本はじっくり読み返したいと思います。

「ブレイクブレイド」はビノンテン籠城戦。オーランドの策動や、デルフィングの修復不能なダメージなど、いよいよ物語もクライマックスに向かっています。

軍事
戦車200両削減…その予算で南西諸島防衛強化YOMIURI ONLINE
200両も減らして大丈夫なんでしょうかね? 南西方面の強化が必要というのは判るのですが…。
動的防衛力重視に転換 防衛大綱、中国台頭に備えもasahi.com
潜水艦は22隻に増強。SM-3搭載のイージス艦も増強とのことで、「あたご」型の改装と「はたかぜ」型のイージスDDGへの置き換えですかね?
航空宇宙
探査機の設計ポリシー変更 「あかつき」失敗でJAXA理事長「深く反省」謝罪MSN産経ニュース
冗長性を持たせると、それだけ探査機は大型化、複雑化、高価格化します。それによって打ち上げの機会が減少することがむしろ心配…。積極的に小型の技術実証機を上げたりできないものでしょうかね?
宇宙帆船イカロス、お疲れさま…実験終え「人工惑星」にasahi.com
予定していた実験は全て完了したとのこと。これからは追加ミッションとなりますので、安全性を重視したこれまでとは違い、機体の限界を見極めるような挑戦もしていくようです。
自動車
国交省、横滑り防止装置とブレーキアシストシステムを義務化Car Watch
オプション設定されている車種は多いですけど、あまり付けているという話を聞いたことがありませんしねぇ。シミュレータなどで、こうした新しいシステムがどう機能するかを体感できる機会が、もっと増えてくれればいいのですが…。
デジタル機器・AV
ガラパゴスPR映像に、けいおん!にも出演のあの人ASCII.jp
おお、寿美菜子さんだ。まだお若いのに、落ち着いた雰囲気の人ですよね〜。あと、PR映像のBGMにも仰天。シャープ、始まったか?(笑)
その他
地元限定、「五十六」酒発売―長岡新潟日報社
これの中身を番茶にすれば、判る人にはウケるか?(山本五十六は下戸で、酒席では徳利の中に番茶を入れていたという説があるのです)

12月 12日

amazonからの荷物が到着。

  • コミック:ジオブリーダーズ(16)(伊藤明弘 少年画報社)

帯には「第二部最終巻」と大書されております。

初期の、比較的お気楽なノリの活劇物とはすっかり方向性が変わってしまった感もありますが、何とか完結まで続けてほしいものです…。

軍事
陸自定員、1千人削減の15万4千人で合意YOMIURI ONLINE
戦車も減る、火砲も減る、人員も減るで、陸上自衛隊には厳しい大綱になりそうです。

12月 13日

海上自衛隊がiPhoneのアプリケーションの配信を始めましたよ! その名もSALUTE TRAINER〜敬礼訓練プログラム〜!!

iPhoneを握って敬礼の動作をすると、その「美しさ」を評価するというアプリケーション。

敬礼角度の測定シートや、レクチャー用の動画まで配信するという力の入れようです。海上自衛隊、力入ってんなぁ(笑)。

動画の背景や、写っている艦から見て、横須賀で撮影された動画のようです。

「ふざけてる!」なんて言わないようにね。これも「海軍」らしいユーモア精神と言いますか、柔らかさの現れと考えて、楽しませて貰いましょう。

私も早速、iPod touchにインストールしてみました。いや、コレなかなか難しいっすよ。「反射神経」と「敏捷性」は何とか15ptを越えるんだけど、「最終形態」のポイントが低すぎる…。

時事
菅内閣支持21% 比例投票先自・民逆転 朝日世論調査asahi.com
この流れでは、統一地方選では民主の惨敗しか待ってないでしょうし、現内閣がどこで潰れるかは時間の問題ですかねぇ。
漫画規制:「お上任せ」では豊かな文化生まれない毎日jp
東京都議会総務委員会で可決されてしまった「青少年健全育成条例改正案」に関して、漫画家の野上武志氏のコメント。この条例案、まだ本会議では可決されていないわけですが、さてどうなることやら…。
航空宇宙
「はやぶさ」微粒子、十数個鉱物 「イトカワ」由来か、来年分析47NEWS
比較的大きな粒子が鉱物と判明。イトカワ由来の可能性がありそうとのことです。来年から詳細な分析を行うとのことですが、これがイトカワ由来のものなら予定していた分析がほぼ可能になりそうとのことです。
はやぶさカプセル、「別室」を開封 微粒子存在に期待MSN産経ニュース
これまで調査してきたのはサンプルコンテナA室ですが、B室の調査に着手したとのことです。B室は「はやぶさ」が「イトカワ」への第一回タッチダウンの際に解放されていた部分。このとき、「はやぶさ」は不時着に近い状態でバウンドしたと思われていますので、内部により多くの微粒子が飛び込んでいるものと期待されています。
はやぶさ帰還部上越で公開へ新潟日報
上越市での公開はお盆期間になるようで、これは混雑しそうです。
その他
ドームスタジアムの天井が雪の重みで破損、アメフトの試合が中止にGIGAZINE
スケールが大きすぎて、非現実的な光景です。しかし、コレ、本当に試合中でなくて良かったですねぇ…。

