侵害事件のリスト(正確な内容は自分で確認してください。)(前田国際特許事務所)

2004.9.24:USのイマージョン社が、コントローラー部分の振動に関する特許で、ソニーに特許侵害で勝訴。8,200万ドル(約91億円)の支払いを命じる。US連邦地裁。ソニーは上告。(朝日)

2003.12.29:商標「阪神優勝」は、無効に!特許庁が判断。なお、類似した商標が多数出願された。
私見:特許庁の判断がころころ変ると、特許事務所はお客様にどの様に答えて良いものやら?知的財産権は水物とまじめに答える事がたまに有りますが、こうなると、正解ですかね?(朝日)

2003.12.11:円谷プロが、「ウルトラマン」の海外での独占商品化権で、タイ人の映画プロデューサに敗訴。東京高等裁判所、10日。(朝日)

2003.09.25:ゼンリンが、カーナビの著作権侵害で、パイオニアの子会社、インクリメント・ピーを東京地裁に訴える。損害賠償、約12億6千万円。(朝日)

2003.09.23:商標「TIGERS」を巡り、タイガー魔法瓶と阪神球団が争う。22日に東京高裁和解勧告。(朝日)

2003.07.30:商標「阪神優勝」は、阪神球団に譲渡へ。数十万円で?
私見:「阪神優勝」は商標法第4条第8号、他人の名称または略称を含む商標に該当し、本来登録にならないのでは?登録にした特許庁や金銭を支払う阪神球団の見識が疑われると、思いますが、特許庁や阪神球団のご意見をお伺いしたいものです。回答が有るわけないですね!(朝日)

2003.07.30:アニメ「ヤマト」は、松本零士氏とプロデューサー西崎義展氏との共同著作で和解。(朝日)

2003.07.13:英ロイター通信は、外国為替や株式の児童取引システムに関する3件の特許の特許権侵害で、11日に米ブルームバーグを提訴。ニューヨーク連邦地裁。(朝日)

2003.07.03:米eスピードは、債権の電子商取引システムに関する「特許580」の特許権侵害で、英ICAPの米子会社であるブローカーテックを提訴。米デラウェア州連邦地裁。(日経)

2003.07.01:アレルギー治療薬の特許権をめぐる訴訟で、特許を侵害したとされる製薬会社7社の上告を受理しない決定がなされた。最高裁、27日。キャセイ薬品に15億8,000万円を支払うこと。(朝日)

2003.06.28:カヤバ食品(原告)が、サクマ製菓の「花粉のど飴」の販売差し止めを勝ち取る。東京地裁(27日)。「花粉(ルビ付き)」(登録商標)に類似している。
私見:「花粉のど飴」は花粉(アレルギー)用のど飴を略したものと思われるので、単に用途または材料を示しているものであり、識別性を有していないのでは?これを「花粉(ルビ付き)」(登録商標)で侵害しているという判断は理解に苦しみます。(朝日)

2003.06.17:米連邦裁判所は、5月27日、オークションサイト、米イーベイが、マーク社のオンライン競売関連の特許権を侵害したとして、3,500万ドル(約41億円)の賠償金の支払いを命じた。「いますぐ購入」機能の特許。上訴の予定。(週刊アスキー6・17)

2003.04.17:カシオ計算機(原告)が、「マルチウインドウ機能」の特許権侵害訴訟で、ソーテックに敗訴。東京地裁、16日。カシオ計算機の特許が無効になったため。(朝日)

2002.11.30:元主管研究員米沢氏(原告)に、光読み取り技術の特許権の報酬として、日立製作所が約3489万億円を支払うこと。両者控訴予定。寄与分:会社80%,共同研究者6%,米沢氏14%。東京地裁、29日。(朝日)

2002.10.03:元研究員が、ビタミン成分「イノシトール」の製造特許権の報酬として、敷島スターチ他1社に対して、約16億円を要求。東京地裁。(朝日)

2002.09.27:本田が意匠権の訴訟で中国において敗訴。本田の中国における「ストリーム」の意匠権が無効になった。北京第一中級法院。(朝日)

2002.09.27:米国特許権に基づく差し止めは、日本国内では適用せず。最高裁、9月26日。(朝日)

