アキノキリンソウ(秋の麒麟草)
Since 2003/11/12



 
日本の山野のやや日当たりの良いところに普通に生えている多年草。黄色い頭花が8月から10月にかけて咲く。密集した花が穂状に盛り上がり、泡が立っているように見えるのでアワダチソウ(泡立草)ともいう。高さは40〜80cmで、セイタカアワダチソウ(1〜2.5m)より小さい。北アメリカ原産のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)も同じアキノキリンソウ属。写真は2003年11月6日、天下台山(兵庫県相生市)で撮影したもの。

【関連ページ】  → セイタカアワダチソウ(背高泡立草) 

(写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る     「天下台山の植物」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/11 13132

5277505