馬場坂は揖保川町域?
2000/03/04


 
馬場坂をハイクングコースとして整備してはどうかと、相生市役所のホームページにメールを出したところ、「馬場坂は大半が揖保川町域であり、揖保川町との協議が必要。現在のところ整備の予定は無い。」 という趣旨の返信が届きました。以下に、市役所とのやりとりの全文をご紹介します。
 

件名: 天下台周辺のハイキングコース整備について(御提案)

 天下台のハイキングコースのうち、那波野の岩屋谷から入るコースと東部墓園南側から入るコースの2つは行政で整備をされ、維持されておりますが、周辺にはこのほかにも放置されたまま消えかかっている古道があります。中でも、相生の大谷町(水子地蔵)と揖保川町馬場を結ぶ通称「馬場坂」は由緒のある道ですが、近年は草木が茂ってハイキングには使えない状態になっております。この道を水子地蔵から峠の切り通し(馬場坂地蔵)まで(約2km)、行政で歩けるようにしていただけないでしょうか?整備といっても、草刈りと枝打ちで充分です。下記ご賢察の上、ご検討をお願いします。

1. 既設の2コースに登ると、しばしば他の登山者と行き交うことから、天下台登山の愛好者はかなり多いものと推測される。実際、私の山登り仲間(中高年)の多くは、馬場坂の道が通れないことを残念がっている。

2. 馬場坂コースが開かれると、水子地蔵と岩屋谷公園の間を沢伝いに行き来したり、東部墓園口から登って大谷町口へ下る回遊コースが取れるなど、天下台周辺ハイキングコースのバリエーションが一段と充実する。

3. 馬場坂の道は昭和30年代までは荷車を引いて通れた生活道路で、草刈り、枝打ち等だけで容易に歩けるようになる。また、一度整備すると5年程度は持つと考えられる。

4. 峠には地蔵や往時を偲ばせる切り通し、馬場側の入口(揖保川町)には相生へ通じる道を示す石の道しるべなど、歴史的遺物もある。

5. 高齢化社会の手軽な健康作り運動として、ハイキングの重要性は今後ますます高まると考えられる。

 

件名: Re: 天下台周辺のハイキングコース整備について

 メールでのご意見ありがとうございます。ご意見をいただいた件につきまして、担当課である経済振興課に問い合わせ、次のとおり回答いたしますのでよろしくご理解をお願いします。

 ハイキングコースの重要性は感じており、以前から相生市側は擬木階段、路面整地、ゴミ・空き缶拾い等の通常の管理を実施しております。馬場コースにつきましては、ほとんどが揖保川町域であり、揖保川町との協議が必要になります。現在のところ相生市としては本件コースの整備計画の予定はありません。     相生市企画部広報課広報係

 

件名: Re: 天下台周辺のハイキングコース整備について

 表題の件、迅速なご回答ありがとうございます。ご回答の中に 「ほとんどが揖保川町域であり、揖保川町との協議が必要」とのご見解がありましたが、これは事実に反します。私が整備を御提案した大谷町から峠の地蔵(切り通し)までの間は、全て相生市域です。なお、峠の地蔵から岩屋谷公園や天下台頂上へ続く山道は旧来のものが存在し、ハイカーに活用されております。

 「市に整備計画の予定はない」 との御結論は、私の推測通りです。計画が無さそうなので、今後のヒントにでもなればと「ご提案」させていただきました。
                                                  以上


『トピックス』に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/14 3020

5316374