2002.09.20: 青色発光ダイオード(LED)の特許権は、中村修二氏ではなく、日亜化学に帰属する。東京地裁、19日、中間判決。 (朝日)

2002.09.18:豊田合成と日亜化学とが、青色発光ダイオード(LED)の40件以上の訴訟に関して和解。 (朝日)

2002.09.15:味の素が、元社員の成瀬昌芳氏に、開発の対価として、100億円のうち取り敢えず20億円の支払いを訴えられた(東京地裁)。成瀬昌芳氏は、人工甘味料「アスパルテーム」(日本では「パルスイート」)の製法特許に関する発明を行った。 (朝日)

2002.09.10:アルゼ(株)に、(株)ネットが約10億円損害賠償として支払うこと。平11(ワ)13360号東京地裁H14.3.19判決。(パテント2,002.9)

2002.09.10:アルゼ(株)に、(株)サミーが約74億円損害賠償として支払うこと。平11(ワ)23945号東京地裁H14.3.19判決。(パテント2,002.9)

2002.08.29:ヤマハ発動機、中国で、登録商標の侵害訴訟に勝訴。過去最高の約90万元(約1,300万円)。請求額は3,000万元(約4億5,000万円)。行政処分の罰金は23万元(約345万円)。 (朝日)

2002.05.15:日亜化学の青色発光ダイオードの特許権が、無効になった。(最高裁5・14)。[私見、結果論だけど、ロイヤリティをもらっていた方が良かったのでは?] (日経)

2002.04.17:インテルが、キャッシュの特許権に関して、米インターグラフと和解して、3億ドル(約390億円)を支払う。 (日経)

2002.04.16:中古ゲームソフトの販売に関して、メーカーの上告が棄却される見通しである。最高裁25日予定。 (朝日)

2002.04.16:ネットの書き込みは、著作物(15日、東京地裁)。約114万円の支払い及び出版物の販売禁止。 (朝日)

2002.04.14:米国EMCが、外部記憶装置のソフトの特許権侵害で、日立製作所を訴える(米国際貿易委員会[ITC]と米国連邦地裁)。 (朝日)

2002.04.12:(中国系)米国企業APEX社がDVDの特許料(最低5ドル/1台)を支払うことになった。 (朝日、日経)

2002.04.10:国内レコード会社(19社)の申し立てで、日本エム・エム・オーが、インターネットを通じた音楽CDのコピーのサービス「ファイルローグ」の中止を命じられた(東京地裁、9日)。日本エム・エム・オーは抗告する方針。なお、国内レコード会社(19社)は、別途、損害賠償(約3億円)を求めて提訴。 (朝日)

2002.04.09:ソニーが、DVDの特許権侵害で、(中国系)米国企業APEX社を訴える(ニューヨーク南部連邦地裁)。 (朝日)

2002.03.29:米国系医薬メーカーファイザ製薬(原告)が、「バイアグラ」の商標権侵害訴訟で、個人輸入代行業社安井堂インターナショナルに勝訴、約5024万円の支払いを命ずる(東京地裁)。 (日経)

2002.03.20:アルゼ(原告)がパチスロのチャレンジタイム機の特許権侵害訴訟でサミー及びネットに勝訴、サミーに約74億円、ネットに約10億円の支払いを命ずる(東京地裁3・19)。サミーは即日控訴。74億円は知的財産訴訟でのこれまでの最高金額である。従来の最高金額は98年の約30億円である(控訴審で和解成立)。(朝日)

2002.03.05:日光猿軍団が、日光猿軍団、おさるの学校の商標権侵害で日本猿軍団を宇都宮地裁に提訴。(日経夕、朝日夕)

2002.03.01:日亜化学(原告)が青色発光ダイオードの特許権(2735057、2770720)侵害訴訟で豊田合成に敗訴(東京地裁2・28)。(日経)

2001.12.22:日立製作所が、製鉄用装置の特許権侵害で石川島播磨工業に東京地裁で12月21日勝訴。損害賠償金額は、約4億3000万円。 (日経)

