スイレン(睡蓮)
Since 2005/07/20


 実家の睡蓮が咲きました。ご先祖が「米つき(精米)」に使っていた石臼に今春植えたものです。詳しい品種は分かりません。ホームセンターで買ったとき、名札には「スイレン白」とだけ書いてありました。撮影は2005年7月19日です。

 外見はヒツジグサに似ていますが、咲く時間帯は異なります。早朝(6時以前?)に咲き始め、9時半には満開。午後3時には完全に閉じています。

 ヒツジグサは未(ひつじ)の刻(午後2時)に開花するところから、付けられた名前だそうです。牧野富太郎博士はそのことを確認するため、昭和8年9月13日京都の巨椋池(おぐらいけ)に舟を浮かべて観察したところ、正午ごろから、がくが少しゆるみはじめ、2時ごろに花弁が全部開き、5時半に閉じたそうです(週刊朝日百科「世界の植物70」による)。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


午前9時半


午前9時半


午前9時半


午後3時


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

5413

5351544