トップに戻る   和尚のたわごとに戻る

瑞光HTML版 ――26――

2005年5月5日
雲峰聳え秀ずる候
皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

1 急告 お寺の墓地、東側の大きなシイノキが倒れました。
 4月27日夕方、大きな音と共に、墓地東側のシイノキが倒れました。老木で危険であったため、再三、森林組合さんに伐採をお願いしていたのですが、お墓が密集していて危険だと断られていたものです。
 約20軒のお墓に被害が及びました。町内回覧・ホームページでお知らせしたとおり、ゴールデンウィーク明けから、本格的な復旧作業に入ります。
 この通知が、第一報となる方も多いことと思いますが、ホームページで、様子をご確認頂ければ幸いです。

2 本山準西堂職を頂きました。
 和尚の資格を上げて頂くには、まだ不十分だと思っていたのですが、教区長様・本山宗務総理様からご推薦頂き、4月15日付けで本山準西堂職を稟承しました。
 この3年、本山開山忌、寿楽寺様葬儀・大圓寺様晋山式・正覺寺様晋山式・全得寺様晋山式で役を務めさせて頂き、少しずつ勉強させて頂いています。
 方広寺青年会でも、墨蹟カレンダー係を務めさせて頂いています。

3 お盆について
お盆は、例年の如く執り行います。天竜川以東にも回って欲しいとの声がありましたので、とにかく頑張って回ってみたいと思います。
浜松市内の内施餓鬼は、昨年同様に回りたいと思います。
関東・中部・関西地区にも、回りたい気持ちだけで、実現が遅れていることをお詫びいたします。
従前のように、下記の日程で、本堂にて内施餓鬼を執り行いますので、ご自宅のお位牌をお持ちになってください。
なお、ご自宅へ伺った方がご都合の良い方も随時御連絡ください。
また今年も、8月11日の寺施餓鬼終了後、12時より合同初盆供養・内施餓鬼を執り行いますので、遠方の方やお忙しい方には是非とも便利におまいりして頂ければ幸いです。

72()

午前8時・9

 

731日(

午前8時・9

7 3()

(県西部内施餓鬼)

8 6日(

午前8時・9

7 9()

(浜松内施餓鬼)

8 7日(

午前8時・9

710()

(浜松内施餓鬼)

811日(木)

正午

 

813日(

午前8時・9

4 寺施餓鬼について
  8月11日 午前11時より  当山本堂にて
昨年は、本山修行で一緒だった和尚様にも来て頂いて、和尚様12名・小僧達8名・計20名の読経と、本堂に入りきれない程のお参りの方々で、大変にぎやかなお施餓鬼でした。今年も、出来るだけ多くの方にお参り頂きたいと思います。
 お寺の年中行事としては、最大のものとして、今後も充実していきたいと考えています。

5 観音様の状況について
 去る3月20日、お彼岸にお参りの方々と共に、開眼供養を行いました。石屋さんの、発注も済み、御志納頂いた方々のお名前を彫る段階になりました。
 来年の春のお彼岸には、賑やかにお祭りをしたいな、と思っています。


ひとりごと
 午前は天竜・午後は浜松勤務の生活も1年を過ぎました。シイノキが倒れた翌日、浜北市でご挨拶の予定でした。早く帰れるようにと、長谷川浜北市長様が、ご挨拶の順番を譲ってくださいました。新浜松市誕生に伴って、雅芳も転勤になると思います。必要とされるところで精一杯にご奉仕できればと思います。皆様のご理解とご協力をお願い致します。


合掌    静岡県引佐郡細江町気賀1022-1  瑞光山 東林寺 住職 木村雅芳