トップに戻る   和尚のたわごとに戻る

瑞光HTML版 ――21――

2004年1月10日

青松寿色多き候、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

1 本年の予定について

 例年どおりですが、今年のお寺の主な予定をお知らせします。時刻のないものは、早朝お勤めをいたしますが、当日はいつでもお参りください。春秋のお彼岸・星まつり・寺施餓鬼は、お寺の四大行事として、かならずお参りして頂ければ幸いです

 予定表はこちら

2 観音様建立と今後の予定

 夢中で進めてきた境内地整備も一区切りと致します。別紙の如く、観音様建立を発願致しました。主旨をお汲み取り頂ければ幸いです。墓地参道への手すり設置など、皆様のご要望もかなり具体的になってきました。今後は、境内墓地の東側の整備等、下段から少しずつ進めて行きたいと思います。
 総代様、世話人様のお声掛けのおかげで、お寺でお葬式をあげて頂くことも増えて参りました。祭壇飾りつけとして頂いたお布施を基に、もっと快適なお寺を目指して行きたいと思います。
 皆様でお弁当を持ってのお参りや法事等、広くお寺をご利用頂ければ幸いです。

3 星まつりについて

日時 2月11日 午前10時から
場所 当山 本堂にて

今年も、皆さんで「だーいはんにゃはらみた……」と大声で御祈祷したいと思います。
是非、にぎやかくおまいりください。

4 ホームページを見て頂いていますか。

 お寺の「今」をお伝えしたいと始めたホームページ、試行錯誤を繰り返しつつ、何とか運営しています。電子メールのお便りも頂いています。現在は、小庫裏から見たお寺の様子を、3分毎に更新しています。現在では、動く画像や音をお伝えすることも可能な時代になりました。特に、遠方の方や離れて暮らすご家族の皆様で、お寺の行事や法事にインターネットを通じで参列したいというご希望が多ければ、動画や音の配信に挑戦していこうかとも考えていますので、ご意見を寄せて頂ければ幸いです。
 皆様のお寺として、お知り合いの方にもご紹介頂ければ幸いです。「掲示板」への積極的なご参加も重ねてお願いいたします。

5 お年忌法要について

 故人が霊山浄土で安楽になるようにと行う追善供養です。またそれを通してご先祖様の恩をしのび、自分達が今ある事に感謝するのが法要です。形に拘り盛大に執り行うよりも気持ちを込めて仏前にお参りすることが大切だと思います。

没年

(西暦)

一周忌

平成15

2003

三回忌

平成14

2002

七回忌

平成10

1998

十三回忌

平成4

1992

十七回忌

昭和63

1988

二十三回忌

昭和57

1982

二十七回忌

昭和53

1978

三十三回忌

昭和47

1972

三十七回忌

昭和43

1968

四十三回忌

昭和37

1962

四十七回忌

昭和33

1958

五十回忌

昭和30

1955

百回忌

明治38

1905

喫茶去 F

 庫裏や本堂の前の土が大分減りました。庫裏前の水道のまわりは、文雅がひいた砕石、ソテツの近くには玉砂利、紫蘭のあたりにはそれ以前の小石が出てきます。玄関前や本堂前のソテツの辺りは瓦……と、その時々の様子が偲ばれます。その時その時に、一番良い方法でお寺を美しく保ってきた歴史が埋まっているのです。
 山田様が建立された「祈りの像」は、遠目にみると古い石像に見えるのですが、近づくと可愛い顔と素直な祈りの気持ちが直接に伝わってきます。石子が、この場所に立って、施主様の気持ちとお寺への調和を精一杯彫り込んでくれたと感謝しています。

合掌

      静岡県引佐郡細江町気賀1022-1  瑞光山 東林寺 小住 木村雅芳