 2001.12.21:日亜化学が提訴した住友商事による米クリー社製青色発光ダイオードの輸入販売の差し止め請求が棄却(東京地裁、20日)。日亜化学は青色LEDの関連訴訟で敗訴相次ぐ。日亜化学はお金が大変ですね。(日経)

2001.12.21:衣料品会社ポロ・ピーシーエスにも商標「ポロ」の使用を認める。東京高裁。(朝日)

2001.12.01:がんこフードサービスが鉢巻き姿の男性のマークの商標権侵害でがんこ炎と大阪地裁で訴訟中。[私見、原告勝訴でしょう!この判断当たるかな?](朝日)

2001.11.30:中国の徐州漢都実業発展が商標権侵害でオリンパス光学工業に勝訴。25万元(約374万円の損害賠償。(朝日)

2001.11.27:富士通メディアデバイスが表面弾性波フィルターの特許権(2件)侵害でサムスン電機などをUSバージニア州東部地区の連邦地裁に提訴。輸入・販売差し止めと損害賠償請求。(日経)

2001.11.17:日水が冷凍枝豆の特許権の使用料(数%)を41社に請求。豆の中心に塩分が有る。[私見、本当に豆の中心に塩分が有るだけだけで登録?本当だとすれば塩ゆですれば侵害?また、無効になるのでは?こんな侵害訴訟や無効審判だったら安くても参加したいものだ!](日経)

2001.10.21:カナダ政府がドイツバイエル社独占のシプロフサキン(炭疽病に有効な抗生物質)の特許権を無視してカナダのメーカーに90万錠生産委託。「緊急時には特許権にかかわらず、医薬品生産を許可できる。」との法律条項を適応した。米国も同様な対応を検討している。(朝日)

2001.10.16:豊田合成が青色発光ダイオードの特許権侵害で日亜化学工業に約155億円の賠償金を追加請求(15日大阪地裁)。豊田合成が損害賠償請求をするのは2件目。逆に、日亜化学は3件の損害賠償請求をし、計約107億円となっている。また、豊田合成は今年の3月と10月に無効審判に関する訴訟で勝訴。うち1件は最高裁でも勝訴。(朝日)

2001.10.10:模造ファービー販売無罪に関して、山形地検、9日仙台高裁に控訴。関連記事9月27日。(朝日)

2001.10.10:豊田合成が青色発光ダイオードの特許権の無効に関して特許庁に勝訴。特許は有効。豊田合成の特許権に関して、特許庁の審決を取り消したのは今春以降4件目。いずれも豊田合成の主張が認められている。東京高裁判決。(日経)

2001.10.03:日亜化学工業の青色発光ダイオードの特許権が無効となる。東京高裁2日判決。[私見、特許庁がまた負けたので、審査が厳しくなると思われる。](日経)

2001.09.29:豊田合成が、青色発光ダイオードの特許権侵害で日亜化学工業を大阪地裁に28日提訴。これで5件目。[私見、お金があるものだと、感心します。](日経)

2001.09.27:山形地検が玩具卸し「ナカヨシ」などを起訴した電子ペット「ファービー」の模造品販売に対する著作権違反は無罪となった。ファービーは美術工芸品では無い。[私見、通常は意匠法や不正競争法と絡めて行われるのでは?](山形地裁、26日判決)(朝日)

2001.09.07:三菱電機が、石油ファンヒーターの特許権侵害でダイニチ工業に東京地裁で9月6日勝訴。損害賠償金額は、2億8000万円。また、製造・販売停止。(日経)

2001.09.04:豊田合成が、青色発光ダイオードの特許権侵害で日亜化学工業を大阪地裁に提訴。(日経)

2001.08.28:キャノンが、三星電機(韓国)を、2件の感光ドラムの特許権侵害で韓国の水原地方裁判所に提訴。(日経)

2001.08.23:開発者の中村修二氏が、権利者は中村であるとして、日亜化学工業を青色発光ダイオードの特許権で提訴。損害賠償金額は20億円。中村修二氏は約80の特許を取得。(日経)

2001.08.17:ユニクロが、ダイエーに対して不正競争防止法違反で仮処分申請。(朝日)

