レンゲソウ(蓮華草)
Since 2002/04/21


 ゲンゲ(紫雲英)あるいは単にレンゲなどとも呼ばれます。私の少年時代(40余年前)、当地(兵庫県相生市)では水田の裏作に緑肥作物としてよく栽培されていましたが、ちかごろはあまり見かけません。雑草化したものがまばらに咲いている程度です。我が家でも、以前は栽培していましたが、田んぼのすぐ近くに住宅が出来、あぜ道と公道、田んぼと公園の区別が出来ないような人達が大勢移り住んでくるようになったので、やめました。花の季節に農地が無惨に踏みつけられるからです。(注: あぜ道は水田の一部で農家の「私有地」です。)

 花の色は、はじめ紫紅色で、後に濃紅色に変わるそうです(週刊朝日百科「世界の植物51」による)。下の写真では、はじめの2枚が比較的若い花ということになります

 写真は2002年4月11〜18日に、相生市池之内で撮ったものです。

  (写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/11 30323

5090972