種類:ストップ系

原産国:日本

ファンタンというゲームの日本式バリエーションです。

プレイ人数:3人〜6人くらい

使用カード:ジョーカーを含む53枚

ゲームの目的:カードを1〜13まで並べるように出しながら手持ちのカードを早くなくした人が勝ちです。

スタート準備:各人にカードを配り切り、7が入っていた人はそれを場に出して縦に並べます。並べ方は特にありませんが、左右にカードが6枚ずつ並ぶのでスペースを考慮しましょう。7の並べ方も特に決まっていませんが、スートの順、つまりスペード、ハート、ダイヤ、クローバーの順に並べるのが一般的だと思われます。

ゲームスタート:ダイヤの7を持っていた人から順に現在場に出ているカードのどれかの隣にそのカードと同じスートで前後の数字カードを置くことができます(図1)。 持っていなければパスします。カードは各スートを1〜Kまで並べるように出していきます。 従って最初の人は各スートの6か8を出せるわけです。

図1:以下の並びだった場合、白札の部分のカードを出すことができます。
×札のカードより外側のカードは出せません。



出すカードがなくてジョーカーを持っている時、あるカードの2つ隣のカードとセットにして ジョーカーを出すことができます(図2)。例えば、スペードの4まで出ていて、スペードの3を持っていなくて スペードの2を持っているなら、スペードの3のところにジョーカーを置き、さらにスペードの2を置きます。 したがってこのような状況のカードを持っていなければジョーカーを使うことはできません。 ジョーカーが出されると、ジョーカーがある場所のカードを持っている人(先ほどの例ではスペードの3を持っている人) はそのカードとジョーカーを交換します。また、順番はジョーカーをもらった人の次からとなります。

図2 スペードの3がなくて2をもっている時ジョーカーを出せる
    →     
   スペードの3を持っている人はジョーカーを手持ちに加えて3を出す
              →   

勝敗:こうしてカードを出していき、もっとも早くカードが無くなった人が勝ちです。

注意1:出せるカードがないとき、または出したくないときはパスします。パスを4回してしまうとそこでその人は負けになり、その時点で持っていたカードは、カードが出されるべき位置に置かれます。

注意2:負けた人が放出したカードは、7と繋がっていなければ存在しないものと見なします。

注意3:1とKは繋がりません。

注意4:ジョーカーだけが1枚残った人は負けになります。

補足:ファンタンではパスの制限がなく、出せるカードがあるのにパスすることは禁じられています。

特殊ルール:地方ルールとして、以下のようなものがあります。

1)AとKが繋がる
2)あるスートが7の片側だけすべて出された場合(8〜KまたはA〜6)、その7の反対側にカードを置けなくなる。
  6が出る前に8〜Kがすべて出されると、7の隣に6を出すことはできず、Kの隣にA以降を置くことができるようになります。
3)ジョーカーは単にオールマイティーとして置くことができる。ただし他に置くカードがないときに限る。