ヌートリア
Since 2005/12/24



 「
普光沢川でヌートリアを見つけました」とのご投稿を、常連のBチャンからいただきました。場所は国道2号からJR在来線をまたいで相生市内に入る陸橋(普光沢橋)の下付近とのこと(「とんび岩の掲示板」のNo.1022)。

 ヌートリアは南米原産の帰化動物。ネズミやウサギの仲間(げっ歯類)で体長は50〜70a。泳ぐ姿はカワウソやラッコに似ています。戦前に、軍服用の毛皮を穫るために養殖されていたものが戦後野生化して繁殖し、近年は農産物に被害が出ているとの報道もあります。岡山県が全国で最も多いそうです。

 今月の21〜23日の3日間、いずれも午後2〜3時ごろに様子を見に行って、21日と23日に姿を確認しました。両日とも1匹(1頭?)だけでした。22日は天候(大雪)のせいか、見当たりませんでした。下の写真はいずれも23日に撮ったものです。本来は夜行性で昼間は水辺の草の中などで眠っているのですが、この季節は寒いので、昼間から日なたぼっこをしているため、人目に付きやすいのではないか?と考えました。

 日向ぼっこの定位置は北側(JRの線路側)に近い石の上です。南岸の道路からだと15bぐらいの距離があり、旧式(3倍ズーム)の私のデジカメでは次の写真程度にしか写りませんでした。 

 人慣れしている風ですが、対岸へ回り込んで写そうとすると潜水して移動し、なかなか距離を詰めさせてくれませんでした。次の写真は移動して水草の中に隠れたところです。これで約3bです。 

 次は潜水して移動している(泳いでいる)姿です。

 今後も、きれいな写真が撮れたら、その都度追加差し替えする予定です。 


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

11355

5328790