スナックシャネル判決 (平7(オ)637号)

 

    著名ブランド    判決本文はココをクリック。

 

あのシャネルが、小さなスナックを開くとは到底思えないが、最高裁は、「混同を生じさせる行為」に当たり、上告人の営業上の利益を侵害するものというべきであると、認めている。

著名ブランドの使用は、止めましょう。

                home