トランプゲーム共通のルール、マナーについて書いておきます。

1.カードの種類

 多くのゲームはジョーカーを除けば52枚のカードでプレイしますが、一部ある特定のカードを抜いてプレイするゲームがあります。状況としては(1)各人に同じ枚数ずつ配るため(ハートやゴニンカン等)、(2)別のゲームをトランプに移植したため使わないカードが生じるため(カブ等)、(3)1組32枚や36枚のトランプがあり、それに枚数を合わせるため(スカートやヤス等)などがあります。また、トランプを2組使うゲームもいくつかあります。これらのゲームは2組使うために生じる特有の遊び方があるのがおもしろいところです(カナスタやキャンセレーション等)。

 このHP(ここで言うHPとはトランプのルールを載せている部分のページのことです)では一部(ウノや○×ゲーム)を除き、1組52枚(+ジョーカー2枚)の普通のトランプが多くても2組あれば遊べるゲームばかりを載せています。

2.ディーラーの決め方

 ディーラー(配る人)を決める方法はいくつかあり、そのゲームによりあらかじめ決められていることも多いですが、このHPでは特に規定していません。例えば、(1)それぞれカードを引いて一番大きなカードを引いた人、(2)カードを順番に表向きに配り、あらかじめ決めておいた特定のカードが最初に出た人、(3)じゃんけんなどで勝った人などがあります。ディーラーの順番も(1)時計回りに順番に回る、(2)前回のゲームで勝った人、(3)前回のゲームで負けた人などがあります。あらかじめ決めてさえいればどの方法でも良いと思っています。一部規定しているゲームもありますが、特にそれに従う必要はないでしょう。

3.カードのシャッフル・カットの仕方

 カードのシャッフルにはいくつかやり方があります。方法については書物に譲りますが、基本的には自由にシャッフルして下さい。ただし、(1)シャッフルしているカードは表が誰にも見えないようにする、(2)自分がどのカードがどこに行くか分かるようにシャッフルしてはいけない、の2点は必ず守りましょう。

 また、シャッフルにはそれぞれ独自の型があり、個性が出るものです。良くある方法だけでなく、自分なりのシャッフルの仕方を研究してみて下さい。

 カードのカットとはディーラーの不正を防ぐ意味もあり、たいていのゲームで行われますが、ほとんどの場合イカサマしていないという紳士協定の基に特に必要がない限りカットをしないことが多いです。

 カットはディーラーでない人のうちの一人が、山札を2つに分け、上下を入れ替えることです。山札を分けるときは上からあるいは下から2、3枚のところで分けるのは不作法とされています。

4.カードの配り方

 特に指定のない限り、ディーラーは自分の左隣の人から時計回りに1枚ずつ裏向きのまま配ります。必ず自分以外の人から配って下さい。まちがってどれかのカードが表向きになってしまった場合は、本来は配りなおしになるのですが、謝るだけでそのまま配ってしまうことが多いと思います。

 良く外国のゲームなどでは、ある枚数ずつまとめて配るように指定していますが、このHPではほとんどの場合特に指定していません。

 配られる人のマナーとしては、ディーラーが配り終えるまで自分に配られたカードを手に持たないことです。

5.手札の並べ方

 手札の多いゲームでは、多くの人は手札を並べ替えるでしょう。これはうっかりミスを防いだり、戦術を立てやすくするために重要なことです。ゲームの種類によって(1)スートごとに並べる方法と、(2)数字の強さの順に並べる方法、があると思いますが、本当は余り並べ替えない方が理想的です。並べないと頭の中を整理できない場合は、ゲームごとに並べる順序を変えることです。なぜなら、いつも同じ並べ方をしていると、カードを出す位置によって相手にどのカードを持っているか予想されてしまうからです。

6.カードの持ち方

 手札のカードはたとえ枚数が多い場合でも、他の人に何枚持っているか分かるように持つのがマナーです。また、たとえ枚数が少なくなっても、重ねて持ったり、後ろに隠しておいたりしていてはいけません。もっともゲームを盛り上げる演出として行われている場合もよくありますので、一概には言えませんが。

 手札は相手に見られないように持つことです。たとえ相手のカードが見えそうになっても、積極的に覗いたりしてはいけません。そんなときは注意してあげましょう。また、誰かが席を一時的に離れる場合、他の人(特に出入り口に面している位置の人)はカードを伏せておきましょう。

7.ゲーム進行

 ゲームの進行は特に指定のない限り時計回りに進みます。一部反時計回りに進むゲームもあります(ゴニンカンなど)。それ以外の順番で進行するゲームはおそらくないでしょう(もちろんルール上順番を飛ばすなどを除いて)。

 間違って順番を飛ばしてしまったら、何らかのペナルティーを受けることもありますが、たいていは謝って済むでしょう。ただし、明らかにゲーム進行上重大なミスだった場合は何らかの処置を講ずることもあるでしょう。