12月 15日

amazonからの荷物が到着〜。

  • ブルーレイ・ディスク:けいおん!!(6)(ポニーキャニオン)
  • DVD:おかえりなさい、はやぶさ(池田昌子(ナレーション) ポニーキャニオン)

「おかえりなさい、はやぶさ」、正直ちょっと微妙…。

CGによる「はやぶさ」の映像と関係者へのインタビューで構成されているのですが、このCG部分の用語の使い方とか、台詞まわし(ちなみに、「はやぶさ」の台詞は池田昌子さんです)とかに妙に違和感が。

気にならない人は気にならないかもしれませんが、「上昇指令デルタファイブを発動」って台詞に、「それ、デルタブイじゃないんか!?」とツッコミを入れたくなる人は、そういう内容だと理解した上で、過大な期待を抱かずに観るのが吉。

あるいは、関係者のインタビューメインとして観るのが賢明かと思います。

航空宇宙
ボイジャー1号、33年かけ太陽系の果てへYOMIURI ONLINE
昔は太陽系の果てというと冥王星ってイメージがあったんですが、観測技術の発達でだいぶイメージが変わってきました。それにしてもボイジャー、さすがに原子力電池だけあって電源が長持ちしますね〜。
土星の衛星に“氷の火山” NASA探査機が発見MSN産経ニュース
地球には泥火山ってのもあるそうですし、氷の火山ってのもあるんですね。そのうち映像が見られれば良いなぁ。
その他
絵描こうと取り寄せたら絶滅魚…さかなクン「ひえーっ」asahi.com
偶然とはいえ、お手柄でしたね〜。これで再び田沢湖でクニマスが繁殖してくれればと思いますが、現在の生態系への影響とかもあるんでしょうね…。

12月 16日

軍事
中国、公式文書に空母建造明記「本格的な海洋強国に」asahi.com
中国の国産空母の一番艦は14年に就役予定とのこと。通常動力で5万トンから6万トンとされていますので、艦載機は40機程度でしょうか? 当面はスキージャンプ甲板でしょうけど、中国海軍がカタパルトの開発を進めるのかどうかは気になるところです。
米国、長距離弾道ミサイルの迎撃実験失敗 今年2度目CNN.co.jp
GBIの迎撃テストが行われたようですが、標的を撃墜できなかったようです。やはり弾道弾迎撃はハードルが高いですね。
サイエンス・テクノロジー
生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見asahi.com
これが上手くいくのなら、良くも悪くも経済的インパクトは大きそうです。プラントを建設するとして、その特許は日本でガッチリ押さえておかないといけませんね。
自動車
ホンダ「NSX」HVで復活MSN産経ニュース
リーマンショックで開発中断が伝えられていたNSX後継車の開発が再開されたとのこと。ハイブリッドになるとのことですが、どんな仕様になるのか楽しみです。
その他
由来は不明だけど… 越前の「ボルガライス」一躍注目asahi.com
福井か〜。敦賀でソースカツ丼を食べたことはありますが、コレははじめて知りました。機会があったら食べにいってみようっと。

12月 17日

新しい防衛大綱が決定されました。

全国にある程度均等に部隊を展開する「基盤的防衛力構想」を、機動力を重視して必要な箇所へ部隊を移動させて対処する「動的防衛力」に転換したのが特徴とされています。

こうした構想の是非には議論もあるでしょうが、人的資源の縮小や、防衛予算の制約などの厳しい環境において、軍備増強を進める中国や、一時のどん底状態から転じて軍の近代化を進めつつあるロシア、それに国際社会に対して様々な挑発行為を繰り返す北朝鮮といった不安定要因が存在するアジア地域の状況に対処していく為に、防衛省はこうした方針を選択したと言うことでしょう。