2001.08.11:豊田合成が、日亜化学工業を青色発光ダイオードの特許権侵害で大阪地裁に提訴。これで、豊田合成が日亜化学工業を3件提訴。日亜化学工業が豊田合成を7件提訴。(日経)

2001.07.28:新日鉄(原告)は、27日東京地裁で、自動車向けの表面処理鋼板の特許侵害訴訟でNKKに敗訴。新日鉄は28億円の損害賠償を求めていた。(朝日)

2001.07.27:週刊ダイヤモンドは、コピー100部の許可に対して3万1000部コピーした上尾市に著作権の使用料を要求。額は1200万円。(朝日)

2001.07.26:任天堂は、25日にエンターブレイン等をプレステ用ソフトの著作権侵害で東京地裁に提訴。要求賠償金額は2億5830万円。(朝日)

2001.07.25:古河電工は、USルーセント・テクノロジーの光ファイバー部門を買収。買収金額は27億5000万ドル(約3410億円)。古河の狙いは特許権の取得。(朝日)

2001.07.25:住友電工は、24日に古河電工等を光通信技術の特許侵害で、東京地裁に提訴。2月には、USデラウェア連邦地裁に提訴。古河電工は無効審判を請求。(朝日)

2001.07.10:ナップスターなどの音楽無料配信で、約143億円の被害。(朝日)

2001.07.10:ロームは、日亜化学の青色LED技術の特許を侵害していないことの確認訴訟を東京地裁で提訴。(日経)

2001.05.17:アドビ・システムズ、マイクロソフト、アップルコンピューターの3社(原告)は、司法試験予備校「東京リーガルマインド」に、パソコンソフトの著作権侵害訴訟で東京地裁において16日に勝訴。約8500万円の損害賠償金の支払い。被告は直ちに控訴の意向。ソフトの不正コピー時に損害が発生と認定。(朝日)

2001.05.16:味の素(原告)は、飼料用アミノ酸の一種「スレオニン」を生産する微生物の育種方法に関する特許訴訟で、米大手穀物商社アーチャー・ダニエルズ・ミッドランドに、米国において勝訴。賠償金額は2700万ドル(約33億円)。(日経)

2001.05.16:日亜化学工業(原告)は、USクーリ社製の青色LEDの輸入・販売の差し止め訴訟に東京地裁で15日に負ける。日亜の青色LEDは発光部を2個の特殊な半導体で挟んでいる。一方、クリー社のものは片側のみ。(朝日)

2001.05.10:バンドー化学は、米ゴムメーカーのザ・ゲイツ・ラバー・カンパニーとコンピュータープログラムに関する著作権侵害訴訟で和解。和解金3600万ドル(約45億円)支払い。(日経)

2001.04.27:コダックと三洋電機(株)は、デジカメ関連の特許侵害で和解。(日経)

2001.04.05:「工業所有権仲裁センター」は、4月中旬から、「日本知的財産仲裁センター」に改称し、著作権を含む知的財産権全般の紛争処理を行う。(日経)

2001.03.21:豊田合成が青色発光ダイオードの特許権(特許2737053号)の無効に関して特許庁に勝訴。分割出願は認められ、特許は有効。(東京高裁13民)

2001.02.24:ロームが、青色発光ダイオードの特許権紛争に参戦。青色レーザを視野に入れて。(朝日)

2001.02.16:ヤマハ発動機(株)が、中国のスクーター製造会社を、偽ブランドの使用に関し、日本と中国で提訴の準備。小松市に「日本邪馬哈」、「日本本田」「日本鈴木」等の会社が登録されている。(朝日)

2001.01.24:菊正宗酒造が、金杯酒造に、菊正宗の商標権侵害訴訟で、勝訴。23日最高裁。金杯菊正宗の使用差し止め。(朝日)

2001.01.21:米貿易委員会(ITC)は、19日、富士通のプラズマ・ディスプレー・パネルが米イリノイ大学の特許権を侵害していないか否かを調査開始する。45日以内に判断する。(朝日)

2001.01.12:米貿易委員会(ITC)は、10日、日亜化学工業がロームの特許権を侵害していないか否かを調査開始する。(朝日)

   2000年以前

         Email  maedapat@sannet.ne.jp

                home