オオスカシバ(大透羽)
Since 2005/09/24



 スズメガという蛾の仲間ですが羽根が透明なため、ハチかセミの1種のようにも見えます。ハチドリのように羽根を激しく動かして空中静止(ホバリング)しながら花の蜜を吸うので、「日本にハチドリがいた」と新聞社に通報されたこともあったとか。幼虫はクチナシの葉を主食にしています。

 きのうの夕方5時ごろ、オクラの根元でじっとしているところを指でつまんで捕まえました。昼行性なので、眠っていたのかもしれません。撮影は今日9月24日の朝です。小さな容器に一晩入れていたため、背中の鱗粉がかなり剥がれています。

 撮影後は放してやりました。3枚目の写真は放した後に近くのツタに留まったところを写したものです。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

7368

5352347