8.ビッド

 ビッドとは(1)ポーカーなどでチップを賭けることと、(2)ナポレオンなどで自分の獲得点数などを宣言することの2種類あります。

(1)の場合、本来賭事ですのでどんなはったりもブラフも許されるのでしょうけれども、行き過ぎるとかえって興を削ぐと私は考えています。仲間内でやる場合は、チップの上限を決めるなど一定の制限を設けるべきだと思います。

(2)の場合、明らかに勝ち目のない宣言は止めましょう。ゲームをつまらなくする原因になります。もちろん宣言をするゲームはある程度技術を必要としますので、慣れるまでは仕方がないですが、ある一定のレベルになったら、その程度のマナーは必要かと思います。ただし、個人的には相手の宣言によって、著しく自分が不利になる場合は負けを覚悟で宣言することは許されるだろうと思います。

9.パートナーの決め方

 パートナーを組んでプレイするゲームもいくつかあります。パートナーを決める場合、ゲーム開始前にパートナーを指定または決定する場合(ナポレオンやゴニンカン等)とあらかじめパートナーを決めてからゲームを行う場合(カナスタやスペード等)があると思います。基本的には各ゲームごとにルールが規定されていて、それに従って決めますが、あらかじめパートナーを決めておくゲームでは、このHPでは特に規定していません。以下に主なパートナーの決め方を乗せておきます。もちろん他のやり方でもいいと思います。

(1)2組の同じ数のカードまたは同じスートのカードを用意し、全員に引かせて同じ種類のカードを引いた人同士がパートナーを組む(赤と黒等)、(2)4人の場合、それぞれカードを引いて最高位のカードを引いた人と最低位のカードを引いた人がパートナーを組む(コントラクトブリッジ等)、(3)ランダムに席を決めて、その向かい合った人とパートナーを組む、(4)総当たりで順番にパートナーを組む、等でしょうか。実際には(3)が一番多いと思います。時々席順を変えれば問題ありません。

 

10.反則

 当然のことですが、そのゲームで禁じられている行為を故意にしてはいけません。あるいは一般的にゲームでしてはいけない行為(イカサマ等)をしてはいけません。たいていのゲームでは反則はすぐにばれてしまいますが、ばれにくい反則や、特に罰則をもうけていないものも多いです。しかし、だからといって反則をしても良いというわけではありません。ゲームとは互いに公平なルールが存在し、そのルールの上で公正に行われることが前提です。そうしたゲーマー精神に則ってプレイして下さい。

11.勝敗

 勝敗は時の運です。ゲームに負けたからと言って不平を言ったり、八つ当たりすることはゲームに限らず最低の行為です。

 また、ゲームをするときはほとんどの場合金品を賭けます。何かを賭けていないとゲームをする意味がないとまで言う人もいます。しかし私としては何も賭けていなくても純粋にゲームを楽しむ精神を持っていても良いのではと思っています。現実には無理な話なのでしょうか。

12.ゲームを始める前の注意

 多くのゲームは、同じゲームでもプレイするグループによって微妙にルールが異なっています。このHPでもほとんどのゲームは自分たちがおもしろいと思うルールに作り替えています。したがって間違ったルールというものはないと思っています。

 この点をふまえて、ゲームをする前に必ずルールの確認をしましょう。細かなルールは色々な地方ルールを産んでいきます。ちょっとしたルールがこだわりにもなることがあるでしょう。そうした細部のルールまで、始める前に確認しておくことがトラブルを防ぐ最良の方法だと思います。

13.ゲーム中の注意

 ゲーム中は私語を慎みましょう、とは言いません。それでは全然おもしろくないでしょうから。ただし、ゲーム上、手の内をばらすような発言や、相手を挑発したり、騙したりする発言はできるだけ慎みましょう。傍観者も誰かの手の内をばらすような発言はしてはいけません。

 初めての人にゲームを教えるときは、最初にカードを公開しながらゲームをやってみて説明するのも手かと思います。何でもそうですが、特に身内に教えるときはつい感情的になったりもしますが、優しく教えてあげて下さい。

14.トランプのおもしろさ

 トランプのおもしろさは一言で言えばたった1種類のカードの組み合わせで、無数の遊び方があることです。最近のコンピューターゲームやトレーディングカードゲームは作者が提供した遊び方以外の遊び方はなかなかできないものです。特にここ数年のテレビゲームはその傾向が強いと思います(なかなか変則的な楽しみ方ができない)。これは単に大人になって頭が固くなってしまっただけかもしれませんが、この固くなった頭でも簡単に、しかも自由にオリジナルのゲームを作れてしまうのが、トランプの魅力だと思います。

 ぜひみなさんも色々なゲームを作ってみて下さい。最初はあるゲームとあるゲームを組み合わせたり、ゲームの一部分を変更することから初めても良いでしょう。そしてだんだん冒険的なルールを作ってみて下さい。そのなかからもしかしたらおもしろいルールが生まれるかもしれません。たいていのルールはゲームとして成り立ちます。それが、単純でわかりやすく、しかも奥が深いほどゲームとしての完成度が高まっていくのです。もしおもしろいゲームを思いついたらぜひ教えて下さい。そしてぜひこのHPで紹介させて下さい。お待ちしています。

戻る