防衛大綱は防衛省のサイトにも掲載されているので、興味のある方は読んでみてください。

戦車、火砲を大幅に削られる陸上自衛隊に対し、海上自衛隊は潜水艦を現行の16隻から22隻へ、護衛艦を47隻から48隻へと増強されるようです。もっとも、艦艇の新造が抑制される中(中期防衛力整備計画では、護衛艦の新造が5年で僅か3隻とされています)、艦の寿命延長で対応するといういささかお寒い内容ではあるようですが…。

また、弾道弾迎撃用のSM-3を全てのイージス艦に搭載し、常時2隻を迎撃位置に展開させることを可能にするようです。

新大綱別表の中では、特に注記されて「弾道ミサイル防衛機能を備えたイージス・システム搭載護衛艦については、弾道ミサイル防衛関連技術の進展、財政事情等を踏まえ、別途定める場合には、上記の護衛艦隻数の範囲内で、追加的な整備を行い得るものとする」とされていますが、これは「はたかぜ」型護衛艦の代艦建造を考慮しているんでしょうね。

今回の大綱がどの程度の期間運用されるかは判りませんが、大綱の期間中に海上自衛隊の非イージス型の防空艦「はたかぜ」と「しまかぜ」が代艦取得時期を迎える可能性は高いですし。

代艦としてイージス艦(例えば「あたご」型の3番、4番艦)を取得するなら、SM-3運用能力を後付けするより、建造時から能力を盛り込んでいく方がコスト的にも望ましいでしょう。

海上自衛隊関連で気になるのは、現行5個隊15隻とされている地域配備の護衛艦部隊が、4個隊16隻とされること(これに、機動運用される8個護衛隊32隻を加えて48隻ということのようです)。

横須賀、佐世保、呉、舞鶴、大湊の5軍港に各1個隊が配備されている護衛隊ですが、どれかが解隊されることになりそう。

南西方面重視なら一番遠いのは大湊ですが、ここは津軽海峡と宗谷海峡を抱えていますので、護衛艦部隊を削る訳にはいかないでしょう。そうなると、瀬戸内海に位置して、相対的に脅威となる対象が少ない呉あたりとも思えますが…。

また、潜水艦の増強にあわせて、潜水隊も現行の5個から6個隊に再編成されるようです。

現在2個潜水隊が置かれている横須賀を3個隊編成にするのか、それとも他の基地に潜水艦部隊を置くのか。いずれにせよ、海上自衛隊では久々の部隊増強ですので、興味を持って見守りたいところです。

軍事
イスラエル、原発上空で未確認飛行物体を撃墜CNN.co.jp
残骸はまだ見つかっていないので、何を墜としたのかは不明だそうです。
航空宇宙
探査機「あかつき」失敗、エンジンのノズル脱落が原因かMSN産経ニュース
破損したままのノズルが残っていると、噴射時にまた姿勢を崩しそうですが、大部分が脱落したのなら推力が重心付近を通るようです。まだまだ原因究明は続いていますが、何とか6年後の金星軌道への投入の道を探って欲しいものです。
その他
かえって休めない!…観光庁、休暇分散化を撤回YOMIURI ONLINE
地域別に連休にすると様々な問題が生じるのは、ちょっと考えれば判りそうなものですが。いったい何をやっているのやら…。

12月 18日

amazonからの荷物が届きました〜。

  • ブルーレイ・ディスク:涼宮ハルヒの消失(角川映画)

やっぱり消失長門は可愛いなぁ。もうコマ送りする勢いで観るぜ〜!

