タツナミソウ(立浪草)
Since 2003/05/17
Last updated on 2004/05/02


 実家(兵庫県相生市)の庭でタツナミソウを見つけました。シソ科の多年草で高さは20cmほどです。青紫の花が同じ方向に並んだ花穂の姿が、打ち寄せる波頭に似ているということで付けられた名前だそうです。私も、北斎の「波裏冨士」を連想しました。雑草ですが、鉢上げして育ててみようかと思っています。 (2003年5月12日撮影)

 (写真はクリックすると大きくなります。)

 

【2004/05/02 追記】

 昨年、花が終わってから堀上げて鉢に植えておいたところ、今年4月中旬から咲き始めました。庭に自生していた去年と比べて、花の青色が薄くなっています。年によってこの程度はバラつくものなのか、生育環境の変化が原因しているのかは分かりません。日当たりや水はけは、庭の自生地よりも鉢の方が良好です。撮影は2004年4月26日です。
       


 

「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/06 17189

5277517