ヒロシマ・ナガサキ・シベリア
                       2012年3月 Minade Mamoru Nowar

関連サイト:『ナガサキの原爆惨禍』 『シベリア奴隷労働被害』

無知で愚かであった旧日本帝国陸海軍の最高指導者たちと高級参謀たちが、
本土決戦を強く主張し、1945年7月26日のポツダム宣言即時受諾に強硬に反対したことが
ヒロシマナガサキの筆舌に尽くしがたい原爆の惨禍を招いた。

ヒロシマナガサキの原爆で約20万人が即死した。後遺症で30万人以上死亡した。
合計して50万人以上が原爆で死亡した犠牲者数である。



ヒロシマの原爆惨禍


1原爆投下直後の広島市の惨状:紙屋町一帯:Photo by US Army:

2原爆投下直後の原爆ドーム:Photo by US Army:
Skelton of the Industrial Promotion Hall is preserved today as a memorial
to the Atomic-Bomb Disaster & Ravage as a warning to future generations.

3林重男氏1945年10月撮影

4広島市(国土地理院:空中写真)

5黒い部分が完全に廃墟となった地区

6原爆投下直後の広島市の惨状:大手町・紙屋町一帯:Photo by US Army:

7原爆投下直後の広島市の惨状:爆心地一帯:Photo by US Army:

8原爆投下直後の広島市の惨状:大手町2丁目一帯:Photo by US Army:

9原爆投下直後の広島市の惨状:中島地区一帯:Photo by US Army:

10原爆投下直後の広島市の惨状:護国神社一帯:Photo by US Army:

11原爆投下直後の広島市の惨状:基町一帯:Photo by US Army:

12原爆投下直後の広島市の惨状:大手町2丁目一帯:Photo by US Army:

13原爆投下直後の広島市の惨状:中島本町一帯:Photo by US Army:

14原爆投下直後の広島市の惨状:東警察署一帯:Photo by US Army:

15原爆投下直後の広島市の惨状:広島城一帯:Photo by US Army:

16原爆投下直後の広島市の惨状:広島銀行協会ビル一帯:Photo by US Army:

17原爆投下直後の広島市の惨状:Photo by US Army:

18原爆投下直後の広島市の惨状:中島本町一帯:Photo by US Army:

19 46年8月の広島市の惨状:幟町地区一帯:Photo by US Army:

20 45年10月の広島市の惨状:相生橋一帯:Photo by US Army:

21 45年11月の広島市の惨状:横川町一帯:Photo by US Army:

22 45年10月の広島市の惨状:京橋川・比治山橋手前一帯:Photo by US Army:

23 45年10月の広島市の惨状:大手町一帯:Photo by US Army:

24 45年10月の広島市の惨状:福屋旧館ビル:Photo by US Army:

25 45年10月の広島市の惨状:広島電鉄千田町車庫一帯:Photo by US Army:

26 45年11月の広島市の惨状:広瀬元町一帯:Photo by US Army:

27 45年10月末頃の広島市の惨状:広島郵便局本局一帯:Photo by US Army:

28広島市の惨状:Photo by US Army:

29本郷新氏1953年製作  嵐の中の母子像 広島平和記念資料館前

制作者 本郷新氏のことば
「この作品のモチーフは、広島の惨害です。胸に乳飲み子を抱きかかえ、
背にもう一人子どもを背負って立ち上がろうとする母子の必死の姿はまさに突進の形です。
普通、母子像は暖かい愛情を表現するものですが、「嵐の中の母子像」は、いつ離れ離れに
なるかも知れぬという不安と、非常な事態の中での愛情の危機、もしくは極限の状態です。
この、とことんまで生きようとする母子の像を通じて人間の生命の尊厳を象徴づけたつもりです。
だから単なる母子像というより、母子二代にわたる悲しみ、二つの世代に横たわる悲劇の
記念碑というわけです。」


以上