軍事
韓国海軍:主力艦砲に国産「パクリ品」不正使用、戦闘力に疑問の声サーチナ
韓国海軍の艦艇に装備されているOTOメララの76mm砲に、純正品と偽って韓国製の駐退・復座機が装着されていた、と。コレ、一度アメリカに輸出した後に、純正品と偽って韓国に輸入されたらしいのですが、アメリカ側で兵器部品の輸出入をチェックできなかったのかな? それとも、韓国側の企業が汎用の機械部品と偽っていたのでしょうか?
時事
中国漁船が韓国警備艦に体当たり転覆 1人死亡1人不明asahi.com
中国側の漁船に移乗しようとした韓国海洋警察庁の職員も、漁船員による暴行で負傷したとのこと。ホントに中国の漁船はやりたい放題だな…。中国当局は、本当に取り締まりをやっているのでしょうか? こんな状態だと、最終的には中国の不利益になるとしか思えないのだが…。
引退撤回の鳩山氏「党の友愛の体質、壊れ始めたのでは」asahi.com
いやいや、貴方が引退を撤回することで、党の体質以外の大切なものを、色々と壊す気がするぞ。
サイエンス・テクノロジー
光の道、その誤謬と、必死なのはなぜの話無線にゃん
BSOのほめぺげな Blog経由。状況からの推測中心ですが、なるほどね〜と思える話です。やっぱ私、ソフトバンクって好きになれないですね〜。
アニメ・コミック
中国で模倣ガンダム?MSN産経ニュース
なんか模倣品は不細工ですな〜。首の付き位置や長さがおかしいんですね。それにしても、これをパクリじゃないと強弁できるのは、ある意味凄いですよね。
デジタル機器・AV
エコポイント狂騒曲が終了した今、液晶テレビの価格はどうなっているのか?GIGAZINE
需要が逼迫している時期より、落ち着いているときの方が安いってのは自明の理ですもんね。やっぱり、買い時は落ち着いて見定めないといけませんね。

12月 19日

20日発売と聞いていた「カラー版 小惑星探査機はやぶさ」が既に発刊されていると聞いて、書店までダッシュして買ってきました〜。

  • 新書:カラー版 小惑星探査機はやぶさ 「玉手箱」は開かれた(川口淳一郎 中央公論新社 中公新書)
  • コミック:真月譚 月姫(10)(佐々木少年 アスキー・メディアワークス)

川口先生の「はやぶさ」関連の本が立て続けに二冊出た訳ですが、「はやぶさ」のストーリーを語ることを重視していた感のある「はやぶさ、そうまでして君は」に対して、こちらはより宇宙開発という技術寄りの本になっていると感じました。

イオンエンジンの構造や、スイングバイについての解説もなされており、また「カラー版」の名に恥じない豊富な図表類も嬉しいところです。何しろ打ち上げ後だけで7年、その構想段階から含めると四半世紀に達するという長いミッションですから、エピソードも豊富。

二冊の本のどちらにも載っているというものもありますが、どちらかでしか読めないというエピソードも少なからずあり、やはり好きな人は両方読むだけの価値はあります。オススメ。

交通・鉄道
大糸線、廃線の不安に揺れる沿線 1両が結ぶ地域の足asahi.com>
やっぱり、早いうちに大糸線乗りに行っておこうかなぁ…。

12月 22日

12月の「はやぶさ」アイテム攻勢、DVDの第二弾が届きました。

  • DVD:NHK-DVD 小惑星探査機“はやぶさ”の軌跡(日本コロムビア)

NHK総合TVで放送された番組を基にしているそうですが、きちんと観られる内容になっているといいなぁ…。

と、書いているうちに宅急便が到着。今度は本です。

  • 単行本:はやぶさLOVE講座(COMICリュウ編集部 徳間書店)

「はやぶさ」帰還の日のニコニコ動画などですっかり有名になった「はやぶさ」コスプレイヤーの秋の『』さんをナビゲーターに、対談、コミック、聖地巡礼案内などの記事をまとめた異色の「はやぶさ」本。

すげぇなぁ、こんな本が出版される宇宙機なんて世界で初めてじゃなかろうか…。

時事
韓国、漁船沈没で中国と共同調査の用意 円満解決を希望MSN産経ニュース
中国相手に円満解決って、どうかなぁ? なんか色々とむしり取られるような気がします…。
航空宇宙
はやぶさ後継機に30億円 レアアースには23億47NEWS
「はやぶさ2」には満額が認められた模様です。これで2014年のウィンドウに間に合うよう、開発が進めば良いのですが…。
アニメ・コミック
中国の偽ガンダムを突然撤去…関係者「そんなの知らない」MSN産経ニュース
こうして歴史は闇に葬られる訳ですね。わかります。
コンピュータ
「ASUS」の読み方は「アスース」が正解、「エーサス」でも「アサス」でもありませんGIGAZINE
読み方が変更になるという噂もあったようですが、日本では「アスース」で良いようです。私は長いこと「アサス」だと思い込んでいましたよ〜。

12月 23日

軍事
中朝の監視「日本の役割」 米、対潜能力強化求めるasahi.com
気になるのは記事の最後、「中期防衛力整備計画で導入されることになった12機の新戦闘機についても、偵察機能を持たせることを検討している」って部分。航空自衛隊はF-15用偵察ポッドの開発が頓挫したばかりですが、候補機で偵察機能のある機体…?
時事
違法操業の中国漁船団、合体して取り締まりに対抗AFPBB News
いやもう、コレはビジュアル的なインパクトが強烈ですな〜。しかし、コレってどうやって方向転換するんだろう? 機動性は無視して数とサイズで対抗しようってのかな?

