ハゼノキ(黄櫨)
Since 2001/11/29


 相生市の通称「コスモス通り」から南へ入って「古池口」のバス停付近まで来たとき、朝日を浴びて朱色に輝く木が目に入りました。なんだろうと車を停めて木の下まで行ってみました。モミジやカエデとは樹形が違います。どうやらハゼノキのようです。撮影は2001年11月28日。

 ハゼノキは山野に生える落葉高木です。書物によると、紅葉が美しいので、庭や公園などに植えられるそうですが、あまり見かけません。ウルシの仲間で、樹液や果実でかぶれるせいでしょうか。昔は果実から木ロウをとるために栽培されていたそうです。

 (写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/11 32976

5351986