ハラン(葉蘭)
Since 2003/05/08


 中国原産の多年草(ユリ科)で、バランともいいます。濃い緑色の光沢のある葉が美しく、香りも良いので、ノコギリ型の切れ目を入れて、寿司や刺身など日本料理の彩りに使われます。尤も近頃は、大部分が合成樹脂製の模造品のようです。

 花は紫褐色で直径3〜4cm、4〜5月ごろに地表すれすれに咲きます。大きな葉に隠れて、ほとんど人目に付きません。果実は緑色で、花と同じぐらいの大きさです。

 下の写真は、2003年5月1日、実家(相生市)の裏庭で撮りました。昔(50年以上前)から生えているハランです。

 (写真はクリックすると大きくなります。)




果実と花


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/08 21641

5298254