12月 25日

新潟のご当地ヒーロー「超耕21ガッター」がとうとうTVドラマとして放送されました!

かくいう私は、寝坊してしまって見逃してしまったんですが(苦笑)。BSOのほめぺげな Blogさんで紹介されています。

なんというか、手作り感あふれる微笑ましい(?)ドラマだったようです。くぅ〜、目覚ましかけておきながら二度寝してしまったのが悔やまれる(録画しろよ、という意見もありますが(笑))。

これは是非ともエピソード2以降のお話も作って欲しいですね! あと再放送も(笑)。

朝から荒れた天候でしたけど、ヒートテックとブレスサーモをフル装備して買い物に行ってきました。

各種書籍と、年賀葉書とか、お掃除用品とか。

  • コミック:武士道シックスティーン(3)(安藤慈朗 講談社)
  • コミック:こえでおしごと!(5) 初回限定版(紺野あずれ ワニブックス)

「武士道シックスティーン」は完結。良いお話でした。主人公二人のツーショットのシーン良かったですね〜。

「こえでおしごと!」はドラマCD付きの初回限定版を買っちゃいました。

柑奈ちゃんのトランス癖は、さらに重症化していてハグなしでトランス状態に入るようになったり。っつーか、この調子だと日常生活にまで支障を来しませんか?(笑)

あと5巻の注目は元樹君のお母さんの登場ですよ! なんか、すげー若く見える! 黒髪ロングで、しかも妙に理解度が高いぞ。この人には、是非とも今後も二人の背中をガンガン押してって欲しいものですね〜。

軍事
仏、露と揚陸艦4隻を共同建造 北方領土周辺に配備もMSN産経ニュース
記事は配備先が「北方領土周辺海域」と書いてますけど、母港としてはウラジオストクでしょうし。確かに日本にとっては脅威になる艦ですが、既にロシアの実効支配を許している北方領土に関して物理的な影響を及ぼすものではないでしょう。北方領土を日本に返還することはない、という明確なメッセージではあるのでしょうが。
時事
米軍再編交付金ストップ あきらめと不信感交錯する名護市MSN産経ニュース
「基地に反対はするけど、お金はくれ」だと何だそりゃって話になりますよね、当然。
船舶・海洋
船首丸くしてエコ 自動車運搬船、日産が導入へ着々asahi.com
これは面白いアイディアだと思いますけど、自動車運搬船って船内容積を稼ぐために箱形になっている訳で、船首を丸形にすればそれだけ搭載量が減ることも考えられる訳ですよね? 風圧低減による省燃費効果と、搭載量の減少による必要便数の増加を比較して最終的な評価を与える必要があると思うのです。
デジカメ
パナソニックDMC-GH2が実現した「0.1秒AF」の秘密デジカメWatch
すげぇ…。パナソニックがミラーレス機で、ガチで一眼レフに勝ちに行こうとしていることが伺える記事です。もしかしたら、数年後には飛行機撮りに使えるレベルのミラーレス機も期待できるかもしれませんね〜。

12月 26日

今年も残すところあと僅かということで、部屋の片付けなど。

しかし、相変わらず物の多い部屋故になかなか片付かず。

それでも、日中の晴れ間を利用して、段ボール二箱分の書籍を古書店に売却するなど、多少は片付けを進めました。あとは年末のお休みに続きをするんだけど、終わるのか?(汗)

皆さんの所はどうでしょうか? コミケ準備でそれどころじゃねぇ!って人も多そうですね…。

今年は曜日のつながりが悪く、年末年始の休みが短いので、私は冬コミは諦めて、家で大人しくしている予定です。

時事
大雪立ち往生「あっという間に車が埋もれた」YOMIURI ONLINE
県境ちかくの国道49号は私も何度か通ったことがありますが、ほとんど逃げ場のない一本道の道路で、前後をスタックした車に挟まれてしまうとどうしようもなさそう。陸上自衛隊も災害派遣に出動したそうで。ご苦労様です。早期に救助が終わると良いのですが…。
航空宇宙
インドのロケット打ち上げ、また失敗YOMIURI ONLINE
こりゃまた見事にバラバラになってしまいましたね。褐色の煙を引いてるのは、ヒドラジン系の液体燃料ブースターでしょうか?

