マンリョウ(万両)
Since 2003/12/21



 
高さ1mほどになる常緑の小低木です。赤い実が鮮やかで名前も「万両」と縁起が良いところから、センリョウ(千両)などと共にお正月の飾りによく使われます。

 写真は実家の庭に生えているマンリョウです。「花木・庭木100剪定のコツ(船越亮二著 主婦の友社)」によると、マンリョウなどヤブコウジ科の植物は連作障害が非常に大きいそうですが、私は子供のころ(約50年前)から、同じ庭でこのマンリョウを見慣れています。たぶん微妙に位置を変えながら自然に実生して代替わりしているのでしょう。

 背景の地面は昔、豆類などを筵(むしろ)に広げて、いわゆる「門乾し(かどぼし)」をしていた場所ですが、今年は夏以降ずっと雨が多く、ご覧のように一面コケが生えています。撮影は2003年12月5日です。

【関連ページ】   → センリョウ(千両) 

(写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/11 26967

5330294