My Hobby Room
本田正春Photo Gallrey

更新日2017.12.12
星空  山とスキー
 

2018年 大幅にリニューアル中、まだまだ未完成...
一部過去に撮影したデータを再度画像再処理して掲載しますが、
ナチュラルな美しさ表現するため過度な画像処理は避ています。


全ての内容の無断転載を禁じます。当サイトはリンクフリーです。リンクされた場合の連絡は不要です。
意見ご感想はまで


 
   2018.09.18
近頃のズームレンズは
超高性能!

最近シグマのズームレンズを購入しました。150mm〜600mmF5.0〜6.3 Comtenporaryです。早速眼視アダプターを付けて風景を観望したところ、まるでアポ屈折を覗いている様なニジミの無いシャープな像に驚きました。600mmにズーミングしてプローセル2.5mmを付けて240倍、火星の南極環や表面の模様(相変わらずダストストームで見難い)、更に迫力ある月面クレーターを見ることが出来ました。ここまで倍率を上げるとヘリコイドでの合焦装置ではシビアなピント出しは厳しいですね。

秋雨前線の影響で星像テストがなかなかできない状況でしたが、昨晩ようやくテスト撮影が出来ました。

 
テスト画像はこちらです。

made in japan製で、EOS6Dmk2では光学補正に対応しています。
   2018.05.26 
コシアブラの大木

先日、コシアブラ の採取に行ってきました。平年より雪解けが速いようで、昨年と比較して10日ほど前倒しで行ってきました。標高1500mほでの高さにあるものが食べごろの大きさでした。ついでにフキノトウやアシタバも採取、帰宅後はこコシアブラのまぜご飯、そしてビールのつまみに天ぷらで賞味しました。最高ですね
  昨年2017)の10月に父が亡くなりました。生前から家庭菜園を営んで来ましたが、昨年の春先から私が引き継いでいます。ジャガイモ、ネギ、トマト、キュウリ、ピーマンやトウモロコシなど盛りだくさんです。野菜の知識がないので本やネットで情報を収集しながら栽培しています。特に土作りや害虫対策が難しいですね。
   ゴールデンウィーク中、孫5人(男2、女3)と自宅のバーべキュー場?でバーベキューを楽しみました。写真はフルメンバーではありませんが、楽しいひと時を孫たちと過ごしました。

 
 デジカメでの惑星の拡大撮影に限界を感じて先日入手した惑星・月面用のCMOSカメラです。
ZWO ASI120MCで1/3inchの小さいチップですが月面や惑星の拡大写真では十分な大きさです。

左は25センチ反射にカメラ回転装置が付いた可変長式の拡大アダプターに取り付けた状態です。

   
テスト撮影段階の満月直後の月面縁辺部の拡大で白黒写真です。

SE250N Pentax Or12.5mm
AutoStakkert2 Si8で処理


ケンコーSE250Nのファーストライト:コマコレクターを併用してお馴染みのM42です。光害の影響が大きい深谷市内での撮影です。
直接焦点1200mmにコマコレクター併用で約1360mm(F5.4))の焦点距離になります。
ISO1000 4分 15枚コンポジット光害カットフィルター、M-GEN、SI8 Nik collection
 フラット処理無し



 新しい25cm反射鏡筒、驚くべきローコストで税・送料込みで6.4万円。一部手を加えたり、微調整を施すことにより
性能を引き出すことが出来そうです。今シーズンの木星や火星を好シーングの下で見たいですね。果たして鏡の精度は?


 
         右の機材で撮影したかみのけ座のNGC4565
宇宙空間にぽっかりと浮かんだ感じが良いですね。、FC-100 F8直接焦点 EOS60D赤外線フィルター換装、IDAS LPS-P2光害カットフィルターISO1600 5分露光 13枚コンポジット SI8 深谷市内にて
 
GN170とFC-100とパソコン不用のM-GENオートガイダー

接続ボックスはマジックテープで170の電池ボックスの裏側に取り付け


高橋製作所の1981製造のフローライト10cm屈折直接焦点で撮影したものです。オートガイダーを長年使用したST-4からM-GEN変えました。コンパクトで使い勝手は素晴らしいものがあります。赤道着はGN-170です。撮影地は深谷市内の自宅にて撮影しています。良い条件の空で撮影したいですね。自動導入は出来ませんが、この赤道着の精度と使い勝手、デザインは素晴らしいですね。この赤道儀の購入にあたり当時の中村社長には大変お世話になりました。ご冥福をお祈りいたします。2018.02.16
FC-100 F8 EOD60D赤外線カットフィルター換装、IDAS LPS-P2光害カットフィルターISO1600 4分露光 12枚コンポジット SI8 Nik Collection


2018.01.12 赤城山の海抜約1400mの星空、南が関東平野でかなり明るいが
天頂付近から北側は素晴らしい星空が広る samyan8mmF3.5→5.6
EOS60D赤外カットフィルター換装 ISO1600 3分



2018.01.12 ぎょしゃ座付近の銀河 EF16-35mm F4L IS USM 16mmF4
EOS60D赤外カットフィルター換装ISO1600 3分 8枚コンポジット



2018.01.12  タムロンSP70-200Di VC USD G2 F2.8開放.EOS6Dmk2ノーマル
ISO3200 1分露光8枚コンポジット 撮影地:赤城山: フルサイズのカメラで撮影した
Si8とNik Cにて画像処理


乗鞍高原の冬の銀河

2015年10月中旬に撮影したものです。EOS60D赤外線カットフィルター換装
シグマ15mm2.8→3.2 ISO1600 4分露光4枚コンポジット
冬の銀河に向って東から黄道光が伸びている



rc
="https://www.y  crypted-media" allowfullscree
70mm (M45-NGC1499)

100mm(NGC2177)


135mm(NGC281)

200mmバラ星雲)

左は昨年の暮れに嬬恋村で撮影したタイムラプス動画です。EOS6DmkUにシグマの16mm対角魚眼使用。

2018年1月

最近新しいレンズを手に入手。キャノンの純正のフローライトを使った望遠ズームレンズや他メーカーなど検討した結果、ネットでのレビュー、また、コストパフォーマンスを考慮してタムロンに決定、早速テスト撮影したが、ズーム全域で単焦点レンズを凌駕しているほどの高性能だ。作例は全てAPSサイズだがフルサイズでも十分な性能です。



タムロンSP70-200Di VC USD G2と6DmkU
以下の写真は全て同レンズで焦点距離を変えて撮影。露光時間は2分、コンポジットでSI8で画像処理。
★70mm
M45-NGC1499
TAMRON SP70-200 F/2.8 70mm F2.8→3.2 EOS60D(赤外カットフィルター換装) ISO1600 90秒露光 9枚コンポジット SI8、Color Efex Proで画像処理
撮影地:群馬県嬬恋村
★100mm

NGC2177
TAMRON SP70-200 F/2.8 135mm F2.8開放


★135mm
NGC281
TAMRON SP70-200 F/2.8 135mm F2.8開放


★200mm
バラ星雲
TAMRON SP70-200 F/2.8 200mm F2.8開放  90秒露光 ?枚コンポジット SI8にて画像処理

★移動撮影機材

ケンコースカイメモRとスリックの電動雲台
200mm以上の長焦点はGN170,ST-4を使っています。




Profile (2017)
10cmフローライト屈折で撮影した月面