ヒャクニチソウ(百日草)
Since 2002/07/05


 春にまいて夏に咲く草花としてよく知られています。メキシコ原産で、日本へ入ったのは江戸時代末期の文久2(1862)年だそうです(週刊朝日百科「世界の植物6」による)。百日草という和名は、花が長い間(百日)咲いているところから付けられました。多くの種類があり、花型によって、ダリヤ咲き、カクタス咲き、カリフォルニアジャイアントなど、いくつかの系列に分類されています。

 写真は我が家の畑の一角に咲いているヒャクニチソウです。色違いの花を並べてみました。いずれも、某全国新聞の販売店が置いていった1袋の種子から育ったものです。なお、その新聞の購読は断りました。

(写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/10 18594

5277509