双葉中学校旧校舎
Since 2000/03/21
Last updated on 2005/09/06



  相生市立双葉中学校の旧校舎は1949年に落成し、1959年に原因不明(?)の火事で全焼しました。相生中学校として建設されましたが、1954年に相生中学校が相生地区に移り、新設の双葉中学校になりました。次の写真は1948〜49年頃(?)に建設予定地を写したもので、運動場は畑や水田であったことが分かります。三角斜面の石垣や坂道はこのとき既にありました。双葉小学校の旧校舎も未だ建設されていません。 

 

 双葉中学校旧校舎の建設に関わった人々の写真です(上棟式か?)。中央に中谷博先生の姿があります。同先生は、運命のいたずらで、10年後この校舎が全焼するときに校長を務められます。 

 

 

  竣工直後の旧校舎と、現在(2000年3月)の鉄筋校舎の比較写真です。50年前は草しか生えていなかった撮影ポイントに、現在は一抱えもある大木が茂って、視界を邪魔しています。50年前、背景の光明山や学校周辺にはハゲ山や段々畑が目立ち、当時(敗戦直後)の燃料、食料事情が偲ばれます。相生高校や山手の住宅街はもちろんありませんでした。なお旧校舎で学んだ人々は、2000年には54〜65歳になっておられます。 

 

関連ページ →  双葉中学校が無くなる(ここをクリックすると開きます) 

『相生市内』に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/13 7394

5353555