蓮華温泉2001年
Renge Onsen, 2001

4月21日から22日
21 to 22 April

概況: この年は、2日目、角小屋峠からの下りで濃いガスに巻かれる。視界が全くきかない上に、スノーモービルが縦横に走り回った跡が無数にあったため、先行のトレースも判然とせず。GPSによる位置判定を併用しつつ、ウド川への転落を避けるためにフスブリ山側の裾を回ってウド川右岸の長い斜面のコースに出るまでに1時間を要した。

We were caught in dense fog in descending from Kadokoya Pass. In addition, foregoers' traces were difficult to identify due to the traces of "snow mobiles". In order to avoid falling dwon to the stream of Udo River, we skied on the foot of the slope of Mt. Fusuburi on the right side of the course. It took one hour before we could identify the course on the other side of Fusuburi River.

スノーモービルのスキーツアーコースへの立ち入りを禁止すべきである。

"Snow Mobiles" must not be allowed in ski tour courses.


栂池スキー場栂の森ゲレンデから登り、
早大小屋(神の田圃)へと登っていく。

Asceding to Kami no Tambo from Tsuga no Mori of
Tsugaike Ski Resort

成城大学小屋付近からの白馬連山
Hakuba mountains from near Seijo University Hut

成城大学小屋の上で天狗原を目指す。
Above Seijo University Hut
ascending toward Tenguppara

天狗原下の大斜面の途中での休憩
Short break on the way to Tenguppara

天狗原下からの白馬連山
Hakuba mountains before Tenguppara

振子沢をテレマークで下る。
左岸側は雪崩が起きやすいので、右岸側(この写真では左側)を行く。
Descending in Furiko-zawa.
Avoid the left side (right in this photo) where avalanche may occur.

いつもの仙気の湯
お湯が熱く、すっ裸で雪を投げ入れて
適温にするのに苦労。

Senke no Yu as usual.
The water was too hot. Hard work was required
for the nakid bathers to cool the water
throwing lots of snow into the water.

乗鞍沢を越えた後に沢に下り、そしてヤッホー平に登り返す。
道路を行くより効率的で、かつ、スキーも楽しめる。

Ascending to Yahho Daira after descending
to the river after Norikura-zawa

ヤッホー平に登り返した先の白馬乗鞍岳
蓮華温泉の見える最後のカーブから
Hakuba Norikura Dake and Renge Onsen
after Yahho Daira

同左の地点からの雪倉岳
Yukikura Dake from the same place

ガスに包まれた角小屋峠

Kadokoya Pass in the fog

ガスを切り抜け、木地屋手前の池のいつものミズバショウ
Before Kijiya