種類:トリックテイキングゲーム(ノンビッド系)

原産国:イギリス(デヴィッド・パーレット氏)

プレイ人数:4人

使用カード:3〜8のカードを除く28枚のカード

ゲームの目的:トリックゲームを行って31点を目指す。

スタート準備1:各人にカードを7枚ずつ配ります。

カードの強さ:
2・A・K・Q・J・10・9・2

注意:2はトリックの最初に出すと必ずトリックを取ることができます。それ以外の場合は最も弱いカードになります。

宣言:全トリック取れると思ったら、ロットと宣言することができます。ロットを宣言した人が複数いた場合はディーラーから左回りに最も近い人の宣言が優先されます。宣言者がいないときはそのままゲームを行います。

ゲームスタート:ディーラーの左隣の人からゲームスタート。手札から台札として1枚出します。他のトリックテイキングゲームと同じく、他の人は台札と同じスートのカードを出すことができます。そのトリック中でもっとも強いカードを出した人がそのトリックを獲得します。次のトリックは前のトリックを獲得した人から始めます。

ルール:もし同じスートがなければ、別のスートのカードを出すことができますが、このときはどんなに強いカードを出してもトリックを獲得できません。また、このゲームには切り札はありません。

ゲーム終了:7回のトリックを取り合い、手札がなくなったところでゲーム終了。

点数:ロット宣言者がいない場合、取ったトリックの数により以下の点数がつきます。
7トリック: 0点
6トリック:12点
5トリック:10点
4トリック: 8点
3トリック: 3点
2トリック: 2点
1トリック: 1点
0トリック: 7点

ロット宣言者がいた場合、ロット宣言者が全トリック獲得に
成功した場合:14点  (他のプレイヤーは各0点)
失敗した場合: 0点  (他のプレイヤーは各7点)

勝敗:最初に31点に達した人が勝ち。複数の人が同時に31点に到達した場合は点数が高い方が勝ち。点数も同じだったら、更にゲームを行い点数が最も高い人が勝ち。