12月 28日

amazonさんからの荷物が届きました。

  • 文庫:“文学少女”と恋する挿話集(4)(野村美月 エンターブレイン ファミ通文庫)
  • コミック:年中無休★サンタさん!(3)(仏さんじょ 一迅社)
  • 液晶保護フィルム:PRO GUARD AF for REGZA Phone T-01C(マイクロソリューション)
  • マウス:MX620 コードレスレーザーマウス(ロジクール)

年内の荷物はもう1件あるのかな?

年末はバタバタしているんで、書籍類は新年のお休みに読むことになりそうです。

液晶保護フィルム「PRO GUARD AF for REGZA Phone T-01C」は機種変更を予定しているdocomoのスマートフォンT-01C用。12月の頭に予約して、年内には引き渡しの予定だったんだけど、まだ連絡がない…。一応、明日、問い合わせてみる予定ですが。

同時に注文したレイ・アウトレザージャケットは12月31日発売とのことで、届くのは来年になるっぽいです。

マウスの「MX620」は、現在使用中のものと同型。今年の夏のメインマシン更新の後、幾つかマウスも新調してみたのですが、やはりどうもしっくりこなくて…。在庫があるうちに、予備機ということで1台確保。

航空宇宙
第24号科学衛星(PLANET-C)「あかつき」の金星周回軌道への投入失敗に係る原因究明及び今後の対策についてJAXA
燃料系逆止弁の閉塞の可能性が高いようです。う〜む、「のぞみ」に続いて、またもバルブ系に泣かされたのか。宇宙用バルブは、国内での需要が少なすぎて国産のものがほとんど無く、海外からブラックボックスで輸入しているのが実情だそうですし…。
2010/12/27/13:00〜 金星探査機あかつき記者会見まとめTogetter
上記の発表の記者会見を取材したつぶやきのまとめ。
今すぐ「あかつき2」の製造開始を日経ビジネスオンライン
松浦晋也氏の記事。6年後の金星周回軌道への再投入を待っていても、機器の劣化や人材の散逸で損失の方が大きい。メーカー側に治具や製造ノウハウ、購入した予備部品が残っているうちに、迅速に「あかつき2(仮称)」を製造して打ち上げた方が得策なのではないか、という意見。
はやぶさ:微粒子分析着手へ 炭素も含有か毎日jp
来年1月下旬から初期分析に着手し、夏頃までには終了の予定。微粒子に炭素が含まれている可能性もあるようです。
JAXAi:閉館 事業仕分けで廃止毎日jp
東京駅を出てすぐの好立地で、私も何度か脚を運んだことがあります。残念です。事業仕分けそのものが問題を含んでいるという意見もありますが、広報施設としての運営にも、もっと工夫が欲しかったですよね…。
アニメ・コミック
アニメフェア、抗議の出展拒否 東京都は作り手の声聞けasahi.com
twitterでこの条例関連の話題を追っていくと、「反発の一つには、都が作り手の声を聞かなかった経緯がある。都は条例改正を急ぎ、影響を被る作り手と条文について意見交換の場を持たなかった」ことが不信を招いているという意見は、よく耳にします。創り手側の萎縮という点も、この不信から来る部分(どこからがクロとされるのか?)が強いような…。
「マンガ都市」世界に発信 新潟、来年2月にフェスasahi.com
新潟始まった!(笑) 冬場は雪が怖いという感想も聞きますが、新潟市内は積雪が少ないですよ。むしろ、冬の日本海から吹き付ける風の方がいろいろと障害なりそうな…。

12月 29日

私の勤め先は、今日で仕事納めでした。

なんだかんだの残務処理で少し遅くなったけど、ダッシュでドコモショップへ。

予約当初年内に引き渡せると言われたT-01C、入荷次第連絡と言われていたのですが、一向に音沙汰無く。念のために確認に行ってきました。

結果、入荷の見通しが立たず、来年になってしまうと言われてしまいました…。ショック。お正月に弄り倒すつもりだったのにな〜。

アニメ・コミック
東京国際アニメフェア同日に「アニメコンテンツエキスポ」 角川などアニメ8社ITmedia News
「東京国際アニメフェア」と同時取材とか、ありそうですね〜。きっと混み具合とか比較されるんだぜ。
デジカメ
オリンパスE-PL2が1月6日から開催されるCESで発表される?デジカメinfo
この前E-PL1sが出たばかりだと思ったら、もう次のモデルですか…。アートフィルターにドラマチックトーンが加わり、Bluetoothモジュールが発売されるという噂のようです。

