天下台山の概要
Since 2001/12/06
Last updated on 2004/04/29


■ 位置

 天下台山(321.4m)は兵庫県相生市の南東部にある山で、地元では「てんがだい」と呼ばれています。頂上からは360度の眺望が楽しめるうえ、市街地に近いことなどから、手軽なハイキングコースとして、季節や年齢を問わず、多くの人々に親しまれています。

 こちらをクリックすると相生市南部周辺の地図が開きます。  相生市南部周辺地図(130KB)

 こちらをクリックすると天下台山の詳細地図が開きます。 → 天下台山登山地図(160KB)

■ 山容 

(写真はクリックすると大きくなります。)

相生墓園(北)から見た天下台山
(2001/11/27)

壺根(南西)から見た天下台山
(2001/11/19)

手前は相生湾と東部工業団地です。

野瀬の水晶山(南)から見た天下台山
(2000/03/26)

 

■ 登山口と登山道

 那波野地区の岩屋谷公園と、古池の南にある東部墓園が代表的な登山口です。この2カ所からは頂上まで公設のハイキング道が整備されています。岩屋谷公園には駐車場やトイレもあります。

 そのほかに、関電歩道や昔からの踏み分け道などを使う登山口が10カ所あります。関電歩道は、関西電力さんが送電線の鉄塔の保守に使っておられる道で、よく手入れされています。踏み分け道は、夏場は下草や枝葉が茂って分かりにくいですが、晩秋から翌年の5月ごろにかけては歩くことができます。

 各登山口の詳しい説明は、こちらのページにあります。 → 天下台山の登山口
     

岩屋谷を行くハイキング道(三段岩より)
(2000/03/25)

黄葉季の岩屋谷ハイキング道
(2001/11/28) 三段岩より

 

■ 頂上の眺望

 頂上は大きな岩盤で視界をさえぎる樹木がなく、四方を見渡すことができます。南には瀬戸内海が広がり、家島群島や小豆島はもちろん、天気の良い日には、淡路島南端の大鳴門橋と北端の明石海峡大橋を同時に見ることができます。北には宝台山や三濃山、的場山、亀山(きのやま)が間近に、遠くは明神山や笠形山などが連なっています。
      

頂上越しに見る瀬戸内海(2001/12/07)

赤穂御崎(南西)方向の眺望
(2001/12/07)

中央は関西電力相生火力発電所
下は相生市の東部工業団地

埋め立てられた旧相生港
(2001/12/12)

IHIの総合事務所や皆勤橋も写っています。

相生湾の最奥部、中央公園付近
(2001/12/12)

白龍城、図書館、那波中学校などが見えます。

宝台山と宮山(北西方向)
(2001/12/12)

相生高校と双葉中学校(北北西方向)
(2001/12/12)

龍野市(北東)方向の眺望
(2001/12/12)

赤とんぼ荘や鶏籠山の向こうに、明神山の鋭峰が目立ちます。

 

■ その他のみどころ
       

二等三角点(点名:相生)

頂上岩盤の北側にあります。

詳しくはこちらをクリックしてください。
→ 天下台山の三角点と標高

流紋岩の流理構造露頭

兵庫県版レッドデータブック(地質部門)
「Bランク」評価です。
詳しくはこちらをクリックしてください。
→ 天下台山の岩石

北尾根のとんび岩 (2000/02/13)

背景は那波野の住宅地

間近で見るとんび岩 (2000/02/13)

岩屋谷池の堰堤から見上げたとんび岩
(2000/04/08)

新緑の岩屋谷池 (2000/05/06)
とんび岩から

こちらをクリックすると岩屋谷池を特集
したページが開きます。
 岩屋谷池(いわいだに)

黄葉の岩屋谷池 (2001/11/28)
とんび岩から

三段岩からの眺望 (2001/11/28)

岩屋谷池が足下に見えます。

馬場坂地蔵 (2000/02/24)

天下台山南西の馬場坂にあります。

石造りですが、銅の錆(緑青)のような色をしています。

このお地蔵さんの詳しい情報はこちらのページにあります。→妙運和尚の地蔵尊


1988年春

烏帽子(えぼし)岩

北尾根の最高地点付近にある岩です。
この上に立つと、相生市東部の市街地を鳥になった気分で見渡すことができます。

以前は稜線上に突き出た姿が古池からはっきり見えたのですが、現在は周囲の木立に紛れて分かりにくくなっています。

烏帽子(えぼし)岩から見た相生市街
(2001/11/28)

こちらをクリックすると烏帽子岩からの
眺望を集めたページが開きます。
 烏帽子岩から見た相生市街


『天下台山』に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com

since 2005/05/12 10314

5298556