オニゲシ(鬼芥子)
Since 2002/05/16


 相生市商工会議所の南側の花壇で、ケシの花を見かけました。直径が10〜15cmと大きく、草丈も0.8〜1mくらいあるので、たぶんオニゲシ(別名オリエンタル・ポピー)でしょう。撮影は2002年5月14日。

 ケシの中には、「あへん法」や「麻薬及び向精神薬取締法」で栽培が禁止されている種類もありますが、オニゲシやヒナゲシ(虞美人草)などは自由に栽培出来ます。私は学生時代、薬学部の薬草園で、禁制種を有刺鉄線の柵越しに覗いたことがあります。果実(ケシ坊主)がオニゲシなどと比べて異様に大きいので、「さすが」と思ったものです。ケシ(禁制種)は、未熟の果実に浅く切り傷を付けると、そこから白い乳液が流れ出て10〜20分ほどすると凝固します。それを竹べらで掻き取ったものが「生阿片(なまあへん)」です。

  (写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/01 18889

5277504