12月 30日

2011年冬に発売予定とされていた18禁版PCゲーム「久遠の絆-THE ORIGIN-」、発売予定日が発表されていました。3月25日だそうです。

どっちかというと春ですが、まぁギリギリ冬と言えなくもないような微妙な時期になりましたが、何はともあれ嬉しいニュース。

また、公式サイトでは、これまで伏せられていた「昭和編」のキャラクターデザインも公表されています。

完全新作かと思ったら、キャラクターデザインはコンシューマ版の幕末編から一部使い回している模様。これは少しばかりがっかりしましたが、まぁ、色々と事情もあるのでしょう。

そして、昭和編の新キャラとして天野由香里ちゃんが発表されていますが、コレが噂のあの人か…。不思議ちゃんとのことですが、どんな性格になるのか楽しみです。「THE ORIGIN」での最大の楽しみは、聡子シナリオがあるかどうかだったりしますし…(笑)。

ドコモショップで年内無理と言われたT-01Cですが、いきなり購入できました!

市内の家電量販店に寄ったら、T-01Cの棚に「緊急入荷! 在庫あります」のポップが。カウンターの係員の方に聞いたら、キャンセルで1台だけ在庫があるとのこと。速攻で購入しました!

手続き中にドコモショップに走って、そちらはキャンセル。無事に機種変更を終えました。

初めてのアンドロイド・スマートフォンですし、色々と戸惑うことも多いのですが、休みの間に弄り倒そうと思っています。

軍事
中国・北朝鮮を監視…無人偵察機の導入検討YOMIURI ONLINE
これまでも何度か調達の噂が出ていたグローバルホークですが、またも導入検討の報道が。実際に導入するかどうかはともかく、用法や運用の検討は進めるべきだと思います。
空・海から奇襲…中国軍が離島上陸計画 領土交渉に圧力asahi.com
中国軍による離島攻略作戦の計画。第一撃で敵国の軍港を攻撃して反撃能力を奪ってから、揚陸作戦を展開する計画が策定されているとのこと。戦史上、軍港に対する奇襲作戦の成功例は少なくありませんし、我が国も防空体制の再検討が必要かもしれませんね。
デジカメ
オリンパスがCESでハイエンドコンパクトXZ-1を発表?デジカメinfo
以前から開発がアナウンスされていたZUIKOレンズ搭載のコンパクト機の名称に関する情報が。小型の撮像素子に、明るいズームレンズの組み合わせになるようです。E-PL2と同時発表されるというBluetoothモジュールや、アートフィルターが使えるようならスナップ用に購入検討したい機種です。

12月 31日

今年は、念願だった九州旅行を完遂できまして、無事に海上自衛隊5大軍港を巡るという目標を達成できました。

春以降、PC関連のトラブルが多発し、ルーター、メインPC、UPSと相次いで更新することになったのは痛かったですねぇ。あと、旅行に備えてポケットWiFiとiPod touchを導入してその便利さには感涙しました。

デジカメ関連では秋にE-5を導入。もしかしたらこれが最後のフォーサーズ機になるのかと危惧しつつも、解像感の高い出力には喜んでいます。

艦艇撮りは、秋以降に遠出ができず、今年はほぼ夏まででした。個人的には柏崎港での「しもきた」で、エレベータには乗れるわ、ウェルドックのキャットウォークを歩かせてもらえるわと貴重な経験ができたのが思い出深い出来事でした。

宇宙開発関連では、ついに「はやぶさ」が帰還。最後の最後までハラハラし通し。ネット中継の動画を見つつ、スタッフの「はやぶさ、おかえり〜!」の絶叫と共に涙が堰を切ってあふれてきました。通信回復後の化学燃料スラスタの推進剤全量喪失というニュースを聞いたときには、もう駄目だと思いましたが、川口プロマネ以下のチーム一丸となった頑張りには本当に感心、感動の連続でした。

それでは、来年も宜しくお願い致します。